自転車の落車事故が発生したらやるべきこと…救急救命講座開催へ

自転車の落車事故に特化した「サイクルセイフティサミット」が12月25日、川崎市宮前区の向ヶ丘自動車学校で開催され、参加者を募集している。

スマートコーチングの安藤隼人が発起人として立ち上げた活動。自動車学校を借り切って、サイクルスポーツシーンでの落車事故に特化したファーストエイド技術を学び、議論し、実践で動けるように繰り返し練習する。

トライアスリートスーパードクターの平泉裕・昭和大学病院整形外科医、横浜消防指令に勤務し、自らも自転車実業団選手として走る横隅和明、走るナース高山真由子が講師やアシスタントを務める。企画の立ち上げや内容の構成には登山医学会で現場をする医師もいる。

怪我した仲間を的確に助ける方法を広めることが主旨。クリスマスの月曜平日開催でサイクリングショップ・職業コーチ・イベンター・ガイド関係者向けだが、ロード・トライアスロンに関係なくアマチュアチームを運営する関係者も参加してほしいという。

密度の濃い、終日にわたる講習会で、参加費1万円、12月2日までの早期割引8000円、学生割引4000円など。
http://cyclesafty2017winter.peatix.com