ベルギービールウイークエンド…東京は8月に日比谷、9月に六本木で開催

多様な味わいのあるベルギー産ビールを心ゆくまで飲めることで毎年の恒例行事となった「ベルギービールウィークエンド」。2018年の開催日程が発表された。大阪は7回目にして初めて会場を移し、大阪城公園での開催。そして東京は1都市2開催となり、8月に日比谷、9月に六本木で開催されることになった。

1都市2開催はベルギービールウィークエンド史上初。これまでは六本木ヒルズアリーナが定番フィールドだったが、気になる都内2つ目の会場は、屋外イベントの聖地・日比谷公園。大阪、東京ともに、都心にいながら緑と開放感が楽しめる都会のオアシスが加わった。これまで以上にリラックスしたベルギービールウィークエンドスタイルをお楽しみに!

●ベルギービールウィークエンド開催日程
Nagoya
久屋大通公園 久屋広場・エンゼル広場
4月25日(水)〜5月6日(日)

Yokohama
山下公園
5月17日(木)〜5月20日(日)

Osaka
大阪城公園 太陽の広場
6月13日(水)〜6月17日(日)

Sapporo
大通公園 8丁目
6月22日(金)〜7月1日(日)

Hibiya
日比谷公園 噴水広場
8月9日(木)〜8月12日(日)

Kobe
メリケンパーク
8月29日(水)〜9月2日(日)

Tokyo
六本木ヒルズアリーナ
9月19日(水)〜9月24日(月祝)

ベルギービールウイークエンドのホームページ

●関連ニュース

2019ツール・ド・フランスの開幕地はベルギーのブリュッセル

●最新ニュースへ

トレックがプレミアムeBike「Verve+」の試乗車を全国専門店に設置開始

トレックのプレミアムeBike(電動アシスト自転車)「Verve+(ヴァーヴプラス)」の出荷が本格的に始まり、その試乗車が全国に設置された。トレックのeBikeは最高のカスタマーサービスを実現するため、所定のトレーニングを終えたeBike認定販売店でのみで取り扱う。Verve+の価格は21万3000円(税別)。

■トレックと電動アシストバイク開発の歴史
欧米では電動アシスト機能を搭載したスポーツバイクが人気で、2016年のヨーロッパ市場全体ではeBikeの売上台数が前年比約122%、バイク全体の売上の約9%をeBikeが占めている。まさにマーケットを牽引する成長市場。トレックは2009年に電動アシスト機能を搭載したeBikeを本格的に欧米市場に投入。2012年からは電動アシストユニットのヨーロッパトップシェアを誇るドイツのボッシュ社とパートナーシップを組み、電動スポーツバイクのマーケットをリードしてきた。

■日本市場への投入
eBikeの日本市場への投入に向けて、ボッシュとともに「公道でのアシストは時速24kmまで」「人力:電動アシストの比率は最大で1:2」などの日本の道路交通法に適合したカスタマイズを行い、日本国内でトレック初のeBikeとしてVerve+を投入。今後、日本市場のユーザーのフィードバックを得ながら、ロードバイクやマウンテンバイクといったよりスポーティなタイプを含めた複数モデル展開を視野に入れている。

■トレックのeBike、Verve+の強み
トレックのeBikeは、電動シティバイクをスポーツバイク寄りにしたのではなく、40年以上の歴史を持つブランドのスポーツバイクフレームに電動アシスト機能を搭載することで、素晴らしいライド体験を提供できることが強みです。Verve+は「初心者の方も安心して乗り始められること」を重視したクロスバイク。前傾姿勢になりすぎないポジションのフレーム設計で、都市圏でのスタイリッシュな自転車通勤、また週末のサイクリングなどさまざまな目的に使える。

「Verve+」の試乗車設置店舗

●関連ニュース

中部地方初となるトレック直営店「名古屋星が丘テラス」が3月9日開店

●最新ニュースへ

ジャンプ台をかけ上るヒルクライムスプリントレースRed Bull 400参加者募集開始

エナジードリンクのレッドブルは5月12日(土)に北海道札幌市の大倉山ジャンプ競技場で、一般参加型ヒルクライムのスプリントレースRed Bull 400(レッドブル・フォーハンドレッド)を、日本初開催となった2017年に続いて2018年も開催する。16歳以上の健康な人ならだれでも参加でき、男女優勝者は世界選手権に招待される。2017年は日本大会で優勝した田中ゆかり(北海道札幌市)が世界を制して初代女王となっている。

日本初開催となった2017年の大倉山ジャンプ競技場での大会 ©Jason Halayko/Red Bull Content Pool

Red Bull 400はスキージャンプ競技場のラージヒルを利用して行うヒルクライムのスプリントレースで、世界で最も過酷な400m走とも言われている。最高斜度37度の壁に体力の限界が試されるこのレースは2011年にオーストリアで初開催され、年々規模が拡大。2017年は初開催の日本を含む13カ国、14会場で開催され、8年目の2018年は15カ国、17会場での開催が決定している。

立ったままでは登れない最大斜度37度のスロープ ©Jason Halayko/Red Bull Content Pool

日本大会の優勝者は8月25日(土)にオーストリアで開催の世界選手権に招待される。初開催となった2017年の世界選手権では、日本大会の女子優勝者、田中が初代世界女王の座に就くという快挙を成し遂げている。

ドイツで開催された2017世界選手権で初代女王の栄冠に輝いた日本代表の田中ゆかり(左) ©Dean Treml/Red Bull Content Pool

2017世界選手権で優勝したのは日本代表の田中ゆかり(中央) ©Dean Treml/Red Bull Content Pool

開催概要
大会名称:Red Bull 400 (レッドブル・フォーハンドレッド)
開催日:2018年5月12日(土) 8:30受付開始 (イベントは16:00終了予定)
会場:大倉山ジャンプ競技場(北海道札幌市中央区宮の森1274)
内容:スキージャンプ競技場のラージヒルで行うヒルクライムのスプリントレース。コースの長さは400m、平均斜度:35度、最高斜度37度。種目は、フルディスタンス個人(男子、女子)と、4×100m リレー(男子、オープン、学生チーム対抗、自衛隊チーム対抗)の6カテゴリー。個人フルディスタンス男子のみ予選と決勝を実施。その他は決勝のみ。リレーの男女混合または女子のみのチームはオープンでの参加となる。
賞品:フルディスタンス個人男女それぞれの優勝者を8月25日(土)にオーストリア・ビショフスホーフェンで開催される世界選手権に招待
定員:個人400名(男子、女子合わせて)、リレー50チーム(男子、オープン、学生チーム、自衛隊チーム合わせて)
参加資格:16歳以上の健康な男女(未成年の場合は保護者の同意が必要)
参加費:個人5000円/人、リレー(学生チーム対抗)1万円/チーム、リレー(男子、オープン、自衛隊チーム対抗 1万2000円/チーム。すべて税込み、スポーツ傷害保険含む

Red Bull 400エントリー窓口

ドイツで開催された2017世界選手権 ©Dean Treml/Red Bull Content Pool

●関連ニュース

山本純子は準決勝敗退…レッドブル・クラッシュドアイス マルセイユ大会

●最新ニュースへ

自転車活用推進研究会が会員募集…自転車搭乗中の保険が自動的に付帯

NPO自転車活用推進研究会が2018年度の会員を募集している。会員には自動的に「自転車活用推進研究会会員付帯保険」が付帯され、自転車搭乗中の事故による補償が受けられる。「自転車事故でも被害は深刻です。万一の備えは最低限のマナーです」と同研究会。会員にはだれでもなれる。3月10日ごろまでに手続きすれば4月1日から1年間有効になる。

主な補償は傷害入院(日額)2000円。自転車搭乗中などのみ補償で180日限度。個人賠償責任危険補償特約1億円(自己負担なし)。賠償事故解決用/示談代行サービス(賠償事故解決特約)付き。

同研究会は、自転車を有効で安全な交通手段として機能させるための総合的な政策の確立を目指しているNPO。会員の会費は年間(4月1日から翌年3月31日まで)5000円。会員は保険の自動的付帯のほか、総会の議決権、機関誌(メールマガジン)購読、主催する研究会やイベントへの参加(有料の場合は割引あり)などの特典がある。

NPO自転車活用推進研究会の入会案内サイト

アレクサンドル・クリストフがアブダビツアー第1ステージを制して首位に

自転車ロードレースの最高カテゴリーである「UCIワールドツアー」に組み込まれた5日間のステージレース、第4回アブダビツアーが2月21日にUAEで開幕。第1ステージはUAEエミレーツに所属するアレクサンドル・クリストフ(ノルウェー)が集団スプリント勝負を制して優勝。欧州チャンピオンジャージを着用するクリストフは、前週のツアー・オブ・オマーンに続く勝利。チームの拠点となるUAEでシーズン2勝目を挙げた。総合成績でも首位に立った。

アブダビツアー第1ステージを制したアレクサンドル・クリストフ ©LaPresse – Massimo Paolone

アブダビツアー第1ステージ ©LaPresse – Fabio Ferrari

「先日開催されたドバイツアーでも調子がよかったが、勝利まではあとわずかだった。次のツアー・オブ・オマーンも初日からいい感じだったが、勝利は最終日まで待たなければならなかった」とクリストフ。
「中東で3週間にわたって滞在してレースをこなすことは、これから始まる欧州での春のクラシックの準備のために重要だ。いつもボクはグランツールのあとに絶好調になるからね」

2018年のアブダビツアーはクリストフが苦手とする個人タイムトライアルが組み込まれていて、「総合1位の座を守るのは難しいが、挑戦してみたい」と意欲を見せた。

アブダビツアー第1ステージのスタート前 ©LaPresse – Massimo Paolone
アブダビツアー第1ステージを制したアレクサンドル・クリストフ
アブダビツアー第1ステージで首位に立ったアレクサンドル・クリストフ

活躍が期待されていたディメンションデータのマーク・カベンディッシュ(英国)は正式スタートとなる0km手前、ニュートラル走行中に落車。2017ツール・ド・フランスの落車時に痛めた部分と同じ場所を強打して、リタイアを余儀なくされた。

アブダビツアー第1ステージのパレード走行中に落車してリタイアを余儀なくされたマーク・カベンディッシュ ©LaPresse – Fabio Ferrari

●関連ニュース

カベンディッシュがアブダビツアー第1ステージのパレード時に落車リタイア

●最新ニュースへ

サンウェブのレプリカモデル、完成車からウエアやアクセサリーまでラインナップ

ジャイアントは2月22日から「2018チームサンウェブコレクション」として、2018シーズンデザインのチームサンウェブレプリカ「TCRアドバンスドプロチーム42」、アパレルやヘルメット、ボトルケージなどのギア一式を発売する。

ジャイアントTCRアドバンスドプロチーム42 36万円(税別)

2017年のチームサンウェブはジロ・デ・イタリア総合優勝、ツール・ド・フランスでの山岳賞とポイント賞獲得、UCI世界選手権のタイムトライアルで男女チーム・男子個人の3タイトルを獲得するなどシーズンを通して大活躍した。2018シーズンもチームのテクニカルパートナーを務めるジャイアントは、春の新製品として「2018チームサンウェブコレクション」を発売。42mm高のカーボンホイールを搭載した「TCRアドバンスドプロチーム42」、所属選手が今シーズン着用するジャージやDYNEEMA生地採用のビブショーツ、MIPSテクノロジー搭載のハイエンドヘルメット、新たにラインナップされるボトルケージなどさまざまなアイテムを、全国のジャイアント取り扱いディーラーで2月22日より販売する。

サンウェブ・レプリカSSジャージ 7000円(税別)
サンウェブ・レプリカビブショーツ 1万円(税別)

サンウェブが使用するジャイアント・レブ 1万8000円(税別)
ジャイアント・レブのバックスタイル

ジャイアント・パーシュート 2万2000円(税別)
ジャイアント・パーシュートのバックスタイル

サンウェブ・サイクリングキャップ 2500円(税別)
サンウェブ・ポディウムキャップ 3000円(税別)

サンウェブ・エバークールボトル 1300円(税別)
エアウェイ・コンポジットサイドプル 2100円(税別)

サンウェブ・ソックス 2000円(税別)
セレブレートTシャツ 3500円(税別)
サンウェブTシャツ 2500円(税別)
サンウェブ・キッズグローブ 2200円(税別)

ウェブサイトのチームサンウェブ特設ページではギアの初回導入店リストも公開。
ジャイアントのホームページ

●関連ニュース

ジャイアントがサンウェブとテクニカルパートナー契約を拡大

●最新ニュースへ