さらなる安定性と高い空力性能が実現…新たなAeolus XXXシリーズが登場

ボントレガーから、ロードレースやロードライド、シクロクロス、グラベルアドベンチャーに最適なカーボンロードホイールラインが誕生。Aeolus XXXシリーズは3種類のリム高が用意され、用途に合わせたライドへ幅広く対応できる。Aeolus D3のパフォーマンスを損なうことなく、より軽くて空力性能に優れ、ブレーキング性能を高めた新形状のリムを採用している。

いくつもの形状データをもとに、走りの性能を最大限発揮できる形状が選択され、横風での高い安定性も発揮するようゼロベースから設計された。今まで以上に自信を持って高いリムホイールでの走りを楽しめる。

■開発期間は3年、試作品は1万種以上、最も精巧な分析
ボントレガーは、Aeolus XXXの開発のために1万以上の形状データを分析。今回の新形状はその多くのデータに基づきデザインされ、前モデル以上の性能を発揮することを実現した。数ある形状のうちから優れたものを選び、強度と軽さの理想的なバランスを見つけてさらに改善し、最終的に3種類の形状を絞り込み、どれも安定性、速さ、軽さを最高のバランスで実現した。

•Aeolus XXX 2はリム高が28mm、シクロクロスやグラベライドもできるほど丈夫で、ヒルクライムに向いている軽量ホイール:29万8000円~/前後セット
•Aeolus XXX 4はリム高が47mm、毎日のライドで速さと安定性を感じられるエアロなオールラウンドホイール:31万8000円~/前後セット
•Aeolus XXX 6はリム高が60mm、比類なき安定性を究極の速さで実現し、多くの場面で活躍するウルトラエアロホイール:33万8000円~/前後セット

■Laser Control Trackがアルミホイールのブレーキング性能をカーボンホイールで実現
ボントレガーは、カーボンホイール最大の欠点の改善に取り組んだ。それは、雨などのウェットコンディションでのブレーキング性能を上げること。Laser Control Trackと呼ぶレーザーエッジング加工が施された独自のブレーキ面により、アルミホイールと同等のブレーキング性能を発揮、ブレーキの操作性が向上。

■Aeolus XXXホイールの主な特徴
•それぞれの高さや用途に合わせて最適化された全く新しい形状を採用。その結果、Aeolusらしい走りの質はそのままに、強い横風ですら影響を受けないクラス最高の空力性能と安定性を実現。
•Laser Control Trackは、ブレーキング性能を大幅に高め、特にウェットコンディションでアルミリムと肩を並べるほどの制動力を発揮。
•ワイドな内幅21mmのリムが、ワイドタイヤをしっかりとサポート。付属のTLRストリップなら、チューブレス化も簡単。
•信頼性が高く、回転が滑らかなDT-Swissハブは、その内部機構に瞬時にパワーを伝達する36ポイントのスターラチェットを採用。これをDT-Swiss Aeroliteスポークで組み上げた。
•レーザーエッジングのグラフィックが、重量はそのままに、クリーンな仕上げを演出。
•全てのAeolus XXXホイールは、アメリカ・ウィスコンシン州ウォータールーのトレック本社で設計および製造。
•Carbon Care保証プログラムで、お客様はカーボンホイールを安心して購入できる。

Aeolus XXXは、リムとディスクブレーキモデルの両方で3種類の高さを用意。また、チューブラーとクリンチャー仕様も選べる。

新たなAeolusラインナップには、Aeolus Proも展開される。Aeolus Pro 5は、耐久性、軽さ、空力性能を完璧なバランスで発揮する、高さ50mmでチューブレスレディのリムブレーキモデル。Aeolus Proは、コストパフォーマンスに優れ、カーボンホイールの性能や走りをより多くのライダーにもたらす。

【価格ラインナップ】全て税込み表記
■Aeolus XXX 2
TLR Clincher 31万8000円(フロント:14万9000円、リア:16万9000円)
Tubular 29万8000円(フロント:13万9000円、リア:15万9000円)
TLR Disc Clincher 31万8000円(フロント:14万9000円、リア:16万9000円)

■Aeolus XXX 4
TLR Clincher 33万8000円(フロント:15万9000円、リア:17万9000円)
Tubular 31万8000円(フロント:15万9000円、リア:17万9000円)
TLR Disc Clincher 33万8000円(フロント:15万9000円、リア:17万9000円)

■Aeolus XXX 6
TLR Clincher 35万8000円(フロント:16万9000円、リア:18万9000円)
Tubular 33万8000円(フロント:15万9000円、リア:17万9000円)
TLR Disc Clincher 35万8000円(フロント:16万9000円、リア:18万9000円)

■Aeolus Pro 5
TLR Clincher  19万8720円(フロント:9万720円、リア:10万8000円)
TLR Disc Clincher 19万8720円(フロント:9万720円、リア:10万8000円)

●関連ニュース

トレックが全く新しいグラベルロード「Checkpoint」発表…冒険好きに

●最新ニュースへ

宇都宮ブリッツェンが4月15日に清掃サイクリング…参加者募集中

地域密着型プロサイクルロードレースチーム「宇都宮ブリッツェン」を運営するサイクルスポーツマネージメントは、ジャパンカップサイクルロードレースの舞台となる栃木県の宇都宮市森林公園周辺をサイクリングしながら、道路の清掃活動を行う清掃サイクリングを4月15日(日)に実施する。

宇都宮ブリッツェンの清掃サイクリング詳細ページ

■日時:4月15日(日) 9:00~12:00終了予定(受付8:45~)※雨天順延
■集合場所:宇都宮市サイクリングターミナル前広場
〒321-0342 栃木県宇都宮市福岡町1074-1
■参加費:無料
■参加申し込み:宇都宮ブリッツェンホームページ専用フォームより申し込み
※サイクリングせず、清掃活動のみでのご参加も可能
■申し込み締め切り:4月10日(火)
■主催:サイクルスポーツマネージメント
■協力 デクセリアルズ/鶴カントリークラブ/宇都宮市
■問い合わせ:サイクルスポーツマネージメント TEL:028-611-3993

●関連ニュース

宇都宮ブリッツェンが新チームロゴを発表…思いを具現化したデザインに

●最新ニュースへ

東京五輪ロードコースとなる富士山周遊をサイクリングバスツアーで行く

「サイクリングバスツアー富士山周遊コース」が参加者募集を開始した。山梨県鳴沢村をスタートして富士山南山麓から御殿場を経由。静岡県小山町「あしがら温泉」にゴールする約74km。2020東京オリンピックの自転車競技ロードレースのゴール地点となる小山町など、現在サイクリング機運が高まる静岡県東部地域を走ってみよう。

同ツアーは「静岡県東部地域スポーツ産業振興協議会」とのタイアップ事業として実施。
「2020年東京五輪自転車ロードレースのゴール会場に決定した富士スピードウェイは我が町、小山町にあります。雄大な富士山を眺めながら、美しい緑・豊かな田園風景に囲まれたコースを楽しんでください」と、小山町役場オリンピック・パラリンピック推進局の鈴木新一さん。
「今回のゴール、あしがら温泉では雄大の富士山を眺めながら温泉につかり、食事処・藤曲屋ではこだわりの自家製麺の美味しいお蕎麦をご堪能いただけたらと思います」

「サイクリングバスツアー」は観光バスを使って自転車を運びサイクリングを楽しむ、全く新しいスタイルのツアー。都内の集合場所まで自転車で自走したり、自家用車や電車を使って集まり、観光バスに積み込み目的地まで移動。その後、目的地近くの道の駅などで自転車を組み立ててサイクリングを行い、最後は食事や温泉などが楽しめる。

【ツアー設定日】
①2018年5月26日(土)
②2018年6月16日(土)
③2018年7月8日(日)
【旅行費用】一人1万5800円
【出発地】東京駅=国際興業本社裏、新宿駅=西口都庁横
【募集定員】25人(最少催行人員15人)
【旅行代金に含まれるもの】食事代、温泉入浴代(タオルは持参のこと)、休憩地点での補水・補食費用、保険代、大型貸切バス代(運転士2人体制)有料道路代、駐車場代、諸経費
【申込み方法】下記インターネットから
【利用バス会社】国際興業

サイクリングバスツアー富士山周遊コースの詳細と申し込みサイト

●静岡県東部地域のサイクリングに関わる記事

西伊豆から南伊豆へ…絶景を見ながらの90kmサイクリング

伊豆半島と富士山すそ野をサイクリストの聖地に…東京五輪が環境作りのチャンス

●最新ニュースへ

キナンの山本元喜と中島康晴がツアー・オブ・タイランドに参戦

「プリンセス・マハチャクリシリンドーンズカップ ツアー・オブ・タイランド(The Princess Maha Chakri Sirindhorn’s Cup Tour of Thailand)」が4月1日から6日にタイで開催され、キナンサイクリングは山本元喜、マルコス・ガルシア、サルバドール・グアルディオラ、トマ・ルバ、中島康晴を派遣する。

ツアー・オブ・タイランドに出場するキナンチームのメンバー ©︎ KINAN Cycling Team

キナンチームにとって初出場となる大会は例年、スプリントや大人数の逃げが決まるなどハイスピードなレース展開となることが特徴として挙げられる。2018年は全6ステージ、総距離1080.9kmで争われる。最難関のクイーンステージと目されるのは、第3ステージ。美しい滝や数々の野生動物が姿を現すことで知られるカオヤイ国立公園の頂上フィニッシュが今大会唯一の本格山岳ステージとして設けられた。

キナンはこの大会での総合上位進出を目指し、クライマーのガルシア、グアルディオラ、ルバがメンバー入り。第3ステージを中心に上りでの勝負を見すえる。 平地・山岳問わず逃げや集団牽引、アシストとして計算できる山本、そして過去2度の個人総合優勝(2014年、2015年)の実績を誇る中島を起用。山本、ガルシア、グアルディオラ、ルバはツール・ド・ランカウイから、中島はツール・ド・とちぎからの連戦となる。

大会は国際登録における第3カテゴリー「UCIコンチネンタルチーム」のみの21チームがエントリーとなっているが、UCIアジアツアーでの経験・実績が豊富なチームがそろい、高いレベルの戦いとなることが予想される。メンバーは3月30日にタイ入りし、4月1日からのレースに臨む。

●関連ニュース

ツール・ド・ランカウイでキナンのトマ・ルバが個人総合8位

●最新ニュースへ

トリップアドバイザー世界の人気観光地ランキングでパリが1位に

世界最大の旅行サイト「TripAdvisor」(トリップアドバイザー)は2018年3月20日、同サイト上で旅行者が高く評価した観光都市・島をランキングした「トラベーズチョイス 世界の人気観光地ランキング2018」を発表し、第1位にフランスのパリが選ばれた。

© Paris Tourist Office – Photographer : © Jair Lanes

「トラベーズチョイス 世界の人気観光地ランキング2018」は2016年12月から2017年12月までの1年間にトリップアドバイザーに投稿された各都市や島の観光施設、宿泊施設、レストランの口コミの量、評価、予約関心度をもとに、独自のアルゴリズムで集計したもの。10回目となる2018年のランキングには世界各地から402の観光地が選出されていた。パリは前回の3位から2つランクを上げ、初めての1位を獲得した。

トラベーズチョイス 世界の人気観光地ランキング2018
1 パリ(フランス)
2 ロンドン(英国)
3 ローマ(イタリア)
4 バリ島(インドネシア)
5 クレタ(ギリシャ)
6 バルセロナ(スペイン)
7 プラハ(チェコ)
8 マラケシュ(モロッコ)
9 インスタンブール(トルコ)
10 ニューヨーク(米国)

パリのアンヌ・イダルゴ市長

パリ市長アンヌ・イダルゴのコメント
「受賞は私達の都市の魅力を伝えるだけでなく、雇用創出の面でもたいへん喜ばしいニュースです。(テロ以降落ち込んだパリの観光需要を復活させるため)、2016年より我々のチームが旅行業の関係各位と力を合わせ、観光復興のために重ねてきた努力が報われたのですから。受賞は長期的戦略にたったパリ観光のプロモーションの結果でもあります。パリを温かみのある魅力的な都市にしてくれたパリ市民、パリ市職員、ホテル・レストラン・商業施設に関わる方々、そして旅行者をもてなし案内した若いボランティアすべてに感謝いたします」

観光発展に関わる2団体、パリ観光・会議局(OTCP)とフランス観光開発機構(Atout France)のコメント

パリ観光・会議局 ピエール・シャピラ理事長
「パリの観光業は難しい時期を経験したものの、2017年にはパリへの送客が大きく伸びており、この受賞は”観光地パリ”の完全復活を告げるものと言えます。今後パリには大型のイベントや新施設のオープンが見込まれることからも、パリの将来に明るさを感じます」

フランス観光開発機構 クリスチャン・マンテイ総裁
「トリップアドバイザーの世界の人気観光地ランキングを、フランスの各観光地は重要な指標ととらえています。フランスがここ数年にわたり重ねた膨大な努力を旅行者が評価してくださること自体が、このうえない褒賞になります。フランス国家、フランス観光開発機構、パリ地方、パリ市、そしてすべての旅行関係者(ホテル、交通、美術館・博物館、レストラン、サービス)が力を合わせ動いたことで、パリに新たな光を当てることができました」

トラベラーズチョイス 世界の人気観光地ランキング2018

トラベラーズチョイス 世界の人気観光地ランキグ2018

●関連ニュース

パリ郊外のル・ゴルフ・ナショナルで伝統の対抗戦…2024パリ五輪でも会場に

●最新ニュースへ

伊豆半島と富士山すそ野をサイクリストの聖地に…東京五輪が環境作りのチャンス

伊豆半島と富士山すそ野をサイクリストの聖地に。静岡県東部地域が自転車愛好家の受け入れ環境整備を進めている。東京五輪で開催される自転車4競技のうち3競技がこのエリアで開催されることになったからだ。「だったら県東部全体でなにかをしよう」と、20の市町村、地元企業が一体となって「ふじのくにサイクルスポーツ県づくり」を推進している。

アテネ五輪代表の田代恭崇さんが魅力的なサイクリングコースを案内してくれる

2020年東京五輪の自転車競技。伊豆市の「日本サイクルスポーツセンター」がトラックとMTBの会場となる。小山町の「富士スピードウェイ」はロードレースのゴールや個人タイムトライアルのコースに。「このチャンスを逃がさず、サイクルスポーツをレガシー(資産)にしよう」と、東京五輪・パラリンピック自転車競技静岡県開催推進委員会、同伊豆半島・東部地域首長協議会が相次いで設立され、環境作りに着手した。

田代恭崇さん。スルガ銀行主催のツアーでも案内役を務める

これまで埼玉県上尾市にあった国内実業団チーム「ブリヂストン・アンカー」も静岡県三島市に拠点を変更し、チーム名も五輪協賛企業の親会社を前面に打ち出す「ブリヂストンサイクリング」と変更。ロード選手のみならず、トラックやパラサイクリストも同地を拠点として2020年を目指すことになった。また、アテネ五輪代表で、元ブリヂストンサイクル社員の田代恭崇さんをアドバイザー起用。前週の「自転車で行こう」で南伊豆90kmサイクリングを案内してくれたように、さまざまな企画を実施してサイクリストの聖地としての基盤づくりを進める。

地元企業もバックアップする。「スルガ銀行」では3支店に「サイクルステーション」を設置。銀行口座を持っている人なら無料で参加できるサイクリングツアーも1年を通して開催する。さらに規模の大きなホテルや旅館もロビーあるいは部屋に高額な自転車を持ち込めるようにして、「サイクリストに優しい宿」キャンペーンを展開する。

プレ五輪イヤーとなる2019年にはプレ大会などが開催される予定で、サイクリストの聖地を打ち出すことで地元の人たちが自転車競技に興味を持ってくれるようにする。市民の五輪気運を高めるとともに、観光で潤うまちづくりを目指す。その手段が自転車というわけだ。

伊豆半島は自転車店が少ないので、パンク時の頼もしい存在として飲料自販機でチューブが買える!
しかもバルブの長さが選べる

●アローサイクリングコース
2020年までに伊豆半島の主要道路に青い矢羽型路面表示を40mごとに設置する。オススメのサイクリングコースの進行方向が分かるようにして、愛好家を誘致しようという計画。目的地までの残り距離も表示する。人気の高い「しまなみ海道=広島県尾道市〜愛媛県今治市」を参考にした試みだ。すでに西伊豆の海岸線に敷設済みで、実際に走行してみたが、細いタイヤでもペイントの厚みが気にならない程度で、サイクリストに優しいのがうれしい。

「バイシクルピット」の幟を掲げるホテル。ロビーには自転車ラックや貸し出し工具がある

●バイシクルピット
空気入れやスタンドのないスポーツバイクを駐輪するバイクラックを常備した「バイシクルピット」も道の駅や鉄道駅など合計200カ所に設置する計画。ガソリンスタンドを経営する企業からも設置の申し出をもらっているという。工具類の貸し出しのほか、休憩スポットとしても使え、体調不良やトラブル時には必要となる施設を紹介するなどのサポートもある。

ハローサイクリングの電動アシスト自転車

●ハローサイクリング
電動アシスト自転車を貸し出すレンタサイクルステーション「ハローサイクリング」も要所に置き、広域での乗り捨ても可能にした。予約はスマホでも可能。この「ハローサイクリング」は都内や神奈川県横浜市、さいたま市などにステーションを持つシステムだが、伊豆半島南部も重点的に展開している。

伊豆半島は鉄道駅から観光地までの二次交通が弱いので、それをカバーするためにレンタサイクルを整備したという。アップダウンが多く、走りごたえのあるコースなので、電動アシスト自転車は初級者の体力をカバーしてくれるのでオススメ。

●関連ニュース

西伊豆から南伊豆へ…絶景を見ながらの90kmサイクリング

●最新ニュースへ

ニッポンのじてんしゃ旅 いばらきサイクリングガイドが発売

「ニッポンのじてんしゃ旅 いばらきサイクリングガイド」が3月29日に八重洲出版から発売された。自転車雑誌「サイクルスポーツ」のツーリング連載で4回にわたって紹介したものをまとめた。その特集で紹介したスポットやルートを1冊にまとめたムック本。特別付録・茨城県南西エリアルートマップ。972円。

ニッポンのじてんしゃ旅 いばらきサイクリングガイド

「ニッポンのじてんしゃ旅」シリーズとしては第3弾となり、今回はサイクリング中にも携行しやすいようにA5サイズのポケット版で発売された。

茨城県を象徴する2つのスポット「筑波山」や「霞ケ浦」の周辺に整備されている全長180kmの自転車道「つくば霞ケ浦りんりんロード」とその周辺のエリアのオススメスポットやルートを紹介。また、3月29日にオープンした土浦駅直結の一大サイクリング拠点「りんりんスクエア土浦」についても取り上げている。

都心から約1時間で気軽にアクセスできる茨城県。あなたもこの本をお供に、次の週末ふらっと行ってみない?

●関連ニュース

日本最大級のサイクリングリゾート「プレイアトレ」が土浦駅にオープン

●最新ニュースへ

ツール・ド・フランスさいたまのコース決定…駅至近の特設サーキット

世界最高峰の自転車レース「ツール・ド・フランス」の名を冠したイベント「J:COM presents 2018ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」の大会コースが決定した。さいたま新都心駅至近の特設コースで、2017年大会と同じレイアウト。

2018ツール・ド・フランスさいたまクリテリウムのコースマップ

2018年11月4日に世界トップレベルの選手たちがここを駆け抜けることになる。ラスト300mの直線で繰り広げられる白熱したゴールスプリントに注目。

●関連ニュース

ツール・ド・フランスさいたまクリテリウムは11月4日…6回目の開催

●最新ニュースへ