パリ郊外のル・ゴルフ・ナショナルで伝統の対抗戦…2024パリ五輪でも会場に

2年に一度開催される欧米両チームによる伝説のゴルフ対抗戦「ライダーカップ」が2018年9月25日から30日までパリ西部にあるル・ゴルフ・ナショナルで開催される。同ゴルフ場は2024パリオリンピックのゴルフ競技会場でもあり、日本のゴルフファンにとっても魅力のあるコースとして一躍脚光を浴びつつある。

ル・ゴルフ・ナショナル

世界中が注目するライダーカップ。サッカーのワールドカップとオリンピックに次いで最もマスコミの注目を集めるスポーツイベントだという。この栄えある大会をフランスで開催できることは、フランスゴルフの発展にとって大きな推進力となると分析されている。今回のライダーカップは、サンカンタンアンイブリン県の国立ゴルフ場(Le Golf National)で開催される。会場はヨーロッパでも数少ない8万人のギャラリーを受け入れることができる。


ライダーカップとは? 一言で言えば、2年ごとに開催される米国チーム対ヨーロッパチームの対抗戦で優勝したチームに与えられるトロフィーのこと。試合は米国とヨーロッパのホーム・アンド・アウェー方式で争われる。過去のライダーカップでは、ゴルフ史に残るさまざまな偉業が成し遂げられてきた。

長年、米国チームがカップを独占していたが、1985年以降はヨーロッパチームの優勝が米国チームを上回るようになり、11大会中8回の優勝を誇る。出場選手もセベ・バレステロス、セルヒオ・ガルシア、フィル・ミケルソン、タイガー・ウッズなど世界の一流選手ばかり。現在までにフランス人では、ジャン・バンドベルド(1997年)とトマ・ルベ(2004年)の2人の選手が選ばれている。

3日間にわたり12人ずつの2チームが腕を競い合う。試合はシングルかダブルスのマッチプレイで行われる。28試合が終わった段階で、14 1/2かそれ以上のスコアを獲得したチームが優勝となる。とりわけダブルスのマッチプレイは、選手同士で互いに力を補い合う独特の戦術が必要となるため、見ごたえがある。大会開催中はギャラリーもテレビ視聴者も大いに盛り上がる3日間となるのだ。

ル・ゴルフ・ナショナルはベルサイユ宮殿にも近く、プレートともにフランス観光もできる © A. Poupeney

Domaine de Marie-Antoinette(小トリアノン宮殿) © C.Millet

●関連ニュース

フランスでゴルフする!…お買い物でもグルメでもない新たな目的を発見

●最新ニュースへ

プロライダーは何を持っていく? 動画「遠征バッグ大公開」配信スタート

キナンサイクリングのYouTubeチャンネル「KINAN Cycling Team.tv」で、「プロライダーの遠征バッグ大公開!」と称して、所属選手が遠征時に実際に持参するアイテムを紹介する新作動画の配信を開始した。

YouTubeのスクリーンショット(クリックしても再生しません)

同企画は日ごろ応援してくれるファンにさらなる興味を持ってもらうことはもちろん、支援してもらっているサプライヤーアイテムの紹介、さらには将来サイクルスポーツのトップシーンでの活躍を志す若い選手たちの未来を切り拓くことなども目的としている。

椿大志

選手たちの活躍の裏にはどのようなアイテムが彼らを支え、同時に競技に生かされているかを多くの人に知ってもらう機会となることを期待しているという。

今回のモデルは椿大志。所属選手間では「チーム一の収納上手」との声も挙がっていることから、動画の終盤には遠征バッグへの収納シーンも収めている。

●関連ニュース

ツール・ド・ランカウイ開幕…キナンの椿大志は熱中症でリタイア

●最新ニュースへ

日本で最も美しい村散走…全国6カ所の「美しい村」を自転車で散歩する

日本で最も美しい村散走が2018年に全国6カ所の「美しい村」で開催される。都心部をのんびりと走る「散走」を週末に開催するライフクリエーションスペースOVEが、「日本で最も美しい村」の魅力と各地域の歴史や伝統文化、自然や食を味わってもらおうと企画。距離は10〜20km(場所によっては40km)と寄り道をしながら散歩感覚の速さでめぐるので、初心者も安心して参加できる。

長野県高山温泉郷(高山村)

開催は7月に集中し、北海道江差町、長野県大鹿村、長野県高山村、岡山県新庄村、愛媛県上島町、宮崎県綾町で行われる。第1弾は、しまなみ街道のおひざもと、NPO法人シクロツーリズムしまなみ(愛媛県今治市)の協力を得て、最も美しい村連合の加盟町村「愛媛県上島町」を巡る散走「しまなみキャンプライド」として7月21日に実施する。エントリー開始は6月1日(金)昼12時から。

サイクリスト100人で世界一周に相当する4万kmを走ろうという「サイクリング・フォー・チャリティ」の応援プロジェクトでもあり、企画主意に賛同したNPO法人「日本で最も美しい村」連合と、OVEが連携。世界・日本全国から来訪する人に日本の美しい村を自転車で巡る「散走」を走ってもらい、その合計走行距離を「サイクリング・フォー・チャリティ」に加算する。また、散走参加費の一部は「日本で最も美しい村散走」に参画する各地域の(あるいは縁のある)児童養護施設に寄付し、支援を必要としている子供たちを応援する活動に協力する。


NPO法人「日本で最も美しい村」連合(通称、美しい村連合)
2005年に7つの町村からスタートし、平成の大合併の時期で市町村合併が促進される中、小さくても素晴らしい地域資源や美しい景観を持つ村の存続が難しくなってきた時期に、フランスの素朴な美しい村を厳選し紹介する「フランスの最も美しい村」運動に範をとり、失ったら二度と取り戻せない日本の農山漁村の景観・文化を守りつつ、最も美しい村としての自立を目指す運動を行う。

ライフクリエーションスペースOVE。港区南青山にある

ライフクリエーションスペースOVE
シマノが2006年から自転車文化向上を目指して運営するコンセプトストア。カフェやセレクト、さまざまな文化が交差するイベント、「散走」というたのしみ方の提案を通じて、自転車のある新しいライフスタイルを提供する情報発信基地。OVEコンセプトに共感する地域では「散走」が実践されるようになり全国で「散走」ネットワークが広がっている。

●関連リンク
サイクリング・フォー・チャリティ
第2回 しまなみキャンプライド

●関連ニュース

サイクリング・フォー・チャリティ…世界一周4万kmを目指してキックオフ

●最新ニュースへ

トマ・ルバがキャメロンハイランドで区間5位…ツール・ド・ランカウイの最難関

マレーシアで行われているアジア最大級のステージレース、ツール・ド・ランカウイは3月22日に第5ステージを実施。今大会のクイーンステージと目された超級山岳キャメロンハイランドの頂上を目指したレースで、キナンサイクリングはトマ・ルバがステージ5位フィニッシュ。個人総合で6位としたほか、チーム総合でも3位に浮上。好ポジションで残る3ステージに進むこととなった。

キャメロンハイランドに区間5位でゴールしたトマ・ルバ(左) ©︎ KINAN Cycling Team / Syunsuke FUKUMITSU

マレー半島をめぐる戦いは折り返しを過ぎ、後半戦へと突入。平坦ステージが多くを占める今大会にあって、唯一の山岳ステージがこの日に設けられた。内陸のベントンをスタートして北上。フィニッシュはアジアの名峰ともいわれるキャメロンハイランド。この大会では数々の名勝負が生まれた地で、新たな歴史が刻まれることとなった。

スタートからしばらくは平坦区間。3カ所のスプリントポイントを通過したのち、山岳地帯へと入っていく。以降は約50kmにわたって上りが続く。158km地点に1級山岳が設定され、さらに約11km上ってキャメロンハイランドへと到達する。フィニッシュ地点は標高1430m。上りにはときおり10%近い勾配も待ち受けており、完全クライマー向けのコースレイアウト。

キナンは前日の第4ステージまでを終えてルバが個人総合8位につける。トップとは1分27秒差。さらに3秒差に多くの選手がひしめいていて、マルコス・ガルシア、サルバドール・グアルディオラもこの中に含まれている。

迎えたレースは、この日最初のスプリントポイントのある27.1kmまでは逃げが容認されなかったが、これを通過後に6人が逃げを開始。キナン勢はこの動きを見送り、メイン集団内でレースを進める。逃げグループとのタイム差は約3分を境に縮小傾向となっていく。

平坦区間では淡々と進行したが、山岳に入り動きが激しくなる。逃げグループは人数を減らしながらも粘る一方で、メイン集団でも1級山岳の上りでアタックが次々と発生し、ルバがこれに乗じる。集団から飛び出した1人を、ルバを含む8選手が追いかける展開となる。やがて逃げていた選手たちは脱落。総合争いにつながる勝負がいよいよ本格化した。

ルバらの追走グループは懸命にペースを上げるが、先頭との差は1分30秒前後で推移。結局、その差は大きくは変動せず、独走を許すこととなった。

そしてルバたちも上位進出をかけて激しいつばぜり合い。最終局面はアタックの応酬から数十秒ごとの間隔で次々とフィニッシュへとなだれ込む形となり、ルバはトップから1分1秒差の5位でこのステージを終えた。

ルバに続き、ガルシアが1分19秒差の11位。この2人を前方へと送り出したグアルディオラが2分20秒差の32位。落車に見舞われながら、集団復帰しアシストをこなした中西健児、上りの入口までルバらのケアに努めた山本元喜もそれぞれグルペットで走り切っている。

このステージの結果が総合成績に大きく反映され、チーム最上位のルバが総合で2つ順位を上げて6位に浮上。トップとは1分8秒差。ガルシアが12位、グアルディオラは27位で続く。各ステージのチーム内上位3選手のフィニッシュタイム合算によって順位づけられるチーム総合では、この3人の走りが奏功し3位にジャンプアップしている。

23日に行われる第6ステージは、タパー(Tapah)をスタートし、タンジュン・マリム(Tanjung Malim)にフィニッシュする、今大会の最短ステージの108.5km。中盤までは平坦が続くが、67.3km地点にこのステージ唯一の上りとなる1級山岳が登場。その後は再び平坦区間となる。キナン勢としては残る3ステージでルバを中心とした個人総合、そしてチーム総合と、順位を上げるべくトライを続けることになる。第6ステージは、その足がかりとなるポイントの1日となりそうだ。

ツール・ド・ランカウイ第5ステージ結果(169.4km)
1 アルテム・オヴェチキン(ロシア、トレンガヌサイクリングチーム) 4時間24分29秒
2 ベンジャミン・ディボール(オーストラリア、セントジョージコンチネンタル) +28秒
3 アマヌエル・ゲブレイグザブハイアー(エリトリア、ディメンションデータ) +55秒
4 イェフゲニー・ギディッチ(カザフスタン、アスタナプロチーム) +1分1秒
5 トマ・ルバ(フランス、KINAN Cycling Team)
6 アルバロラウル・ドゥアルテ(コロンビア、フォルカアムスキンズレーシング) +1分2秒
11 マルコス・ガルシア(スペイン、KINAN Cycling Team) +1分19秒
32 サルバドール・グアルディオラ(スペイン、KINAN Cycling Team) +2分20秒
87 中西健児(KINAN Cycling Team) +15分49秒
105 山本元喜(KINAN Cycling Team) +24分18秒

個人総合時間
1 アルテム・オヴェチキン(ロシア、トレンガヌサイクリングチーム) 21時間21分34秒
2 ベンジャミン・ディボール(オーストラリア、セントジョージコンチネンタル) +32秒
3 ハリソン・スウィーニー(オーストラリア、ミッチェルトン・バイクエクスチェンジ) +59秒
4 アマヌエル・ゲブレイグザブハイアー(エリトリア、ディメンションデータ) +1分1秒
5 イェフゲニー・ギディッチ(カザフスタン、アスタナプロチーム) +1分7秒
6 トマ・ルバ(フランス、KINAN Cycling Team) +1分8秒
12 マルコス・ガルシア(スペイン、KINAN Cycling Team) +1分29秒
27 サルバドール・グアルディオラ(スペイン、KINAN Cycling Team) +2分30秒
114 山本元喜(KINAN Cycling Team) +44分45秒
115 中西健児(KINAN Cycling Team) +45分50秒

ベストアジアンライダー
1 イェフゲニー・ギディッチ(カザフスタン、アスタナプロチーム) 21時間22分41秒
50 山本元喜(KINAN Cycling Team) +43分38秒
51 中西健児(KINAN Cycling Team) +44分43秒

スプリント賞
1 リッカルド・ミナーリ(イタリア、アスタナプロチーム) 43pts
14 トマ・ルバ(フランス、KINAN Cycling Team) 11pts

山岳賞
1 アルテム・オヴェチキン(ロシア、トレンガヌサイクリングチーム) 40pts
10 トマ・ルバ(フランス、KINAN Cycling Team) 10pts
20 マルコス・ガルシア(スペイン、KINAN Cycling Team) 2pts

チーム総合
1 トレンガヌサイクリングチーム 64時間7分41秒
3 KINAN Cycling Team +2分11秒

トマ・ルバ

トマ・ルバのコメント
ステージ優勝した選手がただただ強かった。1つ目の山岳からアタックを繰り返して、とにかく前を追ったが、彼はとても速かった。個人としては全力を尽くしたし、結果にも後悔はしていない。マルコスやサルバドールとは今シーズン初めて一緒のレースに臨んでいるが、互いに意見を出し合って走ることができている。今日も連携はよかった。残る3ステージについては、できることを繰り返していくだけだ。体調も日々よくなっていて、走りの感触も問題ない。この先に控えるレースにも確実につながっていくと思っている。

●関連ニュース

塚本一樹がキナンサイクリングに昇格…経験を積んで早く強くなりたい

●最新ニュースへ