フランスのサントル・バルドロワール地方はルネサンス500年祭

2019年はアンボワーズでのレオナルド・ダ・ヴィンチの逝去、シャンボール城の着工、フィレンツェでのカトリーヌ・ド・メディシスの生誕から500年にあたる節目の年。フランスのサントル・バルドロワール地方では、フランスで花開いたルネッサンスの知と芸術と科学をテーマに「ルネサンス500年祭」を祝うお祭りが相次いで開催される。

アンボワーズ城の前に立つレオナルド・ダ・ヴィンチ © L. de Serres

かつてフランスの歴代の国王たちが住んでいたロワール渓谷。この地の庭園、ロワール川、そして古城が点在するその流域はフレンチ・ルネサンス揺籃の地として知られている。フランソワ1世、カトリーヌ・ド・メディシス、レオナルド・ダ・ヴィンチといった歴史上の人物たちがこの地方のルネサンス運動の興隆に貢献し、芸術、哲学、科学、文学などの創作と探究活動を大いに推進した。ロワール地方に数多く残る古城は、そうした歴史を今に伝えるもっとも美しい証と言える。ロワール渓谷とシャルトルおよびブールジュの大聖堂はその歴史遺産と自然が相まってUNESCOの世界遺産に登録されている。

ブロワ城でVRを活用した見学 © Fr. Christophe_Château royal de Blois

ヴァロワ王家が愛し、住まいを置いた場所、サントル・バルドロワール地方は、その中心にあるトゥーレーヌ地域およびオルレアネ地域はもちろん、周辺部あるベリー、メーヌ、ポワトゥーの各地域においてもルネサンスの名残を色濃く宿している。ルネサンス運動が興盛したことで、シャンボール、クロ・リュセ、アンボワーズ、ブロワ、シュノンソー、アゼ・ル・リドー、ヴァランセ、ショーモン・シュル・ロワール、アネ、ロシュ、ヴィランドリーといった数々の城館が建てられたほか、ブールジュ、トゥール、ロモランタン・ラントネーといった町が発展した。

オルレアンで行われたロワール・フェスティバル © F. Charel – CRT Centre-Val de Loire

2019年、サントル・バルドロワール地方はルネサンス500年祭を開催し、この文化と精神の復興運動にふたたび光をあて、現代に蘇らせる。具体的には、オルレアンのFRAC(現代アート地方基金)、トゥールのCCCOD(オリヴィエ・ドゥブレ現代創作センター)、ブールジュのアートセンター「トランスパレット」のほか、ショーモン・シュル・ロワール城、芸術・自然センターなど現代アートを扱うメジャーな機関や施設と協力し、イノベーションや創造活動を推進していく。

芸術と科学の象徴であるレオナルド・ダ・ヴィンチは、「可能性」を体現する存在だ。芸術家でもあり知識人でもあった彼は、1516年、当時のフランス国王フランソワ1世の招きでローマからアンボワーズへ移り、クルー邸、つまり今日「クロ・リュセ城」と呼ばれている屋敷に居を構えた。そこからフランスが誇る3つの名画の物語が始まる。3つの名画、つまり「モナリザ」、「聖アンナと聖母子」、「洗礼者聖ヨハネ」は現在ルーヴル美術館に収められている。

ダヴィンチが晩年を過ごしたクロ・リュセ城 © Léonard de Serres

2019年に開催されるルネサンス500年祭は単なる記念祭ではなく、一般の人もすでに知識のある人も楽しめる総合的なプログラムをそなえ、歴史、芸術、科学をテーマに多くの人が参加する全国規模の国際的なムーブメントとしての性格を帯びることになる。プログラムはルネサンスの主要テーマ、歴史遺産、芸術と文学、音楽、庭園、科学および科学技術の変革、建築、手工芸、美食のほか、より広い視野に立ち、暮らしにまつわるアート(アール・ド・ヴィーブル)も扱う予定。

500年祭は2019年を通じて開催され、現在策定中の文化プログラムでは、アートと音楽を融合したコンテンポラリー作品をデジタル技術で演出する壮大な巡回スペクタクル、国際建築コンペ、ガイド付き見学、コンテンポラリーアート、バンケット、多数の展覧会、国際シンポジウムなど多彩なイベントが予定されている。

ルネサンス500年祭は歴史的な節目を祝う機会であるのはもちろんのこと、それ以上にルネサンスというこの大きな変革の精神を追求するため歴史の新たなページをめくるという意味合いを持つ。昨今、地域の遺産を最先端のテクノロジーを駆使して紹介するのが主流となっており、サントル・バルドロワール地方もその種のプロジェクトを多く支援、推進している。

ショーモン・シュル・ロワール城の庭園散策コースにあるパトリック・ドーティのインスタレーション © Ivan Mathie – CRT Centre-Val de Loire / Oeuvre de Patrick Dougherty

●関連ニュース

フランスでゴルフする!…お買い物でもグルメでもない新たな目的を発見

●最新ニュースへ

⽇本最⼤のベルギービールの祭典(6都市7会場)招待券が当たるキャンペーン

ベルギー・フランダース政府観光局は、ユネスコ無形⽂化遺産にも登録されたベルギーのビール⽂化を通じて、ベルギーのカルチャーにふれるキャンペーン「ベルギー・ビールの世界へようこそ」を開催。全国6都市7会場で展開される⽇本最⼤のベルギービールの祭典「ベルギービール・ウィークエンド2018」に35組70人をご招待。さらに素敵なグッズを抽選でプレゼントする。

カフェのテラスでビールを楽しむ⼈々/ブルージュ © Milo Profi

●ベルギー・ビールの世界へようこそ

中世から名産地として知られ、ユネスコ無形⽂化遺産にも登録されたベルギーのビール⽂化。いまやそんな肩書も必要ないくらい、ビールやグルメ好きにとってベルギービールと⾔えばおいしくて多彩な味や⾹りが楽しめる、おしゃれなビールの代名詞だ。⽇本の約13分の1の⾯積のベルギーで、なんと1500種類以上のビールが作られているという。⽢酸っぱいラズベリーやチェリー、夏のさわやかなホワイト、秋・冬のチョコレート、酸味のあるグーズ、熟成したレッドやブラウン、希少なトラピスト。これらはすべてベルギーで作られる代表的なビールの名前。驚きなのはその多くに専⽤のビールグラスがあること。それぞれのグラスはそのビールが⼀番おいしく飲めるようにデザインされている。

歴史あるトラピスト・ビール/アントワープ近郊、ウェストマレ醸造所 © Milo Profi

ベルギー⼈がこだわっているのは、グラスだけではない。こだわりの素材、代々受け継がれた醸造技術、失われたレシピの復刻から新しいフレーバーへの挑戦まで、ビール造りにはベルギー⼈の情熱と、繊細でていねいな職⼈気質があふれている。そんな奥深いビール⽂化に、⽇本で触れられるのが「ベルギービール・ウィークエンド2018」。これは毎年9⽉にブリュッセルで開催されるベルギー本国のイベントを、⽇本で再現したもの。元祖フライドポテト「フリッツ」や「ワッフル」などのローカルフードと⼀緒に、ベルギー各地の醸造所が造る多彩なビールを味わい、ベルギー出⾝の⾳楽バンドのライブ演奏が⽇本で楽しめる。

ベルギー・ビール・ウィークエンド/ブリュッセル、グランプラス広場 © Milo Profi

■キャンペーン概要
名称︓ベルギー・ビールの世界へようこそ
期間︓2018年4⽉1⽇(⽇)〜8⽉31⽇(⾦)
●参加条件
キャンペーン公式ページを訪問、期間中に応募する
●賞品
(1)名古屋/横浜/⼤阪/札幌/⽇⽐⾕/神⼾/東京 各会場5組10人に、イベント期間中会場で飲⾷が楽しめるスターターセット(オリジナルグラス+飲⾷⽤コイン)をプレゼント。各会場のイベント期間に合わせて募集期間(4⽉1⽇〜イベント開始10⽇前)を設定。
(2)全応募者の中から、抽選で30人にコースターや⽂具などの特製グッズをプレゼント。

●ベルギービール・ウィークエンド2018の公式サイト

●関連ニュース

ベルギービールウイークエンド…東京は8月に日比谷、9月に六本木で開催

●最新ニュースへ

カブトが自転車用アイウエアのニュースタンダード「101」「101PH」発売

Kabutoの自転車用アイウエアラインナップに、独自のハイコントラストレンズなどを採用した「101」と、調光速度が大幅に向上した撥水クリア調光レンズ採用の「101PH」が新たに加わった。101が1万円(税別)、101PHが1万5000円(税別)。

カブト・101(ホワイト/撥水スペクトルモーブミラー)

カブト・101(ホワイト/撥水ライトピンク)
カブト・101(マットブラック/撥水スペクトルモーブミラー)

カブト・101(マットブラック/撥水ライトピンク)

 
101シリーズは防風性に優れた一眼レンズスタイルで、セットアップされるすべてのレンズが新開発の高性能レンズ。フレームには軽量性や耐衝撃性に優れた超弾性樹脂TR90(グリルアミド)を採用。ノーズパッドにはフレキシブルに調整が可能なアジャスタブルノーズパッドを採用。圧迫感などのストレス低減に最大限配慮された装着感を実現。日本人の頭部形状を知り尽くしたKabutoだからこそ可能にした、多くのサイクリストに満足してもらえるアイウエアだ。

両モデルの共通の機能として、レンズの両面に撥水加工が施され、水や汗を弾くことでクリアな視界を保つ両面撥水レンズとレンズ内側の虹のように見えるムラを低減する特殊コーティングを施した虹ムラ低減ハードコートを採用。

101には2種類のレンズが付属。標準装着の撥水スペクトルモーブミラー(可視光線透過率21%)はコントラストを高め、路面状況などの視認性を向上。さらに自然な色合いも損なわないように配慮された新しいタイプのハイコントラストレンズだ。また、同梱レンズの撥水ライトピンク(可視光線透過率78%)は、可視光線透過率が高めの設定で早朝、トンネルなど暗い状態でも使用可能。

101PHに付属する撥水クリア調光レンズは、従来品に比べて調光速度が大幅に向上。さらに可視光線透過率の変化幅は81~17%と広く、レンズ交換なしであらゆる状況に対応。Kabutoアイウエアの調光モデルで唯一、両面撥水加工を施した高性能レンズとなる。

カブト・101PH(ホワイト)

カブト・101PH(マットブラック)

●Kabutoの商品紹介サイト

●関連ニュース

Kabuto史上最軽量。驚異の軽さを実現した「FLAIR」を新発売

●最新ニュースへホームページ

20インチの小径車で快適な走りを楽しめる「PAVEA(パベア)」発売

ミヤタサイクルは、ハイテン鋼フレームに20インチの小径タイヤを採用し、軽快なハンドリングで気軽にサイクリングを楽しめる「PAVEA(パベア)」を2018年4月20日に全国のミヤタ販売店を通じて新発売する。カラーは4タイプ。価格は3万9800円(税別)。

ミヤタ・パベア(ピュアブルー)

パベアは20インチの小径タイヤに外装7段変速、フラットバータイプのハンドルを採用してライディングの楽しさと軽快感を追求したモデル。ストップ&ゴーの多い街中でもストレスを感じさせない軽快な加速とハイテン鋼を採用した細身のフレームでスポーツライドからシティライドまでスタイルを問わず愛用できる。

カラーはピュアブルー、ピュアレッド、ブラックマイカ、ホワイトマイカの4色展開、ダウンチューブには胴巻きのロゴデザインを採用してシンプルながら高級感を感じさせる。

ミヤタ・パベア(ブラックマイカ)

■パベアの特長
<20インチ小径タイヤ>
20×1.25インチの小径、細身タイヤを採用。走る、止まるが多い街中でも十分な加速とコーナーリングを実現。ダイナミックかつストレスフリーな走りを提供。

<フロントクイックレリーズ>
フロントクイックを採用し、前輪の取り外しが容易に。コンパクトに収納できることで輪行や車載もより簡単で、日常使用のみならず週末のサイクリングでも活躍。

<ハンドルバー>
ハンドルバーはクランプ径31.8mmのフラットタイプを採用。アルミ製でサビに強く軽量に仕上がっている。

<リヤディレーラー>
変速ギヤにシマノ Tourneyを採用。外装7段の変速がスポーティかつ快適な走りを実現。

<ブレーキ>
制動力の高いVブレーキを採用、悪天候にも耐える安心の仕様。

●ミヤタサイクルのホームページ

ミヤタ・パベア(ホワイトマイカ)
ミヤタ・パベア(ピュアレッド)

●関連ニュース

伊⾖ゲートウェイ函南でeバイクを借りれば距離を伸ばしたサイクリングも可能

●最新ニュースへ

METヘルメットのインターマックスが一般サポートライダーを募集開始

自転車関連商品輸入商社のインターマックスが、2018年のシーズンを全力で楽しむパワーあふれるライダーを募集。METのヘルメットをサポートする。ワールドチームのエミレーツにヘルメットの供給を行うイタリアメーカーで、エアロダイナミクスに優れ、軽量ながら高い強度を合わせ持つ。

MET・リヴァーレ(ディープブルーホワイト)

今回のサポート活動は、METのサポートアイテムを通して商品のよさを感じてもらうために、インターマックスとユーザーとのつながりを大事にして、自転車に乗って走る楽しさを全力で伝える担い手となってほしいとからだという。プロライダーにスポンサーが求めるような「速く走る、結果を残す」ということではなく、レースに参加しない人でも、サイクルイベントへの参加や週末のロングライド、毎日風雨の中を通勤しているなど、日常的にスポーツバイクを使用する人、ブログなどで「サポートアイテムを使った自転車の楽しさ」を伝えていきたいという人であれば、だれでも応募できる。

シリアスレーサーにとどまらず、女性や学生も対象。小さな子どもも要望があれば対象以外のヘルメットを提供できる場合がある。「METが好きでたまらない!」「商品に愛着をもって、ボロボロになるまで使い切れる!」という人はぜひ! 申し込みはメールにて。

MET・マンタ(セーフティーイエロー)

●サポートアイテム内容
METヘルメット:トレンタ(3Kカーボンモデルは対象外)、マンタHES、リヴァーレHES
モデル、カラーとサイズの希望は伝えられるが、希望通りのサポートができない場合も。
<募集期間>
4月20日まで
<サポートライダー募集内容>
・サポート開始から、その商品を1年間は必ず使用する。開始は5月上旬ごろを予定。
・サポートモデルのインプレッションやそれを使用した際の活動内容を月に2回以上ブログやFacebook(公開記事である事が必要)で報告をする。サポートライダー本人の写真を投稿可能な人。更新のたびにインターマックスにメール連絡。
・個人、チーム不問
・サポートモデルを使用しての年間5回以上のレースまたはイベント参加予定の人。
・選考基準として2017年のレース、サイクルイベントへの参加実績やリザルト、年間走行距離(およそで大丈夫)、2018年のイベント参加予定を通知。
・女性、子どもでも要望があれば、対象モデル以外も対応できる場合も。
<申込み方法>
・InterMax2018年度サポートライダー一般公募係宛にメール連絡。 その際、必ず題名の「サポートライダー一般公募係」の後ろに氏名を記入。
送付先アドレス:support(アットマーク)intermax.co.jp
・明記頂きたい内容
1.氏名
2.年齢
3.住まいの地域
4.電話番号
5.メールアドレス
6.サポートを希望するサイズ、カラー
7.2017年度のレース・イベントの参加実績、2018年度の参加予定スケジュール
8.情報発信をするブログのURL
9.顔写真(できればヘルメットやサングラスを着用していないものを)
10.熱意や意見

●インターマックスの一般サポートライダー募集ページ

MET・トレンタ(ホワイト)

●関連ニュース

自由に会話できる新型コミュニケーションツール、BONX(ボンクス)が日本登場

●最新ニュースへ

世界一クールな通学スタイル…BMX界の若きエース中村輪夢が学ランで爆走(笑撃のオチあり)

夏のスポーツ祭典の正式種目採用が決定し、JFBF(全日本フリースタイルBMX連盟)主催の全日本大会やFISE WORLD SERIESが日本初上陸するなど、注目度が高まっているBMXフリースタイル・パーク。世界レベルの実力を持ち、シーンの熱い視線を集めているレッドブル・アスリートの中村輪夢(りむ)。

中村輪夢 © Suguru Saito / Red Bull Content Pool

16歳の高校2年生。新学期初日から遅刻をしそうになった場合、どうやって間に合わせるか?を作品にした映像が公開された。

中村輪夢の通学スタイル

新学期初日から遅刻をしそうになった中村輪夢(スクリーンショットなのでクリックしても再生しません)

●中村輪夢について知っておくべき5つのこと

Information
中村輪夢がエクストリームスポーツの祭典、FISE WORLD SERIES Hiroshima 2018に参戦。開催日は2018年4月6日(金)~8日(日)で入場は無料、大会の詳細など最新情報は下記公式HPで。
FISE WORLD SERIES Hiroshima 2018

●関連ニュース

東京五輪新種目のBMXフリースタイル・パーク…中村輪夢が初代チャンピオンに

●最新ニュースへ

中島康晴は悔しい5位…ツアー・オブ・タイランド第2ステージ

ツアー・オブ・タイランドは4月2日、チャンタブリーからアランヤプラテートまでの173kmで第2ステージが行われ、キナンサイクリングの中島康晴が5位に入った。

ツアー・オブ・タイランド第2ステージで中島康晴が5位に入った ©︎KINAN Cycling Team / Satoru KATO

2日目は、初日ゴール地点のチャンタブリーから北上し、カンボジア国境近くのアランヤプラテートまでの173km。コース序盤の38km地点に4級山岳、73km地点と124km地点に中間スプリントが設定される。4級山岳以外にもうねるようなアップダウンが続くが、レースを大きく変化させるような厳しい登坂区間はない。

2日目は前日とうって変わって朝から晴れ。気温は30度を超える暑さの中でのレースとなった。

最初の4級山岳に向けて3人が先行。ミン・キョンゴ(韓国、ソウルサイクリングチーム)が先頭通過する。その後3人は吸収され、新たな逃げが形成されたが中盤までに再び吸収される。レース終盤の2回目の中間スプリントを前に、シマノレーシングチームの入部正太朗を含む4人の逃げ集団が新たに形成され、メイン集団との差は2分まで開く。メイン集団はフィニッシュに向けて追走し数秒差まで迫るが捕らえきれず、逃げ切った3選手でのスプリントを制した入部がステージ優勝を果たした。

キナン勢はメイン集団のスプリントで中島が5位フィニッシュ。あと少しのところで吸収しきれず、悔しさを露わにした。

ツアー・オブ・タイランド第2ステージ結果(173km)
1 入部正太朗(シマノレーシングチーム) 3時間55分7秒
2 ジョージカミロ・カスティブランコ(コロンビア、チーム イルミネート) 0秒
3 サラウット・シリオンナチャイ(タイ、タイランドコンチネンタルサイクリングチーム)
4 マルティン・ラス(エストニア、チーム イルミネート) +4秒
5 中島康晴(KINAN Cycling Team)
6 パク・ソンベク(韓国、KSPO・ビアンキアジアプロサイクリング)
49 トマ・ルバ(フランス、KINAN Cycling Team)
55 マルコス・ガルシア(スペイン、KINAN Cycling Team)
92 サルバドール・グアルディオラ(スペイン、KINAN Cycling Team)

個人総合時間
1 入部正太朗(シマノレーシングチーム) 8時間14分4秒
2 サラウット・シリオンナチャイ(タイ、タイランドコンチネンタルサイクリングチーム) +4秒
3 レイモンド・クレダー(オランダ、チームUKYO) +5秒
12 中島康晴(KINAN Cycling Team) +14秒
30 トマ・ルバ(フランス、KINAN Cycling Team) +15秒
83 サルバドール・グアルディオラ(スペイン、KINAN Cycling Team)
91 マルコス・ガルシア(スペイン、KINAN Cycling Team)

スプリント賞
1 マルティン・ラス(エストニア、チーム イルミネート) 31pts
2 中島康晴(KINAN Cycling Team) 25pts

マルコス・ガルシア

マルコス・ガルシアのコメント
今日は平坦なステージで、上りがなかったからあまり走りの感覚がよくなかった。調子はよくはないけれど、明日は頂上フィニッシュになるので、今日とは違うレースをしたい。

中島康晴

中島康晴のコメント
ちょっと危ない場面もあったけれどうまくまとめて、「最後のスプリントは今日は中島でやるぞ」とトマ(・ルバ)たちに言われたので、やるからにはしっかりやろうとスプリントに臨んだ。早めにコントロールしようかとトマに言われたけれど、チームは4人しかいないので待ってもらって、ラスト10kmからポジション確保を開始。残り5kmでは他に引くチームがなかったので、トマとサルバドール(・グアルディオラ)に引いてもらって、他チームが前方へと集まってきた残り3kmからはそれをサバいて前のポジションをキープしてスプリントに備えた。もし逃げていた3人を捕まえられたらトップ3に入れたので、悔しい。
明日は頂上フィニッシュなので、山に強いチームメイトが動きやすいように努めたい。自分はポイント賞2位なので、中間スプリントを逃げて取れればと思っている。

●関連ニュース

ツアー・オブ・タイランド第1ステージでスプリントに絡んだ中島康晴が4位

●最新ニュースへ