アクティブでヘルシーなライフスタイルをサポート…スントのスマートフィットネスウォッチ

アメア スポーツ ジャパンのスントは、健康への意識が高く、アクティブなライフスタイルを追求するユーザー向けに発表したスマートフィットネスウォッチ「SUUNTO 3 FITNESS」(スント スリー フィットネス)を2018年4月25日から全国の直営店、正規取扱店一部店舗、公式オンラインストアで発売を開始する。

美しくデザインされたパーソナルトレーニングパートナーであり、個人のフィットネスレベルに合ったトレーニングプランを作成する革新的な機能を搭載している。また毎日のストレスと回復度合いをモニタリングすることにより、運動量と休息の適切なバランスを提案する。税別価格は2万9000円(ゴールド、オールブラック)、2万5000円(ブラック、オーシャン、サクラ)。

スント3フィットネス(ゴールド)

■ジムにもオフィスにも溶け込む美しいデザイン
万能なトレーニングツールであるだけでなく、エレガントな時計として日常使いにも適している。SUUNTOデザインの真髄にある「堅牢性」「正確性」「信頼性」に加えて、コンパクトさと軽量性を追求し、従来のコネクテッドスポーツウォッチよりも36gも軽量に、一段とスリムなデザインになった。また、ステンレススチール製ベゼルにより、単に丈夫なだけでなく美しい文字盤の時計に仕上がっている。丸みを持たせた小さ目のケースと柔らかな肌触りのストラップは1日中着用していても違和感がないほど軽い。

スント3フィットネス(オールブラック)

■個人のニーズに適合するトレーニングプランとガイダンス
パーソナルプロファイルに基づき、フィットネスレベルを向上するために各エクササイズの最適な運動時間と強度を設定し、7日間のトレーニングプランを作成してくれる。時計のガイダンスに従って適切な運動強度を維持しながらエクササイズを行い、目標を達成すると時計から通知が届く(ガイダンスなしでエクササイズすることも可能)。
エクササイズを数回完了すると、時計が現在のフィットネスレベルを評価。推奨エクササイズは現在のフィットネスレベルと過去に記録されたトレーニング履歴に基づいて作成され、エクササイズをスキップした場合や、予定よりも多くエクササイズを行った場合も、実際のアクティビティに合わせてトレーニングプランが自動で調整される。

スント3フィットネス(サクラ)

■スポーツ分野における豊富な専門知識
スポーツに定評のあるSUUNTOの豊富な専門知識が反映され、ランニング、スイミング、サイクリング、ジムでのトレーニング、ハイキングなどあらゆるスポーツのアクティビティで使用することができる。ウォーキングとランニングのアクティビティでは、手首でのケイデンス測定に基づいて距離と速度を測定することが可能なため、屋内でのトレーニングにも対応。
生体識別センサー技術の業界リーダーである米国Valencell社製の手首での心拍数測定機能や、スポーツ科学の分野での長年にわたるパートナーであるFirstbeat Technologiesとの協力により、睡眠の質の追跡、フィットネスレベルインジケーター、アダプティブトレーニングガイドが搭載。毎回のワークアウト中に心拍ゾーンについてリアルタイムにガイドするため、トレーニング強度を適切に保つことができる。
毎日の歩数とカロリーを自動的に測定し、毎日の運動量と休息の適切なバランスを保てるよう、総合的な活動レベルの概要を分かりやすく表示。一晩中着用すれば、睡眠の時間と質を確認、記録することもできる。常時測定されるストレスと回復を目安に、一日を乗り越えるために必要な体力と気力を確保することが可能に。

スント3フィットネス(オーシャン)


■最新のSUUNTO Appと併用して最大限に活用
4月中旬以降にローンチ予定の最新のSUUNTO Appと接続して使用することにより、全てのアクティビティのログがアプリ上に記録され、睡眠及びフィットネスの傾向について常に最新データを確認することができる。愛用のモバイルデバイスに内蔵されているGPSの測定データを元に、距離と速度、ルートの追跡も可能。また、スマートモバイル接続により、電話の着信やテキストメッセージ、カレンダー通知を時計画面で確認できるようになる。
※SUUNTO AppはApp store及びGoogle Playで4月中旬以降入手可能。

●スントのホームページ

●関連ニュース

Garmin Review

●最新ニュースへ

日本一長い石段を駆け上がるRed Bull白龍走…参加者募集開始

レッドブルは6月17日(日)に熊本県下益城郡美里町で、日本一の長さを誇る3333段の石段を駆け上がるレース「Red Bull白龍走(はくりゅうそう)」を2018年も開催し、その参加者募集を開始した。

© Jason Halayko/Red Bull Content Pool

石段3333段を含む総距離3333mの上り坂レースは2015年の初開催から2018年で4年目を迎える。今回は初の試みとしてレース前日の6月16日(土)に高校生・大学生を対象とした1チーム4選手によるチーム戦も開催する。褒賞としてエキスパート男女優勝者の名前が、ゴール地点に建てられている大会記念碑にタイムとともに刻まれる。2017年は、北海道から沖縄までの全国各地から多くの人が参加した。

3333段の石段は1200年の歴史を持つ釈迦院の表参道の御坂に1980年から8年かけて作られた。完成当時は石段を上空から見ると、まるで白龍がうねり昇る姿に見えたため、記念碑には「白龍が昇るが如し石段は3333段で日本一」と刻まれている。

© Jason Halayko/Red Bull Content Pool

17日の個人戦への参加者999人と、16日の学生限定チーム戦への参加33チーム132人を4月4日から下記サイトで募集開始。参加費は学生チームが1チーム4444円、個人戦は1人4444円。16日参加選手は後夜祭、17日参加選手は前夜祭が熊本市内の飲食店で開催される(要予約)。

●Red Bull白龍走の参加者募集ページ

日本一の長さを誇る3333段の石段を駆け上がるRed Bull白龍走 © Hirotada Arimori / Red Bull Content Pool

●関連ニュース

ジャンプ台をかけ上るヒルクライムスプリントレースRed Bull 400参加者募集開始

●最新ニュースへ

トマ・ルバが3位…ツアー・オブ・タイランド唯一の山岳ステージで

ツアー・オブ・タイランドは4月3日、アランヤプラテートからカオヤイ国立公園までの177.7kmで第3ステージが行われ、キナンサイクリングチームは終盤の登りで逃げに乗ったトマ・ルバが3位に入った。

ツアー・オブ・タイランド第3ステージ ©︎KINAN Cycling Team / Satoru KATO

3日目は、カンボジア国境近くの街アラヤンプラテートから西に進み、カオヤイ国立公園にフィニッシュする177.7km。残り30kmから始まる登り坂は標高差500m以上を登り、途中1カ所とフィニッシュ地点が1級山岳に指定される。瞬間的に10%を超える登りが現れ、上に行くほど傾斜が厳しくなる。総合優勝争いに影響する今大会の最難関だ。

前日同様に朝から晴れ、気温も上がってきた午前9時にスタート。10km近いパレード走行ののちリアルスタートが切られると、アタック合戦が始まる。登りが始まるまでの130kmは平坦路が続き、2回設定された中間スプリントをめぐって各チームが飛び出しを図る。その中、82km地点の1回目の中間スプリントを過ぎたのち、マ・ガントン(中国、ヘンジャンサイクリング)が単独で先行。メイン集団に2分差をつけて逃げ続ける。

131km地点の2回目の中間スプリントでは、スプリント賞争い2位につけるキナンの中島康晴がポイントを取りに動く。しかしポイント賞リーダーのマルティン・ラス(エストニア、チームイルミネート)も動き、ラスが2位通過、中島は4位通過となる。

登り区間に入ると、逃げていたガントンは吸収され、1級山岳をベンジャミン・ディボール(オーストラリア、セントジョージコンチネンタルサイクリング)が先頭通過、トマ・ルバとアルテム・オベチキン(ロシア、トレンガヌサイクリング)が約10秒遅れて2位通過していく。その後ディボールにルバとオベチキンが追いついて3人となった先頭集団は後続を引き離してゴールへ。最後はディボールが単独先行してゴール。オベチキンが2位、ルバが3位と続いた。

おおよそ2分遅れの集団でサルバドール・グアルディオラとマルコス・ガルシアがフィニッシュ。中島も後方集団でレースを終えている。この結果、ルバが個人総合で3位に浮上。さらに、チーム内ステージ上位3選手のタイム合算によって争われるチーム総合において、キナンが首位に浮上。2位のチームに1分44秒差のリードを得ている。

ツアー・オブ・タイランド第3ステージ結果(177.7km)
1 ベンジャミン・ディボール(オーストラリア、セントジョージコンチネンタルサイクリング) 4時間16分52秒
2 アルテム・オベチキン(ロシア、トレンガヌサイクリング) +12秒
3 トマ・ルバ(フランス、KINAN Cycling Team)
4 イェフゲニー・ネポムニャフシー(カザフスタン、ヴィノ・アスタナモータース) +2分6秒
5 ヨナタン・モンサルヴェ(ベネズエラ、チンハイ チャンユードサイクリング) +2分10秒
6 サシャ・ボンダレンコ・エドワーズ(オーストラリア、ドラパック・EFサイクリング)
8 サルバドール・グアルディオラ(スペイン、KINAN Cycling Team)
28 マルコス・ガルシア(スペイン、KINAN Cycling Team) +2分20秒
77 中島康晴(KINAN Cycling Team) +16分40秒

個人総合時間
1 ベンジャミン・ディボール(オーストラリア、セントジョージコンチネンタルサイクリング) 12時間31分1秒
2 アルテム・オベチキン(ロシア、トレンガヌサイクリング) +16秒
3 トマ・ルバ(フランス、KINAN Cycling Team) +18秒)
4 サラウット・シリオンナチャイ(タイ、タイランドコンチネンタルサイクリング) +2分9秒
5 ホルヘカミーロ・カスティブランコ(コロンビア、チーム イルミネート) +2分10秒
6 イェフゲニー・ネポムニャフシー(カザフスタン、ヴィノ・アスタナモータース) +2分16秒
20 サルバドール・グアルディオラ(スペイン、KINAN Cycling Team) +2分20秒
29 マルコス・ガルシア(スペイン、KINAN Cycling Team) +2分30秒
80 中島康晴(KINAN Cycling Team) +16分49秒

ポイント賞
1 マルティン・ラス(エストニア、チーム イルミネート) 34pts
2 中島康晴(KINAN Cycling Team) 26pts

山岳賞
1 ベンジャミン・ディボール(オーストラリア、セントジョージコンチネンタルサイクリング) 28pts
3 トマ・ルバ(フランス、KINAN Cycling Team) 20pts

トマ・ルバ

トマ・ルバのコメント
今日は平坦でペースが速くて難しいレースだった。自分は最後の登りに賭けていたが、チームメイトが協力してくれたおかげで逃げをつぶした状態で登りに入ることができ、自分にとってはいい展開だった。最後は3人になったが、残り2kmでアタックされてそのまま行かれてしまった。今日は3位以上はちょっと厳しかったね。一緒だった2人はツール・ド・ランカウィの山岳ステージで1位と3位の選手だったから、とても強かったよ。残り3日間は平坦ステージが続くので、総合成績を守るのは自分にとっては厳しいけれど、チームにとっては勝つチャンスがあるから、チャレンジしたい。

中島康晴

中島康晴のコメント
2回目の中間スプリントはサプライズ的に取りに行こうと思って、1km手前から仕掛けていった。元チームメイトのソー(・ジュンヨン)と、ポイントリーダーのマルティン(・ラス)がアシストを連れて追ってきたので、マルティンの後ろから仕掛けたらタイミングを合わされてしまい、結果的に4位通過になってしまった。ただ、集団のままだったらポイントを取れなかったかもしれないと考えると、4位通過で1ポイントでも取れたのはよかったかなと思う。あと3日あるので、チャンスがあればチャレンジしたいと考えていますが、まずは(トマの)個人総合を守ることを優先したい。

●関連ニュース

中島康晴は悔しい5位…ツアー・オブ・タイランド第2ステージ

●最新ニュースへ