デュムラン擁するサンウェブがジロ・デ・イタリア布陣を発表

2018年5月4日にイスラエルのエルサレムで開幕する第101回ジロ・デ・イタリアに、2年連続の総合優勝をねらうトム・デュムラン(オランダ)を擁するサンウェブが出場8選手を発表した。山岳スペシャリストと経験豊富なキャプテンのバランスを取る布陣で、デュムランの総合優勝をサポートしていく。

トム・デュムラン © LaPresse -Gian Mattia D’Alberto

●サンウェブのジロ・デ・イタリア出場選手
ロイ・クルフェルス (オランダ)
ローレンス・テンダム (オランダ)
トム・デュムラン (オランダ)
チャド・ハガ (米国)
クリス・ハミルトン (オーストラリア)
レナード・ホフステッド (オランダ)
サム・オーメン (オランダ)
ルイス・ブルバーグ (ベルギー)

出場8選手は22歳から38歳まで。ハミルトン、ホフステッド、オーメン、ブルバーグがアシストの中核。キャプテンのクルフェルス、ハガ、テンダムのベテラン勢はグランツール合計28大会出場のキャリアを持つ。デュムランはオーメンやブルバーグとともにシエラネバダでの山岳トレーニングを積み、勝負どころの山岳ステージはビデオとデータ解析を頭にたたき込んでいるという。

「昨年の大会よりも山岳が厳しくなり、タイムトライアルの要素が少なくなった。ただし目標はデュムランを総合優勝させることに変わりはなく、万全の布陣でイスラエルに乗り込みたい」とチームのマーク・リーフ監督。

●関連ニュース

ジロ・デ・イタリアにフルーム、デュムラン、ピノ、アルー…暫定リスト発表

●最新ニュースへ

あらゆるフレームに対応するサイドエントリー型ボトルケージが軽量化

サイドや斜め方向からのアクセスのしやすさと保持力を兼ね備える曲線を活かしたデザインのボトルケージ、「ROCKO=ロッコ」がエリート社から発売された。インジェクテッドカーボン採用で、軽さにも定評がある。

従来のサイドから出し入れが可能なボトルケージは、左右どちらかしか対応していないモデルが多い中、両サイドから出し入れが可能なのが特徴。スローピングフレームや小さいサイズのフレームなど、従来のボトルケージではボトルの出し入れがしにくい場合に、特におすすめのボトルケージだ。さらにインジェクテッドカーボンを採用することでクラストップの軽量化と高いコストパフォーマンスを兼ね備えるハイパフォーマンスモデルでもある。

重量は約25g。カラー:カーボンマット/ブラック、カーボンマット/ホワイト、カーボンマット/レッド、カーボングロッシー/ホワイト。3450円(税別)。

●カワシマサイクルサプライのホームページ

●関連ニュース

デザイン&イノベーション賞を獲得したチューブレスタイヤ対応フロアポンプ

●最新ニュースへ

アスタナのフライレがツール・ド・ロマンディ第1ステージ優勝

ジロ・デ・イタリアの前哨戦と言われるツール・ド・ロマンディは4月25日にスイスで距離166.6kmの第1ステージが行われ、アスタナのエーススプリンター、オマル・フライレ(スペイン)がステージ勝利した。総合成績ではロット・ユンボのプリモズ・ログリッチ(スロベニア)が首位に立った。

ツール・ド・ロマンディ第1ステージを制したオマル・フライレ © Luis Angel Gomez/BettiniPhoto

「クラシックレースの時期は思うように調子が上がらなかったが、今日はチームメートの援護を受けていい感じで最後のゴールスプリントに臨めた。ダリオ・カタルドとヤコブ・フルサングがすべてのアタックを封じ込めてくれ、すべての上りを越えてからもボクは先頭集団に位置することができた」とフライレ。
「ソニー・コルブレイユが最大の難敵だと思ったので、彼の後ろでマークして最後の300mでスパートした。残り100mで小さな坂があったが、その判断が正しく、トップフィニッシュできた」

●関連ニュース

ジロ・デ・イタリアにフルーム、デュムラン、ピノ、アルー…暫定リスト発表

●最新ニュースへ