アスタナのフライレがツール・ド・ロマンディ第1ステージ優勝

ジロ・デ・イタリアの前哨戦と言われるツール・ド・ロマンディは4月25日にスイスで距離166.6kmの第1ステージが行われ、アスタナのエーススプリンター、オマル・フライレ(スペイン)がステージ勝利した。総合成績ではロット・ユンボのプリモズ・ログリッチ(スロベニア)が首位に立った。

ツール・ド・ロマンディ第1ステージを制したオマル・フライレ © Luis Angel Gomez/BettiniPhoto

「クラシックレースの時期は思うように調子が上がらなかったが、今日はチームメートの援護を受けていい感じで最後のゴールスプリントに臨めた。ダリオ・カタルドとヤコブ・フルサングがすべてのアタックを封じ込めてくれ、すべての上りを越えてからもボクは先頭集団に位置することができた」とフライレ。
「ソニー・コルブレイユが最大の難敵だと思ったので、彼の後ろでマークして最後の300mでスパートした。残り100mで小さな坂があったが、その判断が正しく、トップフィニッシュできた」

●関連ニュース

ジロ・デ・イタリアにフルーム、デュムラン、ピノ、アルー…暫定リスト発表

●最新ニュースへ