写真家オリビエロ・トスカーニがジロ・デ・イタリアを撮影…父の遺志を継ぐ

まだ無名だったベネトンを世界的ブランドに押し上げたイタリアの写真家オリビエロ・トスカーニがジロ・デ・イタリアの開幕地であるイスラエルのエルサレムを訪問し、初めて自転車レースを撮影する。父のフェデーレはかつてジロ・デ・イタリアに帯同していたカメラマンで、ファウスト・コッピやジーノ・バルタリといった名選手と親交があった。

オリビエロの父であるフェデーレ・トスカーニ(左)とイタリアの伝説的自転車選手ファウスト・コッピ

「1950年代、ボクの父はジロ・デ・イタリアを追うカメラマンだった。コッピやバルタリと友だちだったようで、いつか父のように自転車レースに関わりたいと願っていた。それが現実となったよ。現代のコッピやバルタリを撮影したい」とトスカーニ。

エルサレムでは広告キャラバン隊に交じって、選手から沿道のファンのために働くスタッフらを撮影していくという。レースがイタリアに渡ったのちもアッシジ、トレント、ベナリアレアレ、ローマでジロ・デ・イタリアに合流する予定だという。

●関連ニュース

ジロ・デ・イタリアがエルサレムで開幕するわけはユダヤ人を救ったバルタリの人道支援があったから

●最新ニュースへ

サーモスの自転車用ステンレスボトルをインプレッションしてみた

世界で初めて真空断熱製魔法瓶を製品化したことで知られる魔法びんのグローバル企業サーモス。注目されている自転車用ステンレスボトル「真空断熱ストローボトル FFQ-600」をチェックしてみた。

サーモスの自転車用ステンレスボトル。レッドカラーは最新色

まず日常生活で使えます。冷蔵庫で冷やしたミネラルウォーターを入れて外出すれば、その日ずっと冷たいままで飲めます。麦茶やスポーツドリンクも可。ただしクール専用なので、ホットドリンクは不可ということだ。クーリング性能を発揮させるためにステンレス鋼を二重構造化して真空断熱層を作っている。重量は270gなので通常ボトルよりも重いが、内容量600mlのドリンクを入れてボトルに差せばまったく気にならない。

走行中の操作も慣れれば困ることはない。リリースボタンをプッシュするとストローが飛び差してくるのでそれを口に運べばいい。ストローは底まで届いているので、顔を上向きにしてボトルからドリンクを絞り出さなくてもいい。ちょうど指がかかる位置に滑り止めの樹脂製リングがボトルを一回りしているので、落としやすいということもない。

ただしボトルケージ材質との相性があって、カーボンケージはガタガタしてしまう。ボトルケージのデザインによってはホールド力が不十分かもしれない。そんなときは「100均」などで売っているドア緩衝材などを使用。半円形をしたソフトクッションあるいはその端切れをケージの内側など要所に貼り付ければガタガタする音がなくなり、衝撃による不意の落下も防止できる。

最近の日本は猛暑になりがちで、照りつける日差しを長時間浴びていると精神的に不安になってしまうことも。そんなときに冷たい水を飲めばスーっと落ち着くことがある。氷を入れれば数時間経過しても氷がなくならないほどの保冷力。きっとサイクリストの味方になってくれるはずだ。

石畳などの路面ではカタカタとボトルがケージにふれる音がするので、緩衝材などで消音する必要がある

カラーはステンレスブラック、ステンレスホワイト、ステンレスレッド。3600円(税別)。取り扱いは自転車用品輸入商社のマルイ。

サーモス社ホームページより

【特急】サーモス 真空断熱ストローボトル FFQ-600 600ml

価格:3,499円
(2018/4/30 23:16時点)
感想(1件)

●関連ニュース

GarminのGPSデバイスがGPSを使わずしてできる5つのスゴ技

●最新ニュースへ

初開催のトライアルアジア選手権…寺井一希、寺井一希ら日本勢が4カテゴリー独占

初開催となる自転車トライアルのアジア選手権が4月30日に長野県佐久市の佐久ミレニアムパーク特設会場で行われ、男子エリートでは20インチクラスで寺井一希が、26インチクラスで塩崎太夢が優勝して初代アジアチャンピオンになった。

この大会が初開催となったアジア選手権大会トライアル。日本を含むアジア5カ国の代表チームが出場。実施されたのは男女あわせて4カテゴリーだった。男子エリート20は前日に同会場で行われた全日本選手権で7連覇を果たした寺井がワールドレベルの圧倒的な競技力を披露して優勝。男子エリート26も前日の全日本選手権クラス勝者の寺井一希が優勝。

女子エリート、男子ジュニアも日本人選手が優勝し、実施4カテゴリーの優勝を日本が独占して会場を盛り上げた。トライアルは知名度の高い競技ではないものの、アジア選手権の実施によって機運を高め、今後さらなる発展を目指していきたいという。

●関連ニュース

全日本トライアル選手権で寺井一希が7連覇…26クラスは塩崎太夢優勝

●最新ニュースへ

ヤコブ・フルサングがツール・ド・ロマンディ第4ステージで独走勝利

第72回ツール・ド・ロマンディは4月28日にスイスで最難関と言われる距離149kmの第4ステージが行われ、アスタナのヤコブ・フルサング(デンマーク)が残り15kmでアタックを決めてゴールまで独走してステージ勝利した。総合成績ではロット・ユンボのプリモズ・ログリッチ(スロベニア)が首位を守った。

ツール・ド・ロマンディ第4ステージで独走優勝したヤコブ・フルサング © Luis Angel Gomez/BettiniPhoto

「この勝利はツール・ド・フランスに向けての準備としてとてもいいものになった」とフルサング。

●関連ニュース

アスタナのフライレがツール・ド・ロマンディ第1ステージ優勝

●最新ニュースへ