キナンがツアー・オブ・タイランド初参戦…目標は総合優勝

6日間のステージレース「ツアー・オブ・タイランド(Tour of Thailand)」が4月1日からタイで開催され、日本のキナンサイクリングが初出場する。総距離1080.9km。1チームの出場選手は6人だが、キナン勢は今回4人で出走する。

ツアー・オブ・タイランドに挑むキナンサイクリング ©︎ KINAN Cycling Team / Satoru KATO

出場メンバーとスタッフは3月30日に現地入り。31日は午前中から選手は早速練習に出かけ、スタッフは翌日からの準備に取りかかった。午後、練習から戻った選手はマッサージを受け、1日からのレースに備えている。また、チームミーティングでは、過去にツアー・オブ・タイランドで優勝経験のある中島康晴がポイントと注意点を説明。6日間の戦略を確認した。

●関連ニュース

キナンの山本元喜と中島康晴がツアー・オブ・タイランドに参戦

●最新ニュースへ

マルコ・ティッツァがヴォルタ・リンブルグ・クラシックで2位

オランダでヴォルタ・リンブルグ・クラシックが4月1日に開催され、積極的に動いたNIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニのマルコ・ティッツァら5選手がゴールまで逃げ切り、2位に入ったティッツァがキャリア最高の好成績をあげた。

ヴォルタ・リンブルグ・クラシックはトラットニックが優勝。ティッツァ(左)は2位 © Davy Rietbergen/Cor Vos/BettiniPhoto

NIPPOはディフェンディングチャンピオンのマルコ・カノラをエースとして挑んだオランダ南部でのワンディレース。195kmの道のりに38の急坂区間が組み込まれ、またたくさんのコーナに加えて、ときおり強い雨にも見舞われ、いくつかの落車も起こるなかでのレースとなった。

レースは序盤よりアタックが続き、小林海が含まれる大人数の集団が先行するシーンもあったが、ティッツァを含む6選手が逃げる展開で進んでいく。残り50kmを切ってメイン集団から2選手がブリッジを仕掛け、遅れる選手もあり、メンバーを一部入れ替えた6選手が先行を続けた。

メイン集団でも残り50kmを切るとアタックが頻発。エースであるカノラ自身も強烈なアタックを繰り出すなどし、集団は次第に細分化されていく。集団は唯一のUCIプロチームであるロット・ユンボやビタルコンセプトがコントロール。ペースアップと道幅の狭いコースにより、集団は長く伸びたが、カノラはファンホセ・ロバトとともに、集団前方に位置取って危険なアタックに備えた。

脚のそろった先頭は残り20kmを切ってタイム差1分半を維持。ティッツァも粘りの走りで先頭に残る。一方のメイン集団は残り18kmの登坂区間でのアタックを機にさらに活性化。ファンホセ・ロバトが積極的にアタックに反応していき、メイン集団は50名ほどに絞られていく。

残り10km、激しい雨のアップダウン区間で逃げ切りを見越して、先頭からヤン・トラットニック(CCC)が単独で先行したが、これはティッツァの懸命な牽引により吸収。最後の6kmの周回コースに入っても、集団とのタイム差が1分から縮まらず、最後は5選手でのスプリントとなり、ティッツァが2位でゴールした。優勝は積極的な走りをしたトラットニック。

現在26歳のティッツァ。勝利にあと一歩届かず悔しさもあったが、力強い走りで先頭集団に残り最後の勝負に挑んだ。今大会での2位は彼にとってキャリア最高の好成績となり、最後は笑顔で表彰台に立った。

マルコ・ティッツァ

マルコ・ティッツァのコメント
メイン集団にいるリーダーのために、そして逃げ切りの展開も考えたうえでの長い長い逃げだった。逃げ切りが濃厚となってからは、調子がよかったので自分の勝利を狙いにいくことを考えた。しかし、滑りやすい最終コーナーで減速してしまい、フィニッシュライン手前の直線でも1選手しか抜かすことができず、勝利にはあと一歩届かなかった。しかしこの素晴らしいチャンスを与えてくれたチームや、一緒に逃げにのったメンバーに感謝している。

小林海(まりの)

小林海のコメント
チームから与えられた役目は前半から中盤にかけて逃げや、集団が分裂した時に前に入ること。そして働いたあともしっかり走りきること。スタートからとても速いが、しっかり前で展開し、5人ほどで少し逃げ、そこに少しずつブリッジしてきて20人ほどの強力なメンバーの集団に。こういうレースは序盤の集団分裂でそのまま最後まで行くということも多いので自分も積極的に走る。しかしメンバーが多く、強力だったので、後ろもすぐに追ってきて40分ほどで捕まり、リセット。
1回脚を回復させるために集団待機。道が細くコーナーが多く常にアップダウン。また前に上がるのに苦労したが、そこからはずっと前で展開した。途中カノラが逃げた時にもしっかり後ろで追走をチェックに入るなど、身体は動いている。危険な位置取りにも不安はない。そのままキツい登りがある周回に入り、しっかり前でクリア。自分のリザルトはもちろん、カノラとロバトの最後のサポートもしっかりできると思っていたラスト20km、いきなり踏めなくなる。いっぱいいっぱいというよりスカスカ。1人で集団から遅れる。最初はなんでか分からなかったが、ハンガーノックだった。常に位置取りを繰り返して全開で走っていたので、ちゃんと補給を取っているつもりでも足りなかった。
そのまま後ろから来たグルペットに合流。5kmほどの小さな周回をしてゴールだが、まだ10分も遅れていないはずだが、ゴール地点をいったん通るため、審判に止められ、レース終了を伝えられた。途中までとてもうまくいってるようだったが、補給不足で最後に一気に台なしにし、挙げ句の果てに降ろされて本当に悔しかった。しかし、このようなレースでしっかり自分も前で展開する力とうまさも付いてきたことは本当に自信になった。詰めが甘かったが、次戦ではしっかり改善して、チームの役に立ち、自分のリザルトも残したい

西村大輝

西村大輝のコメント
監督からの指示は、4チームほどが行ったら逃げに入ること。しかし、20人ほどが先行したときに前に入ることができなかった。その後、集団前方に位置して走るようにするが、上りの急坂でペースが上がると、前で上り始めて上りでズルズルと後ろに後退してしまうという形だった。そして約150km地点でチームカーの隊列からも完全に遅れてしまい、レースを終えた。毎回同じことを感じるが、とにかく力を付けることが必要だと強く感じた。

●関連ニュース

NIPPO・ヴィーニファンティーニ初山翔がミラノ〜サンレモでエスケープ

●最新ニュースへ

AJOCCシクロクロス大会日程発表…JCXシリーズは12大会

不整地を自転車で走るシクロクロスの2018-2019シーズン大会日程「AJOCCシクロクロス」が日本シクロクロス競技主催者協会(AJOCC)から4月1日に発表された。2018年9月から2019年3月まで日本全国で63大会が開催される予定。

© Satoshi ODA / Kasukabe Vision FILMz

AJOCCレースへの参加者数は、統計にある2013年以降で毎年10%の伸びを見せ、2017-2018シーズンは延べ参加人数が2万人を超えた。毎年多くの初参加者がこの「おもしろ苦しい」自転車クロスカントリーレースの世界に足を踏み入れているという。
「ビギナーからエキスパートまで楽しめる、そして世界を目指すトップレーサーが競い合える舞台を日本全国で展開していきます」と同協会。

© Satoshi ODA / Kasukabe Vision FILMz

全国から選定された12大会を「ジャパンシクロクロスシリーズ」(JCXシリーズ)対象レースとし、順位に応じて与えられるポイントの集計によりJCXシリーズランキングを発表していく。男女エリート(C1/CL1)カテゴリーのシリーズ上位3選手には賞金が授与される。ポイント集計は「シーズン上位7大会のポイント+全日本選手権のポイント」で行う。

AJOCCシクロクロス2018-2019レースカレンダー

© Satoshi ODA / Kasukabe Vision FILMz
© Satoshi ODA / Kasukabe Vision FILMz
© Satoshi ODA / Kasukabe Vision FILMz
© Satoshi ODA / Kasukabe Vision FILMz
© Satoshi ODA / Kasukabe Vision FILMz
© Satoshi ODA / Kasukabe Vision FILMz

●関連ニュース

サンウェブのブランドが独走でオランダのシクロクロス女王に

●最新ニュースへ