クロフォードが上位浮上…最難関のツール・ド・コリア第3ステージ

キナンサイクリングが参戦中のツール・ド・コリア第3ステージが6月1日に栄州から旌善までの192.4kmで行われた。厳しい山岳が続く難関ステージで、ジャイ・クロフォードがトップから1分37秒差の13位でフィニッシュ。個人総合ではUCIポイント圏内の21位に浮上した。残り2ステージでさらなる総合順位アップやステージ上位などの好成績を残せるか注目される。

ツール・ド・コリア第3ステージ ©︎KINAN Cycling Team / Naoi HIRASAWA

第3ステージはアップダウンが連続する山岳ステージ。2つのカテゴリー山岳を含む上りが後半に集中し、ピュアスプリンターが最後まで残るのは難しいレイアウトだ。キナンは大会のなかで最も総合順位を左右するステージとしてこの日に臨んだ。レース序盤に4選手が逃げ集団を形成。後半が厳しくなる山岳ステージのため、メイン集団は7分以上のリードを与えるほど余裕をもってコントロール。キナン勢は3人が集団内で重要な局面に備えることとなった。

スタートから100kmを過ぎいよいよ山岳が始まると、メイン集団からブリッジをねらう選手が現れたり、集団が分裂するなどレースの動きが活性化し始めた。有力スプリンターが脱落するとスプリンターを残した他チームは引き離しにかかり、総合をねらう選手はアタックを仕掛ける。そうすることでメイン集団はペースが上がりサバイバルレースの様相を呈してきた。キナン勢は雨乞がグルぺットでフィニッシュを目指すことになり、中西も最後の難関となる2つ目のカテゴリー山岳を前にメイン集団から遅れてしまったが、クロフォードが30名ほどの先頭集団に残り総合でのジャンプアップできる可能性が高まった。

メイン集団が2つ目のカテゴリー山岳の頂上を越え、下りに入ると5選手が集団から抜け出した。クロフォードはこの動きに反応できず集団内で追走を図ったが、有力選手を含む先頭集団はリードを広げていった。結局5選手が逃げ切り、クロフォードは1分37秒差の第2グループでフィニッシュした。

クロフォードは追走集団に残ったことで総合21位に浮上。総合リーダーとは2分差がついているが、10位の選手と同タイムで、総合成績を上げるチャンスはまだ残されている。中西は17分23秒遅れの51位。雨乞は40人近くの大人数となったグルペットで完走を果たした。第1、2ステージでは落車負傷によるリタイアが出てしまったが、この日は全員が無事に翌ステージに駒を進めた。

第4ステージは旌善から南西に進路を取り忠州を目指す137km。第2、3ステージに比べるとアップダウンが少なく、スプリンターが最後まで残れればチャンスのあるコースレイアウトといえる。難関ステージで全員が完走し、総合順位を上げたキナンは、さらなる結果を残したいところだ。(Text:平澤尚威)

ツール・ド・コリア第3ステージ結果(192.4km)
1 セルゲイ・トヴェトコフ(ルーマニア、ユナイテッドヘルスケア プロフェッショナルサイクリングチーム) 5時間5分51秒
2 ステパン・アスタフィエフ(カザフスタン、ヴィノ・アスタナ モータース) +18秒
3 マッテオ・ブザート(イタリア、ウィリエール トリエスティーナ・セッレイタリア) +18秒
4 アルテム・オヴェチキン(ロシア、トレンガヌ サイクリングチーム) +20秒
5 ルーカス・セバスティアン・アエド(アルゼンチン、ユナイテッドヘルスケア プロフェッショナルサイクリングチーム) +1分37秒
6 レイモンド・クレダー(オランダ、チームUKYO) +1分37秒
13 ジャイ・クロフォード(オーストラリア、KINAN Cycling Team) +1分37秒
51 中西健児(KINAN Cycling Team) +17分23秒
85 雨乞竜己(KINAN Cycling Team) +35分22秒

個人総合時間
1 セルゲイ・トヴェトコフ(ルーマニア、ユナイテッドヘルスケア プロフェッショナルサイクリングチーム) 14時間23分26秒
2 ステパン・アスタフィエフ(カザフスタン、ヴィノ・アスタナ モータース) +28秒
3 マッテオ・ブザート(イタリア、ウィリエール トリエスティーナ・セッレイタリア) +37秒
4 アルテム・オヴェチキン(ロシア、トレンガヌ サイクリングチーム) +43秒
5 ベン・ペリー(カナダ、イスラエル サイクリングアカデミー) +1分42秒
6 ミヒケル・レイム(エストニア、イスラエル サイクリングアカデミー) +1分50秒
21 ジャイ・クロフォード(オーストラリア、KINAN Cycling Team) +2分0秒
44 中西健児(KINAN Cycling Team) +17分46秒
87 雨乞竜己(KINAN Cycling Team) +56分27秒

ポイント賞
1 ルーカス・セバスティアン・アエド(アルゼンチン、ユナイテッドヘルスケア プロフェッショナルサイクリングチーム) 34pts
23 ジャイ・クロフォード(オーストラリア、KINAN Cycling Team) 3pts

山岳賞
1 クォン・スンヨン(韓国、KSPO ビアンキ アジアプロサイクリング) 20pts

チーム総合
1 ユナイテッドヘルスケア プロフェッショナルサイクリングチーム 43時間14分32秒
14 KINAN Cycling Team +1時間11分59秒

ジャイ・クロフォードのコメント
自分たちはベストを尽くしたし、健児がよく助けてくれた。今日はとても暑く水がとても重要だったが、健児がボトルを届けてくれた。上りの調子はかなりよく感じたが、2つ目のKOM後の下りで5、6選手に小さな差をつけられてしまった。自分が残されたグループにはチームUKYOやNIPPO、ドラパックなどの選手が複数いたのでそれほど問題ないと思ったけれど、先頭グループが強くて追いつくことができなかった。アルテム・オヴェチキンはスペシャルだ。明日もベストを尽くして挑戦していく。トップコンディションではなく、スピーディーで大きな山岳のないコースは自分向きではないかもしれないが、今日休んでまた明日がんばりたい。

⚫関連ニュース

クロフォードと中西が残り10kmでアタック…ツール・ド・コリア第2ステージ

⚫最新ニュースへ

ツール・ド・熊野第1ステージは選手の安全確保のためレース途中でキャンセルに

第20回記念大会のツール・ド・熊野は、6月1日の第1ステージからロードレースステージがスタート。この日は和歌山県新宮市の赤木川清流コースででの113.2kmのレースが実施された。スタート直後こそ順調に進行したレースだったが、中盤を前にコースのトンネル内に設置されたフェンスが倒壊。コミッセール、オーガナイザー、チームマネージャーのミーティングにより、選手の安全確保を第一としてステージがキャンセルとなった。

ツール・ド・熊野第1ステージ ©︎KINAN Cycling Team / Syunsuke FUKUMITSU

前日のプロローグでは、0.7kmの個人タイムトライアルが行われ、キナンサイクリングでは中島康晴の25位がチーム最上位。落車に見舞われた新城雄大をのぞき、5選手がトップから5秒以内につけ、今後のステージへの期待をふくらませている。先のツアー・オブ・ジャパンからの連戦となるマルコス・ガルシアやトマ・ルバ、サルバドール・グアルディオラは好調を維持。この大会に合わせてきた山本元喜も調整が順調であることを証明している。

この日は、2017年3月に新庁舎となった新宮市役所前をパレードスタート。しばらくのニュートラル走行で同市熊野川町へ。実際のレースは赤木川沿いの16.3kmをおおよそ7周回する113.2kmで争われる予定だった。コースは細かなアップダウンこそあるものの、例年このステージはスピード感に満ちたレースとなり、スプリント勝負となることも多い。キナンとしては、この先に続く本格山岳ステージを視野に入れつつも、チャンスとあれば逃げやスプリントでの上位進出をねらってスタートを迎えた。

メインスポンサー「キナン」のお膝元とあり、新宮市役所からの出発ではプロトン(集団)の最前列に位置したキナンメンバー。晴れやかに出発し、レースが行われるサーキットコースまでを移動した。そして迎えた本番、1周目から山本らが果敢に先頭をうかがう動きを見せる。しばしの出入りが続いたのち、飛び出した1人を集団は積極的には追わず、単独逃げの状態となる。

キナン勢は2周目の前半に中島が集団から抜け出し、そのままの勢いでトップをいく選手に合流。逃げが決まったかに思えたが、集団ではこの周回に設けられた山岳賞をねらってスピードアップを図る選手が次々と現れる。こうした状況もあり、中島は集団へ戻ることを選択。山岳ポイントへの上りを前に集団は1つに戻った。

ふりだしに戻った3周目、集団から新城がアタック。もう1選手が加わり、2人逃げの態勢を築いていく。ところが、集団とのタイム差を広げようかというタイミングで、コースに含まれるトンネル内で落車が発生。複数の選手が巻き込まれるとともに、左右の車線を隔てていたフェンスが倒壊。これにより、選手とコース内の安全を確保するためレースがストップとなる。

選手たちはレース再開を待ったものの、倒壊したフェンスは修復不可能と関係者が判断。コミッセール、オーガナイザー、チームマネージャーによるミーティングが行われ、このステージがキャンセルされることが決定。認められたのはレースストップ前、2周回目に設けられた山岳賞のみとなり、その他の総合成績はプロローグから引き継がれることとなった。

この決定後、開催地の人たちや観戦に訪れたファンへのサービスとして、出走ライダーによる2周半のパレード走行が行われ、ホストチームであるキナンが途中まで先導役を務めた。

思わぬハプニングに見舞われた大会だが、仕切り直しの一戦が翌2日にやってくる。三重県熊野市が舞台となる第2ステージは、109.3kmの本格山岳ステージ。大会の目玉でもある激坂「丸山千枚田」を通過後、一度下って、次に目指すは最大の山岳ポイント札立峠。長い下りを経て、2回目の丸山千枚田へ。毎年ここで総合争いが最重要局面を迎えており、2018年も王座をねらう選手たちが激しい争いを繰り広げることが見込まれている。今大会のハイライトとなることは必至。

キナンとしてもこのステージでの戦いを見すえて準備を進めてきた。今大会の頂点に立つためには絶対に落とすことのできない1日。いかにして戦うのか、そして誰で勝負にいくのか、チームにこれまでにない注目と期待が寄せられる中でのレースとなる。

ツール・ド・熊野 第1ステージ結果(113.2km)
レースキャンセル

個人総合時間賞
1 阿部嵩之(宇都宮ブリッツェン) 50秒
2 カーデン・グローヴス(オーストラリア、セントジョージコンチネンタル) +1秒
3 黒枝士揮(愛三工業レーシングチーム)
4 秋田拓摩(シマノレーシング)
5 岡篤志(宇都宮ブリッツェン) +2秒
6 大久保陣(チームブリヂストンサイクリング)
25 中島康晴(KINAN Cycling Team) +4秒
36 山本元喜(KINAN Cycling Team) +5秒
45 サルバドール・グアルディオラ(スペイン、KINAN Cycling Team) +5秒
63 マルコス・ガルシア(スペイン、KINAN Cycling Team) +6秒
66 トマ・ルバ(フランス、KINAN Cycling Team) +6秒
108 新城雄大(KINAN Cycling Team) +23秒

ポイント賞
1 阿部嵩之(宇都宮ブリッツェン) 10pts

山岳賞
1 畑中勇介(チームUKYO) 2pts

チーム総合
1 宇都宮ブリッツェン 2分34秒
11 KINAN Cycling Team +10秒

新城雄大

新城雄大のコメント
スタートから(山本)元喜さんと自分とで動くことができていて、そうした中から自分が3周目に逃げを決められた。スプリントポイントがかかっていた周回でもあったので、そこまでしっかり逃げられれば、その後は集団が容認してくれるだろうという期待をしながら攻めていた。それだけに、レースが止まってしまったことは残念。一方で、疲労が残ることはないので、“本番”である明日に向けて準備を整えていきたい。前日の落車の影響はまったくない。第2ステージは、山岳でクライマーのケアをしながら、勝負どころに向けて活性化する動きを見定めていきたい。

⚫関連ニュース

20回記念のツール・ド・熊野開幕…キナンが総合Vに向けてスタート

⚫最新ニュースへ

スイスの厳しい山岳レース「GPルガーノ」に伊藤雅和と初山翔が出場

スイス南部に位置する登坂ルートが組み込まれた厳しい山岳ワンディレース「GPチッタ・ディ・ルガーノ」が6月3日(日)にルガーノ近郊で開催され、NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニの伊藤雅和と初山翔が参戦する。同大会は2018年で72回目の開催を迎えた伝統ある大会で、2カ所の登坂区間が含まれる周回コースを8周回する185kmのレース。2018年の大会ではイウリィ・フィロージ(現デルコマルセイユ)が最終周回で抜け出し、逃げ切り優勝を飾った。

GPチッタ・ディ・ルガーノに出場するNIPPOの5選手

2018年はマルコ・カノラをエースに、登りに強いイバン・サンタロミータ、そして伊藤と初山をアシストの要として、他チームよりも人数の少ない5選手で出走。UCIプロチームを含む強豪チームを相手にベストを尽くして戦いたいという。またチームは6月9日から始まるUCIワールドツアーのツール・ド・スイスまでこのメンバーを軸にスイスのレースを転戦をしていく予定。

伊藤雅和のコメント
ヨーロッパに戻ってきて6月連戦の初戦。チームのためにしっかり仕事して、いい感触で次のレースにつなげていきたい。

初山翔のコメント
連戦一戦目。いいスタートを切れるように全力を尽くしたい。

バレリオ・テバルディ監督のコメント
昨年はこの重要なレースで自分たちが勝利することができたが、どのチームも重要視している大会であり、強力なメンバーが出場するので、もう一度勝つというのは簡単なことではない。ツアー・オブ・ジャパンの多くのステージで上位入賞したカノラがエースとなるが、クライマーのサンタロミータもここから続く、ツール・ド・スイスまでの連戦をふまえたうえで、よいレースになることを期待している。


Gran Premio Città di Lugano
開催期間/2018年6月3日(日曜日)
カテゴリー/ヨーロッパツアー1.HC
開催国/スイス
Lugano – Lugano 185.6km
GPチッタ・ディ・ルガーノの公式サイト
GPチッタ・ディ・ルガーノのハッシュタグ #GPLugano

⚫関連ニュース

韓国最大の5日間のステージレースに吉田隼人らNIPPO勢が参戦

⚫最新ニュースへ