石上優大と夢乃が兄妹そろって全日本チャンピオンに

第87回全日本自転車競技選手権大会ロードレースは6月23日、島根県益田市で大会2日目のカテゴリーが行われ、男子U23で石上優大(AVCエクサンプロバンス)で石上優大が、女子U17で石上夢乃(横浜創学館高)が優勝。兄妹で年齢別の日本チャンピオンになった。

全日本選手権ロード女子ジュニアを制した石上夢乃 © 2018 JCF

全日本選手権ロード男子U23で優勝した石上優大 © 2018 JCF

3周43kmで行われた女子ジュニア+U17は、先行した7人の中から渡部春雅(駒沢大学高)が上りでアタックし、30秒ほど先行する。しかし残り4km付近で後続の5人が追いつき、6人でのスプリント勝負へ。 先行した中冨尚子(京都産業大)を僅差でかわした石上夢乃が優勝。個人タイムトライアルと合わせて2冠を達成した。同時出走のU15は、4位の渡部が優勝した。

全日本選手権ロード女子ジュニアを制した石上夢乃(中央)。左は2位中冨尚子、右は3位平尾愛菜 © 2018 JCF

全日本選手権ロード女子U17で優勝した渡部春雅(中央)。左は2位内野艶和 、右は3位石田唯 © 2018 JCF

11周156kmで行われた男子U23は、序盤に先行した7人が7周目に吸収。8周目に新たに10人が先行して9周目に入る。その中から、石上優大がアタックし、松田祥位(EQADS)が追従。2人が後続に1分以上の差をつけて逃げる。最終周回の11周目、上りで松田が遅れると、石上は残り10km以上を独走で逃げ切って優勝。2位に松田、3位は集団スプリントの先頭を獲った大前翔(慶應義塾大)が入った。

全日本選手権ロード男子U23で優勝した石上優大(中央)。左は2位松田祥位、右は3位大前翔 © 2018 JCF

⚫関連ニュース

全日本選手権エリート女子ロードで与那嶺恵理が3連覇…U23は中井彩子

⚫最新ニュースへ