コスミック アルチメイト SL…レーシングフットウエアが超軽量モデルとして登場

アメアスポーツジャパンが取り扱うマビックが、これまでトップレーシングフットウエアの2019年モデルとして「コスミック アルチメイト SL」を発売する。超軽量でありながら快適性を犠牲にすることなく、パワー伝達をも高めるレーシングシューズが登場した。カラーはイエローマビック。5万円(税別)。

コスミック アルチメイト SL

履いているのを忘れるぐらい超軽量
くるぶし周りのロープロファイルカラーにより足首の可動域をアップ。以前より10g軽量化を実現した新しいエナジーフルカーボンSLRソールが回転質量を軽減。

まるでもうひとつの肌のように
アッパーには超軽量メッシュ素材にレーザーで圧着された剛性とサポートするためのTPUフレームがあり、軽量でありながら暑い夏の日にも涼しく、高いフィッティングをもたらす。解剖学に基づいた仕上がりは正確にかかとをホールドし、丸いつま先ボックスは足に最適な環境を提供。かかとのサポートは靴の上部に一体化されているため、靴の外側に重量を増やす大きな材料が不要。

快適性を損なうことなく究極のパワー伝達をする
超軽量の素材を使用して作られているオーバーラップアッパーは、足の安定性を維持しながら、BOA IP1採用で、1mm単位の調整と迅速かつ簡単なリリースシステムによる堅牢な調整機能を実現。超薄ソールとわずか6.5mmのスタックハイトが効率的なペダルストロークを実現。

レーザーカットした素材をアッパーと一体成形して剛性を確保
フルカーボンソールは前モデルより10g軽くなった

⚫関連ニュース

マビック限定モデル第2弾、コスミックプロSLリミテッド(アリュール)発売

⚫最新ニュースへ

スゴイのサイクルアパレルがキャノンデール親会社からルイガノ社に移行

キャノンデール・ジャパンの親会社であるドレル・インダストリーズ社は傘下のアパレルブランドSUGOi(スゴイ)社を、カナダの自転車総合メーカー、ルイガノ社(Louis Garneau)に売却することを発表した。これにともない、2018年6月28日にキャノンデール・ジャパンが日本国内におけるSUGOi社製品の取り扱いを終了する。

今後の同社製品の販売はキャノンデールサイクルウエアを含め、ルイガノ社がグローバルに引き継いでいくことになる。

⚫関連ニュース

最も速く最も高性能のハードテイルMTB、キャノンデール新型F-SiがW杯投入へ

⚫最新ニュースへ

新城幸也は8回目のツール・ド・フランス出場を逃す

バーレーン・メリダが2018ツール・ド・フランスの出場メンバーを6月27日に発表し、出場8選手のなかに新城幸也が加わっていなかった。新城は2009年にツール・ド・フランスに初出場し、2010年、2012〜2014年、2016年、2017年と出場。すべて完走を果たしていた。3年連続8回目の出場が期待されていた。

2017ツール・ド・フランスの新城幸也 © ASO

バーレーン・メリダは自国のジロ・デ・イタリアを欠場したビンツェンツォ・ニーバリが2014年以来の総合優勝をねらい、上りに強いスペインのイサギレ兄弟らをアシストとして起用する布陣を選択した。

●バーレーン・メリダのツール・ド・フランス出場メンバー
ビンツェンツォ・ニーバリ(イタリア)、ソニー・コルブレッリ(イタリア)、ホン・イサギレ(スペイン)、ゴルカ・イサギレ(スペイン)、ドメニコ・ポッツォビーボ(イタリア)、ハインリッヒ・ ハウッスラー(オーストラリア)、フランコ・ペリツォッティ(イタリア)、クリスティアン・コレン(スロベニア)

⚫関連ニュース

ボクのツール・ド・フランスはルーアンから始まった

⚫最新ニュースへ

日本が一丸となって自転車を活用…超党派議連が青空総会で皇居一周サイクリング

超党派の国会議員からなる「自転車活用推進議員連盟(議連会長・二階俊博自民党前幹事長)」に関係する省庁や議連会員を集めた「青空総会」が国会議事堂で開催。6月8日の自転車活用推進計画が決定されたことを受けた催しで、記念セレモニーではサイクルウエアに身を包んだ国会議員が皇居一周サイクリングし自転車活用推進法案の本格始動をアピールした。

皇居一周サイクリングに出発する参加者ら

真夏のような暑さとなったこの日は、快晴の中でオープニング式典が行われた。自転車活用推進議員連盟の会長代行を務める衆議院議員の河村建夫議員が登壇し「自転車は観光にもいい、公害もなく、交通に便利、健康にもいい乗り物。閣議決定されて軌道に乗ってきている。サイクリング、自転車の活用に賛同しもっと活用していきたい」とあいさつ。

石井啓一国土交通大臣は「本開催はとても素晴らしい取り組み。子供から高齢者まで幅広い年齢層がつかえる交通手段である自転車を多くの人に理解を深めてもらうことがとても大切」と述べた。

式典であいさつする自転車活用推進議員連盟の会長代行、河村建夫議員
気温32度と真夏日となったこの日は雲ひとつない快晴となった
自転車活用推進議員連盟本部長の石井啓市国土交通大臣(右)

全国の地方自治体からはツール・ド・フランスさいたまクリテリウムの開催地、さいたま市の清水勇人市長が登壇。
「推進計画は国と地方自治体が一体となって推進できるもの。素晴らしい乗り物である自転車を活用する街づくりに力を入れたい。2018年は11月4日にツール・ド・フランスさいたまクリテリウムが開催されるので議連の方たちもぜひいらしてほしい」と挨拶した。

式典の最後には元F1レーサーで現在、日本実業団自転車競技連盟理事長の片山右京氏も登壇。「多くの人に支えられて今がある。今は若い人を応援する立場。自転車は子供たちの最初の車。地に足をつけてスポーツとしてもしっかりと世界に発信していきたい」と語った。

式典終了後は議連メンバーたちが警視庁の誘導の元さっそうと皇居一周サイクリング。国会議事堂の前には珍しい試乗車やシェアサイクル、サイクルツーリズムを後押しするブースなど20社が出店。議連のメンバーだけでなく、出展者双方の情報交換にもつながったようだ。

ツール・ド・フランスさいたまを主催するさいたま市の清水勇人市長
エスビーコンに興味津々の自転車活用推進研究会、小林成基理事長
自転車活用推進議員連盟本部長の石井啓市国土交通大臣
国会議事堂をバックに記念撮影する自転車活用推進議員連盟のメンバーら
全日本実業団自転車競技連盟の片山右京理事長と今注目を集めている飛行機輸送用ボックス「SBCON(エスビーコン)」の開発者、坂本潤さん(S-WORKS)
皇居一周サイクリングを先導した警視庁の自転車部隊「BEEMS」(ビームス)のメンバー

⚫関連ニュース

JALがロードバイクを受託手荷物として荷室搭載する専用ボックスを開発

⚫最新ニュースへ

トレックコンセプトストアのジーンバイクス枚方が7月6日オープン

新たなトレックコンセプトストア「ジーンバイクス枚方」が7月6日(金)に大阪府枚方市にオープンする。2014年より兵庫県神戸西・明石地区でスポーツ自転車初心者から経験者まで親しまれてきた「ジーンバイクス」がオープンする新店舗となる。

トレックコンセプトストアのジーンバイクス枚方

ストアコンセプト
「ジーンバイクス」は、「ジーン=GENE(遺伝子)に刻み込まれるぐらい自転車を楽しんでほしい」、「自転車好きを細胞分裂のごとくどんどん増やしたい」というコンセプトのもとに、トレック国内初の直営店をオープニングから支えてきたスタッフが独立してオープンしたトレックコンセプトストア。スポーツ自転車を一緒に楽しめる「親しみやすいお店」をめざして、自転車選びから日常の点検・修理やフィッティング、またライドイベントやワークショップなどのさまざまなサポートを大切にしているスポーツ自転車専門店。1号店の「ジーンバイクス神戸西」では毎週のライドイベントや隔週でのワークショップ開催など、とりわけスポーツ自転車初心者へのサポート体制を充実させている。

満足のいく安心サポート
スポーツ自転車が初めての人が本当に満足のいく1台を選ぶために、実際に見てさわって乗れる試乗車を多数用意し、納得いくまでトコトンお付き合いしてくれる。長年トレック直営店で働き、トレックを知り尽くしたスタッフだからこそ知り得る豊富な商品知識と組み立て経験も強みの一つ。納車の際にはフィッティングや取り扱い方の案内など、安全・快適にスポーツ自転車を楽しんもらうために、納車説明の時間を大事にしているという。また、購入後もプリライドメンテナンスを無料でサポート。

楽しいイベントが盛りだくさん
自転車購入後も楽しいサイクルライフを送ってもらうために、「ジーンバイクス神戸西」では淡路島一周、通称「アワイチ」をはじめとするライドイベントや、サイクルイベントへの参加も多数実施。「ジーンバイクス枚方」は、淀川河川敷のサイクリングロードや木津川の自転車道など、スポーツ自転車を楽しむことができる場所が身近にたくさんある。また、お店の前の府道にも自転車専用レーンが整備されるなど、街全体も自転車を活用しやすい構造に変わりつつある。これらを活かして「ジーンバイクス枚方」でも順次ライドイベントを開催していく予定。

~西田代表からひとこと~
枚方市は私の生まれ故郷です。社会人になって初めて購入したクロスバイクでスポーツ自転車の楽しさに気づき、まさに淀川や木津川・桂川のサイクリングロードを休日のたびに走っていました。それらのサイクリングロードは、スポーツ自転車専門店を経営したいと転職も決意した場所でもあります。これからスポーツ自転車を始めるお客さまと地域の遺伝子に、自転車の楽しさと「ジーンバイクス枚方」の名前を刻んでいくために、どんどんと楽しい提案を行っていきます。ぜひご期待ください。

ジーンバイクス枚方
〒573-1133大阪府枚方市招提元町2丁目35-23 1F
営業時間:12:00~20:00 
定休日:水曜日
TEL:072-807-8762 FAX:072-807-8763
ジーンバイクス枚方のホームページ

⚫関連ニュース

トレック直営店のTREK Bicycle横浜が7月中旬に本牧にオープンへ

⚫最新ニュースへ

ブリヂストンアンカーのシマノ105搭載モデルがすべて新型に…オーダー無料キャンペーンも

ブリヂストンアンカーのシマノ105コンポーネントを搭載している全ての完成車が6月から新型シマノ105コンポーネント(R7000系シリーズ)にアップデートして発売されることになった。今回のアップデートによりさらに操作性が向上し、さらに快適な走りができる。シマノ105とはシマノのロードバイク向けコンポーネントシリーズのひとつ。トップグレードのデュラエース、セカンドグレードのアルテグラに次ぐミドルクラスのコンポーネントパーツ。R7000系とは上位グレードの特徴を受け継いだシマノ105の最新型シリーズ。

RL8エキップ

■RL8エキップ
・フレーム:PROFORMAT 3 Pieces Carbon インテグラルヘッド
・フレームサイズ:390-420-450-480-510-540mm
・コンポーネント:シマノ105 R7000系
・完成車重量:8.0kg(480mm)ペダルなし
・価格:25万5500円(税別)
ロングライドのフラッグシップモデルRL9と同じ設計を、より耐久性の高いカーボン素材を使ってつくり上げた、ロングライド向けモデルのRL8。独自技術であるPROFORMATを駆使して設計され、長距離走行での快適性とヒルクライムをしなやかにこなす走りの秀逸さを、高いコストパフォーマンスで実現。新型105の採用により、操作性がさらに向上。カーボン製ロングライドバイクのスタンダードとなるべく作られた、全ての人に走る楽しさを届けるモデル。

●カラーオーダーのオプションが無料になるキャンペーン
新型シマノ105コンポーネントを搭載している全モデルは、アンカーオーダーシステムに対応していて、今回のアップデートされたモデルはカラーオーダーのオプションが無料になるキャンペーンを7月1日(日)から7月31日(火)まで実施する。アンカーオーダーシステムとはベースとなるモデルからデザイン、色、パーツを選んで、分だけの1台を作ることができるブリヂストンアンカーのオーダーシステム。

ブリヂストンアンカーのホームページ


■RL6エキップ
・フレーム:PROFORMAT AluminiumA6061インテグラルヘッド
・フレームサイズ:390-420-450-480-510-540mm
・コンポーネント:シマノ105 R7000系
・完成車重量:8.6kg(480mm)ペダルなし
・価格:18万円(税別)
ロングライド向けモデルのRL6は「アルミの特性を活かした」アルミロードバイクではなく、「カーボンの乗り味をアルミ素材で追求する」という、感覚を優先したアプローチで開発された。その成果は、RL6プロトタイプのブラインド試乗テストでの、「カーボンモデルに乗っているんじゃないかと思った」というライダーの一言が示している。頑丈なアルミ素材であれば、カーボンほど扱いに気を遣わずに済む。輪行に気軽に持ち出すのもいいし、扱いの慣れないビギナーにもおすすめ。


■RS8エキップ
・フレーム:PROFORMAT 3Pieces Carbon インテグラルヘッドPressfit BB
・フレームサイズ:430-460-490-520-550mm
・コンポーネント:シマノ105 R7000系
・完成車重量:8.0kg(490mm)ペダルなし
・価格:25万5500円(税別)
ブリヂストンサイクリングの選手も使用する、フラッグシップレースモデルのRS9と同じ設計のRS8。より高い耐久性とコストパフォーマンスを持つカーボン素材を使用し、価格を抑えつつ高い走りのパフォーマンスを実現した。踏み込んだ力を確実に推進力へと変える、計算し尽された剛性バランス。そして長年の日本人向けバイクの研究による、バイクと人とのバランス。それらが合わさり、走りにおけるロスが削ぎ落されたバイクが生まれた。


■RS6エキップ
・フレーム:PROFORMAT AluminiumA6061インテグラルヘッドPressfit BB
・フレームサイズ:430-460-490-520-550mm
・コンポーネント:シマノ105 R7000系
・完成車重量:8.4kg(480mm)ペダルなし
・価格:18万5000円(税別)
リアルレーサーの最新性能を手の届きやすい価格で。アルミ素材による確かな耐久性をそこなわず、PROFORMAT設計によって最大限に無駄を削ぎ落した。細かなパーツ選定にも妥協はなく、価格は抑えつつも日本メーカーとして品質へのこだわりを見せる。オーダーにも対応していて、デザインやパーツを自分好みに選ぶことも可能。たしかな実力のバイクに個性をプラスできる。


■RL8Wエキップ
・フレーム:PROFORMAT 3 Pieces Carbon インテグラルヘッド
・フレームサイズ:390-420-450mm
・コンポーネント:シマノ105 R7000系
・完成車重量:8.3kg(420mm)ペダルなし
・価格:25万5500円(税別)
しなやかなカーボンの乗り心地の良さとともに走る、長距離・旅行ライドの爽快感。PROFORMATが作ったロングライド・カーボンフレームの性能を女性に手頃な価格で楽しんでもらいたいと考えたRL8W EQUIPE。操作性に優れたシマノ新型105コンポを使い、ハンドル、サドルといった体が触れる部位には女性専用パーツを採用。コツコツとした路面振動を吸収するしなやかさ、登りを軽快に登る軽さ、そのカーボンならではの性能をカラーオーダーで好みの色とデザインで。


■RL6Wエキップ
・フレーム:PROFORMAT Aluminium A6061女性モデルインテグラルヘッド
・フレームサイズ:390-420-450mm
・コンポーネント:シマノ105 R7000系
・完成車重量:8.6kg(420mm)ペダルなし
・価格:18万円(税別)
カーボンバイクの乗り味を、アルミで再現した女性専用ロングライドモデル。女性用RL6Wのフレームは、PROFORMATが解析した細かな数値を基に、男性用モデルのRL6とは異なる女性専用設計を行った。細身のチューブを利用してしなやかさを強調。最新型シマノ・105の操作性を引き出す女性専用パーツ群。輪行での旅行ライドにも最適なアルミロングライドを実現した。


■RNC7エキップ
・フレーム:Neo-Cot Cr-Mo Professional スピニングバテッド
・フレームサイズ:490-510-520-530-540-550-570-590mm
・コンポーネント:シマノ105 R7000系
・完成車重量:9.3kg(530mm)ペダルなし
・価格:26万円(税別)
クロモリの限界に挑むネオコットシリーズ最高峰モデルRNC7。クロモリフレームとして理想的な応力、強度、軽さ、そして振動吸収性をスピニングバテッドとバルジ成形により引き出した。元々は1990年代にレースシーンを席巻した生粋のレースマシンだが、その乗り心地は芯のある剛性感と圧倒的にしなやかな走り心地を両立している。10mm刻みでの多彩なフレームサイズをそろえ、フルオーダーに近い優れたフィット感も実現する。


■RNC3エキップ
・フレーム:Neo-Cot Cr-Mo Standardスピニングバテッド
・フレームサイズ:470-490-510-530-550-570mm
・コンポーネント:シマノ105 R7000系
・完成車重量:9.6kg(530mm)ペダルなし
・価格:19万5000円(税別)
ネオコットの魅力を多くのライダーに。チューブの加工工程を簡略化し、TIG溶接により高いコストパフォーマンスを追求した。しかしながらバルジフォーミングチューブで構成されるフレームのシルエットとその乗り味は、まさにネオコット。しやなかで芯のある剛性は、ロングライドやツーリングを心地よくする乗り味と、効率性に優れる走りを実現する。コンポには11速のシマノ新型105を装備し、スムーズな変速と走りの性能を満喫できる。


■CX6Dエキップ
・フレーム:RS-SHAPE Aluminium A6061インテグラルヘッド
・フレームサイズ:510mm
・コンポーネント:シマノ105 R7000系
・完成車重量:9.9kg(530mm)ペダルなし
・価格:22万円(税別)
世界のシクロクロスレース経験を凝縮した、ディスクブレーキ搭載の本格アルミ・シクロクロスレーサー。泥や雪といった悪条件の路面でも確実な制動性を得られ、タイヤ周りの泥がフレームに詰まりにくくなるという有利な走行条件を獲得。低速からの加速が多い競技特性のため、BB周りの剛性を強化し鋭い加速力を確保。耐久性に優れたアルミ素材を使いながらも、フルカーボンフロントフォークによって、高い振動吸収性も備える。メインコンポにはシマノ新型105を搭載。

■CX6Cエキップ
・フレーム:RS-SHAPE Aluminium A6061インテグラルヘッド
・フレームサイズ:490-510-530mm
・コンポーネント:シマノ105 R7000系
・完成車重量:9.3kg(530mm)ペダルなし
・価格:20万円(税別)

⚫関連ニュース

ブリヂストンが日本トライアスロン連合とオフィシャルスポンサー契約

⚫最新ニュースへ

志賀高原ロングライドにダイレクトアクセスするサイクリングバスツアー運行へ

志賀高原ロングライドが9月29・30日に長野県で開催され、東京駅・新宿駅から会場へダイレクトでアクセスする参加者向けバスツアー「サイクリングバスツアー志賀高原ロングライド アクセスバス」が運行されることになり、募集が始まった。専用の機材で参加者の自転車をバス床下スペースに積載する。エントリーや現地での宿泊は含まれない。

長野県で9月29・30日に開催される志賀高原ロングライド

【設定日】2018年9月29日(土)~30日(日)2日間
【旅行費用】1人1万7800円
【出発地】東京駅 国際興業本社裏、新宿駅 西口都庁横
ツアーは申し込み人数に関わらず実施を確約する「ツアー催行保証」となっている。イベントへのエントリーは別途参加者が行う。現地での宿泊も参加者自身で手配する必要がある。

サイクリングバスツアー志賀高原ロングライド アクセスバスの詳細サイト

⚫関連ニュース

富士山麓のサイクリングバスツアーは9月1日…初級者でも安心のサポート

⚫最新ニュースへ

ブエルタ・ア・エスパーニャが公式タパスを公募…全ステージでおいしいものを提供

8月25日にスペインのマラガで開幕し、9月16日に首都マドリードにゴールする23日間のステージレース、ブエルタ・ア・エスパーニャが公式タパスを公募する。タパスはスペインで「Tapa=タパ」と呼ばれる小皿料理で、バルと呼ばれる飲食店でおつまみとして提供される。今回の企画は「la eTapa=ラ・エタパ」という総称で、全21ステージ(エタップ)で関係者にふるまわれることになっている。

さすが、ガストロノミーが尊重される欧州文化。日本の料理家もぜひ!

今回はコンクール形式。公式サイトから応募してノミネート。10分以内の動画を作成し、SNSなどを使ってPRする。6月25日から7月16日までがPRの期間となり、7月16日に優勝者が発表される。優勝者は大会期間中の全21ステージでスタート地点のビラージュで受賞したタパスを提供することができる。

ブエルタ・ア・エスパーニャ公式タパスの応募サイト

⚫関連ニュース

バルギルはブエルタ・ア・エスパーニャ出場できず…所属チームが落選

⚫最新ニュースへ