ガロパンがブエルタ・ア・エスパーニャ初優勝…首位はモラール

第73回ブエルタ・ア・エスパーニャは8月31日(金)、プエルト・ルンブレラス~ポソアルコン間の185.7kmで第7ステージが行われ、AG2Rラモンディアルのトニー・ガロパン(フランス)が残り2kmアタックして追走集団を振り切った。

トニー・ガロパンがブエルタ・ア・エスパーニャ第7ステージを制した © Luis Ángel Gómez

ガロパンは2014ツール・ド・フランスで区間1勝し、マイヨジョーヌを着用しているが、ブエルタ・ア・エスパーニャで区間勝利したのは初めて。

「アンラッキーなシーズンだが、それでもボクを起用してくれたチームに報いるためにも、この勝利は果たさなければならないものだった」とガロパン。「減量して臨み、総合成績の上位を目指していくけど、区間勝利のチャンスを逃す手はないからね」

ブエルタ・ア・エスパーニャ第7ステージ © Luis Ángel Gómez

総合成績ではグルパマFDJのルディ・モラール(フランス)が首位を守った。41秒遅れの総合2位ミハウ・クビアトコウスキー(ポーランド、スカイ)は終盤に落車。総合優勝を争う有力選手の集団から25秒遅れ、総合6位に後退した。

第7ステージ。クビアトコウスキーは落車でタイムを失う © Luis Ángel Gómez

●4賞ジャージ
マイヨロホ(個人総合成績)ルディ・モラール(フランス、グルパマFDJ)
マイヨベルデ(ポイント賞)アレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター)
マイヨルナレス(山岳賞)ルイスアンヘル・マテ(スペイン、コフィディス)
□マイヨブランコ(コンビネーション賞)アレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター)

🇪🇸ブエルタ・ア・エスパーニャの特集サイト
⚫最新ニュースへ

ツアー・オブ・シンタイに吉田隼人、内間康平、岡本隼が初出場

9月3日(月)から5日(水)までの3日間にわたり中国・河北省ケイ台市開催されるツアー・オブ・シンタイ(UCIアジアツアー2.2)にNIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニが初出場。日本人メンバーとして吉田隼人、内間康平、トレーニー(研修生)の岡本隼が参加する。

ツアー・オブ・シンタイに出場するNIPPO・ヴィーニファンティーニの5選手

2018年で3回目の開催を迎える新しい大会で、2017年よりUCI公認レースとなった。2018年はNIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニと、中国でのツアー・オブ・チンハイレイクの総合優勝チームであるコロンビアのマンサナ・ポストボン、2つのプロコンチネンタルチームを筆頭にクラブチームを含めた24チームが出走する予定。

レースコースは第1、第2ステージに山岳があり、特に第1ステージは123kmと距離が短いなかに1級山岳が組み込まれている。

NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニは、平坦に強いメンバー編成で挑む。スプリントのエースを担うのは吉田とダミアーノ・チーマ。そしてトレーニーとしてチーム加入してからの初戦を迎える岡本の走りにも注目。岡本はすでにアジアのUCIレースで勝利していて、即戦力として結果に直結する走りも期待されている。

吉田隼人のコメント

吉田隼人

高地でのツアー・オブ・チンハイレイクを終えて、充分な休養をとり、余裕をもってトレーニングを行うことができた。今の自分自身のコンディションを考えると、しっかりいい結果を報告できると思っている。 引き続き応援よろしくお願いします。

内間康平のコメント

内間康平

UCI2クラスのレースではあるが、前回のツアー・オブ・チンハイレイクにも出場した強力な選手も走る。しかしプロコンチネンタルチームの意地をみせて、全員で協力し優勝を目指していきます。

岡本隼のコメント

岡本隼

今回がNIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニで走らせてもらう初戦ですが、結果が求められるレースだと思います。 リヴィーニョ合宿から1カ月、心身ともにコンディションを上げられています。いい緊張感を持ち一戦一戦集中します!

福島晋一監督のコメント

中国で初めて2クラスのレースに参加する。このレースは熱心に招待していただいたので、その気持ちに応えるために参加を決めた。また、内間、岡本、吉田は思いっきりレースを楽しむことで、その勢いでツアー・オブ・チャイナに向かいたい。スプリントは吉田と岡本をエースに、マランゴーニとダミアーノ・チマでサポートしていく。

Tour of Xingtai
開催期間/2018年9月3日(月曜日)〜9月5日(水曜日)
カテゴリー/UCIアジアツアー2.2
開催国/中国

ツアー・オブ・シンタイのツイッター
ツアー・オブ・シンタイのハッシュタグ #TourofXingtai #TOX2018

9月3日 第1ステージ Qilihe Sports Park-Yegoumen Reservoir 123km
9月4日 第2ステージ Qilihe Sports Park-The venue of the Conference of Tourism 125km
9月5日 第3ステージ Qilihe Sports Park 173km

⚫関連ニュース

愛三工業の岡本隼がNIPPO・ヴィーニファンティーニ研修生に

⚫最新ニュースへ

橋本英也・今村駿介組は3位…アジア競技大会男子マディソン

ジャカルタ・アジア大会は14日目、自転車競技の最終日となる8月31日に男子マディソンが行われ、橋本英也(ブリヂストンサイクリング)と今村駿介(中央大)組が銅メダルを獲得。優勝は香港で59ポイント、日本は28ポイントだった。

アジア競技大会男子マディソンを走る橋本英也(左)と今村駿介(右) ©2018 JCF

女子マディソンの橋本優弥(鹿屋体育大)と梶原悠未(筑波大)組は4位。また女子スプリントでは太田りゆ(日本競輪選手会埼玉支部)1/4決勝に出場したが、李慧詩(香港)と対戦したが敗退し8位だった。

アジア競技大会男子マディソンで3位になった橋本英也(右)と今村駿介(右から2番目) ©2018 JCF
アジア競技大会男子マディソンの今村駿介(左)と橋本英也(右) ©2018 JCF

橋本英也のコメント
昨日のオムニアムの疲れが残っていたので、最終日のマディソンは勢いで走った。ここに来るまでマディソンに特化したトレーニングをしていなかったため、まずはメダルを目標にして走った。銅メダルを獲得できてよかったが、上位2カ国とは大きな差があった。東京オリンピックに向けて、チームパシュート、オムニアム、マディソンとすべての種目への能力を高めていき、もし今後マディソンに集中するなら、ヨーロッパの6日間レースに出場することなども考えていきたい。

アジア競技大会男子マディソンで3位になった橋本英也(左)と今村駿介(右) ©2018 JCF

⚫関連ニュース

橋本英也が男子オムニアムで金メダル…アジア競技大会

⚫最新ニュースへ

新田祐大がわずかの差で金を逃す…アジア競技大会男子ケイリン

ジャカルタ・アジア大会は14日目、自転車競技の最終日となる8月31日に男子ケイリンが行われ、新田祐大(日本競輪選手会福島支部)が銀メダルを獲得。脇本雄太(日本競輪選手会福井支部)が5位になった。

アジア競技大会男子ケイリン ©2018 JCF

2選手は1回戦をそれぞれ首位、2回戦を新田が1組2位、脇本が2組1位で決勝へと勝ち上がり、決勝では最終周回に入って新田が先行。ゴールライン直前で勝者となるジャイ・アングスタサウイット(タイ)に抜かれ、僅差での2着となった。

アジア競技大会男子ケイリンで2位になった新田祐大(左) ©2018 JCF

新田祐大のコメント
今大会のチームスプリントで自己ベストが出たので、最終日のケイリンに向けて高いモチベーションをもっていた。決勝では落ち着いて、力を発揮することだけを考えて走った。思ったような展開にはならなかったが、残り1周回で自分の力を出そうと思っていて、それはうまくいったが、最後に抜れてしまった。ゴールライン直前で、抜き返すべくハンドルを投げたがわずかに届かなかった。今大会への出発直前に落車したが、コーチに「出たいと思っているなら出るべき」と言ってもらい、そう思ってくれる監督や、現地に来てから完璧な状態に調整していただいたスタッフ、ここに来れなかった仲間のためにも必ずメダルを取りたいと思っていた。

アジア競技大会男子ケイリンを走る新田祐大(右から2番目)と脇本雄太(左) ©2018 JCF

⚫関連ニュース

アジア大会男子チームスプリントで雨谷・新田・深谷の日本チームが3位

⚫最新ニュースへ