ユピテルがドライブレコーダー100台プレゼントキャンペーンを実施

「ユピテル・静岡新聞SBSレディース」が6月15日から17日まで開催されるのを記念して、ユピテルが「ドライブレコーダー100台プレゼントキャンペーン」を実施する。期間中にユピテルのWeb会員サービス「My Yupiteru」に新規会員登録(無料)した人にユピテルの最新ドライブレコーダーを抽選で100台プレゼント。もれなく全員にユピテルオンラインショップで利用できる1000ポイント(1000円相当分)をプレゼント。

最新ドライブレコーダー「DRY-SV1050c」

プレゼント賞品は最新ドライブレコーダー「DRY-SV1050c」。特許取得のブラケット一体型、スマートビュータイプ。駐車中に動きを検知すると記録する動体検知機能(オプション対応)。HDR&FULL HDで高画質記録が可能。Gセンサー搭載。

⚫キャンペーンページ

⚫関連ニュース

ドライブレコーダーの新製品DRY-SV2050dがユピテルから発売

⚫最新ニュースへ

いつものエイプリルフールかと思ったらそうじゃない…レッドブルからオーガニック飲料

レッドブル・ジャパンは6月5日(火)より、エナジードリンクではない、有機JAS認定を受けたオーガニックな炭酸飲料「ORGANICS by Red Bull(オーガニックス・バイ・レッドブル)」を関東エリアで販売開始する。味はシンプリーコーラ、ビターレモン、ジンジャーエールの3種類。

レッドブルのオーガニックスシンプリーコーラ、オーガニックスビターレモン、オーガニックスジンジャーエール

「オーガニックを、カジュアルに」というテーマのもと、オーガニック製品が手に入りやすい世の中の実現を目指し、レッドブルが再び新たなカテゴリーの創出に挑戦したという。250mlのアルミ缶で、税込み206円。販売は東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県の一部コンビニエンスストア、スーパーマーケット、ドラッグストア、飲食店など。

レッドブルのオーガニックシンプリーコーラ
レッドブルのオーガニックビターレモン
レッドブルのオーガニックジンジャーエール

⚫関連ニュース

世界で最も過酷な400m走に挑んだ! 反中祐介のRed Bull 400参戦記

⚫最新ニュースへ

ユピテルからうっかり違反防止機能がついたポータブルカーナビ

ユピテルのポータブルカーナビゲーション、YPF7540が発売された。2018年春版 「マップルナビPro3」を搭載して道案内してくれるともに、うっかり違反を防止するオリジナル警告・警報データ7万件以上を収録。オービス設置場所や、取り締まりに注意したい場所をお知らせしてくれる。オープン価格。

ユピテルのポータブルカーナビゲーション、YPF7540

スピードの出やすい路線のオービス(無人式自動速度取締装置)設置場所、事故多発エリア、取締エリア、駐車禁止エリア、路線・高速道制限速度情報などユピテルオリジナルの警告・警報データを収録。これらの警告・警報ポイントに近づくと、アイコンや警報表示と音声案内でお知らせする。多彩な情報で安全運転をサポートしてくれる。

案内機能も最新。2018年6月開通の「東京外環自動車道(三郷南IC〜高谷Jct)」など、新開通道路に対応。さらに3月開通の「守山スマートIC」などスマートICにも対応しているので、目的地までのルート案内をより的確に、より快適に案内ししてくれる。

ユピテルのポータブルカーナビゲーション、YPF7540詳細サイト

●関連ニュース

【Column】フランスには外国人が免税で新車を購入できるシステムがある

●最新ニュースへ

ツアー・オブ・タイランド第1ステージでスプリントに絡んだ中島康晴が4位

6日間のステージレース「ツアー・オブ・タイランド」が4月1日にタイで開幕。第1ステージのパッタヤーからチャンタブリーまでの207.1kmが行われ、キナンサイクリングの中島康晴が4位に入った。

ツアー・オブ・タイランド第1ステージの中島康晴 ©︎ KINAN Cycling Team / Satoru KATO

6日間で1080kmを走るツアー・オブ・タイランドは、初日の第1ステージから200km超えの長距離ステージで開幕した。アップダウンがほとんどないフラットなコースだが、ゴール前500mが10mほど登ってのゴール。途中3カ所にスプリントポイントが設定されている。この日は朝から曇り。スタートしてまもなく雨が降り出し、その後も断続的に降ったりやんだりが繰り返された。

リアルスタート直後からアタック合戦が始まり、集団はハイスピードで進行する。43km地点の最初のスプリントポイント通過後、中島を含む20人弱の集団が先行するも、メイン集団との差を広げられずに吸収される。中島は97km地点の2回目のスプリントポイントを5位通過、155km地点のスプリントポイントは3位通過してボーナスタイムを獲得した。

レースはその後もアタック合戦が続くが決定的な動きは生まれず、集団のままスプリント勝負に持ち込まれた。第1ステージを制したのはチーム右京のロビー・ハッカー。スプリント勝負に絡んだ中島が4位に入った。

トマ・ルバ、マルコス・ガルシア、サルバドール・グアルディオラはタイム差なしで完走。ゴール直前の落車にグアルディオラが巻き込まれたが、幸い大事には至らずに済み、第2ステージも4人揃ってスタートする予定。

サルバドール・グアルディオラ

サルバドール・グアルディオラのコメント
今日は距離が長くてペースも速かった。いつもなら逃げが決まるのだけれど、今回は何度アタックがあっても逃げが決まらずにスプリント勝負になった。フィニッシュ直前の落車に巻き込まれてしまったけれど大丈夫。調子はいいよ。明日以降も1日1日、前方でレースして、チームメイトとともに勝利を重ねられるようにしたい。

中島康晴

中島康晴のコメント
4位という結果は率直に悔しい。最後のスプリントが思っていたよりもいいところにハマって、落車の影響もあって前の選手に届きそうだっただけに、表彰台を獲りたかった。タイランドは自分にとって総合2連覇している縁のあるレース。オーガナイザーも歓迎してくれて、たくさんの人が覚えていてくれて、結果を残したいと思っている。今日はそのチャンスがあったけれど、活かし切れず残念。気温が高いコンディションだと逃げが決まることが多いが、今日はタイにしては気温が低めだったこともあり、集団も力があって逃してはくれなかった。ボーナスタイムは取れる時に取っておこうと考えていたので、1秒でも取れた点はよかったと思う。チームとして今季まだUCIレースでの優勝がないので、このレースで勝ちたい。

●関連ニュース

キナンがツアー・オブ・タイランド初参戦…目標は総合優勝

●最新ニュースへ

新城雄大が逃げでレースを構築…雨乞竜己が6位。ツール・ド・とちぎ

ツール・ド・とちぎは最終日となる3月25日、栃木県北部の那須町から中部の真岡市まで147kmの第3ステージが行われた。

ツール・ド・とちぎ第3ステージで積極的な走りを見せた新城雄大 ©︎ KINAN Cycling Team / Satoru KATO

コース途中にスプリントポイントが1カ所、3級山岳が2カ所設定された。3級山岳以外にもうねるようなアップダウンが続く一方、コース終盤は平坦になるため、集団ゴールになる可能性が高かった。リアルスタート直後のアタック合戦に、キナンサイクリングの新城雄大、椿大志らが参戦。飛び出しと吸収を何度か繰り返したのち、新城とホセ・ヴィセンテ・トリビオ・アルコレア(スペイン、マトリックスパワータグ)、キム・クンス(韓国、LXサイクリングチーム)の3人が先行する。

メイン集団との差は30秒ほどまで開くが、それ以上差は広がらず、49km地点のスプリントポイントを前に吸収される。そこから再びアタック合戦が始まるが、抜け出せる選手がいないまま、61km地点にあるこの日最初の3級山岳に向けた登りに集団のまま入る。

この登りと頂上からの下りで集団が大きく割れ、30人ほどの集団が先行。その中から4人の逃げ集団が形成される。メイン集団との差は最大で2分近くまで開くが、リーダーチームのオーストラリアンサイクリングアカデミー・ライド・サンシャインコーストと、スプリント勝負に持ち込みたい愛三工業レーシングチームが協力して逃げを追走する。

残り20km、逃げ集団とメイン集団との差が1分を切ったところで、逃げ集団にいた岡篤志(宇都宮ブリッツェン)が単独アタック。メイン集団との差を1分まで広げる。しかしゴールに向けてメイン集団も加速。残り5kmを過ぎたところで岡はメイン集団に吸収される。最後は集団でのスプリント勝負となり、レイモンド・クレダー(チームUKYO)が優勝。キナンからは雨乞竜己がスプリント勝負に加わり、タイム差なしの6位に食い込んだ。中島康晴、塚本一樹もタイム差なしの集団ゴール。序盤に逃げた新城は9秒差の50位で完走。椿は残念ながら途中リタイアとなった。

1月のシャールジャ・ツアーから好調のまま今大会に臨んだキナンだったが、2017年のツール・ド・とちぎ個人総合2位だったエース、ジャイ・クロフォードを直前の怪我で失い、他チームと比較して数的不利な状況に立たされた。しかし残るメンバーが明確な役割と意識のもと、できうる限りの走りを見せ、一定の成果を残した。最終日の新城の果敢に逃げる姿は、厳しい局面でも攻める姿勢を忘れずに戦うチームスピリットの片鱗を見せた。

これに応えるように雨乞もゴール争いの数的不利な中、埋もれながらもスプリントに挑み6位と、今後のシーズン中に数多く控えるゴールスプリントへ向けてしっかりと手応えをつかんだ。

次戦の国際レースは4月1〜6日のツアー・オブ・タイランド。その後もUCIヨーロッパツアーへの出場が控えていて、引き続き春のシーズンでの活動を強化していく。

ツール・ド・とちぎ第3ステージ結果(147km)
1 レイモンド・クレダー(オランダ、チームUKYO) 3時間16分6秒
2 岡本隼(愛三工業レーシングチーム) +0秒
3 黒枝咲哉(シマノレーシングチーム)
6 雨乞竜己(KINAN Cycling Team)
24 中島康晴(KINAN Cycling Team)
26 塚本一樹(KINAN Cycling Team)
50 新城雄大(KINAN Cycling Team) +9秒
DNF 椿大志(KINAN Cycling Team)

個人総合
1 マイケル・ポッター(オーストラリア、オーストラリアンサイクリングアカデミー・ライド・サンシャインコースト) 5時間46分16秒
2 レイモンド・クレダー(オランダ、チームUKYO) +14秒
3 増田成幸(宇都宮ブリッツェン) +20秒
21 中島康晴(KINAN Cycling Team) +1分38秒
43 雨乞竜己(KINAN Cycling Team) +3分29秒
44 新城雄大(KINAN Cycling Team) +3分30秒
59 塚本一樹(KINAN Cycling Team) +4分39秒

椿大志

椿大志のコメント
すごく厳しいステージというわけではなかったものの、個人的にはDNFという結果に終わり、最終局面の雨乞のアシストができなかった。肝心のところで何もできず、非常に残念。雨乞はしっかりと集団スプリントをもがいて6位に入って、スプリンターとしての役割を果たした。一緒に練習をしていて世界レベルのスプリント力を持っているのを知っているし、彼を軸にしたレースというのも増えていくはずなので、その場面での動きにしっかり対応できるようにしたい。多くの方に期待と応援をしていただいたが、今回のレースでは思うような動きやアピールができずに終わってしまった。次回のレースでは、しっかりと応援に応えられる走りをしたい。

新城雄大

新城雄大のコメント
チームとして前日のような消極的なレースはしないということと、個人的にも攻めたいというのもあり、スタート直後からかなりトライしていった。結果、前半で数回の逃げに乗ることができたが、集団に容認されず捕まってしまった。後半は、雨乞さんのスプリントへ向けての動きに集中したが、最終局面でアシストができなかった。個人的な動きとしては悪くなかったと思うが、後半もう一仕事が必要だと感じた。今回は数的不利があるなかで中島さんの動きもあり、最終局面でのポジショニングはできていたので、うまくはまれば勝ちも遠くはないと感じている。個人的には、得意とする逃げの展開に磨きをかけていきたい。チームとしては、やはり雨乞さんのスプリントを成功させるような動きができるように連携を図っていきたい。

●関連ニュース

キナン勢は後半勝負に賭けるも終盤の上りで遅れ…ツール・ド・とちぎ第2ステージ

●最新ニュースへ

プロライダーは何を持っていく? 動画「遠征バッグ大公開」配信スタート

キナンサイクリングのYouTubeチャンネル「KINAN Cycling Team.tv」で、「プロライダーの遠征バッグ大公開!」と称して、所属選手が遠征時に実際に持参するアイテムを紹介する新作動画の配信を開始した。

YouTubeのスクリーンショット(クリックしても再生しません)

同企画は日ごろ応援してくれるファンにさらなる興味を持ってもらうことはもちろん、支援してもらっているサプライヤーアイテムの紹介、さらには将来サイクルスポーツのトップシーンでの活躍を志す若い選手たちの未来を切り拓くことなども目的としている。

椿大志

選手たちの活躍の裏にはどのようなアイテムが彼らを支え、同時に競技に生かされているかを多くの人に知ってもらう機会となることを期待しているという。

今回のモデルは椿大志。所属選手間では「チーム一の収納上手」との声も挙がっていることから、動画の終盤には遠征バッグへの収納シーンも収めている。

●関連ニュース

ツール・ド・ランカウイ開幕…キナンの椿大志は熱中症でリタイア

●最新ニュースへ

宇都宮ブリッツェンが3⽉16⽇に伊⾖ゲートウェイ函南で公開インターネット放送

国内有数のプロロードチーム「宇都宮ブリッツェン」の選⼿たちが、サイクリストの拠点を目指す道の駅「伊⾖ゲートウェイ函南」を3⽉16⽇に訪れ、17時から観光案内所内「i-studio」で公開インターネット放送を⾏う。

宇都宮ブリッツェン

今回の放送(およそ30分)では、JBCF沖縄1.2戦連勝感想や、17⽇・18に⽇開催される「JBCF修善寺ロードレース」の意気込みなどを中⼼に展開していく予定。インターネット放送は伊⾖ゲートウェイ函南フェイスブックページで⽣中継され、コメント欄では選⼿への質問も受け付ける予定。

伊⾖ゲートウェイ函南フェイスブックページ

●関連ニュース

伊⾖ゲートウェイ函南でeバイクを借りれば距離を伸ばしたサイクリングも可能

●最新ニュースへ

アブダビツアー第4ステージ…デニスが最速ラップで首位へ【動画】

UAEで開催されている5日間のステージレース、第4回アブダビツアーは2月24日、第4ステージとして距離12.6kmの個人タイムトライアルを行い、BMCのローアン・デニス(オーストラリア)が14分21秒の最速タイムで優勝。平均時速は52.682km。総合成績でもクイックステップフロアーズのエリア・ビビアーニ(イタリア)を逆転して首位に立った。

アブダビツアー第4ステージ。タイムトライアルで最速タイムをたたき出したローアン・デニス ©LaPresse – Massimo Paolone

個人タイムトライアルの世界チャンピオンであるサンウェブのトム・デュムラン(オランダ)は、途中の通過タイムで1位を記録したが、メカニックトラブルで31秒をロス。優勝を逃した。

「とても強い風が吹き荒れて難しいレースだった」とデニス。
「このレースを走るのは予定外だったが、とてもいい感じで乗れているので、5月のジロ・デ・イタリアに向けてさらに調子を上げていきたい」

アブダビツアー第4ステージ。タイムトライアルで最速タイムをたたき出したローアン・デニス ©LaPresse – Massimo Paolone

アブダビツアー第4ステージ

アブダビツアー第4ステージ。タイムトライアルの世界チャンピオン、トム・デュムランがスタート ©LaPresse – Massimo Paolone

アブダビツアー第4ステージは個人タイムトライアル

●関連ニュース

バウハウスがアブダビツアー第3ステージV。ビビアーニ首位堅持【動画】

●最新ニュースへ