ラファがサイクルウエアとの接点であるサドルを作るとこうなった

英国製サイクリングウエアの人気ブランド、ラファがオリジナルサドルをリリースした。同社ショッピングサイトの日本語版にも紹介され、関税込みの価格で購入できる。

ラファ・プロチームカットアウト。4万8000円

ウエアデザインの最先端で14年開発をしてきた経験を活かしたラファサドルは、同社のビブショーツと組み合わせて使用することで、人間と自転車が接触する最も重要なポイントに最高の快適性をもたらすようにデザインされた。ラファではこの2年間、異なるライディングスタイルのための2種類のサドル、クラシックとプロチームをゼロから開発してきたという。

プロチームサドル
軽量でハードなライディングでも快適なサドル。レースにも最適で、プロチームビブショーツIIとの組み合わせで最高レベルの快適性を発揮する。総カーボン製ハンドメイド、最大の快適性を最小の重量で実現したデザインで、重量は細幅タイプで144g。かかる圧力を逃がすために「カットアウト=切り抜き」を入れたタイプもあり、さらに軽量な141gに。

ラファ・クラシックサドル。3万円

クラシックサドル
時代の中で洗練されてきたスタイルを手作りで完成されるコンテンポラリーなディテールと融合したこのサドルのゆるやかにカーブする形状は、クラシックビブショーツIIとの組み合わせを想定したデザイン。快適性を優先するライダーにオススメだという。イタリアでカーボン繊維を重ねて作られているワンピース構造のカーボンレールに支えられるシェルは、カーボンで補強された軽量なナイロン製で、微孔が開けられたカバーがかけられている。

●ラファサドルのホームページ

●関連ニュース

フィジークのプレゼント用サドルにサインをしてくれたのはフルームだった

●最新ニュースへ

ボントレガーから最新型ヘルメット、ライト、サドルが登場

デザインや機能が大きく生まれ変わった新型Circuitヘルメットが全国のトレック正規販売店に入荷している。特徴は、ボントレガー製デイライトやGoProカメラを、Blendrマグネチックマウントでスマートにヘルメットに取り付けられること。安全性と機能性を備え、通勤からレース参戦、そしてブルべまで幅広い層のサイクリストにおすすめ。1万9445円(税別)。

新型デイライトIon 450 R
サイクリストの安全性を考え、日中からの点灯を推奨しているボントレガー製デイライトのラインナップに、新型Ion 450 Rが追加された。最大450ルーメンの光量と日中でも高い被視認性を発揮。7315円(税別)。

新型サドルArvada(アーバダ)シリーズ
Arvadaは中間程度の前傾姿勢のローディー、マウンテンライダー、シクロクロッサーに最適なサドル。サドルシェル内にカットアウトを設けることで軟組織への圧迫を軽減。コストパフォーマンスに優れているスチール製カーボンレールのArvada Comp(7871円)、より軽量なステンレス製のArvada Elite(1万2963円)、高いパフォーマンスを発揮するカーボン製のArvada Pro(2万1297円)までの3モデルを展開。(すべて税別)。