キナンがツアー・オブ・タイランドでチーム優勝…ルバは総合3位

ツアー・オブ・タイランドは最終日となる4月6日、ローイエットからコーンケーンまでの110.7kmで第6ステージが行われ、キナンサイクリングの中島康晴が4位に入った。最終成績はトマ・ルバが個人総合3位、チーム総合で1位を確定させた。

ツアー・オブ・タイランドでキナンのルバが総合3位に ©︎KINAN Cycling Team / Satoru KATO

最終日は今大会最短距離の110.7km。前日第5ステージの229kmと比べると半分以下の距離だ。その距離の短さゆえ、レースは神経質な展開になった。リアルスタート後からのアタック合戦は逃げが容認されないまま進行。数選手が飛び出す場面はあっても、すぐに集団が吸収していく。途中2カ所設定された中間スプリントでは、ポイント賞争いとボーナスタイムによる総合順位争いが絡んだスプリントが展開される。ポイント賞2位の中島も2つめの中間スプリントに挑み、4位通過して1ポイントを加算する。

その後も集団はひとつのまま進行し、最後のスプリント勝負へ。ポイント賞リーダーのマルティン・ラス(エストニア、チーム イルミネート)が圧倒的なスプリントで優勝。中島もスプリントに挑戦したが、4位に終わった。これでツアー・オブ・タイランドの全日程が終了した。キナンの最終成績はルバが個人総合3位となり、表彰台の一角を確保。チーム総合でも1位となり出場4選手全員でポディウム登壇の栄誉にあずかった。

ツアー・オブ・タイランド第6ステージ結果(110.7km)
1 マルティン・ラス(エストニア、チーム イルミネート) 2時間23分15秒
2 秋田拓磨(シマノレーシングチーム) +0秒
3 レイモンド・クレダー(オランダ、チームUKYO)
4 中島康晴(KINAN Cycling Team)
5 リ・ジセン(中国、チンハイ チャンユードサイクリングチーム)
6 ドミニク・ペレス(フィリピン、セブンイレブン・クリック ロードバイクフィリピンズ)
67 トマ・ルバ(フランス、KINAN Cycling Team)
71 サルバドール・グアルディオラ(スペイン、KINAN Cycling Team)
76 マルコス・ガルシア(スペイン、KINAN Cycling Team)

個人総合時間
1 ベンジャミン・ディボール(オーストラリア、セントジョージコンチネンタルサイクリングチーム) 24時間1分4秒
2 アルテム・オベチキン(ロシア、トレンガヌサイクリングチーム) +16秒
3 トマ・ルバ(フランス、KINAN Cycling Team) +18秒
4 ホルヘカミーロ・カスティブランコ(コロンビア、チーム イルミネート) +2分9秒
5 リュウ・ジャンペン(中国、ヘンシャンサイクリングチーム)
6 サラウット・シリオンナチャイ(タイ、タイランドコンチネンタルサイクリングチーム) +2分14秒
21 サルバドール・グアルディオラ(スペイン、KINAN Cycling Team) +2分20秒
27 マルコス・ガルシア(スペイン、KINAN Cycling Team) +2分30秒
73 中島康晴(KINAN Cycling Team) +16分49秒

ポイント賞
1 マルティン・ラス(エストニア、チーム イルミネート) 82pts
2 中島康晴(KINAN Cycling Team) 61pts

山岳賞
1 ベンジャミン・ディボール(オーストラリア、セントジョージコンチネンタルサイクリングチーム) 28pts
3 トマ・ルバ(フランス、KINAN Cycling Team) 20pts

チーム総合
1 KINAN Cycling Team 72時間8分24秒

マルコス・ガルシア

マルコス・ガルシアのコメント
4人で出場は厳しかったけれど、いいレースができたし、いい結果になったと思う。 次はツール・ド・熊野での勝利を目指したい。日本でお世話になっている人たちのためにも、熊野で勝ちたい。

サルバドール・グアルディオラ

サルバドール・グアルディオラのコメント
チーム総合で1位、トマの個人総合3位、中島が平坦ステージで連日上位に入れた。今回は上出来だったと思うし、チームとしてもいいバランスだったと思う。次のレースはツアー・オブ・ジャパンになると思う。一度家に帰ってレースに備えるよ。

トマ・ルバ

トマ・ルバのコメント
得意でない平坦ステージが多く、なおかつチームは4人での出場で総合3位はいい結果だと思う。山岳の第3ステージの後、チーム全員がお互いに助け合い、個人総合順位を守ってチーム総合では1位を獲れた。ベストな結果だと思う。次の目標となるツアー・オブ・ジャパンに備えて、まずは家に帰ってしっかり休息をとってトレーニングするよ。

中島康晴

中島康晴のコメント
今日は序盤からアタック合戦が続いて速いペースでレースが進んだ。一度集団が2つに割れた時があって、リーダーチームが前の集団に乗せていく動きをしていたので、マルコスと自分で対応した。集団がひとつにまとまった後はサルバとマルコスに任せて、最後のスプリントに向けてトマがいい位置にポジショニングしてくれた。でも結果は4位で、あと一歩届かないところばかりでチームには申し訳ないと思っている。でもトマの総合3位を守りながらチーム総合も獲れたので、最低限の結果は残せたかなと感じている。
これだけ集団スプリントになるツアー・オブ・タイランドは初めて。個人総合と区間優勝を同時に狙うのはなかなか難しいが、すべてはチーム全員が役割をまっとうした結果。個人総合3位、ポイント賞2位、山岳賞3位と、このメンバーで全ての賞のトップ3に入れたのは上出来だとは思うけれど、どれかひとつでも1位になりたかった。
今年はまだチームに優勝がないので、次のレースでは勝てるようにしたい。5月、6月と日本での重要なレースを控えているので、キープ・ゴーイングで進んでいく。

●関連ニュース
http://pressports.com/2018/04/06/ルバ総合3位、チーム首位をキープして最終日へ/

●最新ニュースへ

ルバ総合3位、チーム首位をキープして最終日へ…ツアー・オブ・タイランド

ツアー・オブ・タイランドは4月5日、ナコーンラーチャシーマーからローイエットまでの229kmで第5ステージが行われた。前日同様の集団でのスプリント勝負となり、キナンサイクリングは中島康晴が6位に入った。

ツアー・オブ・タイランド第5ステージに挑む中島康晴らキナン勢 ©︎KINAN Cycling Team / Satoru KATO

5日目はナコーンラーチャシーマーから北東に進み、ローイエットまでの229km。スタート前の9.9kmのパレードランを含めると約240kmを走ることになる。もちろん今大会の最長ステージであり、第2の難所とも言える。距離は長いものの、カテゴリーがつく山岳はなく、道のうねりのようなアップダウンはあるがほぼ平坦と言ってもいい。

2日目の第2ステージ以降、晴れて暑い毎日。チームカーに大量の水と氷を用意してレースをスタートした。リアルスタート後のアタック合戦は40km地点過ぎまで続き、愛三工業の岡本隼を含む9人の逃げが容認される。メイン集団はリーダーチームのセントジョージコンチネンタルサイクリングとトレンガヌサイクリングがコントロールし、最大3分以上まで差が広がる。

64km地点、101km地点に設定された中間スプリントごとにスプリントをしながら逃げ集団は進行。186km地点の3つ目の中間スプリントあたりから集団との差が詰まり始める。キナンを含む各チームが追走に加担し、残り5kmで逃げは全て吸収され、前日に続き集団でのスプリント勝負へ。勝ったのはポイント賞リーダーのマルティン・ラス(エストニア、チームイルミネート)。前日に続きステージ2連勝を挙げた。

中島も前日に続きチームメイトの協力を得てスプリント勝負にチャレンジしたが、6位に終わった。ポイント賞争いでは2位を維持してはいるものの、この日2位に入ったレイモンド・クレダー(オランダ、チームUKYO)が5点差に迫っている。トマ・ルバ、サルバドール・グアルディオラ、マルコス・ガルシアも同一集団でゴール。ルバの個人総合3位と、チーム総合1位を維持して、翌日の最終日を迎える。

ツアー・オブ・タイランド第5ステージ結果(229km)
1 マルティン・ラス(エストニア、チーム イルミネート) 4時間57分52秒
2 レイモンド・クレダー(オランダ、チームUKYO) +0秒
3 パク・ソンベク(韓国、KSPO・ビアンキアジアプロサイクリング)
4 モハドザムリ・サレー(マレーシア、トレンガヌサイクリングチーム)
5 アブドゥル・ガニ(インドネシア、KFCサイクリングチーム)
6 中島康晴(KINAN Cycling Team)
49 トマ・ルバ(フランス、KINAN Cycling Team)
71 サルバドール・グアルディオラ(スペイン、KINAN Cycling Team)
87 マルコス・ガルシア(スペイン、KINAN Cycling Team)

個人総合時間
1 ベンジャミン・ディボール(オーストラリア、セントジョージコンチネンタルサイクリングチーム) 21時間37分49秒
2 アルテム・オベチキン(ロシア、トレンガヌサイクリングチーム) +16秒
3 トマ・ルバ(フランス、KINAN Cycling Team) +18秒
4 リュウ・ジャンペン(中国、ヘンシャンサイクリングチーム) +2分9秒
5 サラウット・シリオンナチャイ(タイ、タイランドコンチネンタルサイクリングチーム)
6 ホルヘカミーロ・カスティブランコ(コロンビア、チーム イルミネート) +2分10秒
21 サルバドール・グアルディオラ(スペイン、KINAN Cycling Team) +2分20秒
28 マルコス・ガルシア(スペイン、KINAN Cycling Team) +2分30秒
76 中島康晴(KINAN Cycling Team) +16分49秒

ポイント賞
1 マルティン・ラス(エストニア、チーム イルミネート) 66pts
2 中島康晴(KINAN Cycling Team) 48pts

山岳賞
1 ベンジャミン・ディボール(オーストラリア、セントジョージコンチネンタルサイクリングチーム) 28pts
3 トマ・ルバ(フランス、KINAN Cycling Team) 20pts

チーム総合
1 KINAN Cycling Team 64時間58分39秒

トマ・ルバ

トマ・ルバのコメント
とても退屈だったね(笑)。距離は長いし平坦だったし。集団のポジションをキープして長いこと「待つ」日だった。途中メカトラがあって自転車を交換することになったけれど、チームメートの助けもあってポジションに戻れた。残り20kmからは中島のスプリントのために逃げを追走して、彼はまたトップ10に入ることができた。よかったよ。
明日は最後だけれど、今日と同じようになるだろうね。でも距離が短いから気を抜けない。個人総合3位からのジャンプアップは難しいだろうから、チーム総合1位とあわせて維持して表彰台は確保したい。

中島康晴

中島康晴のコメント
今日は距離が長いこともあって、リーダーチームも2分差の選手を逃げに乗せようという動きがあり、横風もあったので(チームとして)後手を踏まないように注意していた。そこで脚は使ったが、追走するチームは後ろに残せたので、いい展開にはできたと思う。フィニッシュ地点は3年前にも走っていて、緩いカーブが続くことは理解していた。でも残り300mでスプリントが一瞬止まった。加速力のあるラスにとってはそういう展開にしたかったようだが、(個人的には)その時にちょっと集団に埋もれてしまって思い切り行けなかったのが悔やまれる。明日は最後なので、今度こそみんなの働きに応えたい。

●関連ニュース

中島康晴が4位…ツアー・オブ・タイランド第4ステージ

●最新ニュースへ

中島康晴が4位…ツアー・オブ・タイランド第4ステージ

ツアー・オブ・タイランドは4月4日、カオヤイ国立公園からナコーンラーチャシーマーまでの183.4kmで第4ステージが行われ、最後の集団スプリントでキナンサイクリングの中島康晴が4位に入った。

ツアー・オブ・タイランド第4ステージは中島康晴が4位 ©︎KINAN Cycling Team / Satoru KATO

大会4日目は、カオヤイにあるテーマパーク「シニカルワールド」をスタートし、2015年のアジア選手権ロードレースの開催地でもあるナコーンラーチャシーマーまでの183.4km。前半はアップダウンがあり、おおよそ中間地点となる84km地点と88km地点に4級山岳が設定されている。それを過ぎるとゴールまでは平坦路が続き、最後はナコーンラーチャシーマーの中心街にフィニッシュする。

リアルスタート後のアタック合戦から、シマノレーシングの入部正太朗、チームUKYOの横塚浩平を含む4人が抜け出し、メイン集団に2分差をつけて逃げ続ける。4級山岳前後では2人が追いついて一時6人が先行するものの、その後は元の4人逃げに戻った。

123km地点の中間スプリントポイントを過ぎてコース終盤に入ると、集団は逃げる4人との差を詰め、残り5kmを前に吸収。集団は1つになって最後のスプリント勝負へ向かう。キナンも中島のスプリントのために集団前方に位置取り、残り1kmへ。

残り200mの最終コーナーを先頭でクリアしたのはポイント賞ジャージを着るマルティン・ラス(エストニア、チーム イルミネート)。そのまま先頭を譲らずにフィニッシュラインを駆け抜けた。中島も追いすがったものの及ばず、4位に終わった。

キナン勢はサルバドール・グアルディオラ、トマ・ルバ、マルコス・ガルシアの3人も集団内でフィニッシュ。トマの総合3位と、チーム総合1位を維持し、翌日につなげた。

ツアー・オブ・タイランド第4ステージ結果(183.4km)
1 マルティン・ラス(エストニア、チーム イルミネート) 4時間8分56秒
2 モハドザムリ・サレー(マレーシア、トレンガヌサイクリングチーム) +0秒
3 レイモンド・クレダー(オランダ、チームUKYO)
4 中島康晴(KINAN Cycling Team)
5 アンドリス・ボセカルンス(ラトビア、ヘンシャンサイクリングチーム)
6 アブドゥル・ガニ(インドネシア、KFCサイクリングチーム)
51 サルバドール・グアルディオラ(スペイン、KINAN Cycling Team)
54 トマ・ルバ(フランス、KINAN Cycling Team)
87 マルコス・ガルシア(スペイン、KINAN Cycling Team)

個人総合時間
1 ベンジャミン・ディボール(オーストラリア、セントジョージコンチネンタルサイクリングチーム) 16時間39分57秒
2 アルテム・オベチキン(ロシア、トレンガヌサイクリングチーム) +16秒
3 トマ・ルバ(フランス、KINAN Cycling Team) +18秒
4 サラウット・シリオンナチャイ(タイ、タイランドコンチネンタルサイクリングチーム) +2分9秒
5 ホルヘカミーロ・カスティブランコ(コロンビア、チーム イルミネート) +2分10秒
6 イェフゲニー・ネポムニャフシー(カザフスタン、ヴィノ・アスタナモータース) +2分16秒
19 サルバドール・グアルディオラ(スペイン、KINAN Cycling Team) +2分20秒
29 マルコス・ガルシア(スペイン、KINAN Cycling Team) +2分30秒
77 中島康晴(KINAN Cycling Team) +16分49秒

ポイント賞
1 マルティン・ラス(エストニア、チーム イルミネート) 50pts
2 中島康晴(KINAN Cycling Team) 38pts

山岳賞
1 ベンジャミン・ディボール(オーストラリア、セントジョージコンチネンタルサイクリングチーム) 28pts
3 トマ・ルバ(フランス、KINAN Cycling Team) 20pts

チーム総合
1 KINAN Cycling Team 50時間5分3秒

サルバドール・グアルディオラ

サルバドール・グアルディオラのコメント
今日はトマの総合を守ることと中島のチャレンジの日だった。結果として中島は4位だったが、よくやったと思う。明日も明後日も平坦コースでアタック合戦になるだろうから、4人しかいない我々はコントロールするのが難しいだろう。だからレース展開をよく見極めて対応していきたい。そして勝利を狙っていきたい。

中島康晴

中島康晴のコメント
今日のフィニッシュ地点は過去にも走ったことのあるところで、よく知っていたので勝つつもりで臨んだ。チームメートも協力してくれたので脚を温存でき、スプリント勝負に備えてのポジショニングもよかった。ただ、コースマップと実際が違っていて、残り1kmが実は残り2kmだったので、前に出るのが早くなりすぎてしまった。最終コーナーの通過順がそのまま結果になっているが、優勝まであと少しだったと思うととても悔しい。みんなには「よくやった」と言ってもらいましたが、申し訳ない気持ちでいっぱい。トマの個人総合3位とチーム総合首位を守ることができた点はよかった。まだ2日あるので、チャレンジを続けたい。

●関連ニュース

中島康晴は悔しい5位…ツアー・オブ・タイランド第2ステージ

●最新ニュースへ

トマ・ルバが3位…ツアー・オブ・タイランド唯一の山岳ステージで

ツアー・オブ・タイランドは4月3日、アランヤプラテートからカオヤイ国立公園までの177.7kmで第3ステージが行われ、キナンサイクリングチームは終盤の登りで逃げに乗ったトマ・ルバが3位に入った。

ツアー・オブ・タイランド第3ステージ ©︎KINAN Cycling Team / Satoru KATO

3日目は、カンボジア国境近くの街アラヤンプラテートから西に進み、カオヤイ国立公園にフィニッシュする177.7km。残り30kmから始まる登り坂は標高差500m以上を登り、途中1カ所とフィニッシュ地点が1級山岳に指定される。瞬間的に10%を超える登りが現れ、上に行くほど傾斜が厳しくなる。総合優勝争いに影響する今大会の最難関だ。

前日同様に朝から晴れ、気温も上がってきた午前9時にスタート。10km近いパレード走行ののちリアルスタートが切られると、アタック合戦が始まる。登りが始まるまでの130kmは平坦路が続き、2回設定された中間スプリントをめぐって各チームが飛び出しを図る。その中、82km地点の1回目の中間スプリントを過ぎたのち、マ・ガントン(中国、ヘンジャンサイクリング)が単独で先行。メイン集団に2分差をつけて逃げ続ける。

131km地点の2回目の中間スプリントでは、スプリント賞争い2位につけるキナンの中島康晴がポイントを取りに動く。しかしポイント賞リーダーのマルティン・ラス(エストニア、チームイルミネート)も動き、ラスが2位通過、中島は4位通過となる。

登り区間に入ると、逃げていたガントンは吸収され、1級山岳をベンジャミン・ディボール(オーストラリア、セントジョージコンチネンタルサイクリング)が先頭通過、トマ・ルバとアルテム・オベチキン(ロシア、トレンガヌサイクリング)が約10秒遅れて2位通過していく。その後ディボールにルバとオベチキンが追いついて3人となった先頭集団は後続を引き離してゴールへ。最後はディボールが単独先行してゴール。オベチキンが2位、ルバが3位と続いた。

おおよそ2分遅れの集団でサルバドール・グアルディオラとマルコス・ガルシアがフィニッシュ。中島も後方集団でレースを終えている。この結果、ルバが個人総合で3位に浮上。さらに、チーム内ステージ上位3選手のタイム合算によって争われるチーム総合において、キナンが首位に浮上。2位のチームに1分44秒差のリードを得ている。

ツアー・オブ・タイランド第3ステージ結果(177.7km)
1 ベンジャミン・ディボール(オーストラリア、セントジョージコンチネンタルサイクリング) 4時間16分52秒
2 アルテム・オベチキン(ロシア、トレンガヌサイクリング) +12秒
3 トマ・ルバ(フランス、KINAN Cycling Team)
4 イェフゲニー・ネポムニャフシー(カザフスタン、ヴィノ・アスタナモータース) +2分6秒
5 ヨナタン・モンサルヴェ(ベネズエラ、チンハイ チャンユードサイクリング) +2分10秒
6 サシャ・ボンダレンコ・エドワーズ(オーストラリア、ドラパック・EFサイクリング)
8 サルバドール・グアルディオラ(スペイン、KINAN Cycling Team)
28 マルコス・ガルシア(スペイン、KINAN Cycling Team) +2分20秒
77 中島康晴(KINAN Cycling Team) +16分40秒

個人総合時間
1 ベンジャミン・ディボール(オーストラリア、セントジョージコンチネンタルサイクリング) 12時間31分1秒
2 アルテム・オベチキン(ロシア、トレンガヌサイクリング) +16秒
3 トマ・ルバ(フランス、KINAN Cycling Team) +18秒)
4 サラウット・シリオンナチャイ(タイ、タイランドコンチネンタルサイクリング) +2分9秒
5 ホルヘカミーロ・カスティブランコ(コロンビア、チーム イルミネート) +2分10秒
6 イェフゲニー・ネポムニャフシー(カザフスタン、ヴィノ・アスタナモータース) +2分16秒
20 サルバドール・グアルディオラ(スペイン、KINAN Cycling Team) +2分20秒
29 マルコス・ガルシア(スペイン、KINAN Cycling Team) +2分30秒
80 中島康晴(KINAN Cycling Team) +16分49秒

ポイント賞
1 マルティン・ラス(エストニア、チーム イルミネート) 34pts
2 中島康晴(KINAN Cycling Team) 26pts

山岳賞
1 ベンジャミン・ディボール(オーストラリア、セントジョージコンチネンタルサイクリング) 28pts
3 トマ・ルバ(フランス、KINAN Cycling Team) 20pts

トマ・ルバ

トマ・ルバのコメント
今日は平坦でペースが速くて難しいレースだった。自分は最後の登りに賭けていたが、チームメイトが協力してくれたおかげで逃げをつぶした状態で登りに入ることができ、自分にとってはいい展開だった。最後は3人になったが、残り2kmでアタックされてそのまま行かれてしまった。今日は3位以上はちょっと厳しかったね。一緒だった2人はツール・ド・ランカウィの山岳ステージで1位と3位の選手だったから、とても強かったよ。残り3日間は平坦ステージが続くので、総合成績を守るのは自分にとっては厳しいけれど、チームにとっては勝つチャンスがあるから、チャレンジしたい。

中島康晴

中島康晴のコメント
2回目の中間スプリントはサプライズ的に取りに行こうと思って、1km手前から仕掛けていった。元チームメイトのソー(・ジュンヨン)と、ポイントリーダーのマルティン(・ラス)がアシストを連れて追ってきたので、マルティンの後ろから仕掛けたらタイミングを合わされてしまい、結果的に4位通過になってしまった。ただ、集団のままだったらポイントを取れなかったかもしれないと考えると、4位通過で1ポイントでも取れたのはよかったかなと思う。あと3日あるので、チャンスがあればチャレンジしたいと考えていますが、まずは(トマの)個人総合を守ることを優先したい。

●関連ニュース

中島康晴は悔しい5位…ツアー・オブ・タイランド第2ステージ

●最新ニュースへ

中島康晴は悔しい5位…ツアー・オブ・タイランド第2ステージ

ツアー・オブ・タイランドは4月2日、チャンタブリーからアランヤプラテートまでの173kmで第2ステージが行われ、キナンサイクリングの中島康晴が5位に入った。

ツアー・オブ・タイランド第2ステージで中島康晴が5位に入った ©︎KINAN Cycling Team / Satoru KATO

2日目は、初日ゴール地点のチャンタブリーから北上し、カンボジア国境近くのアランヤプラテートまでの173km。コース序盤の38km地点に4級山岳、73km地点と124km地点に中間スプリントが設定される。4級山岳以外にもうねるようなアップダウンが続くが、レースを大きく変化させるような厳しい登坂区間はない。

2日目は前日とうって変わって朝から晴れ。気温は30度を超える暑さの中でのレースとなった。

最初の4級山岳に向けて3人が先行。ミン・キョンゴ(韓国、ソウルサイクリングチーム)が先頭通過する。その後3人は吸収され、新たな逃げが形成されたが中盤までに再び吸収される。レース終盤の2回目の中間スプリントを前に、シマノレーシングチームの入部正太朗を含む4人の逃げ集団が新たに形成され、メイン集団との差は2分まで開く。メイン集団はフィニッシュに向けて追走し数秒差まで迫るが捕らえきれず、逃げ切った3選手でのスプリントを制した入部がステージ優勝を果たした。

キナン勢はメイン集団のスプリントで中島が5位フィニッシュ。あと少しのところで吸収しきれず、悔しさを露わにした。

ツアー・オブ・タイランド第2ステージ結果(173km)
1 入部正太朗(シマノレーシングチーム) 3時間55分7秒
2 ジョージカミロ・カスティブランコ(コロンビア、チーム イルミネート) 0秒
3 サラウット・シリオンナチャイ(タイ、タイランドコンチネンタルサイクリングチーム)
4 マルティン・ラス(エストニア、チーム イルミネート) +4秒
5 中島康晴(KINAN Cycling Team)
6 パク・ソンベク(韓国、KSPO・ビアンキアジアプロサイクリング)
49 トマ・ルバ(フランス、KINAN Cycling Team)
55 マルコス・ガルシア(スペイン、KINAN Cycling Team)
92 サルバドール・グアルディオラ(スペイン、KINAN Cycling Team)

個人総合時間
1 入部正太朗(シマノレーシングチーム) 8時間14分4秒
2 サラウット・シリオンナチャイ(タイ、タイランドコンチネンタルサイクリングチーム) +4秒
3 レイモンド・クレダー(オランダ、チームUKYO) +5秒
12 中島康晴(KINAN Cycling Team) +14秒
30 トマ・ルバ(フランス、KINAN Cycling Team) +15秒
83 サルバドール・グアルディオラ(スペイン、KINAN Cycling Team)
91 マルコス・ガルシア(スペイン、KINAN Cycling Team)

スプリント賞
1 マルティン・ラス(エストニア、チーム イルミネート) 31pts
2 中島康晴(KINAN Cycling Team) 25pts

マルコス・ガルシア

マルコス・ガルシアのコメント
今日は平坦なステージで、上りがなかったからあまり走りの感覚がよくなかった。調子はよくはないけれど、明日は頂上フィニッシュになるので、今日とは違うレースをしたい。

中島康晴

中島康晴のコメント
ちょっと危ない場面もあったけれどうまくまとめて、「最後のスプリントは今日は中島でやるぞ」とトマ(・ルバ)たちに言われたので、やるからにはしっかりやろうとスプリントに臨んだ。早めにコントロールしようかとトマに言われたけれど、チームは4人しかいないので待ってもらって、ラスト10kmからポジション確保を開始。残り5kmでは他に引くチームがなかったので、トマとサルバドール(・グアルディオラ)に引いてもらって、他チームが前方へと集まってきた残り3kmからはそれをサバいて前のポジションをキープしてスプリントに備えた。もし逃げていた3人を捕まえられたらトップ3に入れたので、悔しい。
明日は頂上フィニッシュなので、山に強いチームメイトが動きやすいように努めたい。自分はポイント賞2位なので、中間スプリントを逃げて取れればと思っている。

●関連ニュース

ツアー・オブ・タイランド第1ステージでスプリントに絡んだ中島康晴が4位

●最新ニュースへ

ツアー・オブ・タイランド第1ステージでスプリントに絡んだ中島康晴が4位

6日間のステージレース「ツアー・オブ・タイランド」が4月1日にタイで開幕。第1ステージのパッタヤーからチャンタブリーまでの207.1kmが行われ、キナンサイクリングの中島康晴が4位に入った。

ツアー・オブ・タイランド第1ステージの中島康晴 ©︎ KINAN Cycling Team / Satoru KATO

6日間で1080kmを走るツアー・オブ・タイランドは、初日の第1ステージから200km超えの長距離ステージで開幕した。アップダウンがほとんどないフラットなコースだが、ゴール前500mが10mほど登ってのゴール。途中3カ所にスプリントポイントが設定されている。この日は朝から曇り。スタートしてまもなく雨が降り出し、その後も断続的に降ったりやんだりが繰り返された。

リアルスタート直後からアタック合戦が始まり、集団はハイスピードで進行する。43km地点の最初のスプリントポイント通過後、中島を含む20人弱の集団が先行するも、メイン集団との差を広げられずに吸収される。中島は97km地点の2回目のスプリントポイントを5位通過、155km地点のスプリントポイントは3位通過してボーナスタイムを獲得した。

レースはその後もアタック合戦が続くが決定的な動きは生まれず、集団のままスプリント勝負に持ち込まれた。第1ステージを制したのはチーム右京のロビー・ハッカー。スプリント勝負に絡んだ中島が4位に入った。

トマ・ルバ、マルコス・ガルシア、サルバドール・グアルディオラはタイム差なしで完走。ゴール直前の落車にグアルディオラが巻き込まれたが、幸い大事には至らずに済み、第2ステージも4人揃ってスタートする予定。

サルバドール・グアルディオラ

サルバドール・グアルディオラのコメント
今日は距離が長くてペースも速かった。いつもなら逃げが決まるのだけれど、今回は何度アタックがあっても逃げが決まらずにスプリント勝負になった。フィニッシュ直前の落車に巻き込まれてしまったけれど大丈夫。調子はいいよ。明日以降も1日1日、前方でレースして、チームメイトとともに勝利を重ねられるようにしたい。

中島康晴

中島康晴のコメント
4位という結果は率直に悔しい。最後のスプリントが思っていたよりもいいところにハマって、落車の影響もあって前の選手に届きそうだっただけに、表彰台を獲りたかった。タイランドは自分にとって総合2連覇している縁のあるレース。オーガナイザーも歓迎してくれて、たくさんの人が覚えていてくれて、結果を残したいと思っている。今日はそのチャンスがあったけれど、活かし切れず残念。気温が高いコンディションだと逃げが決まることが多いが、今日はタイにしては気温が低めだったこともあり、集団も力があって逃してはくれなかった。ボーナスタイムは取れる時に取っておこうと考えていたので、1秒でも取れた点はよかったと思う。チームとして今季まだUCIレースでの優勝がないので、このレースで勝ちたい。

●関連ニュース

キナンがツアー・オブ・タイランド初参戦…目標は総合優勝

●最新ニュースへ

キナンがツアー・オブ・タイランド初参戦…目標は総合優勝

6日間のステージレース「ツアー・オブ・タイランド(Tour of Thailand)」が4月1日からタイで開催され、日本のキナンサイクリングが初出場する。総距離1080.9km。1チームの出場選手は6人だが、キナン勢は今回4人で出走する。

ツアー・オブ・タイランドに挑むキナンサイクリング ©︎ KINAN Cycling Team / Satoru KATO

出場メンバーとスタッフは3月30日に現地入り。31日は午前中から選手は早速練習に出かけ、スタッフは翌日からの準備に取りかかった。午後、練習から戻った選手はマッサージを受け、1日からのレースに備えている。また、チームミーティングでは、過去にツアー・オブ・タイランドで優勝経験のある中島康晴がポイントと注意点を説明。6日間の戦略を確認した。

●関連ニュース

キナンの山本元喜と中島康晴がツアー・オブ・タイランドに参戦

●最新ニュースへ

キナンの山本元喜と中島康晴がツアー・オブ・タイランドに参戦

「プリンセス・マハチャクリシリンドーンズカップ ツアー・オブ・タイランド(The Princess Maha Chakri Sirindhorn’s Cup Tour of Thailand)」が4月1日から6日にタイで開催され、キナンサイクリングは山本元喜、マルコス・ガルシア、サルバドール・グアルディオラ、トマ・ルバ、中島康晴を派遣する。

ツアー・オブ・タイランドに出場するキナンチームのメンバー ©︎ KINAN Cycling Team

キナンチームにとって初出場となる大会は例年、スプリントや大人数の逃げが決まるなどハイスピードなレース展開となることが特徴として挙げられる。2018年は全6ステージ、総距離1080.9kmで争われる。最難関のクイーンステージと目されるのは、第3ステージ。美しい滝や数々の野生動物が姿を現すことで知られるカオヤイ国立公園の頂上フィニッシュが今大会唯一の本格山岳ステージとして設けられた。

キナンはこの大会での総合上位進出を目指し、クライマーのガルシア、グアルディオラ、ルバがメンバー入り。第3ステージを中心に上りでの勝負を見すえる。 平地・山岳問わず逃げや集団牽引、アシストとして計算できる山本、そして過去2度の個人総合優勝(2014年、2015年)の実績を誇る中島を起用。山本、ガルシア、グアルディオラ、ルバはツール・ド・ランカウイから、中島はツール・ド・とちぎからの連戦となる。

大会は国際登録における第3カテゴリー「UCIコンチネンタルチーム」のみの21チームがエントリーとなっているが、UCIアジアツアーでの経験・実績が豊富なチームがそろい、高いレベルの戦いとなることが予想される。メンバーは3月30日にタイ入りし、4月1日からのレースに臨む。

●関連ニュース

ツール・ド・ランカウイでキナンのトマ・ルバが個人総合8位

●最新ニュースへ