窪木一茂と橋本英也がマディソンで2位…ジャパントラックカップ

寛仁親王記念ワールドグランプリ/2018ジャパントラックカップⅡが2018年7月8日、静岡県の伊豆ベロドロームで開催され、男子エリートマディソンでブリヂストンの窪木一茂と橋本英也が2位になった。

男子エリートマディソンでブリヂストンの窪木一茂と橋本英也が2位に ©2018 JCF

男子エリートマディソン。左の2人がブリヂストンの橋本英也と窪木一茂 ©2018 JCF

⚫関連ニュース

ジャパントラックカップIの男子エリートケイリンで脇本雄太が優勝

⚫最新ニュースへ

ジャパントラックカップIの男子エリートケイリンで脇本雄太が優勝

自転車競技トラックレースの国際大会、寛仁親王記念ワールドグランプリ ジャパントラックカップIが2018年7月6日、静岡県伊豆市の伊豆ベロドロームで男女エリート、男女ジュニアなどの競技を実施。男子エリートケイリンで脇本雄太が優勝した。

寛仁親王記念ワールドグランプリ ジャパントラックカップI。男子エリートケイリンで脇本雄太が優勝 ©2018 JCF

男子エリートケイリンで優勝した脇本雄太(中央) ©2018 JCF

同大会はUCI(国際自転車競技連合)のclass1に該当し、ここでのポイントがワールドカップの出場枠獲得につながる。ワールドカップでのポイントがオリンピックの出場枠に直結することから、2020年のオリンピック出場枠獲得のための第一歩となる重要な大会。大会には世界から強豪選手が勢ぞろいし、オリンピックに向けて強化に力を入れてきた日本代表選手が世界を相手にどこまで戦えるのか注目。

大会は7月7日に寛仁親王記念ワールドグランプリ ジャパントラックカップⅡが引き続き開催される。

⚫関連ニュース

東京五輪出場枠争いが始まる…7月6日にジャパントラックカップ開催

⚫最新ニュースへ

東京五輪出場枠争いが始まる…7月6日にジャパントラックカップ開催

寛仁親王記念ワールドグランプリ/2018ジャパントラックカップⅠ・Ⅱが2018年7月6日(金)から8日(日)まで静岡県の伊豆ベロドロームで開催される。同大会はUCI(国際自転車競技連合)のclass1に該当し、ここでのポイントがワールドカップの出場枠獲得につながる。ワールドカップでのポイントがオリンピックの出場枠に直結することから、2020年のオリンピック出場枠獲得のための第一歩となる重要な大会。大会には世界から強豪選手が勢ぞろいし、オリンピックに向けて強化に力を入れてきた日本代表選手が世界を相手にどこまで戦えるのか注目。

2020東京五輪トラック競技出場枠獲得への流れ
2018-2019シーズン、2019-2020シーズンに行われる①アジア選手権、②UCIトラックワールドカップ、③UCIトラック世界選手権の結果による「UCIオリンピック・トラックランキング」で出場枠が決定。
②のUCIトラックワールドカップに出場するためには「UCIトラック・ランキング」が上位でなければならない。
③のUCIトラック世界選手権に出場するためにはワールドカップの最終戦終了時における「UCIトラック・ランキング」、アジア選手権の結果が上位でなければならない。
今大会の位置付けは②・③にあたる「UCIトラック・ランキング」で上位を目指すためのもの。

東京五輪の出場枠は、2018-2019シーズン、2019-2020シーズンに行われるUCIトラックワールドカップ、アジア選手権、UCIトラック世界選手権の結果による「UCIオリンピック・トラックランキング」で決まる

寛仁親王記念ワールドグランプリ/2018ジャパントラックカップⅠ・Ⅱ UCI class1
主催:日本自転車競技連盟
開催日:2018年7月6日(金)・7日(土)・8日(日)
会場:静岡県・伊豆ベロドローム
競技スケジュール:7月6日(金)9:30〜19:00
男女スプリント、男女ケイリン、男女マディソン
7月7日(土)10:00〜17:30
男女ケイリン、男子オムニアム、女子マディソン
7月8日(日)9:45〜16:30
男女スプリント、女子オムニアム、男子マディソン
※上記に加え若手選手出場のジュニア種目を開催

主な日本代表選手:河端朋之(2018世界選手権ケイリン銀メダル)
脇本雄太(2017-18ワールドカップ第4戦ケイリン優勝)
近谷涼(2017-18ワールドカップ第4戦チームパーシュート2位)

⚫関連ニュース

河端朋之がトラック世界選手権ケイリンで2位…日本勢25年ぶりの表彰台

⚫最新ニュースへ