ゲラント・トーマスが愛用したフィジークのグレーニットカラーが追加発売へ

ツール・ド・フランスでマイヨジョーヌを獲得したスカイのゲラント・トーマス(英国)はfi’zi:k(フィジーク)の「R1B INFINITO KNIT」を愛用。トーマスが使用していたグレーニットカラーが新たなカラーラインナップとして登場する予定となった。

ラルプデュエズを制したゲラント・トーマス © Chris Graythen/Getty Images

新しく登場するカラーラインナップのニットグレーのシューズを着用したゲラント・トーマスはアルプスの厳しい山岳ステージで2連勝を飾った。そのうちの一つは数々の名勝負が繰り広げられツール・ド・フランスのアイコンと言っても過言ではない「Alpe d’Huez(ラルプデュエズ)」で総合1位の証であるマイヨジョーヌに身を包んでの歴史的な勝利だった。

fi’zi:kのKNIT(ニット)レーシングシューズは、その素材によって得られる通気性や快適性だけでなく、剛性感やしっかりとしたフィット感を兼ね備え、最高のパフォーマンスを発揮するリアルレーシングシューズ。その証拠にニット素材を採用したシューズは複数社から発表されているが、ツール・ド・フランス2018の実戦でライダーが着用しているのはfi’zi:kだけだった。発表当初は素材の伸びや従来の素材に対してパワーロスが多いのではという質問が多く寄せられたが、実際レースに出ているサポートライダーには積極的に「R1B INFINITO KNIT」が選ばれていて、そのパフォーマンスはトーマスの走りによって証明された。

フィジークのR1B INFINITO KNITを愛用するゲラント・トーマス

●カワシマサイクルサプライのホームページ

⚫関連ニュース

ゲラント・トーマスがツール・ド・フランス初制覇…アシスト役がエースに

⚫最新ニュースへ

極少量限定生産の特別デザイン…フィジークサポート選手が使用するチームエディション

フィジークのチームエディションサドルは例年、所属チームのチームカラーをあしらったデザインの限定コレクションだったが、2018チームエディションは全ラインナップが統一されたシャープなデザインと、スタンドアウトされたロゴが特徴。各サポート選手は自分好みのサドルを選んで使用する。

フィジーク独自のスパインコンセプトEVOが導入された「ARIONE(アリオネ)、ANTARES(アンタレス)、ALIANTE(アリアンテ)」の3モデル。レギュラーとラージのサイズ違いはもとより、ブラックとホワイトのカラーリング、ソリッドとオープンの座面形状、カーボンブレイテッドのR1とk:iumレールのR3の2つのグレードを選ぶことが可能。基本的な素材や仕様は通常製品と同様で乗り心地が変わる心配はない。

●カワシマサイクルサプライのホームページ

⚫関連ニュース

ピナレロがジロ・デ・イタリア優勝記念のDOGMA F10特注カラー発売

⚫最新ニュースへ

フィジークのプレゼント用サドルにサインをしてくれたのはフルームだった

「2018リミテッドカラーエディション スペシャルキャンペーン」としてお気に入りのサドルに投票すると、抽選で1人にスペシャルなサイン入りフィジークサドルがプレゼントされるという、カワシマサイクルサプライの企画。だれのサインかはこれまで秘密だったが、どうやらスカイのクリストファー・フルームのようだ。

自転車アクセサリーメーカーのフィジークが「アリオネ」、「アンタレス」、「アリアンテ」の3モデルxレギュラー/ラージに、それぞれ12カラーパターンを発売。これを記念してサイン入りフィジークサドルがプレゼントされるという企画が発表され、現在も応募者受付中だ。

シークレットの選手は当初明らかにされなかったが、フルームがサインしてくれているところの動画を送ってくれたとこのとで、同社Facebookページで公開した。投票は3月25日(日)までなのでまだ間に合う。

下記の関連ニュースに掲載された「キャンペーン応募サイト」から今すぐ申し込もう!

●関連ニュース

フィジークサドルの人気3モデルにリミテッドカラーエディション

●最新ニュースへ

フィジークサドルの人気3モデルにリミテッドカラーエディション

自転車アクセサリーメーカーのフィジークが「アリオネ」、「アンタレス」、「アリアンテ」の3モデルxレギュラー/ラージに、それぞれ12カラーパターンを発売する予定となり、その予約を開始した。合計で72パターンものバリエーションをそろえたスペシャルなリミテッド・カラーエディションで、チタンに匹敵する軽さと強さを持つフィジーク独自の合金素材「k:ium(キウム)」をレールに採用した「R3」がベースとなる。

今回のカラーエディションは、フィジークのカスタムオーダー部門が手がけるスペシャルなハンドメイドサドルで、完全受注生産によるカスタムメイドとなる。フィジークを取り扱う販売店で予約を受け付け中。納期は6月を予定している。スパインコンセプトEVO / 2018リミテッドカラーエディションは各モデル各カラー1万7545円(税別)。

フィジークを取り扱う販売店

また、「2018リミテッドカラーエディション スペシャルキャンペーン」としてお気に入りのサドルに投票すると、抽選で1人にスペシャルなサイン入りフィジークサドルがプレゼントされる。だれのサインかは秘密だ。投票は3月25日(日)まで。
2018リミテッドカラーエディション スペシャルキャンペーン

●関連ニュース

フィジークからモビスターチームカラーのシューズが登場

●最新ニュースへ

フィジークからモビスターチームカラーのシューズが登場

2018シーズンよりフィジークのサポートをチーム全体で受けるスペインのモビスターチーム。2017年に新作として登場し、販売と同時に高い評価を得ている「R1B INFINITO」に「R1B INFINITO MOVISTAR TEAM」が数量限定でラインナップに追加されることが決定。日本でも予約の受け付けが始まった。

BOAクロージングシステムとボリュームコントロールフィットと呼ばれるアッパーデザインを採用し、優れたフィット感で高い評価を得ていたフラッグシップモデルの「R1B」が新たな構造とデザインを採用し、「R1B INFINITO」として大きく生まれ変わった。足全体を包み込むようなフィット感が得られ、幅広のライダーにも対応するアッパーデザイン「ボリュームコントロールフィット」に加え、ケーブルルーティングを見直し、つま先部分のフィッティングに「∞」を描く「インフィニートクローサーシステム」を採用。アッパー締め上げのポイントをより最適化し、最上級のフィット感を生み出す。

また土踏まずの隙間をサポートする「ダイナミックアーチサポート」を追加したことで、シューズと足との一体感がアップし、一層ダイレクトに力をペダルに乗せることが可能となった。かかとのホールドを高めるためにシリコンの滑り止めがカップ部分に採用されるとともに、甲高な足のライダーにもより高いフィット感を得られるようタン部分も改良された。柔らかく丈夫なマイクロテックスをレーザーパンチング加工し通気性、強度、柔軟性とフィット感が理想的なバランスになるように設計。剛性と軽量性に優れるフルUDカーボンソールのベンチレーテッドにより足裏の通気性も向上し、あらゆるストレスを排除した快適な走行が可能となったフラッグシップモデル。

価格は4万4000円(税別)。

●カワシマサイクルサプライ
http://www.riogrande.co.jp/