ラファはEFエデュケーションファーストのジャージ制作で実戦復帰

サイクルアパレルのラファがチームエディションレースウェア・コレクションを発売した。EFエデュケーションファーストのプロ選手たちが実際にレースで使用する、抜群の軽量性とエアロダイナミクス性能を誇るチームジャージ。

わずかなエアロダイナミックなアドバンテージが勝敗を分かつレース状況において、最速ライドを約束するプロチームエアロジャージが今回の注目アイテム。このチームエディションはありがちなレプリカジャージではなく、EFチームの選手たちが世界最高峰のレースで実際に着用し、逃げやスプリントで性能を発揮するチームジャージと同じものだ。

エアロジャージの全ての要素はプロレーサーの視点からデザインされたものだという。前面に使用された空気の抜けがいいスムーズな生地と、背面に施されたテクスチャー加工が空気抵抗を低減。出力を確実にスピードにつなげる。

背面は一方向に毛羽立った素材を使用。空気の流れと同じ方向には滑らかに、反対方向にはざらざらした加工が施されていて、さらなるエアロダイナミックなアドバンテージを生み出す。

ジャージの前面やソデに使用されている素材を含めて極めて軽量で、考えうる限りの軽量性が特徴。同時に、高いストレッチ性によりレース仕様のフィット感を実現している。

背面ポケットの裏側に使用されたメッシュ生地により背中の通気性をキープ。さらにジャージの背面に施された接着式テープによる補強が背面ポケットに入れた収納物を支える。

フルレングスのジッパーはハイスピード走行時にも開閉が容易なオーバーサイズ仕様。ジッパーガードにより勝利のウィニングポーズの際にもプラーが顎に刺さることはない。 単にEFチームと同じカラーで走るのではなく、EFチームの選手そのものとなって駆け抜けよう。

ラファがサイクルウエアとの接点であるサドルを作るとこうなった

英国製サイクリングウエアの人気ブランド、ラファがオリジナルサドルをリリースした。同社ショッピングサイトの日本語版にも紹介され、関税込みの価格で購入できる。

ラファ・プロチームカットアウト。4万8000円

ウエアデザインの最先端で14年開発をしてきた経験を活かしたラファサドルは、同社のビブショーツと組み合わせて使用することで、人間と自転車が接触する最も重要なポイントに最高の快適性をもたらすようにデザインされた。ラファではこの2年間、異なるライディングスタイルのための2種類のサドル、クラシックとプロチームをゼロから開発してきたという。

プロチームサドル
軽量でハードなライディングでも快適なサドル。レースにも最適で、プロチームビブショーツIIとの組み合わせで最高レベルの快適性を発揮する。総カーボン製ハンドメイド、最大の快適性を最小の重量で実現したデザインで、重量は細幅タイプで144g。かかる圧力を逃がすために「カットアウト=切り抜き」を入れたタイプもあり、さらに軽量な141gに。

ラファ・クラシックサドル。3万円

クラシックサドル
時代の中で洗練されてきたスタイルを手作りで完成されるコンテンポラリーなディテールと融合したこのサドルのゆるやかにカーブする形状は、クラシックビブショーツIIとの組み合わせを想定したデザイン。快適性を優先するライダーにオススメだという。イタリアでカーボン繊維を重ねて作られているワンピース構造のカーボンレールに支えられるシェルは、カーボンで補強された軽量なナイロン製で、微孔が開けられたカバーがかけられている。

●ラファサドルのホームページ

●関連ニュース

フィジークのプレゼント用サドルにサインをしてくれたのはフルームだった

●最新ニュースへ