バルデはツール・ド・フランス、ラトゥールはブエルタ・ア・エスパーニャへ

フランス随一のプロロードチーム、AG2R(アージェードゥーゼル)ラモンディアルは2018年12月11日、パリで2019チーム態勢を発表した。1992年に結成されたチームは28年目の活動へ。メインスポンサーのAG2Rは21年目のサポートとなる。使用する自転車は2019年からエディ・メルクスとなる。

2019年のAG2Rラモンディアル ©Vincent Curutchet

所属選手は29人。フランス、ベルギー、ドイツ、リトアニア、ルクセンブルク、スイスに加え、初めて米国とフィンランド選手を加えて8カ国からなる布陣に。ゲディミナス・バグドナスがリトアニアのロードとタイムトライアルのチャンピオン。ピエール・ラトゥールがフランスのタイムトライアルチャンピオン。

チームがプロ昇格する以前のアマチュアチーム、シャンベリー・シクリズム・フォーメーションの出身は11選手で、全体の38%を占める。

ピエール・ラトゥール

ロマン・バルデ © Yves Perret / www.ypmedias.com

「オリバー・ナーセン(ベルギー)が春のクラシック、シルバン・ディリエ(スイス)がパリ〜ルーベ、ロマン・バルデ(フランス)がツール・ド・フランスで勝利をねらう。ラトゥールはトニー・ガロパンやアレクサンドル・ジェニエス(ともにフランス)とともにブエルタ・ア・エスパーニャでのステージ制覇に挑む」とバンサン・ラブニュ監督。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。