7月14日 第9ステージ サンテティエンヌ〜ブリウド

2019ツール・ド・フランス第9ステージのコースマップ(クリックすると拡大します)
サンテティエンヌ、チョコレート工場 ©Phillippe_Dureuil
サンテティエンヌ、シテ・デュ・デザイン ©Agence LIN Finn Geipel + Giulia Andi Photographe Christian Richters
サンテティエンヌ ©Saint etienne tourisme & congres – Gastrogays
オーレックシュルロワールの壁
サンジュストの丘【ボーナスポイント】

新ルール解説【ボーナスポイントとは?】

ブリウドの街の眺め ©Ville de Brioude
ブリウドの歴史地区 ©Ville de Brioude
ブリウドのラ・ヴィジタシオン公園 ©Ville de Brioude

🇫🇷ツール・ド・フランス関連ニュース一覧
🇫🇷2019ツール・ド・フランス特集トップページにもどる

第8ステージにもどる≪≪   ≫≫第10ステージにすすむ

7月13日 第8ステージ マコン〜サンテティエンヌ

2019ツール・ド・フランス第8ステージのコースマップ(クリックすると拡大します)
マコンの街 ©Alain Doire – Bourgogne Franche Comte Tourisme
マコンのソーヌ河岸 ©Alain Doire – Bourgogne Franche Comte Tourisme
マコン、木組みの家 ©Alain Doire – Bourgogne Franche Comte Tourisme
ジェリエールの丘【ボーナスポイント】

新ルール解説【ボーナスポイントとは?】

サンテティエンヌの中心街 ©Centre-ville Saint-Etienne Tourisme + M. Stora
サンテティエンヌのアーティストがデザインしたベンチ ©Saint-Etienne Tourisme&Congrès – Buchowski et Vagabonde
サンテティエンヌ、ロワール峡谷クルージング ©Christophe Roy Saint Etienne tourisme

🇫🇷ツール・ド・フランス関連ニュース一覧
🇫🇷2019ツール・ド・フランス特集トップページにもどる

第7ステージにもどる≪≪   ≫≫第9ステージにすすむ

女優・創作あーちすとの「のん」が折りたたみeバイクをプライベート愛用

次世代プレミアムeバイク「BESV(ベスビー)」を取り扱うBESV JAPAN(ベスビージャパン)は、女優・創作あーちすとの「のん」をアンバサダーに迎え、代官山T-SITEでBESVの新商品発表会を行った。

●BESVを代表する人気のPSシリーズより、折り畳み可能なe-フォールディングBike「PSF1」(ピーエスエフワン)を2019年9月末に発売(予約開始は7月1日から)。また、本格オフロード仕様のTRシリーズより、「TRS2 AM」と「TRS2 XC」の2モデルを、2019年8月末に発売(予約開始は7月1日から)とし、2020年モデルとして、合計3モデルを新たにリリースする。

不意の質問にはフリーズしたかのように真剣に考え込んでしまうさまに純真さがうかがえる

●PSF1は、数々のデザイン賞を受賞したPSシリーズの美しいデザインをそのままに、折り畳みを可能にすることで、都心に住むユーザーや、車や電車で移動してサイクリングを楽しむユーザーなど、さまざまなニーズに対応。

PSF1(ゴールド)24万5000円(税別)
PSF1を折りたたむと840x440x770mmに

「カッコいいのに折りたためるのってどういうこと? こんなにコンパクトになるなんて驚きました。eバイクは乗っているだけで楽しいのに、折りたためたらクルマに乗せて目的地に行ったりできるから、景色のいいところでサイクリングできる。世界が広がりました」とのん。

写真のPSF1ゴールドカラーがお気に入り

本格オフロードモデルとしてスポーツ志向の高いTRシリーズは、フルサスe-MTBモデルの「TRS2 AM」(ティーアールエスツー エーエム)と、クロスカントリーハードテールモデルの「TRS2 XC」(ティーアールエスツー エックスシー)の2タイプを新たに発売。

TRS2 XC 36万円(税別)
TRS2 AM 44万5000円(税別)

TRシリーズはともにSHIMANO Steps E8080モーターを搭載し、バッテリーにはBESVオリジナルのインテグレートバッテリーを採用することで、これまでのe-MTBのイメージを覆す高いデザイン性を兼ね備えている。

「私はロードバイクで峠を上るなど苦しいのは大好きです。そんななかでeバイクは使いよう」と福田さん
「仲間の汎用性を広められるのがeバイクのよさ。体力のない人でもハイスピード走行や長距離ライドを経験することができる」と栗村修さんと福田萌子さん
「最初は邪道だと思った」という栗村修さんだが、eバイクの可能性に気づいたという

●3モデルの予約は7月1日からBESV 正規ディーラーにて受付を開始。いずれのモデルもBESVのコンセプトを具現化した、デザイン性と走行性に優れたモデルであり、この3モデルを加え、BESVは日本国内でのラインナップ数を10モデルへと拡大し、スポーツeバイク専門ブランドとして、すべての人に驚きと感動を提供し、毎日がスマートでアクティブなライフスタルに変わるお手伝いをしたいという。

<のん×BESV>オリジナルムービー

ベスビーアンバサダーとして、2019年から日本のみならず台湾でも活動の場を広げた

のんをブランドアンバサダーに迎え3年目となる2019年は、新たに<のん×BESV>オリジナルムービーを作成し、すてきなのんと、スタイリッシュなPSF1をチェックできるよう、3本のムービーを作成した。

撮影当日、自転車を折り畳むのは初体験と語りながら、組み立てる、折り畳むの動作を数回練習後、本番に挑んだのん。ノンストップでカメラが回る中、器用に組み立て&折り畳みを成功させ、楽しそうに自転車にまたがる姿が印象的な、ムービーが完成した。

動画はBESV JAPANホームページで視聴できる。

のん×PSF1予約キャンペーン

ベスビーのブランドアンバサダーでもある女優の、のん

<のん×PSF1>キャンペーンとして、7月1日の予約開始から、全国のBESV正規ディーラーでeフォールディングBike「PSF1」を予約した人のうち、先着100人に専用のソフトキャリーケースをプレゼント。

日本初のツール・ド・フランス公認カフェ「Tour de France CAFÉ@TOKYO powered by J SPORTS」期間限定オープン

国内最大4チャンネルのスポーツテレビ局、ジェイ・スポーツ(J SPORTS)は「第106回ツール・ド・フランス マイヨジョーヌ100周年記念大会」の放送を記念して、国内初となるツール・ド・フランス公認カフェ「Tour de France CAFÉ@TOKYO powered by J SPORTS」を東京・渋谷に期間限定でオープンする。

ツール・ド・フランス公認カフェ
名称: Tour de France CAFÉ@TOKYO powered by J SPORTS
場所:サイクルカフェ&ダイニングTORQUE SPICE & HERB, TABLE & COURT
東京都渋谷区渋谷3丁目21-3 渋谷ストリーム4階
期間:6月28日(金)~7月29日(月)
営業時間:午前9:00~午後11:00
(FOOD L.O.午後10:00 / DRINK L.O.午後10:30)
ホームページ

20年超にわたって世界最高峰のサイクルロードレース、ツール・ド・フランスの魅力を発信し続けてきたJ SPORTSがついに公認カフェをオープン! 2019年は、総合成績1位の選手のみが着用を許された栄光の黄色のジャージ「マイヨジョーヌ」が誕生100周年を迎える記念大会ということで、店内をマイヨジョーヌカラーに装飾。

ツール・ド・フランスの中継を観ながら、レースにちなんだオリジナルフードとドリンクも楽しめる。さらに店内ではツール・ド・フランス公式グッズをはじめ、ツールカフェ限定のオリジナルグッズの販売やさまざまなプレゼントキャンペーンも行なう。

<キャンペーン概要>

イベント情報やオリジナルメニューの情報は追って特設サイトで公開していきます。
ツール・ド・フランスの魅力が詰まったツールカフェ。ファン同士でのご来店はもちろん、まだツール・ド・フランスを観たことがないご家族やご友人とのご来店もお待ちしております。一緒にマイヨジョーヌ100周年をお祝いしましょう!

7月12日 第7ステージ ベルフォール〜シャロンシュルソーヌ

2019ツール・ド・フランス第7ステージのコースマップ(クリックすると拡大します)
ベルフォールの街 ©M. Coquard and E. Detrez Bestjobers – Bourgogne Franche Comte Tourisme
ベルフォールのライオン像 ©L. Cheviet – Bourgogne Franche Comte Tourisme
ベルフォールの街 ©M. Coquard and E. Detrez Bestjobers – Bourgogne Franche Comte Tourisme
シャロンシュルソーヌのサンヴァンサン広場 ©Le Boat
シャロンシュルソーヌのサンヴァンサン広場 ©J. Marché – OT Grand Chalon
シャロンシュルソーヌの街 ©Alain Doire – Bourgogne Franche Comte Tourisme

🇫🇷ツール・ド・フランス関連ニュース一覧
🇫🇷2019ツール・ド・フランス特集トップページにもどる

第6ステージにもどる≪≪   ≫≫第8ステージにすすむ

Liv新型エンデュランスロードAVAIL ADVANCED発売へ

女性専用のスポーツサイクルブランドであるLiv(リブ)は、エンデュランスライドにフォーカスした新型ロードバイク「AVAIL ADVANCED」シリーズを発売する。「AVAIL ADVANCED」シリーズのフレームは、軽量かつ剛性の高いコンパクトロードデザインで、レジャーやフィットネス、レースイベントなどで長距離のサイクリングを楽しみたい女性にスムーズなライディングフィールを提供。

「AVAIL ADVANCEDは非常に汎用性が高く、“なんでもできる”ロードバイク。軽量で、上りでの反応性と下りでのコントロール性を非常に高いレベルで発揮する。バイクに対し、快適性と扱いやすさ、ときには丸一日にもおよぶ長距離・長時間ライドを楽にこなせる性能を求める女性にピッタリのシリーズ」とLivの製品開発エンジニアであるソフィア・シーがコメントする。

新型「AVAIL ADVANCED」シリーズの特徴

「AVAIL ADVANCED」シリーズは、リブの「3F(Fit, Form, Function)」デザイン理念に基づき、女性用に最適化されたカーボンレイアップを用いた非常に軽量なアドバンスド・グレードのカーボンフレームとフォークを採用している。「3F」デザインのプロセスでは、女性の身体の解剖学的構造、サイジングのバリエーション、筋肉のエネルギーと出力などのデータが用いられる。

■エンデュランスライドのための設計
「AVAIL ADVANCED」シリーズは、エンデュランス用のジオメトリで設計されている。より上体が起きた乗車姿勢は、長距離におよぶサイクリングでの快適性を高める。美しくまとめられたケーブルルーティングも新しい特徴のひとつ。また、フレームは「ANT+」「Bluetooth」対応のデバイスにスピードやケイデンスのデータを送る「RideSense」に対応している。

■妥協のないコントロール性
コンパクトロードのフレームデザインとアドバンスドグレードのカーボンフォークが提供する軽量性と安定性は、強力なディスクブレーキとあいまって、安心感のある高い制動力や、さまざまな気象条件における正確なステアリング性とコントロール性を発揮する。「AVAIL ADVANCED PRO」グレードに搭載される大口径の「OverDrive 2」ステアリングコラムは、直進時やコーナーリング時に優れた剛性を、同時にオーバーサイズBB規格「Power Core」はペダリングの効率性と安定性を提供。

Liv新型エンデュランスロードAVAIL ADVANCED

■並はずれた快適性
D型断面を採用し、しなりによってサスペンションの役割をはたす独自の「D-Fuse」ハンドルバーとカーボンシートピラーは、路面から伝わる振動を軽減することでライダーの疲労を少なくし、長時間のライディングでも快適。また、32Cと幅の広いタイヤを採用することで、他のライダーが避けるような比較的ハードコンディションの道を走ることもできる。

AVAIL ADVANCEDシリーズの日本国内でのラインナップや価格は、後日発表予定。