フルームがUAEツアーでレース復帰…アッカーマン先勝

イネオスのクリストファー・フルーム(英国)が大ケガからカムバック。2月23日に開幕した第2回UAEツアーで8カ月ぶりに集団スタートのレースに復帰した。2019年6月12日に落車骨折して以来、集団スタートのロードレースは初めて。

UAEツアーで完全レース復帰を果たしたフルーム。左はタデイ・ポガチャル ©LaPresse – Massimo Paolone

第1ステージはゴール勝負となり、ボーラ・ハンスグローエのパスカル・アッカーマンが優勝。総合成績でも首位に立った。

フルームはタイム差なしのメイン集団の後方、115位でゴールしている。

UAEのドバイで開幕したUAEツアー ©LaPresse – Massimo Paolone

「このレースに出場することができてうれしい。前年よりもホップしたいけれど、どれだけできるのかは分からない。以前と同じレベルで走ることができればいうことはない。昨年6月に落車をして以来、この日が来ることを望んで厳しいリハビリを積んできたからね。もちろん総合優勝を争えるとは思っていないが、2度目の再スタートを切れることがとてもハッピーだ」とフルーム。

フルームとバルベルデ ©LaPresse – Massimo Paolone
左からカベンディッシュ、ユワン、ポガチャル、バルベルデ、ケデルマン、ベネット、アッカーマン ©LaPresse – Fabio Ferrari
UAEツアー第1ステージ
パスカル・アッカーマンがUAEツアー第1ステージ優勝 ©LaPresse – Fabio Ferrari
パスカル・アッカーマン ©LaPresse – Massimo Paolone
パスカル・アッカーマン ©LaPresse – Massimo Paolone

大会は全7ステージで、29日まで開催される。日本からは新城幸也がバーレーン・マクラーレンのメンバーとして参加している。

THE STAGES 
Stage 1: Marjan Island Stage (158km), Zabeel Park – Marjan Island
Stage 2: Dubai Municipality Stage (203km), The Pointe – Hatta Dam
Stage 3: Sharjah Stage (198km), Sharjah – Rafisah Dam 
Stage 4: Dubai Stage (171km), Dubai Design District – Dubai City Walk
Stage 5: Al Ain Stage (162km), Al Ain – Jebel Hafeet 
Stage 6: ADNOC Stage (158km), Al Ruwais – Al Mirfa
Stage 7: Abu Dhabi Stage (127km), Al Maryah Island – Abu Dhabi Breakwater

●UAEツアーのホームページ

ナイロ・キンタナがデザルプマリティームで総合優勝

フランスのアルケア・サムシックに移籍したナイロ・キンタナ(コロンビア)が2月21日から23日までフランスで開催されたツール・デザルプマリティーム・エ・デュバールで総合優勝した。キンタナはニース郊外のエズ峠にゴールする第2ステージで優勝し、首位に立つとそのまま逃げ切った。

ツール・デザルプマリティーム・エ・デュバール総合優勝のナイロ・キンタナを中央に、左が2位ロマン・バルデ、右が3位リッチー・ポート ©Photo Bettini

「総合優勝できたことはアルケア・サムシックチームと私たちをサポートするパートナーにとって大きな成功。大きな勝利だ。毎日応援してくれるファンにとっても重要だ」とキンタナ。

「アルキア・サムシックチームは、最終日日もレースの初めから終わりまで私が有利になるように働いていたが、すべてのチームメイトの労力で勝利を獲得することができた。今回はこの瞬間を楽しめたが、このスポーツは常にこんな結果をもたらすことができるわけではないので、もっと努力する必要がある」

ツール・デザルプマリティーム・エ・デュバール第2ステージで優勝したナイロ・キンタナ ©Photo Bettini

総合2位になったAG2Rラモンディアールのロマン・バルデ(フランス)は、「昨シーズンの不調を考えれば、総合2位も悪くないスタートだ。レースを楽しむことができたし、いい感じで走れた。上りでキンタナに食らいついたことで、手応えを感じた。まだまだレベルアップをしていく必要があるが、現在の自分のポテンシャルをつかむにはちょうどいい3日間だった」とコメント。

ツール・デザルプマリティーム・エ・デュバール総合優勝のナイロ・キンタナ。後方が2位ロマン・バルデ ©Photo Bettini

●ツール・デザルプマリティーム・エ・デュバールのホームページ

ヤコブ・フルサンがブエルタ・ア・アンダルシア2連覇

アスタナヤコブ・フルサン(デンマーク)が第66回ブエルタ・ア・アンダルシアで総合優勝した。かつてルータ・デル・ソルと呼ばれていたスペインのステージレースは2月19日から23日まで開催され、フルサンが最終日の個人タイムトライアルで逃げ切った。

ブエルタ・ア・アンダルシア総合優勝のヤコブ・フルサンを中央に左が2位ジャック・ヘイグ、右が3位ミケル・ランダ ©David Ramos/Getty Images

ブエルタ・ア・アンダルシアは最終日の23日、ミハスで短いタイムトライアルが行われた。フルサンは、ステージ優勝者となるバーレーン・マクラーレンのディラン・トゥーンス(ベルギー)と同タイム。記録としては切り捨てられるコンマ以下の差で2位となったが、初日から総合トップを一度も譲らず5日間のレースを終えた。アスタナチームに今シーズン初の総合優勝をもたらした。

フルサンはこの日、15時20分にの最後のライダーとしてスタート。力強いパフォーマンスを見せた。中間チェックポイントで2番目にいいタイムを記録し、17分57秒のタイムでフィニッシュ。トゥーンスにわずか0.8秒遅れた。この大会で2度のステージ優勝を果たしたフルサンは、2年連続で優勝した。

「いいタイムトライアルだった。2年連続で総合優勝できたことを本当にうれしく思う。このレースに再び勝ってシーズンを始めるのは驚くべきこと。昨年はこれまでのキャリアで最高のシーズンを過ごしたし、再びそんなシーズンを繰り返すことを願っている」とフルサン。

「非常に難しいレースだったし、初日からジャージを守るために多くのハードな場面があったが、チームは素晴らしかった。勝者は私だが、チームもそうだ。私にとってはジャージを維持することが重要だったが、短くて強烈なタイムトライアルで逆転負けしたくなかったのでので、今は本当に幸せだ。いいシーズンになると思うし、いい結果でこういうスタートを切れたことで、自信を持って次の目標に向けて取り組むことができる」

●ブエルタ・ア・アンダルシアのホームページ