キナンがツール・ド・ランカウイ初出場…3月18日にマレーシアで開幕

キナンサイクリングが3月18日から25日にかけてマレーシアで開催されるツール・ド・ランカウイの出場メンバーを発表した。山本元喜、椿大志、中西健児、マルコス・ガルシア、サルバドール・グアルディオラ、トマ・ルバが参戦する。

UCIアジアツアーの中でも最高ランクのHCクラスにカテゴライズされ、ステージ数やレースオーガナイズなど、その大会の規模から「アジア最大のステージレース」とも称されるこの大会。2018年は全8ステージ、総距離1341.2kmで争われる。なかでもアジアの名峰である超級山岳キャメロンハイランドの頂上にフィニッシュする第5ステージがこの大会のクイーンステージ(最難関区間)。

同チームはこの大会で総合上位進出を見すえ、クライマーのマルコス、サルバドール、トマをメンバーに選出。総合争いのヤマ場となる第5ステージに対応できる選手をセレクトしている。

さらに逃げや集団牽引で計算ができる山本と椿に加え、プロ2年目のオールラウンダー中西を抜てき。UCIアジアツアー特有の激しいレース展開に合わせ、経験・実績の豊富な日本人選手も送り込む。

大会には、国際登録における第1カテゴリーにあたる「UCIワールドチーム」チームからアスタナ(カザフスタン)とディメンションデータ(南アフリカ)が参戦。第2カテゴリーにあたる「UCIプロコンチネンタルチーム」からも実力派チームがエントリー。14カ国・22チームがスタートラインにつくなかで、第3カテゴリー「UCIコンチネンタルチーム」のキナンはレースを動かすべく、積極的にトライを繰り返していきたいという。

メンバーは3月15日にマレーシア入り。翌16日にはランカウイ島でのチームプレゼンテーションに臨み、18日からレースに挑む。帰国は26日の予定。

©︎ Le Tour de Langkawi

ツール・ド・ランカウイ日程
3月18日 第1ステージ カンガー(Kangar)~クリム(Kulim) 147.9km
3月19日 第2ステージ ゲリク(Gerik)~コタ・バル(Kota Bharu) 208.3km
3月20日 第3ステージ コタ・バル~クアラトレンガヌ(Kuala Terengganu) 166km
3月21日 第4ステージ ドゥングン(Dungun)~ペカン(Pekan) 177.6km
3月22日 第5ステージ ベントン(Bentong)~キャメロンハイランド(Cameron Highlands) 169.4km
3月23日 第6ステージ タパー(Tapah)~タンジュン・マリム(Tanjung Malim) 108.5km
3月24日 第7ステージ ニライ(Nilai)~ムアル(Muar) 222.4km
3月25日 第8ステージ レンバウ(Rembau)~クアラルンプール(Kuala Lumpur) 141.1km

●関連ニュース

キナンがランカウイ初出場…創設4年目にしてアジア最大のステージレースへ

●最新ニュースへ

キナンがランカウイ初出場…創設4年目にしてアジア最大のステージレースへ

キナンサイクリングチームが、マレーシアで3月18日から25日まで開催されるツール・ド・ランカウイへの出場権を獲得した。チーム創設4年目にして「アジア最大のステージレース」に初参加することになった。3月8日に同大会主催者から招待チームの発表があった。

2月26日〜3月5日に和歌山県新宮市で行った第2次トレーニングキャンプ ©︎KINAN Cycling Team / Syunsuke FUKUMITSU

ツール・ド・ランカウイは、UCIアジアツアーの中でも最高ランクのHCクラス(UCIアジアツアー2.HC)にカテゴライズされ、ステージ数やレースオーガナイズなど、その大会の規模から「アジア最大のステージレース」とも称されている。2017年は、UCIワールドチームを筆頭に、世界の名だたるチームがシーズン序盤の重要レースとして参戦した。2018年大会にはUCIワールドチームからアスタナ (カザフスタン)やディメンションデータ(南アフリカ)のほか、14カ国・22チームがスタートラインにつく予定。

レースは全8ステージ、総距離1341.2kmで行われ、なかでもアジアの名峰である超級山岳キャメロンハイランドの頂上へフィニッシュする第5ステージが同(最難関区間)大会のクイーンステージと言われている。 大会に向けた同チームの出場選手はウェブサイト、チームブログ、SNSで明らかになるという。

©︎KINAN Cycling Team / Syunsuke FUKUMITSU

●関連ニュース

アブダビツアー第4ステージ…デニスが最速ラップで首位へ【動画】

●最新ニュースへ