2022エタップ・デュ・ツール・ド・フランス特集

2022年7月10日、伝説のラルプデュエズに挑戦しよう!

© ASO/Manu MOLLE

2022年のエタップ・デュ・ツール・ド・フランスはアルプスのブリアンソン〜ラルプデュエズ間がコースに採用された。本番のツール・ド・フランスでは7月14日の第12ステージ(166km)となり、一般参加レースは7月10日に開催される。距離はパレード区間も含まれるので170kmとなり、獲得標高は4700m。周到に練習をして挑戦しないと完走できない難易度だ。

ブリアンソン〜ラルプデュエズ間は1986ツール・ド・フランスでベルナール・イノーとグレッグ・レモンが手を取り合ってゴールしたステージとまったく同じコース。日本では前年にNHKで初めて特集番組が組まれ、2年目の1986年もイノーとレモンというチームメートの確執に揺れた戦いを克明に紹介し、日本でのツール・ド・フランス認知が一気に高まった。

日本人出場枠は公式エージェントで獲得できる

ツール・ド・フランスの1区間を走る一般参加レース、エタップ・デュ・ツール・ド・フランスが2022年に3年ぶりに開催されることになり、公式ツアー会社となる国際興業が日本人参戦枠を発売する。

国際興業は1997年のエタップ・デュ・ツールから日本出発の参戦&ツール・ド・フランス観戦ツアーを催行。近年は出場枠のみを販売する仕組みを構築した。渡航にかかる諸手配は各自となるが、同社に一部あるいはすべてを依頼することも可能。

日本人出場枠数と販売価格は未定だが、決まり次第このページに掲載する予定。

ツール・ド・フランス第12ステージと同じコースを走る。実際の距離はパレード区間を加えた170km

●エタップ・デュ・ツール日本人参戦枠の問い合わせ先
国際興業トラベル
TEL 03-3273-2855 FAX 03-3273-2872
担当:出村 < cycletour@kokusaikogyo.co.jp>
営業時間:月曜日~金曜日 9:30~18:00(土・日・祝・年末年始<12/29~1/3>休業)


ツール・ド・フランスの過酷さをイヤでも体験してしまうのがエタップ・デュ・ツールだ

ツール・ド・フランスに出場できるのは一流プロばかり。そんな世界最高峰の自転車レースに、一般サイクリストが1区間だけではあるがまったく同じコースを走れる大会がある。それが毎年1万人以上が参加するエタップ・デュ・ツールだ。(続きを読む)

ASO/Manu MOLLE