トライアルの全日本選手権とアジア選手権が4月29、30日に佐久市で開催

第7回全日本トライアル選手権が2018年4月29日(日)に、2018アジア自転車競技選手権大会トライアルが2018年4月30日(月)に長野県佐久市の佐久ミレニアムパーク特設会場で開催される。自転車競技8種目のうちの1つであるトライアルは、専用自転車を用いて岩や構造物をクリアしていく競技大会で、曲芸的な「見せる・魅せる」スポーツとして自転車競技の普及や認知度の向上の一翼を担っている。

今回の大会には、2013年世界選手権で20インチ部門3位となった寺井一希(チームハリケーン)らが参戦。海外からは台湾、香港、イラン、インドネシアから来日する。

●関連ニュース

公益財団法人日本自転車競技連盟のホームページがリニューアルへ

●最新ニュースへ

カヤック、自転車、ハイキングで海から山頂を目指すイベントに出てみよう

カヤック、自転車、ハイキングで海から山頂を目指し、自然の循環を体感する環境イベント「SEA TO SUMMIT(シートゥーサミット)2018」。日本のアウトドア総合ブランド「モンベル」が主催するマルチスポーツの日程が公開され、妙高・野尻湖大会は5月21日より、大雪 旭岳大会は6月18日より、鳥海山大会は6月25日よりエントリー受付を開始する。2018年は全12大会。


妙高・野尻湖 SEA TO SUMMIT (5月21日エントリー受付開始・6月22日受付締め切り)


大雪 旭岳 SEA TO SUMMIT (6月18日エントリー受付開始・7月19日受付締め切り)


鳥海山 SEA TO SUMMIT (6月25日エントリー受付開始・7月26日受付締め切り)

SEA TO SUMMIT 2018 全12大会の情報

●関連ニュース

進化を遂げるレインウエア…モンベルサイトが選び方や手入れ方法を紹介

●最新ニュースへ

進化を遂げるレインウエア…モンベルサイトが選び方や手入れ方法を紹介

最新レインウエアの機能性はスゴい。独創的な技術で雨の日が確実に快適になる。アウトドアメーカーのモンベルが、雨の多い日本の気候に合わせてさまざまなタイプを用意している。トレントフライヤージャケット、バーサライトジャケット、レイントレッカーがモデルチェンジ。さまざまなフィールドやアクティビティに対応できる、豊富なラインアップを取りそろえている。

モンベル製品は上下別売なので、使い勝手がいいように自由に組み合わせることが可能

同社ホームページではレインウエアの選び方を紹介している。レインウエアを選ぶ上で基準となるのは、素材の特性や強度、機能性などの要素だが、これらと使用するシーンを照らし合わせ、重視したい特性を持ったウエアを選ぶことで雨天時でも安全で快適に行動することができるという。また異なる性能のウエアを組み合わせたり、体にベストフィットするサイズを選ぶことで快適性を高めることも重要。

例えば上下でサイズの違う組み合わせにする。上着は軽量性、下は耐久性を重視した組み合わせ、上は視認性の高い色、下は汚れの目立たない色など用途に応じて自由に組み合わせにすると自分にとって使い勝手のいいレインウエアになる。

レインウエアの選び方

トレントフライヤー ジャケット Men’s
バーサライト ジャケット Men’s
レイントレッカー ジャケット Men’s
レイン アンブレロ

レインウエアはお手入れも重要だという。レインウエアを適切に洗濯することで撥水性能が回復し、高い防水透湿性能を持続させることができる。洗濯のやり方が適切なら自宅でできると紹介している。例えば「標準の2倍ほどの水量で十分にすすぎ脱水機は使用しない。洗濯絵表示タグを確認した上で、乾燥機の使用が可能なら乾燥機の使用をおすすめ」など。

レインウエアのお手入れ方法(洗濯・撥水処理とリペアについて)

サイクリング用は乗車姿勢にマッチした立体デザインなどが特徴

●関連ニュース

カヤック、自転車、ハイキングで海から山頂を目指すイベントに出てみよう

●最新ニュースへ

キナンJBCF東日本ロードクラシック群馬

キナンサイクリングは4月28、29日に開催される国内リーグ「Jプロツアー」の一戦、JBCF東日本ロードクラシック群馬に出場する。チームにとって2018年のJプロツアーは初参戦。ここまでUCI(国際自転車競技連合)公認の国際大会をメインにレース活動を行ってきたが、そこで得た収穫と課題を反映させる場として、満を持して国内リーグへと臨む。

JBCF東日本ロードクラシック群馬に出場するキナンサイクリングのメンバー ©︎KINAN Cycling Team

今回の出場選手は山本元喜、中西健児、雨乞竜己、中島康晴、新城雄大の5選手。2017年のこの群馬シリーズでは、1日目に中島康晴が集団スプリントを制して優勝。2018年はチームとしてこの再現をねらうべく、両日ともにスピード域の高いレース展開を意識して走りたいという。

レース会場となる「群馬サイクルスポーツセンター」は1周6km。周回前半は下り基調、後半が上り基調。そして、スタート・フィニッシュが設けられるコントロールライン手前約100mからの急坂もコースの特徴として挙げられている。28日の1日目は17周回、距離102km、29日の2日目は22周回、距離132kmで争われる。またリザルトに応じた付与ポイントに反映されるレイティングは、1日目がAA、2日目がAAAAとなっている。

選手・スタッフは大会前日の4月27日に開催地の群馬入りし、28日からのレースを迎える。

●関連ニュース

TOJいなべプレイベントにキナン選手出演…トークショーでファンとつながる

●最新ニュースへ

デュムラン擁するサンウェブがジロ・デ・イタリア布陣を発表

2018年5月4日にイスラエルのエルサレムで開幕する第101回ジロ・デ・イタリアに、2年連続の総合優勝をねらうトム・デュムラン(オランダ)を擁するサンウェブが出場8選手を発表した。山岳スペシャリストと経験豊富なキャプテンのバランスを取る布陣で、デュムランの総合優勝をサポートしていく。

トム・デュムラン © LaPresse -Gian Mattia D’Alberto

●サンウェブのジロ・デ・イタリア出場選手
ロイ・クルフェルス (オランダ)
ローレンス・テンダム (オランダ)
トム・デュムラン (オランダ)
チャド・ハガ (米国)
クリス・ハミルトン (オーストラリア)
レナード・ホフステッド (オランダ)
サム・オーメン (オランダ)
ルイス・ブルバーグ (ベルギー)

出場8選手は22歳から38歳まで。ハミルトン、ホフステッド、オーメン、ブルバーグがアシストの中核。キャプテンのクルフェルス、ハガ、テンダムのベテラン勢はグランツール合計28大会出場のキャリアを持つ。デュムランはオーメンやブルバーグとともにシエラネバダでの山岳トレーニングを積み、勝負どころの山岳ステージはビデオとデータ解析を頭にたたき込んでいるという。

「昨年の大会よりも山岳が厳しくなり、タイムトライアルの要素が少なくなった。ただし目標はデュムランを総合優勝させることに変わりはなく、万全の布陣でイスラエルに乗り込みたい」とチームのマーク・リーフ監督。

●関連ニュース

ジロ・デ・イタリアにフルーム、デュムラン、ピノ、アルー…暫定リスト発表

●最新ニュースへ

あらゆるフレームに対応するサイドエントリー型ボトルケージが軽量化

サイドや斜め方向からのアクセスのしやすさと保持力を兼ね備える曲線を活かしたデザインのボトルケージ、「ROCKO=ロッコ」がエリート社から発売された。インジェクテッドカーボン採用で、軽さにも定評がある。

従来のサイドから出し入れが可能なボトルケージは、左右どちらかしか対応していないモデルが多い中、両サイドから出し入れが可能なのが特徴。スローピングフレームや小さいサイズのフレームなど、従来のボトルケージではボトルの出し入れがしにくい場合に、特におすすめのボトルケージだ。さらにインジェクテッドカーボンを採用することでクラストップの軽量化と高いコストパフォーマンスを兼ね備えるハイパフォーマンスモデルでもある。

重量は約25g。カラー:カーボンマット/ブラック、カーボンマット/ホワイト、カーボンマット/レッド、カーボングロッシー/ホワイト。3450円(税別)。

●カワシマサイクルサプライのホームページ

●関連ニュース

デザイン&イノベーション賞を獲得したチューブレスタイヤ対応フロアポンプ

●最新ニュースへ

アスタナのフライレがツール・ド・ロマンディ第1ステージ優勝

ジロ・デ・イタリアの前哨戦と言われるツール・ド・ロマンディは4月25日にスイスで距離166.6kmの第1ステージが行われ、アスタナのエーススプリンター、オマル・フライレ(スペイン)がステージ勝利した。総合成績ではロット・ユンボのプリモズ・ログリッチ(スロベニア)が首位に立った。

ツール・ド・ロマンディ第1ステージを制したオマル・フライレ © Luis Angel Gomez/BettiniPhoto

「クラシックレースの時期は思うように調子が上がらなかったが、今日はチームメートの援護を受けていい感じで最後のゴールスプリントに臨めた。ダリオ・カタルドとヤコブ・フルサングがすべてのアタックを封じ込めてくれ、すべての上りを越えてからもボクは先頭集団に位置することができた」とフライレ。
「ソニー・コルブレイユが最大の難敵だと思ったので、彼の後ろでマークして最後の300mでスパートした。残り100mで小さな坂があったが、その判断が正しく、トップフィニッシュできた」

●関連ニュース

ジロ・デ・イタリアにフルーム、デュムラン、ピノ、アルー…暫定リスト発表

●最新ニュースへ

不注意によるドーピングを回避するためファン差し入れ辞退…宇都宮ブリッツェン

5月の国際レース、ツアー・オブ・ジャパン、ツール・ド・熊野などを控えた宇都宮ブリッツェンが、公式ホームページで「選手への飲食物の差し入れについて」と題して、「受け取りを控えさせていただきます」と掲載した。ファンの厚意としてこれまではありがたく受け取っていたが、ドーピング検査に影響を与える可能性のある成分を不注意で選手が摂取してしまう恐れもあるため。

宇都宮ブリッツェンのホームページ(スクリーンショット)

「健康食品や市販食品、食材の中にも、製造過程中でドーピング検査に影響を与える可能性のある成分が含まれてしまうケースなど体調管理に影響をきたす場合もあることから、選手のコンディション維持のため、飲食物全般の差し入れに関しましてはご遠慮下さいますようお願い申し上げます」とホームページ。

「選手たちを激励するために差し入れをいただいたファンの皆様には大変申し訳ございませんが、なにとぞご理解いただけると幸いです」と結んでいる。

●選手への飲食物の差し入れについて(宇都宮ブリッツェン)

●関連ニュース

宇都宮ブリッツェンが手がける講習会「ブリッツェンサイクリングメソッド」開催

●最新ニュースへ