ラグビーワールドカップ2023フランス大会の組み合わせ決定

ラグビーワールドカップ2023フランス大会のプール組み合わせ抽選が2020年12月14日にパリで行われ、2019日本大会8強の日本は同準優勝イングランド、南米の強豪アルゼンチンと一緒のプールDに入った。

組み合わせ抽選会に出席したフランスのマクロン大統領。右は司会のルイーズ・エクラン ©Aurelien Meunier – World Rugby/World Rugby via Getty Images

大会は2023年9月8日から10月21日まで。出場20カ国。各プールの試合日程と会場は2021年第1四半期に決定し、チケット販売が始まる予定。

ラグビーワールドカップ2023プール

【プールA】
ニュージーランド、フランス、イタリア、米地区1、アフリカ地区1
【プールB】
南アフリカ、アイルランド、スコットランド、アジア/パシフィック地区1、ヨーロッパ地区2
【プールC】
ウェールズ、オーストラリア、フィジー、ヨーロッパ地区1、世界最終予選(敗者復活戦)優勝チーム
【プールD】
イングランド、日本、アルゼンチン、オセアニア地区1、米地区2

「大きなチャレンジ」と日本のジョセフコーチ

ラグビーワールドカップ2023のプール組み合わせ決定から一夜明け、日本代表のジェイミー・ジョセフヘッドコーチはプールDで同組となったイングランド、アルゼンチンという強豪との対戦を「大きなチャレンジ」と語り、2大会連続8強進出を目指す日本の新たな挑戦を歓迎した。

挑戦しがいのあるいいプールに入った…リーチ・マイケル

サッカーボールを両手でつかんでから200年の節目

1823年11月、ウィリアム・ウェッブ・エリスの頭の中で、なにか普通でないことが渦巻いていました。うまく進まないフットボールの試合の途中、この英国人の生徒は、ボールを両手でつかみ、相手の選手全員を注意深くかわしながら、相手陣のゴールまで突進したのです。
狂った行為? いいえ、それは新しいなにかを生み出す行為でした。ラグビーが生まれた瞬間だったのです。2023年、喜ばしくも私たちが史上10大会目のワールドカップという機にその200周年をフランスで祝うとする、ラグビーの誕生でした。

ラグビー高にあるプレート。サッカーをしていたウィリアム・ウェッブ・エリスが試合中にいきなりボールを持って駆けだしたのがラグビーの起源だ

ラグビーは、多くの点において独自性を持つスポーツですが、そのことが最もよく表れる機会となるのがワールドカップです。この「唯一の格闘系チームスポーツ」は、同時に「他競技がすれ違うだけであるのに対し、お互いが真に出会う唯一のスポーツ」でもあります。矛盾しているでしょうか? いいえ。ラグビーが理知的に保ち続けるべき《激しさ》と《良識》の二つは、その間に違いが存在しながらも互いに調和するものなのです。
ラグビーがどこに向かうのかを理解するためには、それがどこから生まれたのかを、決して忘れてはなりません。「ラグビー校」のフィールドから、ウィリアム・ウェッブ・エリスの自由の突進から生まれたことを。本能的な衝動、予測不能なことへの嗜好、この「因習破壊」の欲求から生まれたことを。その根源的な激しさはラグビーのDNAを成すものであり、かつラグビーを際立たせるものであるため、ラグビーは決してそれを放棄してはならず、そこから離れてはならないのです。
ラグビー創造のエスプリに立ち戻ること、そして、共有価値を基にひとつのジェネレーションを生み出すこと。これこそが2023年ラグビーワールドカップに課されたミッションなのです。これら全ては、チームワークの力によって、新しいコミュニティに接することによって、そして新たな地平を拓くことによって可能となります。2023年ラグビーワールドカップでは「私たち」という集団が、その全ての意義を担うのです。
クロード・アチェ(ラグビーワールドカップ2023フランスCEO)

●ラグビーワールドカップ2023フランス大会のホームページ

【コラム】ラグビーW杯開催…その原点となった45年前の美談を忘れてはならない

ギルバートの店内には初期の楕円球も

ラグビーワールドカップ2023フランス大会の開催都市

ボルドー

世界に名だたるワインの都

リール

北フランスの玄関口

リヨン

歴史ある街並みと食の都

マルセイユ

地中海の古都と現代建築

ナント

想像性に富んだ街づくり

ニース

コートダジュールの宝石

パリ

常に進化するフランスの顔

サンテティエンヌ

ル・コルビュジェ建築と
デザインの街

トゥールーズ

ラグビー文化が浸透する
バラ色の都市