中島康晴がスリランカTカップ第1ステージで優勝…3人のゴール勝負を制す

キナンサイクリングが出場するスリランカTカップ(UCIアジアツアー2.2)が5月4日に開幕。123.9kmで争われた第1ステージは、序盤から逃げ続けた3選手がそのまま優勝争いに転じ、最後はキナンの中島康晴が制してステージ優勝。2018年シーズンのキナンに初めての勝利をもたらした。この結果、中島はリーダージャージを獲得し、第2ステージからは個人総合首位としてレースに臨む。

中島康晴がスリランカTカップ第1ステージで優勝 ©︎KINAN Cycling Team / Syunsuke FUKUMITSU

UCI公認の国際レースとしては初開催となるスリランカTカップ。同国を構成するセイロン島の東海岸から西海岸まで、3日間・327.7kmで結んでいく。キナンはこの大会に向けて中島のほか、中西健児、雨乞竜己、トマ・ルバ、新城雄大の5選手を招集。各ステージのレース距離が100km前後と短いことから、スピード重視のメンバー編成で同国へと乗り込んだ。

迎えた第1ステージは、パサイクーダ(Passikudah)からマヒヤンガーナヤ(Mahiyanganaya)までの123.9km。スタートからフィニッシュまでの高低差は約90mと、ほぼ平坦にカテゴライズされるレイアウト。35度前後の気温の中でのレースとあり、有力チームを中心に絞り込みが進むことを想定。キナン勢は確実に前方に位置し、重要な局面を複数のメンバーで対応していくことを意識した。

スタート直後から始まったアタック合戦では、ライバルチームの動きを見ながらチェックを繰り返したキナン勢。10km地点を過ぎたところで13人が飛び出すと、そのまま逃げの態勢へ。キナンからは中島が加わり、レースを先行する。最大で約4分のリードとした中島らの逃げだが、メイン集団もフィニッシュまで残り50kmを切ったあたりからペースを上げてタイム差を縮めていく。

逃げグループに変化が生まれたのは残り約40km。他選手のアタックに中島が反応すると、もう1人を加えてそのままペースアップ。一緒に逃げてきた他の10人を振り切って先を急いだ。途中で通過したこの日2回目のスプリントポイントでは、中島が2位通過している。一度縮まった後続とのタイム差だったが、3人の逃げとなってからは拡大傾向に。やがて逃げ切りを濃厚とした中島らは、ステージ優勝を懸けての駆け引きへと移っていく。残り10kmを切ってからはフィニッシュまで一直線。フィニッシュまでの距離を減らしながら、相手の様子をうかがっていく。

3人の形勢に大きな変化はなく、勝負はスプリントへ。2番手につけ、ライバルの動きを読み切った中島は、万全の態勢になったラスト100mで加速。労せず先頭に立つと、追う2人を寄せ付けずトップでフィニッシュラインを通過した。中島にとっては、キャリア通算8勝目(UCIレースのみ)、そしてキナンにとってはついにやってきた今シーズン初勝利。UCIレースでの成績と同時に、日本人選手の強化を目指す過程にあるチームにとって、今後の弾みとなる大きな勝利になったといえそうだ。

途中まで中島らと逃げていた第2グループの10人をはさみ、残るキナン勢4人が含まれたメイン集団は3分23秒差でフィニッシュ。レースを終えて中島の勝利を知り、メンバーは喜びを爆発させた。これにより、中島は個人総合首位に立った。また同時にスプリント賞でもトップになっている。

5日に行われる第2ステージは、マヒヤンガーナヤからキャンディ(Kandy)までの85.3km。今大会最短距離でありながら、唯一の山岳ステージ。中盤に2つのカテゴリー山岳が立て続けに現れるが、2つ目の山頂からフィニッシュまで約37km残されている。あらゆる展開が想定されるが、リーダーチームとしてこの日を迎えるキナンがどうレースを進めるか。チーム力や各選手の総合力が問われる1日となる。

スリランカTカップ 第1ステージ結果(123.9km)
1 中島康晴(KINAN Cycling Team) 2時間47分42秒
2 ステファン・アスタフイェフ(カザフスタン、ヴィノ・アスタナモータース) +0秒
3 平塚吉光(チームUKYO) +4秒
4 チェ・ドンヒョン(韓国、ガピョンサイクリングチーム) +2分19秒
5 モハドシャフルル・マットアミン(マレーシア、トレンガヌサイクリングチーム) +2分29秒
6 吉岡直哉(チームUKYO)
16 雨乞竜己(KINAN Cycling Team) +3分23秒
42 トマ・ルバ(フランス、KINAN Cycling Team)
46 中西健児(KINAN Cycling Team)
51 新城雄大(KINAN Cycling Team)

個人総合時間
1 中島康晴(KINAN Cycling Team) 2時間47分30秒
2 ステファン・アスタフイェフ(カザフスタン、ヴィノ・アスタナモータース) +3秒
3 平塚吉光(チームUKYO) +12秒
4 チェ・ドンヒョン(韓国、ガピョンサイクリングチーム) +2分31秒
5 ローガン・グリフィン(ニュージーランド、ネックス・CCNサイクリングチーム) +2分37秒
6 ジュリアン・アマドリ(フランス、チームフランスディフェンス) +2分39秒
16 雨乞竜己(KINAN Cycling Team) +3分35秒
42 トマ・ルバ(フランス、KINAN Cycling Team)
46 中西健児(KINAN Cycling Team)
51 新城雄大(KINAN Cycling Team)

スプリント賞
1 中島康晴(KINAN Cycling Team) 19pts

チーム総合
1 チームUKYO 8時間29分2秒
3 KINAN Cycling Team +50秒

中島康晴

中島康晴のコメント
中間スプリントポイントで(アスタフイェフ選手が)自分よりスプリント力があると分かったので、彼の力をうまく利用しながら勝つ方法を考えた。レース前にマップでフィニッシュ付近が緩い上り勾配であることを確認していたので、最終局面はギリギリまでタイミングを計ってラスト100mでスプリントを仕掛けた。
今大会は日本人選手にもチャンスがあるレースで、個人的には若い選手たちに活躍の場を与えられればと考えている。自分がリーダージャージを着ることで、いろいろな戦術が立てられると思うので、リーダーチームであることだけに固執せずステージ優勝をねらったり、なにかきっかけをつかめるようなレースにしたい。

●関連ニュース

スリランカTカップにキナンのルバ、雨乞竜己ら5選手が参戦

●最新ニュースへ

キナンがスリランカ入り…ビッグレースに向けた布石づくりの3ステージに

UCI(国際自転車競技連合)コンチネンタルチーム、キナンサイクリングは5月4日から始まるスリランカTカップ(SRI LANKA T-CUP)に出場する。開幕の2日前にスリランカ入りし、開幕前日の3日には開幕地のバサイクーダに到着。南アジアに位置するスリランカでのレースはチームにとって初めてとなるが、準備を着々と進めている。

スリランカ Tカップの開幕地に入りしたキナンチーム ©︎KINAN Cycling Team / Syunsuke FUKUMITSU

スリランカTカップは2017年に初開催され、2018年からUCI公認の国際レースに昇格。全3ステージ、総距離327.7kmで争われる。なかでも注目されるのが、この大会唯一の山岳ステージに設定された第2ステージ。海抜約90mから最も高度のあるポイントで889.3mまで上るルートとなっているものの、最高標高地点からフィニッシュ地点までは約37km。レース距離が85.3kmと短いこともあり、山岳ステージとはいえスピードに富んだ勝負になることが予想され、総合争いにも関係するクイーンステージと目されている。その他2ステージは平坦で、こちらも120km前後のレース距離となっている。

キナンはスピード域の高いレースに対応すべく、中西健児、雨乞竜己、トマ・ルバ、中島康晴、新城雄大の5選手をセレクト。スプリントは雨乞を軸に、リードアウトに中西と新城、発射台に中島。また、山岳ではルバで勝負ができるよう、登坂力のある中西や集団コントロールに長ける新城と中島がレースを作る役割を担う。

この先にチームにとってシーズン最大目標とするツアー・オブ・ジャパンやツール・ド・熊野が控えていて、スリランカでの3日間は、選手の調整状況の把握や本番に臨む選手の選考にも大きくかかわってくるものとなる。今大会は10カ国から14チーム、64選手が出走。日本からはキナンのほか、チームUKYOが参戦。4日の第1ステージは、現地時間午前9時10分(午後0時40分)にスタート。3日間の戦いの火蓋が切られる。

スリランカTカップ(UCIアジアツアー2.2)
5月4日 第1ステージ バサイクーダ(Passikudah)〜マヒヤンガーナヤ(Mahiyanganaya) 123.9km
5月5日 第2ステージ マヒヤンガーナヤ〜キャンディ(Kandy) 85.3km
5月6日 第3ステージ キャンディ〜ニゴンボ(Negombo) 118.5km

スリランカTカップのオフィシャルウェブサイト

●関連ニュース

スリランカTカップにキナンのルバ、雨乞竜己ら5選手が参戦

●最新ニュースへ

第101回ジロ・デ・イタリア出場176選手…1チームは1人減の8人編成に

© Massimo Paolone – LaPresse

●サンウェブ(ドイツ)
1 トム・デュムラン(オランダ)
2 ロイ・クルフェルス(オランダ)
3 チャド・ハガ(米国)
4 クリストファー・ハミルトン(オーストラリア)
5 レナード・ホフステッド(オランダ)
6 サム・オーメン(オランダ)
7 ローレンス・テンダム(オランダ)
8 ルイス・ブルバーグ(ベルギー)

サンウェブのトム・デュムラン(オランダ) © Gian Mattia D’Alberto – LaPresse

●AG2Rラモンディアル(フランス)
11 アレクサンドル・ジェニエス(フランス)
12 フランソワ・ビダール(フランス)
13 ミカエル・シュレル(フランス)
14 ニコ・デンツ(ドイツ)
15 ユベール・デュポン(フランス)
16 カンタン・ジョレギ(フランス)
17 マッテーオ・モンタグーティ(イタリア)
18 クレマン・バントリーニ(フランス)

AG2Rラモンディアルのアレクサンドル・ジェニエス(フランス) © Massimo Paolone – LaPresse

●アンドローニジョカットリ・シデルメック(イタリア)
21 フランチェスコ・カバッツィ(イタリア)
22 ダビデ・バッレリーニ(イタリア)
23 マヌエル・ベレッティ(イタリア)
24 マティア・カッタネオ(イタリア)
25 マルコ・フラッポルティ(イタリア)
26 ファウスト・マスナダ(イタリア)
27 ロドルフォ・トレス(コロンビア)
28 アンドレア・ベンドラーメ(イタリア)

アンドローニジョカットリ・シデルメック(イタリア) © Fabio Ferrari – LaPresse

●アスタナ(カザフスタン)
21 ミゲルアンヘル・ロペス(コロンビア)
22 ペリョ・ビルバオ(スペイン)
23 ヤン・ヒルト(チェコ)
24 タネル・カンゲルト(エストニア)
25 アレクセイ・ルツェンコ(カザフスタン)
26 ルイスレオン・サンチェス(スペイン)
27 ダビデ・ビレッラ(イタリア)
28 アンドレイ・ツェイツ (カザフスタン)

ミゲールアンヘル・ロペス © Luca Bettini/BettiniPhoto

●バーレーン・メリダ(バーレーン)
41 ドメニコ・ポッツォビーボ(イタリア)
42 マヌエーレ・ボアーロ(イタリア)
43 ニッコロ・ボニファツィオ(イタリア)
44 マテイ・モホリッチ(スロベニア)
45 アントニオ・ニーバリ(スペイン)
46 ドメン・ノバク(スロベニア)
47 カンスタンティン・シウツォウ(ベラルーシ)
48 ジョバンニ・ビスコンティ(イタリア)

バーレーン・メリダのドメニコ・ポッツォビーボ(イタリア) © Massimo Paolone – LaPresse

●バルディアーニCSF(イタリア)
51 ジュリオ・チッコーネ(イタリア)
52 シモーネ・アンドレッタ(イタリア)
53 エンリーコ・バルビン(イタリア)
54 アンドレア・グアルディーニ(イタリア)
55 ミルコ・マエストリ(イタリア)
56 マヌエル・センニ(イタリア)
57 パオロ・シミオン(イタリア)
58 アレッサンドロ・トネッリ(イタリア)

●BMC(米国)
61 ローハン・デニス(オーストラリア)
62 アレッサンドロ・デマルキ(イタリア)
63 ジャンピエール・ドリュケール(ルクセンブルク)
64 キリアン・フランキニー(スイス)
65 ニコラ・ロッシュ(アイルランド)
66 フルゲン・ルーランズ(ベルギー)
67 フランシスコ・ベントソ(スペイン)
68 ロイック・ブリーヘン(ベルギー)

BMC(米国) © Fabio Ferrari – LaPresse

●ボーラ・ハンスグローエ(ドイツ)
71 ダビデ・フォルモロ(イタリア)
72 チェーザレ・ベネデッティ(イタリア)
73 サム・ベネット(アイルランド)
74 フェリックス・グロスチャートナー(オーストリア)
75 パトリック・コンラッド(オーストリア)
76 クリストフ・フィングステン(ドイツ)
77 アンドレアス・シリンガー(ドイツ)
78 リュディガー・ゼーリッヒ(ドイツ)

ボーラ・ハンスグローエ(ドイツ) © Fabio Ferrari – LaPresse

●グルパマFDJ(フランス)
81 ティボー・ピノ(フランス)
82 ウイリアム・ボネ(フランス)
83 マチュー・ラダニュ(フランス)
84 スティーブ・モラビト(スイス)
85 ゲオルグ・プライドラー(オーストリア)
86 セバスティアン・ライヒェンバッハ(スイス)
87 アントニー・ルー(フランス)
88 ジェレミー・ロワ(フランス)

グルパマFDJのティボー・ピノ(フランス) © Massimo Paolone – LaPresse

●イスラエルサイクリングアカデミー(イスラエル)
91 ベン・ヘルマンス(ベルギー)
92 ギヨーム・ボワバン(カナダ)
93 ザッカリ・デンプスター(オーストラリア)
94 クリスツ・ニーランズ(ラトビア)
95 ガイ・ニブ(イスラエル)
96 ルーベン・プラサ(スペイン)
97 クリスティアン・ズバラーリ(イタリア)
98 ガイ・サジブ(イスラエル)

イスラエルサイクリングアカデミー © Fabio Ferrari – LaPresse

●ロット・フィックスオール(ベルギー)
101 ティム・ウェレンス(ベルギー)
102 サンデル・アルメ(ベルギー)
103 ラルス・バク(デンマーク)
104 ビクトール・カンペナールツ(ベルギー)
105 イェンス・デブシェール(ベルギー)
106 アダム・ハンセン(オーストラリア)
107 トッシュ・バンデルサンド(ベルギー)
108 フレデリック・フリソン(ベルギー)

●ミッチェルトン・スコット(オースラトリア)
111 エステバン・チャベス(コロンビア)
112 サム・ビューリー(ニュージーランド)
113 ジャック・ヘイグ(オースラトリア)
114 クリストファー・ユールイェンセン(デンマーク)
115 ロマン・クロイツィゲル(チェコ)
116 ミケル・ニエベ(スペイン)
117 スベイン・タフト(カナダ)
118 サイモン・イェーツ(英国)

ミッチェルトン・スコット(オースラトリア) © Marco Alpozzi – LaPresse

●モビスター(スペイン)
121 カルロス・ベタンクール(コロンビア)
122 リカルド・カラパス(エクアドル)
123 ビクトル・デラパルテ(スペイン)
124 ルーベン・フェルナンデス(スペイン)
125 アントニオ・ペドレロ(スペイン)
126 ダイエ・キンタナ(コロンビア)
127 エドアルド・セプルベダ(アルゼンチン)
128 ラファエル・バルス(スペイン)

モビスター(スペイン) © Fabio Ferrari – LaPresse

●クイックステップフロアーズ(ベルギー)
131 エリア・ビビアーニ(イタリア)
132 エロス・カペッキ(イタリア)
133 レミ・カバニャ(フランス)
134 ミケル・モルコフ(デンマーク)
135 ファビオ・サバティーニ(イタリア)
136 マキシミリアン・シャフマン(ドイツ)
137 フロリアン・セネシャル(フランス)
138 ゼネク・スティバル(チェコ)

クイックステップフロアーズのエリア・ビビアーニ(イタリア) © Gian Mattia D’Alberto – LaPress

●ディメンションデータ(南アフリカ)
141 ルイス・メンチェス(南アフリカ)
142 イゴール・アントン(スペイン)
143 ナトナエル・ベルハネ(エリトリア)
144 ライアン・ギボンズ(南アフリカ)
145 ベンジャミン・キング(米国)
146 ベン・オコーナー(オーストラリア)
147 ジャック・ヤンセファンレンズバーグ(南アフリカ)
148 ジェイコブス・フェンター(南アフリカ)

ディメンションデータ(南アフリカ) © Fabio Ferrari – LaPresse

●EFエデュケーションファースト・ドラパックP/Bキャノンデール(米国)
151 マイケル・ウッズ(カナダ)
152 トーマス・スクーリー(ニュージーランド)
153 ヒュー・カーシー(英国)
154 ミッチェル・ドッカー(オーストラリア)
155 ジョセフ・ドンブロウスキー(米国)
156 サーシャ・モドロ(イタリア)
157 トム・バンアスブロック(ベルギー)
158 ネイサン・ブラウン(米国)

EFエデュケーションファースト・ドラパックP/Bキャノンデール(米国) © Fabio Ferrari – LaPresse

●カチューシャ・アルペシン(スイス)
161 マキシム・ベルコフ(ロシア)
162 アレックス・ドーセット(英国)
163 ジョゼ・ゴンサルベス(ポルトガル)
164 ビアチェスラフ・クズネツォフ(ロシア)
165 マリウス・ラメルティンク(オランダ)
166 トニー・マルティン(ドイツ)
167 バティスト・プランカールト(ベルギー)
168 マッズウルト・シュミット(デンマーク)

●ロットNLユンボ(オランダ)
171 エンリーコ・バッタリン(イタリア)
172 ジョージ・ベネット(ニュージーランド)
173 クーン・ボウマン(オランダ)
174 ヨス・ファンエムデン(オランダ)
175 ロベルト・ヘーシンク(オランダ)
176 ハイス・バンフック(ベルギー)
177 ベルトヤン・リンデマン(オランダ)
178 ダニー・ファンポッペル(オランダ)

●スカイ(英国)
181 クリストファー・フルーム(英国)
182 ダビ・デラクルス(スペイン)
183 ケニー・エリッソンド(フランス)
184 セルジオルイス・エナオ(コロンビア)
185 バシル・キリエンカ(ベラルーシ)
186 クリスティアン・クネース(ドイツ)
187 ワウト・プールス(オランダ)
188 サルバトーレ・プッチョ(イタリア)

ジロ・デ・イタリア初優勝をねらうクリストファー・フルーム(英国) © Gian Mattia D’Alberto – LaPresse

●トレック・セガフレード(米国)
191 ジャンルーカ・ブランビッラ(イタリア)
192 ローラン・ディディエ(ルクセンブルク)
193 ニクラス・イーグ(デンマーク)
194 マイケル・イリサル(スペイン)
195 ライアン・ミューレン(アイルランド)
196 ヤルリンソン・パンタノ(コロンビア)
197 ボーイ・ファンポッペル(オランダ)
198 マッズ・ペデルセン(デンマーク)

ジャンルーカ・ブランビッラ(イタリア)を擁するトレック・セガフレード © Gian Mattia D’Alberto – LaPresse

●UAEエミレーツ(アラブ首長国連邦)
201 ファビオ・アルー(イタリア)
202 ダルウィン・アタプマ(コロンビア)
203 バレリオ・コンティ(イタリア)
204 ベガールステイク・ラエンゲン(ノルウェー)
205 マルコ・マルカート(イタリア)
206 マヌエーレ・モーリ(イタリア)
207 ヤン・ポランツェ(スロベニア)
208 ディエゴ・ウリッシ(イタリア)

チームプレゼンテーションに登場したファビオ・アルー © Gian Mattia D’Alberto – LaPresse

●ウィリエールトリエスティーナ・セッレイタリア(イタリア)
211 ヤクブ・マレツェコ(イタリア)
212 リアム・ベルタッツォ(イタリア)
213 マルコ・コレダン(イタリア)
214 ジュゼッペ・フォンツィ(イタリア)
215 ジャコポ・モスカ(イタリア)
216 アレックス・トゥリン(イタリア)
217 エドアルド・ザルディーニ(イタリア)
218 エウゲルト・ズパ(アルバニア)

エルサレムの第101回ジロ・デ・イタリア チームプレゼンテーション © Marco Alpozzi – LaPresse

●ジロ・デ・イタリア特集ページへ