650万フォロワー、1億2000万ページビュー! 数字で読むツール・ド・フランス

参加176選手、チームスタッフ450人、記者・カメラマン2000人、沿道の警官・憲兵隊2万9000人。2018年で105回目の開催となる世界最大の自転車レース、ツール・ド・フランスを数字で見てみよう。

2017ツール・ド・フランスのメディア露出実績

2018年のコース。21ステージ、総距離3351km。平たん8、山がち5、山岳6、個人タイムトライアル、1チームタイムトライアル1。カテゴリー超級・1級・2級の山岳26。フランス、スペインの2カ国訪問。フランス国内36県。スタートやゴールとなる町は39、うち初訪問は9。最長距離は第7ステージの231km、最短距離は第17ステージの65km。最も高い峠は標高2215mのポルテ峠で、トップ通過選手には創始者アンリ・デグランジュ記念賞が与えられる。

レースの審判団は15人。主催社ASOの社員とスタッフ100人、パートタイム契約のスタッフ370人。500以上のホテルに滞在。飛行機チャーター便は2度の移動時に6機。医療態勢はドクター10人、看護士7人、救急車7台、医療サポートカー2台・オートバイ1台、放射線医療トラック1台。

安全対策としてオートバイなどで帯同する憲兵隊80人、フランス警察15人。警備スタッフ3000人、立哨の憲兵隊と警察官2万9000人。コース上に設置される指示板3600枚。コース上の安全確保のためのスタッフ65人、道路補修要員800人。

2017年にツール・ド・フランスを取材したメディア数。記者・カメラマン合わせて46カ国・2000人。テレビ放送は190カ国、100系列局、うち生中継60局。2017年の総放送時間6300時間。

インターネット報道は55サイト、3600万ユニークユーザー、1億2000万ページビュー。モバイルアプリ140万ダウンロード。Facebook・ツイッター・インスタグラム・YouTube合わせて650万フォロワー。映像視聴者7120万人。

総距離3351kmのコース沿道に立つ憲兵隊と警察官は2万9000人

いやはやツール・ド・フランス。2018年の開催は7月7から29日まで。

⚫関連ニュース

ツール・ド・フランス歴代記録集(1903年から2017年まで)

🇫🇷2018ツール・ド・フランス特集サイト
🇫🇷ツール・ド・フランス関連ニュース一覧
⚫最新ニュースへ

ツール・ド・フランス歴代記録集(1903年から2017年まで)

ツール・ド・フランス記録集(1903年から2017年まで)

ツール・ド・フランスの主な記録

●個人総合優勝回数
5勝
ジャック・アンクティル(フランス)1957,1961,1962,1963,1964
エディ・メルクス(ベルギー)1969,1970,1971,1972,1974
ベルナール・イノー(フランス)1978,1979,1981,1982,1985
ミゲール・インデュライン(スペイン)1991,1992,1993,1994,1995
4勝
クリストファー・フルーム(英国)2013,2015,2016,2017
3勝
フィリップ・ティス(ベルギー)1913,1914,1920
ルイゾン・ボベ(フランス)1953,1954,1955
グレッグ・レモン(米国)1986,1989,1990

●マイヨジョーヌ着用日数
エディ・メルクス(ベルギー)111*
ベルナール・イノー(フランス)79
ミゲール・インデュライン(スペイン)60
クリストファー・フルーム(英国)59
ジャック・アンクティル(フランス)52
*ドゥミタップ(午前と午後にそれぞれ行われる半ステージ)を含む

●ステージ優勝回数
エディ・メルクス(ベルギー)34
マーク・カベンディッシュ(英国)30
ベルナール・イノー(フランス):28

●1大会のステージ優勝回数
シャルル・ペリシエ(フランス、1930)8
エディ・メルクス(ベルギー、1970・1974)8
フレディ・マルテンス(ベルギー、1976)8

●ポディウム(総合1位から3位までの表彰台)
レイモン・プリドール(フランス)8

●参加回数
ジョージ・ヒンカピー(米国)17
イェンス・フォイクト(ドイツ)17
シルバン・シャバネル(フランス)17

●ポイント賞
エリック・ツァベル(ドイツ)6

●山岳賞
リシャール・ビランク(フランス)7

●新人賞
ヤン・ウルリッヒ(ドイツ)3
アンディ・シュレック(ルクセンブルク)3

ツール・ド・フランス歴代優勝者リスト。1999年から2005年までは取り消し線が引いてある

●国籍別の総合優勝回数
フランス:36勝
ベルギー:18勝
スペイン:12勝
イタリア:10勝
ルクセンブルク:5勝
英国:5勝
米国:3勝
オランダ:2勝
スイス:2勝
ドイツ:1勝
オーストラリア:1勝
デンマーク:1勝
アイルランド:1勝

●優勝者と2位の最小タイム差
8秒:1989年(優勝グレッグ・レモン、2位ローラン・フィニョン)

●優勝者と2位の最大タイム差
2時間49分21秒:1903年(優勝モーリス・ガラン、2位ルシアン・ポチエ)

●最年長総合優勝
フィルマン・ランボー(ベルギー、1922):36歳

●最年少総合優勝
アンリ・コルネ(フランス、1904):20歳

⚫関連ニュース

650万フォロワー、1億2000万ページビュー! 数字で読むツール・ド・フランス

🇫🇷2018ツール・ド・フランス特集サイト
🇫🇷ツール・ド・フランス関連ニュース一覧
⚫最新ニュースへ

トニー・マルティンが7年連続8回目のタイムトライアル・ドイツチャンピオン

カチューシャ・アルペシンのトニー・マルティンが6月29日に開催されたタイムトライアルのドイツ選手権で優勝。7年連続8回目のタイムトライアル・ドイツチャンピオンになった。

タイムトライアルのドイツチャンピオンとなったトニー・マルティン © Tim de Waele/Getty Images

「ジロ・デ・イタリアが終わって、身体に疲れを感じたので、ちょっと長い休養を心がけた。ジロ・デ・イタリア後の最初のレースだったので、自分の調子が判断できなかったが、スタートして数mでいい感触であることを感じたよ」とマルティン。
「レース後に走行データをチェックしたが、スタートからゴールまでコンスタントに走れていた。ボクのようなタイプの選手にこれはとても重要なことだ。いい調子でツール・ド・フランスの開幕が迎えられそうだ」

マルティンは7月7日に開幕するツール・ド・フランスの出場メンバーにも選ばれた。第1ステージではエーススプリンターのマルセル・キッテルをアシストする役目を担う。

⚫関連ニュース

マルセル・キッテルがティレーノ〜アドリアティコで区間2勝目

🇫🇷2018ツール・ド・フランス特集サイト
🇫🇷ツール・ド・フランス関連ニュース一覧
⚫最新ニュースへ