窪木一茂と橋本英也がマディソンで2位…ジャパントラックカップ

寛仁親王記念ワールドグランプリ/2018ジャパントラックカップⅡが2018年7月8日、静岡県の伊豆ベロドロームで開催され、男子エリートマディソンでブリヂストンの窪木一茂と橋本英也が2位になった。

男子エリートマディソンでブリヂストンの窪木一茂と橋本英也が2位に ©2018 JCF

男子エリートマディソン。左の2人がブリヂストンの橋本英也と窪木一茂 ©2018 JCF

⚫関連ニュース

ジャパントラックカップIの男子エリートケイリンで脇本雄太が優勝

⚫最新ニュースへ

ツール・ド・フランスを旅するテクを教えます…取材者日記スタート

もう何回ツール・ド・フランスを取材したか数えられなくなってしまったが、少なくとも全日程を回るようになって22年目。真夏のフランスを駆けめぐる旅が2018年も始まった。

バンデ県の開幕は6年のサイクルで誘致される © ASO

これまでJALにお世話になっていましたが、大会がパリにゴールした翌日、夜遅くまで帰国便を待つのが疲れ切った身体には酷で、初めてエールフランスに。前日にメールが来たので座席表をネットで確認したらプラス6万9900円でビジネスにアップグレードできるとのこと。すぐに変更してフルフラットのシートで快適フライト。シャルルドゴール空港の乗り継ぎでラウンジ飲食できたのもよかった。

シャルルドゴール空港から最終の出発となる国内線を1時間フライトしてナントへ。すでに午後11時を回っていて、歩いて10分ほどでB&Bホテルへ。午後9時にはフロント係は帰ってしまうので、無人チェックイン機で入室。ネットで簡単にホテルを抑えることができますが、予約番号をプリントアウトしておいてよかった。

6万9900円の追加料金でビジネスクラスに。苦手な長距離フライトが快適になった

翌日はまずルノーユーロドライブをピックアップ。免税で新車購入できるこのシステム。ボク名義のクルマがフランスを22台走っていることになりますよね。帰国時に売却します。まずは足をゲットしたので、ようやく落ち着いて朝ごはん。燃料がギリギリで納車されるので最初にスーパーマーケットでガソリンを入れなきゃ。

外国人の免税でルノー・クリオを購入。帰国時に売却します

ツール・ド・フランスの現地入りして最初にやることは記者証のピックアップ。ペルマナンスという大会本部を訪ねてIDカードとクルマに貼るステッカーをもらいます。取材陣の車両許可証は4種類あります。ボクがもらったのはテットドクルス(先導車)の前、ファンドクルス(後方車)の後ろ。広告キャラバン隊列を1日1回追い越していいというカテゴリーです。

ペルマナンスに隣接してボクのシゴト場となるサルドプレスがあります。英語で言うとプレスセンターですね。じつはここから8kmしか離れていないところに、残念ながら8度目の出場を逃した新城幸也が住んでいます。ひととおりの原稿を済ませてから訪ねてみました。とても元気な笑顔を見せてくれ、次の目標に向けて歩み始めています。所属チームの関係でお酒の入ったグラスを持っている画像はNGなので、写真ありませんが。

8回目の出場を逃した新城幸也の家に。ミワちゃんが手料理をふるまってくれた

美和ちゃんが手料理でもてなしてくれましたが、時差ボケでかなり眠くなったので最初においとましました。海近くにあるホテルは往復120km走ってすでにチェックインしているんですが、すでに真っ暗になっていたので景色が変わっていて、探すのみ一苦労。

朝は海までジョグ。朝は9kmほど走って41.5km地点、レ・ムエットというビーチまで大西洋を見にいきました。ここは12時過ぎに選手らがやってくる予定ですが、朝8時時点では地元の憲兵隊員らが各所に配置するところ。自転車に乗ってきた熱心な女性ファンはもう沿道でスタンバイしてました。

Saint-Jean-de-MontsにあるAuberge La Chaumiere。1泊62.75ユーロ

🇫🇷2018ツール・ド・フランス特集サイト
🇫🇷ツール・ド・フランス関連ニュース一覧
⚫最新ニュースへ