ツアー・オブ・ジャパンのオープニング「堺国際クリテリウム」で中島康晴が3位

日本国内最大級のステージレース、ツアー・オブ・ジャパンが5月20日に開幕。日本列島を西から東へとめぐる8日間の戦いがスタートした。初日は大阪府堺市で2.6kmの個人タイムトライアルが行われ、キナンサイクリングは中島康晴がチーム最上位の31位で終えた。また、本戦に先立ちエキシビジョンレースとして堺国際クリテリウムが行われ、序盤から攻めた中島が3位に入賞。チームとして今大会を上々の形でスタートさせた。

堺国際クリテリウムで中島康晴が3位 ©︎KINAN Cycling Team / Syunsuke FUKUMITSU

全8ステージ・総走行距離764kmで争われる大会。堺市を出発し、27日に東京でフィナーレを迎える。2018年は9カ国から16チームが参戦。UCI(国際自転車競技連合)のチーム登録において最上位カテゴリーのUCIワールドチームから1チーム、第2カテゴリーのUCIプロコンチネンタルチームから2チームが参戦。ワールドクラスのレースが日本で展開される。

この大会に4年連続出場となるキナンは、マルコス・ガルシア、山本大喜、サルバドール・グアルディオラ、トマ・ルバ、中島、新城雄大の6選手をメンバーに選出。2年前に個人総合2位となったガルシア、過去2度の個人総合4位を経験するルバ、山岳を得意とするグアルディオラ、5月上旬のスリランカTカップ個人総合優勝の中島、2018年のアジア選手権ロード2冠の山本、そして春以降絶好調の新城と、まさに現状でのベストメンバーで挑む。そして、個人総合優勝をチーム最大目標として戦う。

大会初日は堺市・大仙公園を囲む周回コースが舞台。選手たちは2.7kmを10周回するエキシビジョンレース「堺国際クリテリウム」に出走。ツアー・オブ・ジャパン出場選手全員が顔見せの意味合いでコースに繰り出し、スピード感あふれるレースを展開。キナン勢は中島が序盤に形成された8人の逃げグループに合流。有力チームの選手たちが加わったこともあり、これを見送ったメイン集団はペースダウン。やがて集団をコントロールするチームが現れるものの、中島らの逃げグループとのタイム差は広がる一方となった。

中島ら8人は安定したペースで先頭交代のローテーションを繰り返す。そのまま優勝争いへと転じ、タイトルを懸けたスプリント勝負となった。フィニッシュへ向けて好位置から加速した中島。スピードに勝る選手に優勝こそ譲ったものの、3位となり表彰台の一角を確保。好調をアピールする快走を披露。また、他の選手たちもトラブルなくレースを終えた。

チームプレゼンテーションを経て、いよいよ戦いは本番へ。例年同様、第1ステージは個人タイムトライアルが設定されたが、2018年からコースレイアウトが変更。2017年まで公園北側を発着としていたが、今回から南側からスタートし、西側の直線でフィニッシュする2.6kmとなった。おおむね平坦ながら、コーナーはいずれもテクニカル。落車やバイクトラブルに注意を払いながら、いかにスピードに乗せて走り切るかがポイントとなる。

キナン勢はルバ、グアルディオラ、中島、新城、山本、ガルシアの順で出走。まずは大きな遅れを喫することなく、体調や脚の具合を確かめながらのレースに。順位のうえでは中島の31位がチーム最上位だったが、各選手ともに仕上がりのよさを実感。いずれの選手もトップから13秒以内の差にとどめ、まずは快調なスタートを切った。

21日は京都での第2ステージ。京田辺市の普賢寺ふれあいの駅からセレモニアルライドがスタートしたのち、パレード区間を経て1周16.8kmのサーキットコースを6周回。合計105km(パレード区間含む)で争われる。サーキットコースは、前半に約3km続く上りが2カ所あるほか、テクニカルなダウンヒルも持ち受ける難コース。途中、3周回目と5周回目に山岳ポイントが設けられており、山岳賞を含めた各賞ジャージをかけた争いも激しさを増すことになる。

ツアー・オブ・ジャパン第1ステージ結果(2.6km個人タイムトライアル)
1 イアン・ビビー(イギリス、JLT・コンドール) 3分12秒00
2 マルコ・カノラ(イタリア、NIPPO・ヴィーニファンティーニ) +1秒05
3 オリバー・ウッド(イギリス、JLT・コンドール) +1秒24
4 ミッヘル・ライム(エストニア、イスラエルサイクリングアカデミー) +1秒73
5 岡篤志(宇都宮ブリッツェン) +1秒80
6 キャメロン・パイパー(アメリカ、チームイルミネイト) +2秒14
31 中島康晴(KINAN Cycling Team) +7秒60
46 マルコス・ガルシア(スペイン、KINAN Cycling Team) +9秒78
52 トマ・ルバ(フランス、KINAN Cycling Team) +11秒40
64 サルバドール・グアルディオラ(スペイン、KINAN Cycling Team) +12秒99
65 新城雄大(KINAN Cycling Team) +13秒67
67 山本大喜(KINAN Cycling Team) +13秒77

個人総合時間
1 イアン・ビビー(イギリス、JLT・コンドール) 3分12秒
2 マルコ・カノラ(イタリア、NIPPO・ヴィーニファンティーニ) +1秒
3 オリバー・ウッド(イギリス、JLT・コンドール) +1秒
4 ミッヘル・ライム(エストニア、イスラエルサイクリングアカデミー) +1秒
5 岡篤志(宇都宮ブリッツェン) +1秒
6 キャメロン・パイパー(アメリカ、チームイルミネイト) +2秒
31 中島康晴(KINAN Cycling Team) +7秒
46 マルコス・ガルシア(スペイン、KINAN Cycling Team) +9秒
52 トマ・ルバ(フランス、KINAN Cycling Team) +11秒
64 サルバドール・グアルディオラ(スペイン、KINAN Cycling Team) +12秒
65 新城雄大(KINAN Cycling Team) +13秒
67 山本大喜(KINAN Cycling Team) +13秒

ポイント賞
1 イアン・ビビー(イギリス、JLT・コンドール) 10pts

チーム総合
1 JLTコンドール 9分40秒
11 KINAN Cycling Team +23秒

堺国際クリテリウム結果(27km)
1 原田裕成(チームブリヂストンサイクリング)
2 ロイ・ゴールドスタイン(イスラエル、イスラエルサイクリングアカデミー)
3 中島康晴(KINAN Cycling Team)

中島康晴

中島康晴のコメント
たくさんの応援の中で走ることができ、幸せな1日になった。個人タイムトライアルについては、第2ステージ以降の戦いを視野に入れながら全力で走った。向かい風で失速してしまったが、個人的な目標であった3分10秒台ではフィニッシュできたので、調子のよさを実感できるものとなった。
オープニングのクリテリウムで3位に入ることができたが、この先のステージで2位、そして1位と、チームを上昇させていくきっかけになるのではないか。メンバー全員で優勝を目指して走りたい。平坦ステージでしっかり仕事をして、先々に控える山岳ステージにつなげていきたい。山に強いメンバーへよい形でバトンをつなぐという意味で、素晴らしい大会初日とすることができた。

●関連ニュース

キナンがツアー・オブ・ジャパン悲願の総合優勝をかけて8日間の戦いに挑む

●最新ニュースへ

キナンがツアー・オブ・ジャパン悲願の総合優勝をかけて8日間の戦いに挑む

日本国内では最大級のステージレースであるツアー・オブ・ジャパン(TOJ、UCIアジアツアー2.1)が5月20日に幕を開ける。4年連続出場となるキナンサイクリングは、19日に開幕地・大阪府堺市入り。レースに向けた最終準備を進めている。

©︎KINAN Cycling Team / Syunsuke FUKUMITSU

2018年のツアー・オブ・ジャパンは、堺での2.6km個人タイムトライアルを皮切りに、27日の第8ステージ(東京ステージ)までの総走行距離764kmで争われる。8つのステージ開催地はそれぞれに個性があり、その土地ならではのもてなし方で選手たちを歓迎。同時に、スリリングかつハイレベルなレースとするべく、スピード感に富んだコースを設定する。

8日間のトータルタイムで争われる個人総合時間賞は、富士山5合目を目指す第6ステージ(富士山ステージ)と、起伏に富んだ日本サイクルスポーツセンター内を走る第7ステージ(伊豆ステージ)に注目が集まる。例年、この2ステージがサバイバル化する傾向にあり、2018年も個人総合優勝をかけた最難関ステージとなりそうだ。

そして今回は9カ国16チームが参戦。4年連続出場となるキナンは、当初の発表通りマルコス・ガルシア、山本大喜、サルバドール・グアルディオラ、トマ・ルバ、中島康晴、新城雄大の6選手が出場。チームにおけるシーズン最大目標のレースとして、個人総合優勝をねらって臨むことになる。また、年間を通して地域交流を図ってきた三重県いなべ市で行われる第3ステージ(いなべステージ)での上位進出も視野に入れる。

開幕前日の19日は、堺市到着後に約2時間のトレーニングライドを行い、最終の調整とした。そのほか、開幕日の20日は午前中にツアー・オブ・ジャパン出場全選手によるエキシビジョンレース「堺国際クリテリウム」も実施。顔見せ的な意味合いが強く、キナンメンバーとしても元気な姿を披露したうえで、午後からの第1ステージに挑みたいところ。その第1ステージはルバをチーム第1走者にすえることが決定している。

ツアー・オブ・ジャパン第1ステージ キナン勢の出走順
13:39:30 トマ・ルバ
13:48:30 サルバドール・グアルディオラ
13:57:30 中島康晴
14:06:30 新城雄大
14:15:30 山本大喜
14:24:30 マルコス・ガルシア

ツアー・オブ・ジャパン レーススケジュール
5月20日(日) 第1ステージ(堺) 2.6km個人タイムトライアル
5月21日(月) 第2ステージ(京都) 105.0km
5月22日(火) 第3ステージ(いなべ) 127.0km
5月23日(水) 第4ステージ(美濃) 139.4km
5月24日(木) 第5ステージ(南信州) 123.6km
5月25日(金) 第6ステージ(富士山) 32.9km
5月26日(土) 第7ステージ(伊豆) 120.8km
5月27日(日) 第8ステージ(東京) 112.7km
※各ステージのレース距離にはパレード走行も含まれる

ツアー・オブ・ジャパンの公式サイト

●関連ニュース

NIPPOがオレンジの特別ジャージでツアー・オブ・ジャパンに参戦

●最新ニュースへ

いなべ市役所をキナンのツアー・オブ・ジャパン出場選手が表敬訪問

三重県のいなべ市をツアー・オブ・ジャパンのホームタウンとするキナンサイクリングは5月14日、同大会に出場するメンバーの一部とスタッフが同市役所を表敬訪問。出場選手の紹介を行い、レース当日の活躍を約束した。

ツアー・オブ・ジャパン出場選手がいなべ市役所を表敬訪問  ©︎KINAN Cycling Team / Syunsuke FUKUMITSU

今回は出場予定の選手のうち山本大喜、トマ・ルバ、中島康晴、新城雄大の4選手に加え、加藤康則ゼネラルマネージャー、石田哲也監督が同所を訪問。いなべ市の日沖靖市長の歓迎を受けながら、選手のあいさつ、加藤マネージャーからチームの近況説明が行われた。

自転車の街・いなべとあって、自転車競技の造詣の深い日沖市長。国内外のレース事情についてや、自身もまたがるというロードバイクに関してなど、その話題は多岐にわたった。最後に選手・スタッフがそろってレース本番でのチームの活躍を誓ったほか、いなべステージ当日には日沖市長自ら、チームサプライヤーでもあるヨネックス製ロードバイク「カーボネックス」でパレード走行に臨むことも明言。一丸となってステージを盛り上げるべく、固く約束を交わした。

●関連ニュース

キナンサイクリングがツアー・オブ・ジャパン出場6選手を発表

●最新ニュースへ

キナンサイクリングがツアー・オブ・ジャパン出場6選手を発表

キナンサイクリングがツアー・オブ・ジャパンに出場する6選手を発表した。同大会は5月20日の第1ステージ(堺ステージ)を皮切りに、全8ステージ・総走行距離764km、27日の第8ステージ(東京ステージ)でフィナーレを迎える。

ツアー・オブ・ジャパンに出場するキナンサイクリングの6選手 ©︎KINAN Cycling Team / Syunsuke FUKUMITSU

大会の特徴として、個人タイムトライアルで争われる第1ステージと、富士山5合目を目指す第6ステージ(富士山ステージ)をのぞき、各ステージ周回コースでレースが行われる点が挙げられる。レースをより熱く、スリリングなものとすることはもちろん、開催地における「おらが街のビッグイベント」として選手たちの戦う姿を繰り返し目にすることで、サイクルロードレースに親しみ、愛すべきスポーツとするための最大限の配慮ともいえる。

8日間の総合成績で争われる個人総合時間賞は、例年富士山を上る第6ステージと、起伏に富んだ日本サイクルスポーツセンターを走る第7ステージ(伊豆ステージ)が勝負ポイント。この2ステージで優位に立った選手が、個人総合優勝に大きく近づくと言ってもいい。

4年連続の出場となるキナンは今大会に向け、マルコス・ガルシア、山本大喜、サルバドール・グアルディオラ、トマ・ルバ、中島康晴、新城雄大の6選手を招集。2016年大会で個人総合2位となったガルシア、過去2度個人総合4位を経験しているルバを中心に、上りの安定感が光るグアルディオラ、2017年は日本ナショナルチームの一員として個人総合18位で終えた山本、平地・山岳問わず局面を動かすことができる中島、そして春以降好調をキープしている新城をセレクトしている。

シーズン最大目標の1つとして今大会に臨むキナン。個人総合優勝が最大のミッションとなるが、第3ステージ(いなべステージ)での活躍も重要視。ツアー・オブ・ジャパンには地域貢献活動の一環として「ホームステージ」の設定がなされているが、キナンはいなべステージをホームとし、同地でのサイクルイベントの開催や、小学校での交通安全教室など、通年での地域交流を行ってきた。いなべのコースで快走するとの約束を果たすため、チームは大会前半のヤマ場としてこのステージを走ることになる。

ツアー・オブ・ジャパン(UCIアジアツアー2.1)
5月20日(日) 第1ステージ(堺) 2.6km個人タイムトライアル
5月21日(月) 第2ステージ(京都) 105.0km
5月22日(火) 第3ステージ(いなべ) 127.0km
5月23日(水) 第4ステージ(美濃) 139.4km
5月24日(木) 第5ステージ(南信州) 123.6km
5月25日(金) 第6ステージ(富士山) 32.9km
5月26日(土) 第7ステージ(伊豆) 120.8km
5月27日(日) 第8ステージ(東京) 112.7km
※各ステージのレース距離にはパレード走行も含まれる

ツアー・オブ・ジャパンのオフィシャルウェブサイト

●関連ニュース

キナンがいなべ市内の小学校でウィーラースクール…自転車交通安全教室

●最新ニュースへ

雨中戦となったJBCF宇都宮は山本元と新城がトップ10入りも国内タイトル獲得ならず

Jプロツアー宇都宮シリーズの2日目、JBCF宇都宮ロードレースが5月13日に行われ、キナンサイクリングは山本元喜と新城雄大が最終周回まで優勝争いに加わるも、勝負どころでライバルのアタックを許して9位と10位でフィニッシュ。トップ10入りこそ果たしたものの、2018シーズン最初の国内タイトル獲得には至らなかった。

JBCF宇都宮ロードレース ©︎KINAN Cycling Team / Syunsuke FUKUMITSU

前日のJBCF宇都宮クリテリウムでキナン勢は中島康晴が4位に入ったほか、Jプロツアーデビュー戦だった山本大喜が序盤から約50km逃げ続けて周回賞を獲得。収穫が多いレースとなった一方で、優勝をねらいながらも最終周回にスプリントトレインが崩壊し、勝利を逃す悔しい結果でもあった。

その雪辱を誓って臨んだ今回。クリテリウムを走った5人に椿大志、塚本一樹、中西健児を加え、Jプロツアー出走上限の8選手で臨む。舞台は、鶴カントリー倶楽部周辺に設けられる6.7kmのサーキット。これを14周回する93.8kmで争われる。毎年10月のジャパンカップサイクルロードレースでも使用されるコースと一部同じ区間を走る、終始アップダウンが連続する難コース。周回終盤には長い急坂も登場し、勝負を左右するポイントとなる可能性が高いとみられた。

レースはスタート直後から出入りの激しいものに。逃げがなかなか決まらない中、3周回目に山本大がアタック。一時は数秒のリードを奪うが、逃げの態勢に持ち込むことはできず、集団へと戻っている。かたや、プロトン(メイン集団)の活性化に椿と塚本が対応できず、序盤から後方グループでレースを進める状況となる。

キナン勢にさらなるトラブルが続く。山本大は集団内での落車の影響で足止めを余儀なくされたほか、中西が落車。中島は後方の選手の接触が影響し、ホイールがずれるアクシデント。ギヤがアウタートップに入っていたこともあり、ホイールを戻すのに時間を要し、集団との差が広がった状態でレースに復帰。早々に人数が絞り込まれるなかから雨乞が遅れるなど、中盤でメイン集団に残ったのは山本元と新城の2人だけとなる。その間にレースは2選手が逃げを開始。メイン集団は追いかけるタイミングを計る。

後半に入り、集団は他チームが積極的にコントロールを行ったこともあり、逃げる2人とのタイム差を着々と縮めていく。11周目にレースがふりだしに戻ったのを機に、有力選手が次々とアタックを試みる。そして12周目に大きな局面を迎える。5人が集団から抜け出したのをきっかけに、さらに6人が合流。この中に山本元と新城も入り、これがそのまま優勝争いへと転じる。後方では追走の動きが見られるものの、先頭をいく選手たちの勢いが勝る。周回を追うごとに雨脚が強まりサバイバル化する中、勝負は最終周回へとゆだねられた。

激しいアタックの応酬の中から、残り4kmを切ったタイミングで増田成幸(宇都宮ブリッツェン)が単独で飛び出す。山本元と新城も追う姿勢を見せるが、圧倒的なスピードの増田には届かず。2位以下の争いからも後退し、最終的に山本元が9位、新城が10位でフィニッシュ。

早々に人数を減らしながらも、最終周回まで前方に残った2選手がトップ10入りを果たしたキナン。しかし優勝が見える位置を走りながら、あと一歩及ばなかった。一方で、数的不利な状況でも有力な他チームの動きを見ながら、優勝争いにつながる動きを見逃さずに対応できたことは収穫として挙げられる。あらゆるレースの流れに対応できる態勢が構築できている点は今後の重要な戦いに必ずつながることだろう。

これで宇都宮での2戦が終了。キナンは両日とも悔しい結果に終わったが、この先のビッグレースでのアピールを誓う。次戦はいよいよ国内最大級のステージレースであるツアー・オブ・ジャパン(5月20~27日、UCIアジアツアー2.1)。チーム最大目標のレースでもあり、国内外の有力チーム・選手を相手に持っている力を示すことになる。同大会の出場選手は近日中に発表する予定。

JBCF 宇都宮ロードレース結果(93.8km)
1 増田成幸(宇都宮ブリッツェン) 2時間19分54秒
2 岡篤志(宇都宮ブリッツェン) +15秒
3 入部正太朗(シマノレーシング) +17秒
4 アイラン・フェルナンデス(スペイン、マトリックスパワータグ)
5 小野寺玲(宇都宮ブリッツェン) +19秒
6 雨澤毅明(宇都宮ブリッツェン) +21秒
9 山本元喜(KINAN Cycling Team) +54秒
10 新城雄大(KINAN Cycling Team) +1分2秒
DNF 中島康晴(KINAN Cycling Team)
DNF 山本大喜(KINAN Cycling Team)
DNF 中西健児(KINAN Cycling Team)
DNF 椿大志(KINAN Cycling Team)
DNF 雨乞竜己(KINAN Cycling Team)
DNF 塚本一樹(KINAN Cycling Team)

山本元喜

山本元喜のコメント
コースの特性も含めて、6月の全日本選手権ロードレースをイメージしながらレースを進めた。結果として最終周回で遅れてしまったが、人数が少ないなかで自分と(新城)雄大とが優勝争いに残ることができた点は評価できると思う。レース中のトラブルでチームの人数が減ってしまうことは今後のレースでもあり得ることなので、人数がそろうに越したことはないが、集団に残った2人がそのまま最終周回まで勝負に絡むことができた点では今後につながると思う。
レース展開を考えると、残った2人ででき得る限りの走りをしていたと思うので、あとは個々のレベルアップだったり、他選手の動きをもっと見定めることが必要になったりしてくる。距離の長いレースになった時にどんなレースになるのかのイメージもしないといけない。局面に応じて自分からアタックするなど動くこともできたので、調子は上がってきている感覚がある。

新城雄大

新城雄大のコメント
中盤以降の逃げの動きに対応できるよう意識していたが、チームとして序盤のアタック合戦で乗り遅れ気味になることがあったので、早い段階から脚を使うような形になった。(山本)元喜さんと2人になってからは、前に残ることだけを考えて勝負どころに備えた。優勝争いに残ることができた点はよかったが、他選手のアタックに反応しすぎて消耗してしまった部分もあって、増田選手のアタックが見える位置にいながら、その動きに乗ることができなかったところで詰めの甘さが出た。そこまでの組み立てであったり、根本的な走力といったところでさらに高めていかないといけないと感じている。
2人しか残っていない状況でも連携して走ることができたのは収穫。あとはどう理想の形にもっていけるか、そこはより精度を上げていきたいと思う。

●関連ニュース

山本大喜が50km逃げ続けて周回賞を獲得…JBCF宇都宮クリテリウム

●最新ニュースへ

山本大喜が50km逃げ続けて周回賞を獲得…JBCF宇都宮クリテリウム

Jプロツアーの2018年シーズン第7戦となるJBCF宇都宮クリテリウムが5月12日に行われた。キナンサイクリングは、スタート直後から果敢に攻めた山本大喜が約50km逃げ続け、レース途中に設けられる周回賞を獲得。得意のアタックと逃げで見せ場を作った。チーム最上位はスプリントに挑んだ中島康晴が4位。次戦に国内戦勝利をかけることとなった。

©︎KINAN Cycling Team / Syunsuke FUKUMITSU

2017年からクリテリウムとロードレースの連戦となっている宇都宮シリーズ。2018年は開催時期が5月へと2カ月後ろへと下がり、シーズンが盛り上がる最中でのレースとして行われる。クリテリウムは例年同様に同市・清原工業団地内に設けられる3kmのサーキットコースが舞台。20周回・60km、オールフラットなレイアウトのもと争われる。ポイントは、1周回あたり7カ所のコーナー。特に周回中盤にはヘアピンカーブも待ち受け、勝負がかかる終盤の駆け引きではポジショニングの巧みさがものをいうコースだ。

2018年から予選が廃止され、一発決勝となったことにともない、チームごとに出場枠が変動。3月18日に開催されたJBCF修善寺ロードレース終了時、ランキングでトップ10に入ったチームには最大6人の出場枠が与えられる。一方、11位以下のチームは最大5人。キナンは対象レース時にJプロツアーに出場していなかったこともあって下位扱いに。今回は5人で臨むことになった。

メンバーは山本大と中島のほか、山本元喜、雨乞竜己、新城雄大。数的に見ればランキング上位チームに対し不利ではあるものの、2017年のこのレースで雨乞が2位に入り、トップシーンに躍り出るなど相性はよい。今回も抜群のスプリントを持つ雨乞を軸に戦術を組み立てることとなった。また、ネオプロの山本大はJプロツアー初参戦。2月にはロードアジア選手権でチームタイムトライアル、アンダー23(23歳未満)ロードレースの2冠を達成。春はフランスやベルギーを拠点に走り、調子を上げてチームへと合流している。

午後0時50分に号砲が鳴ったレースは、その山本大がスタート直後から逃げ狙いのアタックに反応。逃げメンバーの入れ替わりがありながらも、山本大は先行を続け、やがて3人の逃げグループに落ち着く。その間、5周回ごとに設けられる周回賞の1回目を迎え、トップ通過をねらった山本大は惜しくも2位。それでも勢いはそのままに、メイン集団とのタイム差を広げていった。

山本大を逃げに送り込んだキナン勢は、残る4人が集団の前方をキープ。この先の展開に備える。また、集団全体のペースを抑え、逃げグループとのタイム差拡大もねらう。ライバルチームの負担を大きくするための戦術的な動きを繰り返した。

逃げる3人が完全に協調態勢に入ったこともあり、周回賞も3選手が均等に分け合う形となる。山本大は10周目をトップ通過し、周回賞を確定させる。メイン集団とのタイム差は12周目でこの日最大となる52秒差。ただ、これを機にメイン集団も有力選手を抱えるチームを中心にペースアップ。周回を追うごとに5秒から10秒ずつその差が縮まっていった。

15周目に設けられた周回賞を終えると、逃げグループでは山本大がアタック。一緒に逃げてきた2人をあっという間に引き離し、独走態勢に持ち込む。一方のメイン集団ではスプリントに備えて残る4人が集団内でのポジションアップを図る。やがてスプリントトレインを形成。山本、新城、中島、雨乞の並びで集団前方を確保した。

先を急ぐ山本大は、独走になってからさらにラップタイムをアップさせる粘りの走り。大歓声の中、最終周回に入るまでトップを快走し続けた。それでも、終盤の勢いは集団が上回った。最後の1周回に入ってすぐに山本大は吸収され、勝負はスプリントにゆだねられた。キナンは雨乞のスピードに懸け、集団最前列からの発射をねらう。しかし、どのチームも思惑が同じこともあり、主導権争いは混沌。スピードが上がる中でキナン勢は中島が雨乞の引き上げを試みるも、隊列が崩れたまま最終コーナーへと入っていく。残るは約150m。

集団のいたるところで中切れが発生したこともあり、最後の直線にトップでやってきたのは中島を含む4人。中島がそのまま勝負に出ることとなったが、最終コーナーを抜けた順番に大きな変化は生まれず、4番手のままフィニッシュラインを通過。後方からの加速を余儀なくされた雨乞が7位で続いた。

チームとしては山本大を逃げに送り込み、他チームに集団コントロールを任せながら、スプリントに備える理想的な形でレースが進んだが、あと一歩のところで表彰台、そして優勝を逃すこととなった。トップ10に2選手が入ったとはいえ、勝利をターゲットに臨んだだけに、悔しい結果に終わった。

一方で、最終局面までのレース運びが順調であったことや、各選手の調子のよさは、それぞれに与えられた役割が果たされた点からも明確となり、収穫も多い一戦だったといえる。なによりキナンのジャージでは公式戦デビューだった山本大がセンセーショナルな走りでレースを沸かせたあたりも、今後の戦いにおけるチーム力の上積みを計算できる材料となるだろう。

今回の悔しさを糧に、チームは13日のJBCF宇都宮ロードレースに照準を定める。このレースにはクリテリウムに臨んだ5人に加え、椿大志、塚本一樹、中西健児が出場。チーム出走人数の上限である8人で出走する。レースは鶴カントリー倶楽部周辺に設けられる6.7kmのサーキットを14周回する93.8kmで争われる。毎年10月のジャパンカップサイクルロードレースでも使用されるコースと一部同じ区間を走る、終始アップダウンが連続する難コース。周回終盤には長い急坂も登場し、勝負を左右するポイントとなる可能性が高い。

キナンはクリテリウムの雪辱戦とすべく、得意のサバイバルな展開から勝機を見出していくこととなる。

JBCF宇都宮クリテリウム結果(60km)
1 小野寺玲(宇都宮ブリッツェン) 1時間21分50秒
2 アイラン・フェルナンデス(スペイン、マトリックスパワータグ) +0秒
3 鈴木龍(宇都宮ブリッツェン)
4 中島康晴(KINAN Cycling Team)
5 黒枝咲哉(シマノレーシング) +1秒
6 横山航太(シマノレーシング)
7 雨乞竜己(KINAN Cycling Team) +2秒
40 新城雄大(KINAN Cycling Team) +34秒
63 山本元喜(KINAN Cycling Team) +58秒
79 山本大喜(KINAN Cycling Team) +1分51秒

周回賞
2回目(第10周回) 山本大喜(KINAN Cycling Team)


山本大喜のコメント
一度決まりかかった逃げで捕まってしまったので、もう1回決まりそうな逃げを待って、2人が先行したところに自分も加わった。1回目の周回賞は獲れなかったが、自分たちの逃げが完全に決まったこともあって、きれいにローテーションするために2回目以降の賞は分け合うことで(逃げメンバー間で)話し合った。後半に入って集団とのタイム差が縮まっていたので、3回目の周回賞通過を待って独走することにした。
翌日の宇都宮ロードレースも含め、今後のレースを視野に入れて上りを重視したトレーニングを続けてきた。平坦のクリテリウムでも走りの感覚はとてもよかったので、ここまで順調にきていると思う。今年はまだチームとして国内レースでのタイトルが獲れていないので、宇都宮ロードレースは勝つことにこだわって走りたい。

中島康晴

中島康晴のコメント
スタートから(山本)元喜、大喜、(新城)雄大と、3人がうまく動いてくれて、その流れから大喜が逃げに入ることができた。大喜が長い時間逃げてくれたおかげで自分たちは集団内でもよい位置取りができたし、脚を貯めながら重要な局面への準備をすることができた。展開としては完ぺきだった。最終局面に向けて、他チームがペースを上げたときもしっかり対応できていた。
スプリントに向けた動きの中で隊列が乱れてしまい、自分と雨乞も離れてしまった。なんとか他チームの動きに合わせながら立て直しを図ったが、最終コーナーを抜けた時点で雨乞との差が開いてしまっていたので、自分がスプリントする形に切り替えた。正直、自分がなだれ込んだだけで、優勝はおろか、表彰台にも上がれずとても悔しい。
翌日のロードレースは8人で出走するが、中にはジャパンカップなどで走り慣れている選手もいるので、上りに強いメンバーを中心にレースを組み立てたい。クリテリウムを走った選手はみな調子がよいので、ロードレース一本に備える選手たちと融合して勝ちにいこうと思う」

●関連ニュース

キナンがクリテリウムとロードレースの2連戦で今季国内初勝利をねらう

●最新ニュースへ

キナンがクリテリウムとロードレースの2連戦で今季国内初勝利をねらう

キナンサイクリングは5月12、13日の両日、国内リーグ「J PROTOUR」のJBCF宇都宮シリーズ2連戦に出場する。

JBCF宇都宮クリテリウムに出場するキナンのメンバー ©︎KINAN Cycling Team

12日に行われる「JBCF宇都宮クリテリウム」には、山本元喜、山本大喜、雨乞竜己、中島康晴、新城雄大の5選手をセレクト。この大会は3月18日に開催された「JBCF修善寺ロードレース2日目」終了時のチームランキングによって各チームの出場枠が決定。この時点でJ PROTOUR不出場だったキナンはトップ10チームに与えられる6人の最大出場枠獲得はならず、下位チームに与えられる5人の出場枠で臨むことになった。数字上は不利な立場ではあるが、2017年のこのレースでは雨乞が2位となりトップシーンに躍り出た相性のいい大会。3kmのサーキットを20周回・60kmとスピード勝負必至のレースとあり、今回も雨乞を軸に戦術を組み立てていくことになる。

JBCF宇都宮ロードレースに出場するキナンのメンバー ©︎KINAN Cycling Team

13日の「JBCF宇都宮ロードレース」には、クリテリウムにエントリーしている5人に加え、椿大志、塚本一樹、中西健児がメンバー入り。チームにとっては今シーズンのJ PROTOURで初めて規定の最大出場人数である8人でレースに臨む。鶴カントリー倶楽部周辺に設けられる6.7kmのサーキットは、毎年10月に開催されるジャパンカップサイクルロードレースのコースと一部同じ。14周回・93.8kmで争われる。2017年は鶴カントリー倶楽部へと向かう上りでフィニッシュを迎えたが、2018年は逆回りとなり、周回残り約2.5kmからおおよそ1kmにわたる急坂が登場。いったん下り、再び急坂をこなした後、最後の1kmは緩やかなアップダウンを経てコントロールラインへ。優勝をかけた最終周回は、厳しい上りで絞り込まれた選手たちによる勝負となるものと思われる。

今回メンバー入りした選手のうち山本大喜はJ PROTOUR初参戦。2月にはミャンマーで行われたロードアジア選手権で、チームタイムトライアルとアンダー23(23歳未満)ロードレースの2冠を達成。その後は日本ナショナルチームの遠征でフランス・ベルギーを拠点に活動し、好調をキープしたままチームへと合流している。

●関連ニュース

キナンはサバイバル化したレースに対応できず…JBCF東日本ロードクラシック群馬2日目

●最新ニュースへ

キナンがいなべ市内の小学校でウィーラースクール…自転車交通安全教室

開幕を5月20日に控えた国内最大級のステージレース「ツアー・オブ・ジャパン」に向け、キナンサイクリングは同大会関連の地域貢献活動に参画。チームのホームステージが行われる三重県いなべ市の小学校2校を訪問し、ウィーラースクール(自転車交通安全教室)を実施。自転車の正しい乗り方をレクチャーすることはもちろん、地域児童との交流を通して大会本番での活躍を誓った。

員弁東小学校でウィーラースクールが開催された ©︎KINAN Cycling Team / Syunsuke FUKUMITSU

ツアー・オブ・ジャパンではステージごとに独自の「ホームチーム」を設定し、レース内外での地域交流を日ごろから促す取り組みが行われている。それを通じ、選手・チームは地域の人たちに活躍を約束し、地域の人たちは愛するチームを全力応援する、という自転車文化の構築がなされている。キナンは第3ステージにあたる「いなべステージ」をホームとし、レース当日の各種催しはもとより、通年での地域貢献活動に参画している。2度のウィーラースクールもその一環。特に大会開幕直前のこの時期に行うことで、いなべステージ本番への思いを高める効果が期待される。

チームは5月8日にいなべ市立十社(とやしろ)小学校、10日に員弁(いなべ)東小学校を訪問。十社小学校には山本元喜、中島康晴、新城雄大の3選手、加藤康則ゼネラルマネージャー(GM)、石田哲也監督が参加。員弁東小学校には椿大志、中西健児、山本大喜、雨乞竜己、加藤GMに加え、「ウィーラースクールジャパン」主宰のブラッキー中島氏を講師に招いて4~6年生を対象にスクールを進行した。

ウィーラースクールとはベルギー発祥の自転車教育カリキュラム。ただ自転車の乗り方を学ぶだけでなく、乗る楽しみや安全な乗り方について大人と子供が一緒に考える機会の提供も目的とする。員弁東小学校でのプログラムではブラッキー氏がスライドを用いて自転車の歴史や実際に起こった事故の例、そして安全に乗るための意識の持ち方などを説いた。

スクール後半は実技の時間として、キナンの選手たちがお手本を示しながら、レーン走行や一本橋走行、パイロンの間を通過するスラロームなどを行った。まっすぐ走るばかりでなく、走行環境に合わせた左右への体重移動やハンドル操作も実践。予想以上の難しさに児童から驚きの声が上がる場面も見られた。スクールを終えた児童からは、「いままで以上に安全に乗ることを意識する」「自転車の楽しさに気が付いた」といった声も。また、スクールの合間には選手たちが大勢の児童に囲まれるなど、約1時間のふれあいであっという間に打ち解けた様子だった。

最後は「キナンがんばれ!」の掛け声で締めくくり。選手たちはツアー・オブ・ジャパンいなべステージでの活躍を約束した。キナンがホストとなるいなべステージは5月22日(水)午前9時20分に同市内の阿下喜駅をスタート。パレード走行ののち、いなべ市梅林公園を主会場とする周回コースで127kmに及ぶレースが繰り広げられる。

●関連ニュース

TOJいなべプレイベントにキナン選手出演…トークショーでファンとつながる

●最新ニュースへ