フランス旅で各地のワインを飲むのはエッフェル塔観光と同じくらい重要

フランス観光開発機構パリ本部がフランスのワイン雑誌「Terre de Vins(テール・ド・ヴァン)」と共催して立ち上げた「ワインツーリズム大賞 LES TROPHÉES DE L’ŒNOTOURISME」の第1回金賞受賞者が来日した。近年観光分野の中でも目覚ましい発展を見せるワインツーリズムに脚光を当て、フランス国内外の旅行者の需要に合わせながら日々ワインツーリズムの素材を提供するワイン生産者(シャトーやドメーヌ)の努力や創意をたたえるもの。

14のワイン産地に属するワイン生産者やワイン関連施設を対象にして、9つの部門よりそれぞれ金賞、銀賞、銅賞を選出。さらに3つの審査員特別賞を加えた合計30賞が2019年3月19日にフランスで発表されていた。

金賞受賞団体には日本へのビジネストリップが贈られ、今回の来日となった。メンバーは2グループに分かれて長野県軽井沢市、宮城県仙台市を訪れ、ワイナリーや酒蔵視察を通じて当地におけるテロワールを観光推進に活かした取り組みについても学んだ。

14日に挨拶したヌーヴェル・アキテーヌ地方観光局イノベーション・開発ディレクターで、フランス観光開発機構内の「ワインツーリズム・クラスター」副会長を務めるブリジット・ブロックは「この賞は、フランス観光開発機構内でワインツーリズムの価値向上を目指す取り組みを始めてから20年目の成果。フランスでワイナリーを訪問しそのワインを試飲することは、エッフェル塔を訪問することと同じくらい重要なこと」と語った。

来日した第1回ワインツーリズム大賞金賞受賞者と、当該地域の観光局メンバー

受賞ワイナリー
団体名(カッコ内はワイン産地)
受賞部門 地方
 シャトー・ド・ペノーティエ
Château de Pennautier (11610 Pennautier)
建築と景観 オクシタニー地方(ラングドック)
 メゾン・アッカ‐マン
Maison Ackerman (49400 Saumur)
芸術と文化 ロワール地方(ロワール渓谷)
 シャトー・ヴェニュス
Château Vénus (33720 Illats)
クリエイティブとオリジナリティー ヌーヴェル・アキテーヌ地方(ボルドー)
 シャンパーニュ・パニエ
Champagne Pannier (02400 Château-Thierry)
ビジネス関連ワイン ツーリズムとプライベートイベント グラン・テスト地方(シャンパーニュ)
 シャトー・フィーリー
Château Feely (24240 Saussignac)
教育及び環境配慮 ヌーヴェル・アキテーヌ地方(シュッド・ウエスト)
 シャトー・ギロー
Château Guiraud(32210 Sauternes)
レストラン ヌーヴェル・アキテーヌ地方(ボルドー)
 シャトー・ド・メルキュエス
Château de Mercuès (46000 Cahors)
宿泊 オクシタニー地方(シュッド・ウエスト)
 シテ・ド・シャンパーニュ・コレ
Cité du Champagne Collet (51160 AÿChampagne)
アペラシオン価値向上・公的機関 グラン・テスト地方(シャンパーニュ)
 ラ・シャブリジェンヌ
La Chablisienne (89800 Chablis)
家族経営ワイナリー ブルゴーニュ・フランシュコンテ地方(ブルゴーニュ)

●フランス旅日記
●フランス観光開発機構のホームページ

全日本王者の入部正太朗がNTTへ。メジャー出場の可能性

2019年の全日本チャンピオン、シマノレーシングに所属していた入部正太朗がUCIワールドチームのNTT(南アフリカ)に移籍することが11月14日に発表された。同チームは現在のディメンションデータ。グランツールをはじめとした主要大会の出場権を有する。

NTTの入部正太朗

2019年7月のオリンピックテストイベントにも出場した入部。メジャーチームへの移籍で、東京五輪代表選考に必要なポイントを集めるチャンスが増えた。現在2枠の日本男子代表選手に名乗りを挙げることになった。

ディメンションデータはNTTグループにあったが、2019年からNTTブランドを前面に押し出す戦略に転換。ツール・ド・フランスでもITソリューション分野で技術協力し、来季はいよいよチームのメインスポンサーネームとなった。

30歳の挑戦は簡単じゃないが全身全霊で

「チームNTTに加入することができて、大変うれしく思います。競技を始めてずっと目標にしていた世界トップカテゴリーのチームで世界に挑戦できるからです。これは私にとってこの上ない幸せです」と入部。

「30歳から挑戦ということは決して簡単ではありませんが、私は全身全霊をかけてチームのために走ります。尽力いただきました方々には感謝します。ありがとうございました」

●NTTプロレーシングの関連ニュース

山田陵太氏がスタイリング…これからの季節に羽織りたくなるアウター

英国発祥のアウトドアブランド『karrimor(カリマー)』は、ディレクション&スタイリングに山田陵太氏を迎えたウェブコンテンツ「karrimor style sample vol.2019 winter」を2019年11月13日(水)に公開した。

今回のビジュアルでは、“Practicing” をテーマに、karrimor 2019AWコレクションのラインナップから、これからのシーズンに羽織りたくなるアウターをメインにピックアップ。音楽や映画にも精通する気鋭スタイリストの山田氏がディレクションとスタイリングを務める。

各スタイル画像下のBUYボタンを押すと公式ショッピングサイトに飛ぶことができる。

karrimor style sample vol.2019 winter

ジェイミスがサドルバッグなどのアイテムを随時発売へ

ジェイミスジャパンの主力モデルで、グラベルアドベンチャーの先駆け的な存在でもあるRENEGADEシリーズや2018年より大人気となっているSEQUELシリーズ、さまざまなカテゴリーでマッチするパーツブランドとして『Renegade(レネゲード)Components』のデリバリーが開始される。

TOURING PACKAGE UNDER SADDLE

第1弾ラインナップとしてサドルバック2種類、ハンドルバック、トップチューブバック、ドライバック付きマルチゲージの計5種を展開。全てのロゴはリフレクティブとなっていて、夜間の被視認性も配慮している。今後アイテム数は随時展開を予定。

TOURING PACKAGE UNDER SADDLE
価格:6800円(税抜)

ツーリングやブルベでもスタンダードになりつつある大容量バッグ。形はスタンダードながらに内側に防水コーティングを施し、使い勝手を重視。取り付けも簡単に出来る仕様で、リーズナブルな値段も魅力。

WATER PROOF SADDLE BAG
価格:4200円(税抜)

もう1種類のサドルバッグとして、日常の小物を入れれる様、通常のサドルバッグよりやや大きめな仕様。防水生地を使用し、中のものもきっちり守る。取り付けはシートレールを使用したアダプターを介し、しっかり固定が出来る。

WATER PROOF HANDLE PACKAGE
価格:5800円(税抜)

こちらのハンドルバッグはロールタイプを採用。ハンドル幅に合わせてサイズが調整しやすい仕様となっている。こちらも防水生地使用。

WATER PROOF FRAME BAG
価格:4200円(税抜)

トップチューブは車体を跨ぐ際の長さ、使い勝手の良い長さの絶妙なサイズを選定。サドルバッグと同様に防水生地を使用し、手持ちの小物を入れやすい仕様となっている。車体に取り付けるベルトも滑り止め兼クッション素材を採用し、車体への固定を損なうことなく、キズも付きにくい。

WATER PROOF ROUNDBAG ON FRONT FORK
価格:4800円(税抜)

防水生地のドライバック付きマルチゲージ。RENEGADE、SEQUELシリーズは勿論、丸型バンドを利用し、サスペンションフォーク等にも取り付け可能。また輪行バッグやシュラフ等を車載する際にも便利なゲージ。

JAMIS BIKESとは
1937年創業の米国ニュージャージーに本社を構えるG・Jannou Cycleを母体に持つブランド、1979年にJAMISブランドが立ち上がり、米国内において最も古い創業者が持つ総合スポーツバイクブランドに。
●ジェイミスジャパンのホームページ

2020年のブエルタ・ア・エスパーニャは12月17日に発表

2020年の第75回ブエルタ・ア・エスパーニャのコース全容は12月17日にスペインのマドリードで発表される。

2020年の大会は東京五輪開催の影響で、ツール・ド・フランスとともに例年より1週間早い開催。8月14日にオランダのユトレヒトで開幕することがすでに発表されていて、今回の全容発表はそれ以降のコースが明らかになる。レースは9月6日にマドリードにゴールする。

ブエルタ・ア・エスパーニャ第21ステージ ©Photogómez Sport

2020ブエルタ・ア・エスパーニャはオランダのユトレヒトで開幕

●ブエルタ・ア・エスパーニャのホームページ
●ブエルタ・ア・エスパーニャの特集サイト

家族の週間に親孝行 フロンティアラクットが当たるキャンペーン

ブリヂストンサイクルは2019年11月10日(日)~23日(土)の「家族の週間」に合わせて、2019年11月11日から12月6日の期間、シニア層向けの両輪駆動搭載電動アシスト自転車「フロンティアラクット」が当たるプレゼントキャンペーンを開催する。

「家族の週間」をきっかけに大切な人へ贈りもの!

「家族の週間」とは、子供を家族が育み、家族を地域社会が支えることの大切さについて理解を深めてもらうために、内閣府が2019年5月に定めたもの。2019年は11月17日(日)が「家族の日」、11月10日(日)~23日(土)が「家族の週間」とされている。

2018年の発売より好評を博している同社製品のシニア層向け電動アシスト自転車「フロンティアラクット」は、シニア世代の自動車運転免許返納などが大きな話題になる中、新たな移動手段の選択肢のひとつとして選ばれていて、ユーザーの約4割が利用者本人の購入ではなく、家族からプレゼントされて使用している。(同社アンケート調べ)

「フロンティアラクット」が当たるキャンペーンは、同社HP内のキャンペーン専用応募フォームより「あなたの自転車を贈りたい相手」と「贈りたい理由」、必要事項を記入のうえ応募した人の中から抽選で、フロンティアラクット(20インチ)を1名にプレゼントするもの。

さらにWチャンスとして、応募された人の中から抽選で1000名に、ドリンクのデジタルギフトが当たる。「家族の週間」を、大切な人へ想いを伝えるきっかけにできるように応募してみよう。

キャンペーン景品のフロンティアラクット(20インチ)T.Xルビーレッド(ツヤ消しカラー)

“だれでもあんしん自転車”キャンペーン 家族の週間に親孝行しよう!

応募期間2019年11月11日(月)10:00 ~ 12月6日(金)17:00まで
応募方法①応募期間内に、同社HP内のキャンペーン特設サイトへアクセス

②応募フォームに「自転車を贈りたい相手」と「贈りたい理由」、その他必要事項を記入し応募

③抽選でフロンティアラクット(20インチ)を1名にプレゼント
※応募期間終了後、厳正なる抽選のうえ、当選者には応募時にご入力いただいたメールアドレス宛に連絡します。※電動アシスト自転車の発送につきましては、発送方法・発送日程・時間帯指定等のご希望には沿えない場合がございますので、予めご了承ください。※キャンペーン景品は、予告なく変更になる可能性がございます。
④さらにWチャンスでドリンクのデジタルギフトを1000名にプレゼント※Wチャンスの景品につきましては、応募時にご入力いただいたメールアドレス宛に、12月中旬以降順次連絡します。※ドリンクのデジタルギフトは、全国指定のコンビニで指定のドリンクと交換できるものです。※キャンペーン景品は、予告なく変更になる可能性がございます。

中村輪夢はBMX世界選手権フリースタイル・パーク5位

11月4日に中国・成都で開幕したUCI 2019アーバン自転車競技世界選手権は大会最終日となる10日、BMXフリースタイル・パークが開催され、中村輪夢が男子で5位、大池水杜が女子で10位になった。

中村輪夢 ©JFBF

パーク男子結果
5位 中村輪夢(日本)87.80
大西勘弥、西昂世、高木聖雄、大和晴彦は予選落ち

BMXフリースタイル・パークの日本代表 ©JFBF

パーク女子結果
10位 大池水杜(日本)56.40

中村輪夢 ©JFBF

片桐光紗季2位、佐々木元3位…BMX世界選手権フラットランド

●UCI BMXフリースタイルのホームページ

深谷知広がW杯スプリントで日本勢14年ぶりの3位に

2019-2020UCIトラックワールドカップ第2戦が11月8日に英国のグラスゴーで開幕し、大会2日目となる9日に男子スプリントで深谷知広(競輪選手)が3位になった。大会は10日まで。

ワールドカップ第2戦の男子スプリントで3位になった深谷知広 ©JCF

トラックワールドカップ第2戦の2日目に男子スプリント決勝が行われ、日本から出場した深谷知広が3位決定戦でポーランドのマテウス・ルディクにストレート勝ちし、銅メダルを獲得。ワールドカップ男子スプリントでのメダル獲得は、競輪での深谷の師匠である金子貴志が2005年11月にモスクワ大会で獲得した銅メダル以来14年ぶり。

深谷知広がポーランドのマテウス・ルディクを制して3位に ©JCF
深谷知広(左) ©JCF

深谷知広のコメント
本当にうれしいです。いつもは反省点とかいろいろな悔しい気持ちがあるレースでしたが、今回は単純にうれしいです。予選の結果で勝ち上がりが有利になり、シード権が取れ、レースを有利に進められたのが大きかったと思います。自分でも今日は調子がいいなと思っていて、びっくりしました。今後はこれ以上のいいメダルを目指して頑張りたいと思います。

深谷知広(左) ©JCF

●レース結果(日本人参加種目のみ掲載)
男子スプリント
優勝:ハリー・ラブレイセン(オランダ)
2位:ジェフリー・ホーフラント(オランダ)
3位:深谷知広(日本)25位:小原佑太(日本)

男子スプリント優勝のハリー・ラブレイセン(オランダ)を中央に左が2位ジェフリー・ホーフラント(オランダ)、右が3位深谷知広

女子ケイリン
19位:太田りゆ(日本)

女子オムニアム
4位:梶原悠未(日本)110点

ワールドカップ第2戦の男子スプリントで3位になった深谷知広 ©JCF
男子スプリント世界チャンピオンのハリー・ラブレイセンを中央に左が欧州チャンピオンのジェフリー・ホーフラント、右が深谷知広 ©JCF

東京五輪出場枠をかけてトラック最終シーズン開幕へ

ワールドカップ第2戦(英国・グラスゴー)