レッドブル・エアレース千葉大会の観戦チケットとテレビの関連番組情報

全8戦で争われるレッドブル・エアレースは4月21、22日にフランスのカンヌで第2戦が行われ、いよいよ第3戦として5月26、27日に千葉大会が千葉市美浜区の千葉県立幕張海浜公園で開催される。千葉大会は2015年に初開催され、今回で4年目。観戦チケットは販売中。

レッドブル・エアレース千葉2017 © Kunihisa Kobayashi/Red Bull Content Pool

●レッドブル・エアレース千葉2018
日程:5月26日(土)予選、5月27日(日)決勝
開場:10時、競技開始13時、競技終了16時(以上すべて予定)
※コースコンディションにより実施を決定
会場:レースエリア=千葉県立幕張海浜公園(千葉市美浜区)、滑走路=浦安市総合公園(浦安市明海)
内容:国際航空連盟(FAI)公認の飛行機レース世界選手権、全8戦の第3戦。世界トップクラスのレースパイロット14人が参加

●観戦チケット

●レッドブル・エアレース千葉特設サイト

●レッドブル・エアレース関連の放送予定
■NHK
再放送のスケジュールは確定次第随時ホームページにアップされる
NHK エアレース世界選手権2018

■J SPORTS
5/8(火) 23:30~24:30 J SPORTS 3 第2戦カンヌ(フランス)※初回放送
放送スケジュール
室屋義秀のドキュメンタリー番組

■DAZN(ダ・ゾーン)
月額1750円、ドコモユーザーは月額980円(すべて税別)、英語実況のみ
大会後1週間は『見逃し配信』で観戦可能
DAZNの視聴方法
ドコモユーザーのDAZN視聴方法

●関連ニュース

室屋義秀4位で総合3位に…レッドブル・エアレース第2戦。次戦は5月千葉大会

●最新ニュースへ

突如の横風は冷静になれば気づいたかも…2秒ペナルティで4位の室屋義秀

究極の三次元モータースポーツ、レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップ2018年シーズン第2戦の決勝が4月22日(日)にカンヌ(フランス)で開催された。マスタークラスのパイロット14人の中、ニコラ・イワノフ、フランソワ・ルボット、ミカエル・ブラジョーと最大派閥となる3選手を輩出しているのがフランスで、同国初開催のレッドブル・エアレース観戦にのべ8 万3000人以上が会場に詰めかけた。

レッドブル・エアレース第2戦カンヌ大会。ファイナル4のタイムを確認するマット・ホール(中央)。左は2位のマティアス・ドルダラー、右は4位の室屋義秀 © Predrag Vuckovic/Red Bull Content Pool

開幕戦アブダビ大会を2位と好発進した室屋義秀は、カンヌ大会決勝前々日のフリープラクティス1回目を2位、2回目を3位、そして予選日に実施のフリープラクティス3回目を9位としながらも焦る様子はなく予選に突入。その予選では、1回目を57.103秒と2番手タイムを叩き出したかと思われましたが、最後のVTM(バーティカル・ターン・マニューバ)に入る直前のゲート15を通過中に上昇したことでインコレクト・レベル・フライングのペナルティ(2秒)が課されて59.103秒に。2回目のフライトは57秒456で6位とした。

予選日に観覧に来たマクラーレン時代の元チームメートのデビッド・クルサード(左)とミカ・ハッキネン(右)。中央は成層圏からのジャンプを成功させたフェリックス・バウムガートナー © Vincent Curutchet / Red Bull Content Pool

WRCチャンピオンに9度輝いたセバスチャン・ローブ(左)と同じくフランス人のニコラ・イワノフ(右) © Daniel Grund/Red Bull Content Pool

予選トップは開幕戦の優勝から好調を維持しているマイケル・グーリアン(米国)が57秒073を記録。0.5秒差をつけられた形になったが、予選後の室屋は「旋回時のGの強さやその他の要素などから考察すると、グーリアンは恐らくそこまで余裕があるわけではないと思うから、なんとかなると思います」と落ち着いた様子だった。

22日の決勝では、ラウンドオブ14の対ピート・マクロード(カナダ)戦で58秒015、ラウンドオブ8の対ミカ・ブラジョー(フランス)戦で57秒374 とギアを上げていき、開幕戦に続いてファイナル4に進出を決めた。ファイナル4の顔ぶれと出走の順番はマット・ホール(オーストラリア)、室屋、マティアス・ドルダラー(ドイツ)の2009年デビュー組と、翌2010年デビューのマルティン・ソンカ(チェコ)。一番手のホールが57秒692のタイムを出し、続く室屋はホールに対して1セクター目は0.04秒先行、第2セクターは0.67秒遅れ、後半で巻き返しという場面に。

フランスのファンのリクエストに応える室屋義秀 © Joerg Mitter / Red Bull Content Pool

ここで横風が突如吹いて機体の体勢が崩れ、それを修正したもののすでにゲート8に侵入していたためにインコレクト・レベル・フライング(水平ではない飛行)のペナルティ2秒が加算されてしまった。直前のファイナル8ではピート・マクロード(敗者復活)がそのゲートにヒットし、またフアン・ベラルデ(スペイン)も同じゲートで体勢を崩しているなど予兆があっただけに、室屋は「残ったスモークの跡や波の様子などで気がつけたかもしれない」とレース後にコメントした。

ファイナル4では続くドルダラーがホールのタイムを上回れず、最終出走となったソンカの出番だったが、前回のアブダビ大会でも発生したのと同様に、エンジンの回転数が規定値を超えたことが発覚して再び失格に。急きょラウンド8で58秒465とタイムが伸びずにソンカに負けたグーリアンが繰り上げで出走し、室屋のタイムを悠々と上回って3位となった。

レッドブル・エアレース、フランス初開催の舞台カンヌ © Joerg Mitter / Red Bull Content Pool

室屋義秀のフライト © Daniel Grund/Red Bull Content Pool

●関連ニュース

室屋義秀4位で総合3位に…レッドブル・エアレース第2戦。次戦は5月千葉大会

●最新ニュースへ

キナンAACAカップ第4戦はアイラン・フェルナンデスが優勝

キナンサイクリングがホストを務める東海地区のロードレースシリーズ「キナンAACAカップ」は4月21日、2018年シーズン第4戦を国営木曽三川公園長良川サービスセンター内特設コースで行った。トップカテゴリーの1-1クラスは102kmで争われ、国内プロチームが上位を独占。最後はアイラン・フェルナンデス(マトリックスパワータグ)が地力を発揮して優勝した。

KINAN AACA CUP第4戦はアイラン・フェルナンデスが優勝 ©︎KINAN Cycling Team / Midori SHIMIZU

3月31日の第3戦ではキナンの新城雄大が上りスプリントを制して優勝。中西健児が2位に続き、ワンツーフィニッシュを飾った。そのいい流れを今節も継ぎたいキナンは11-1カテゴリーに新城、中西のほか、山本元喜、塚本一樹、雨乞竜己、中島康晴の6選手を起用。国内プロチームからマトリックスパワータグ、INTERPRO STRADALLI CYCLINGも参戦。UCIレースさながらのハイレベルなレースが期待された。

迎えたレースは、序盤から落ち着かない展開。アタックの応酬となり、出入りが激しくなる。毎周回のように仕掛ける選手が現れるが、いずれも決定打にはならない。また、一時は6人が抜け出す場面もあったが、ここは佐野淳哉(マトリックスパワータグ)がブリッジを試みたことで、他選手も次々と追随。結局逃げグループの形勢には至らない。

均衡が破られたのは残り10周回を迎えたタイミング。間瀬勇毅(マトリックスパワータグ)、水野恭兵(INTERPRO STRADALLI CYCLING)、そしてキナンの中島。この3人が集団からの抜け出しに成功し、逃げの態勢に入る。さらにフェルナンデスと佐野のマトリックス勢、中西と新城のキナン勢による4人の追走グループも形成される。

快調に飛ばす逃げの3人は追走グループに対し最大で45秒のリード。その形勢に変化はないまま終盤へと移り、やがて最終周回に突入。先頭3選手の逃げ切り濃厚かと思われたが、勝負がかかる局面とあり牽制状態となる。かたや、追走の4人は前に合流するべく猛追を開始。一気の追い上げで先頭3人に合流を果たした。

7人にふくらんだ優勝争い。最後はマトリックス勢とキナン勢によるスプリントとなり、加速の違いを見せたフェルナンデスがトップでフィニッシュラインを通過。優勝を決めた。2位には中島、3位には間瀬選手と続いた。(レポート:清水翠、編集:福光俊介)

キナンの選手たちが講師を務める恒例の「レーススキルアップ講座」は集団走行時のローテーションをテーマに実施。中島と、今回はレース出場のなかった椿大志がメインとなり、先頭交代の効率的な方法を参加者に向けて説いた。そのほか、選手たちと一緒にレースコースを走行する「キッズラン」も行われ、ちびっ子ライダーたちの力走に会場は和やかなムードに包まれた。

キナンAACAカップ2018 第4戦1-1クラス(102km、5.1km×20周回)結果
1 アイラン・フェルナンデス(マトリックスパワータグ)
2 中島康晴(KINAN Cycling Team)
3 間瀬勇毅(マトリックスパワータグ)
4 新城雄大(KINAN Cycling Team)
5 中西健児(KINAN Cycling Team)

KINAN AACA CUP 2018 ポイントランキング(第4戦終了時)
1 新城雄大(KINAN Cycling Team) 576pts
2 アイラン・フェルナンデス(マトリックスパワータグ) 512pts
2 津田悠義(EQADS) 512pts
2 雨乞竜己(KINAN Cycling Team) 512pts
2 中島康晴(KINAN Cycling Team) 512pts

●関連ニュース

新城雄大がKINAN AACA CUP第3戦でシリーズ初優勝

●最新ニュースへ

吉田隼人がツアー・オブ・クロアチア最終日に逃げ…グロスがポイント賞獲得

6日間にわたり熱戦が繰り広げられたツアー・オブ・クロアチアは最終日となる4月22日、サモボル(Samobor)から首都ザグレブ(Zagreb)までの151.1kmで第6ステージが開催された。NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニの吉田隼人が逃げに乗り、エドアルド・グロスが石畳の急坂で力走して区間3位に。逆転でポイント賞を獲得した。

ポイント賞を獲得したエドアルド・グロス


第6ステージは途中3級山岳が組み込まれた平坦基調のステージだったが、最後にザグレブ旧市街で石畳が敷かれた急坂を含む6.5kmの周回コースを2周半する設定。この急坂が勝負を大きく左右すると考えられていた。NIPPO・ヴィーニファンティーニの目標は2つ。前日のステージを終えて1点差で失ってしまったグロスのポイント賞ジャージを奪還すること。そして登坂力のあるオールラウンダーのフアンホセ・ロバトが中心となって区間優勝をねらうことだった。

スタート後、3km地点に設定された最初の中間スプリントポイントまでチームは集団をまとめ、緩い上りのスプリントをグロスが首位通過、そして吉田がライバルのポイント獲得を阻止すべく2位通過することに成功。この時点でグロスはポイント賞ランキングで再び首位に立った。

最初のスプリントポイントでの勢いで、吉田を含む6選手の逃げが形成された。6選手は協調体制がとれ、すぐにタイム差が5分強まで広がっていく。2つ目の中間スプリントポイントでは吉田は2位通過に成功。しかし6選手のうち2選手がバルディアーニ勢であったため、中盤からは集団も警戒してタイム差を詰めていく。残り15kmで最初の急坂石畳区間へと差しかかると、6選手の先頭集団は崩壊。吉田もここで脱落したが、同時にバルディアーニの2選手がそろってアタックを仕掛けて先行を始めた。

1分を切るタイム差まで詰めていたメイン集団も急坂区間で大きく伸び、いくつかの小集団に分裂。区間優勝をねらう有力選手で形成された前方の集団は懸命に前を追ったが、最終周回に入っても絶妙なタイミングで飛び出したバルディアーニの2選手をなかなかとらえられない。結果的に25秒のタイム差をもってバルディアーニのパオロ・サイモンが逃げ切って区間優勝。メイン集団から必死に追い上げたグロスが気迫の走りで後続の先頭となる3位でフィニッシュ。勝てなかったことに大きく肩を落としたグロスだが、獲得ポイントを67に伸ばし、20点の大差でポイント賞ジャージの奪還に成功した。

エドアルド・グロス

エドアルド・グロスのコメント
ポイント賞ジャージを獲得できたことにとても満足している。これはチームの目標であり、それを達成できたことをうれしく思う。ただ今日のステージで勝てなかったことが悔しい。今日、吉田隼人は重要な逃げに乗り、とてもいい仕事をしてくれた。しかし、最後の局面で逃げを吸収することができなかった。チームメートが素晴らしい仕事をしてくれ、それに報いるために、どうしても区間優勝したかった。これまでのステージでチームメートたちは献身的に自分やチームのために走ってくれた。一人ひとりに感謝を述べたいと思う。今大会、チームはいくつかのいい成績を上げることができたが、この先のレースでもさらにいい成績を残せると確信している。

内間康平

内間康平のコメント
5人以上の逃げはつぶすこと、そして3km地点にあるスプリントポイントでグロスに取らせる動きをイメージしながらスタートした。うまくスプリントポイントまで固めて、目標通りグロスがスプリントポイント先着。ポイントを拡げるために2着目を吉田が獲得しながら、逃げに入った。その後はひたすらグロスとロバトの風除けや補給をこなしながら距離を減らしていった。最後の周回に入る前、混乱を避けるために自分と西村は後退したが、グロスが3位、そしてポイント賞を獲得してレースを終えた!
昨日は調子を落としたが、今日は再び調子を上げ、レースを終えれたのがいい感触だった。次のレースへ向けてまた頑張っていきたい。最後に、ツアー・オブ・クロアチアは初めての参戦だったが、すごくきれいな風景が広がる中でのレースは最高によかった。それを感じながら走れるのも自転車ロードレースのよさでもある。また来年、戻ってこれるように大事にレースをこなしていきたい。

吉田隼人

吉田隼人のコメント
最終ステージの今日は、グロスのポイント賞を取り返す走りと、ロバトの最後のスプリントで勝負する目的を持ってスタートした。3km地点にはスプリントポイントも設定されていて、グロスにポイントを加算できるようサポートする走りを行った。そのスプリントポイントではグロスが1位通過し、ボクも2位通過することで、他チームにポイントを取らせないことに成功した。スプリントポイントが終わった直後にさらにバルディアーニの2選手がアタックするのに反応し、そのまま自分を含め6人の逃げ集団ができた。結果的に、その中から今日のステージ優勝者が出たので、自分の力不足が悔やまれるが、今日のステージで3位にグロスが入ってくれたおかげで、ポイント賞を取り返すことに成功し、チームとしていい雰囲気で、ケガなく終えたことはよかったと思う。また何より、ボク自身のコンディションも日に日に上がり、今は次のレースが楽しみ。次は今回以上のパフォーマンスが出せるように引き続き準備していく。

西村大輝

西村大輝のコメント
監督から与えられた役割は、4〜5人くらいの逃げであればそのまま行ってよし。それ以上で大きいような逃げであれば集団のペースを上げて逃げを引き戻すようにとの指示だった。理由は当然グロスのポイント賞ジャージ獲得のため。そしてグロスがスプリントポイントを1位通過し、吉田さんが2位で入り最高の形となった。そのまま吉田さんを含む逃げが行ってからは、グロスから集団内で位置取りをするように指示を受け、集団を牽引しているMSティナの後ろで走り、スプリンターたちが少しでも楽に走れるように風除けの役割と補給を行った。周回に入る前の平坦区間で、各チーム位置取りを行うために上がってきて、その際に集団内で、内間さんを先頭に位置取りを行い、ラスト20kmほどで後ろに下がるように指示が出たので内間さんと集団後方で走り、最後の周回コースで遅れてグルペットでゴールした。
今大会は最初の3日間は調子よく走れていたが、4日目以降は調子を落としてしまったので、スタミナ不足が露呈した形となった。 今後も、とにかく必死で出し切って走り、しっかりと強くなれるように頑張りたい。

●関連ニュース

NIPPOのグロスがツアー・オブ・クロアチア第2ステージ優勝…総合でも首位に

●最新ニュースへ

ボブ・ユンゲルスがリエージュ〜バストーニュ〜リエージュ制覇【動画】

現在開催されている自転車ロードレースの中で最古の歴史を持つワンデーレース、リエージュ〜バストーニュ〜リエージュが4月22日にベルギーで開催され、25歳のルクセンブルクチャンピオンであるボブ・ユンゲルス(クイックステップフロアーズ)が残り20kmから独走を決めて初優勝した。これまでのキャリアの中で最も大きな勝利となった。

ボブ・ユンゲルスがリエージュ〜バストーニュ〜リエージュで積極果敢な走りを見せる © ASO / Karenn EDWARDS

同選手は2016年と2017年のジロ・デ・イタリアで新人賞を獲得。2017年のジロ・デ・イタリアでは序盤の5日間にわたって総合1位のマリアローザを着用。第15ステージではステージ優勝を飾るなど、期待の若手選手。2018シーズンはツール・ド・フランス出場を予定している。

2018リエージュ〜バストーニュ〜リエージュ © ASO / Karenn EDWARDS

組織力の高いクイックステップフロアーズが地元レースで力を見せつけた。しかし主役はフレッシュワロンヌを制したエースのジュリアン・アラフィリプ(フランス)ではなく、ルクセンブルクのナショナルチャンピオンジャージを着用したユンゲルスだった。チームは複数の作戦を構築していて、残り20kmのラロシュ・オ・フォコンでユンゲルスをアタックさせたのもひとつのカードだった。

リエージュ〜バストーニュ〜リエージュの激坂コート・ド・サンロシュ © ASO / Karenn EDWARDS

終盤の決定的なアタックだけに他チームも追撃を仕掛けたが、それを好調のアラフィリプがことごとくマーク。ユンゲルスはゴールまで逃げ切り、自らの初優勝を飾るとともに、クイックステップフロアーズにさらなるタイトルをもたらせた。ルクセンブルク選手が伝統の同大会に優勝するのは3人目。アンディ・シュレックが同じように独走優勝した2009年以来の快挙となった。

リエージュ〜バストーニュ〜リエージュを制したボブ・ユンゲルス © ASO / Karenn EDWARDS

2018リエージュ〜バストーニュ〜リエージュの覇者ボブ・ユンゲルスを中央に左が2位マイケル・ウッズ、右が3位ロマン・バルデ © ASO / Karenn EDWARDS

●関連ニュース

ビビアーニがアブダビツアー第2ステージを制して首位に【動画】

●最新ニュースへ

恋するフランスキャンペーン…フランス二人旅の切符を手に入れよう

フランス観光開発機構(アトゥー・フランス=Atout France)が「恋するフランス」と題する新年度キャンペーンを2018年4月23日に始めた。テーマは大切な人と二人で出かけるロマンティックなフランス。ロマンティックな観光スポットやアクティビティ情報を発信するほか、北フランスのノルマンディーと南フランスのオクシタニーの2地方を実際に旅するカップル1組を募集する。

応募方法は2通り。
① 特設サイト「恋するフランス」からオンライン招待状を一緒に旅したい相手に送る
• 特設サイトから、一緒にフランスへ行きたい彼氏または彼女(夫婦、婚約中、片思いの相手などカップルの形態は問わず)にフランス旅行のオンライン招待状を送る。
• 招待状を受け取った相手がフランス行きを了承することで2人の応募が完了。
② 4月28日、29日に六本木ヒルズカフェで実施する「恋するフランス」イベントに参加する。
• フランスの絶景の巨大パネルを前に、カップルで現地にいるかのような写真を撮影。自分なりにデコレーションした「絵葉書」を作る。
• 会場に設置してあるポストに「絵葉書」を投函することで、フランス旅行の応募が完了。
• 会場にはプジョーのキャンペーンラッピングカー展示、ローラン・ペリエのシャンパン、ピエール・エルメのマカロンのテイスティングを同時に実施。
以上の2通りの方法で応募した人の中から抽選で選ばれたカップル1組2名に6月にフランスへ旅行してもらう。2人の旅には撮影者が同行し、旅の模様を特設サイト、You Tube、同機構SNSを通じて公開(9月予定)。抽選ではフランス旅行のほか、フランスグッズの副賞も用意。

キャンペーン始動に際し、東京、六本木ヒルズカフェで4月28日(土)、29日(日)に一般参加型のイベントを実施する。

●関連ニュース

トリップアドバイザー世界の人気観光地ランキングでパリが1位に

●最新ニュースへ

室屋義秀4位で総合3位に…レッドブル・エアレース第2戦。次戦は5月千葉大会

レッドブル・エアレース第2戦カンヌ大会が4月22日にフランスで開催され、2017シーズンの総合チャンピオン、室屋義秀が決勝となるファイナル4に進出して4位になった。優勝はオーストラリアのマット・ホール。室屋はシーズン総合でマイケル・グーリアン(米国)の24点を5点差で追う3位につけた。初開催となったフランスでの大会は3日間で8万3500人の観衆を集めた。

マティアス・ドルダラー(ドイツ)がレッドブル・エアレース第2戦カンヌ大会を飛ぶ © Joerg Mitter / Red Bull Content Pool

シリーズ連覇をねらう室屋は果敢なフライトを見せたが、1カ所のパイロン通過時に両翼の水平レベルが規定外となったため2秒のペナルティを受け、コンマのバトル争いから後退した。

「今日はよく飛べたと思います。ファイナル4では急にかなり強い風が横から入り、パイロンに接触しそうになって避けた結果ペナルティでした。レースにはこのようなことはつきものですので、パイロンヒットしなくてよかったと思います」と室屋。
「チームはいい状態ですので、次戦の千葉大会ではいい結果が出せると思います。ぜひ期待してください」と続けた。

シリーズは全8戦。第3戦は5月26、27日の千葉大会。千葉市美浜区の千葉県立幕張海浜公園で開催される。千葉大会は2015年に初開催し、今回で4年目。これまでの3年間でのべ約30万人が来場し、世界各都市で行われているレッドブル・エアレースの大会の中でも最大規模を誇っている。その人気の理由のひとつが、日本人唯一のレッドブル・エアレースパイロット室屋の存在。室屋は2016年の千葉大会でキャリア初優勝。2017年の千葉大会で2連覇して、大勢のファンを大興奮の渦に巻込み、その勢いのままついに自身初のワールドチャンピオンに輝いた。観戦チケットは現在発売中。

レッドブル・エアレース第2戦カンヌ大会を制したマット・ホール © Grund/Red Bull Content Pool
レッドブル・エアレース第2戦カンヌ大会をフライトする室屋義秀 © Joerg Mitter / Red Bull Content Pool
レッドブル・エアレース第2戦カンヌ大会。ファイナル4のタイムを確認するマット・ホール(中央)。左は2位のマティアス・ドルダラー、右は4位の室屋義秀 © Predrag Vuckovic/Red Bull Content Pool

●関連ニュース

室屋義秀は予選6位…レッドブル・エアレース第2戦カンヌ大会

●最新ニュースへ

ジャイアントとLivがリーズナブル価格のヘルメットを発売…トップモデルは新色も

ジャイアントは4月23日より春の新製品として、リーズナブル価格のヘルメット、ジャイアントの「REV COMP ASIA」、Livの「REV LIV COMP ASIA」「LUTA ASIA」を発売した。さらに、ジャイアントのハイエンドロードヘルメット「REV ASIA」とエントリーモデル「COMPEL ASIA」には使いやすい新色を追加。

REV COMP ASIA(グロスホワイト・マットブラック)

REV COMP ASIA(マットブラック・グロスブラック)

REV COMP ASIA(ニューモデル)
ハイエンドヘルメットREVをルーツに持ち、REVのスタイルをはじめ、優れた軽量性・通気性・安全性・快適性をバリュープライスに落とし込んだオンロードヘルメット。6800円(税別)。

REV ASIA(マットブルー・マットブラック)

REV ASIA(カラー追加)
軽量かつ優れたフィット感を実現したハイエンドロードヘルメットに4つの新色追加。マットブラック・グロスブラック、マットブルー・マットブラック、マットレッド・マットブラック、グロスメタリックホワイト・マットメタリックブラック。1万5000円(税別)。
REV ASIA(グロスメタリックホワイト・マットメタリックブラック)

REV ASIA(マットレッド・マットブラック)

REV ASIA(マットブラック・グロスブラック)

REV LIV COMP ASIA(マットホワイト)

REV LIV COMP ASIA(マットブラック)

REV LIV COMP ASIA(ニューモデル)
ハイエンドヘルメットREV LIVをルーツに持ち、REVのスタイルをはじめ、優れた軽量性・通気性・安全性・快適性をバリュープライスに落とし込んだオンロードヘルメット。6800円(税別)。

LUTA ASIA(マットブラック)

LUTA ASIA(ニューモデル)
快適なフィット感と安心のプロテクション性能を両立したコストパフォーマンスに優れるエントリーモデル。5000円(税別)。

●関連ニュース

ジャイアントがRIDE LIKE KING開催…GWに日本でも各種イベント

●最新ニュースへ