羽生結弦と小平奈緒がアスリートオブザイヤーにノミネート

2018年に最も輝いた選手を選出するアスリートオブザイヤーにフィギュアスケートの羽生結弦とスピードスケートの小平奈緒がノミネートされた。AIPS・国際スポーツプレス協会に所属する世界各国のスポーツ記者が投票するもので、2018年12月末に今季の最優秀選手が発表される。同賞は男子、女子、チーム、大会の4部門がある。

アスリートオブザイヤーは世界各国のスポーツ記者が選出するもので、国際的な視点で評価されるため、日本国内の報道の比重と差異があることがうかがえる。ノミネートされた選手は日本ではあまり報じられないスポーツの競技者も多いが、2018年は日本選手2人がダブルエントリーされた。

日本勢は2014年、バドミントン男子チームがノミネートされた。同年5月にインドで開催されたバドミントン国別対抗戦のトマス杯で日本が優勝したことが国際的に高く評価された。2013年はレスリング女子の伊調馨、2016年は体操の内村航平、2017年も体操の白井健三が名を連ねた。上位に食い込むことはできなかったが、世界のスポーツ記者に認められた存在であることを証明した。

AIPSアスリートオブザイヤー 男子選手部門のノミネート

AIPSアスリートオブザイヤー 女子選手部門のノミネート

2017年のアスリートオブザイヤーは、女子がセレーナ・ウィリアムス(米国)、男子がロジャー・フェデラー(スイス)。ともにテニス選手。112カ国・517人の所属記者の投票によって選出された。

フェデラーは928票(得票率19.94%)でサッカーのクリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル)とリオネル・メッシ(アルゼンチン)を押さえて1位に。通算4度目の受賞で、最多6度のウサイン・ボルト(陸上競技)に近づいた。

セレーナ・ウィリアムスは651票(得票率13.99%)で5度目の受賞。競泳のカティンカ・ホッスー(ハンガリー)、陸上競技のアリソン・フェリックス(米国)を制した。

AIPSアスリートオブザイヤー チーム部門と大会部門のノミネート

⚫関連ニュース

【アスリートオブザイヤー】2017年の最優秀選手はフェデラーとS・ウィリアムス

⚫実際に投票してコラム紹介しました!(画像をクリックするとコラムに飛びます)

⚫最新ニュースへ

サイクルスポーツ2月号付録はピナレロのグランツール通算26勝記念クリアファイル

ピナレロのグランツール通算26勝を記念したノベルティグッズ「26TIMES WINNERS Anni ピナレロクリアファイル」を12月20日発売の八重洲出版・サイクルスポーツ2月号に特別付録として封入する。

サイクルスポーツ特別付録 『26Times Winners Anni ピナレロクリアファイル

ツール・ド・フランスを14回、ジロ・デ・イタリア、ブエルタ・ア・エスパーニャをそれぞれ6回制したロードバイクの雄、ピナレロの偉業を記念したA5サイズのクリアファイル。表面には26回のグランツール制覇を記念したアイコン、裏面には2018年ツールを制したG・トーマス、2017年ブエルタ、2018年のジロを制したC・フルームの走りを掲載。ピナレロファンならずとも手に入れたい記念すべき一品。

サイクルスポーツ2月号

cycle sports2月号
■発売日:2018年12月20日(木) ■特別定価:850円 
■発行元:(株)八重洲出版
■特別付録1
「サイクルスポーツオリジナル・ピナレロクリアファイル」
ツール・ド・フランスを14回、ジロ・デ・イタリア、ブエルタ・ア・エスパーニャをそれぞれ6回制したロードバイクの雄、ピナレロの偉業を記念したA5サイズのクリアファイル。表面には26回のグランツール制覇を記念したアイコン、裏面には2018年ツールを制したG・トーマス、2017年ブエルタ、2018年のジロを制したC・フルームの走りを掲載。ピナレロファンならずとも手に入れたい記念すべき一品。
■特別付録2
「Planet Podium Vol.8 RUDY PROJECT」
V・ニバリも使用するイタリアンスポーツアイウエアブランド、ルディプロジェクトをの魅力に迫る。その他にもタイム、FSA、ヴィジョン、ハッチンソンなど注目ブランドの2019年ニューモデルを紹介する。

■主な内容:
●第一特集
リム&ディスクの注目32モデルを徹底試乗! ロードバイクホイール考
●第二特集
今こそ完璧に理解したい チューブレスタイヤ運用術
●その他の企画
・世界潮流のサイクリングカルチャー ウルトラ・ロングライドに魅せられた者たち
・強さの伸びしろを手に入れろ! 冬こそストレングストレーニング
・世界最小風洞試験装置 エアロオプティムに迫る
・2019ニューモデル徹底解剖part6

参加するすべての種目でダントツの強さを…ブリヂストントラック勢が目標を掲げる

2019年チームブリヂストンサイクリングのチームメンバーが発表され、トラック日本代表所属の6選手が東京2020オリンピックでのメダル獲得に焦点を絞った活動を行なっていくことになった。同チームが掲げる「トラック・ロード・MTB、参加するすべての種目でダントツの強さ」を目指して各選手がコメントを発表した。

太田りゆ(おおたりゆ)
トラック

太田りゆ(チームブリヂストンサイクリング トラックチーム)

2018−2019シーズンの明確な目標は、ワールドカップのケイリン種目で決勝を走ること。上位6人に入るというのがしっかりとした目標です。2018年10月のワールドカップでは、敗者復活戦から1着になり、準決勝に上がりました。敗者復活戦とはいえ、ワールドカップなのでかなりのレベルでしたから、そこで自信を持ってレースを見ながら自分で動いて一着が取れたことに手応えを感じました。

また準決勝では3着まで決勝に上がれる中で4着でしたが、内容としては自分が2周逃げて、というレースだったので、自分で頑張った上での結果なので、納得できています。

スプリント種目に関しては、決勝での一回戦を勝つことです。予選を通過した次の人に勝つ、というのが今の私には難しいところ。ここで勝てれば、スプリント競技での東京2020オリンピックも見えてきます。

太田りゆ(チームブリヂストンサイクリング トラックチーム)

今村駿介(いまむらしゅんすけ)
トラック・ロードレース

今村駿介(チームブリヂストンサイクリング ロードチーム)

2019シーズンに向け、まずは日本ナショナルチームのチームパシュートのメンバーとして、レギュラーの4人の中に入るという目標があります。また個人としての全日本選手権のタイトルを、可能な種目で獲りたいと思っています。

今は窪木さんが日本で一番強いと感じていますので、窪木さんに太刀打ちできるようにがんばります。そのためには本人の窪木さんに尋ねるのが一番と思い、少しずついろんなことを勉強させてもらっています。栄養について、食事について、勉強させてもらい実行しています。事実、気にし始めてから少しずつ、体脂肪も落ち始めています。今年はそこをさらに煮詰めていきます。

個人的には、英語をより自由に使いこなせるよう勉強しています。またチーム拠点のある伊豆地域は、人が優しいなと感じます。特に、道を渡ろうとすると、だいたいクルマが止まってくれるのがうれしいです。

今村駿介(チームブリヂストンサイクリング ロードチーム)

窪木一茂(くぼきかずしげ)
トラック・ロードレース

窪木一茂(チームブリヂストンサイクリング ロードチーム)

2019年は『情熱と科学の融合をペダルに伝える』がメインテーマです。トラック中距離の東京2020オリンピック種目であるオムニアム・団体追抜・マディソン、すべてに日本代表として出場するため、国内はもちろん海外でのワールドカップで確実に結果を残す一年にします。

ロードレースでも出場するレースすべてで最高のパフォーマンスを示し、サイクリングファンの心を打つ情熱的な走りを約束します。トラックでもロードレースでも強いという、2018年をさらに進化させた二刀流を、より多くの方に見て欲しいです。

窪木一茂(チームブリヂストンサイクリング ロードチーム)
窪木一茂(チームブリヂストンサイクリング ロードチーム)

そして2018年後半、トラックのナショナルチームに入ったことで、より科学的なトレーニングを重ねることが可能になりました。現時点では導入期のため、自分自身で養成してきたこれまでのフィジカルと、最新の科学的トレーニングを融合させている段階です。ただ、これまでの経験と科学はどちらが優位に立つというものではありません。むしろ世界の強豪国に立ち向かうんだという強い情熱を、最先端の科学的トレー二ングにマッチさせること。これを今、試行錯誤しています。

窪木一茂(チームブリヂストンサイクリング ロードチーム)

沢田桂太郎(さわだけいたろう)
トラック・ロードレース

沢田桂太郎(チームブリヂストンサイクリング トラックチーム)

2019年は、チームパシュートでの日本のオリンピックランキングを、一つでも上に押し上げたいと思っています。東京2020オリンピックに出場するには、オリンピックランキング8位以内に入るのが条件です。これを狙っていきます。現状から言えば、メダルを獲るよりも、まずは出場することを目標としてやっていかなければならないと感じています。

そのためにも、チームで走るロードレースも走り、ナショナルチームでの走りに活かしていくことが大切だと思っています。チームが出場するJプロツアーのシリーズ戦などに、出場することで強度を確保でき、普段の練習では補いきれない強度を体感できるからです。現に、2018シーズンを主にJプロツアー走ってきた窪木さんは、トラックナショナルチームのメンバー以上の成績を出していますので、そのやり方が間違っているとは思いませんし、それが正解だとも感じています。

沢田桂太郎(チームブリヂストンサイクリング トラックチーム)

近谷涼(ちかたにりょう)
トラック・ロードレース

近谷涼(チームブリヂストンサイクリング トラックチーム)

2019年の目標は、東京2020オリンピック出場枠を得るために、オリンピックポイントを獲ること。そしてワールドカップでの表彰台、世界選手権での入賞です。チームパシュートでのタイムで言うと、3分55秒を切ることです。これが現実的であり、達成可能な目標だと思っています。
近谷涼(チームブリヂストンサイクリング トラックチーム)

そのために最近は、体の使い方、そして食事の内容を見直しています。もちろん練習もいつもどおりに行っていて、その内容にも変化をつけてはいますが、アスリートとしての体の土台的な部分をしっかりさせることで、練習の効果もさらに身になると思っています。

近谷涼(チームブリヂストンサイクリング トラックチーム)

橋本英也(はしもとえいや)
トラック・ロードレース

橋本英也(チームブリヂストンサイクリング トラックチーム)

「東京2020オリンピック出場枠を獲得を軸にして活動していきます。それに伴い、競輪、ロードレースでの結果も両立させていきたいと思っています。冬場はトラックのシーズンなので、2019年初頭のワールドカップ・オムニアムへの出場に向けた体作りを、特に有酸素運動を包括したトレーニングを進めています。

とにかくオリンピック出場の枠を取るために、全力を尽くします。また、今住んでいる伊豆の魅力は、山から見る美しい景色ですね。西伊豆スカイライン、箱根、とにかく自然が目に美しくて、練習にもサイクリングにも最高の場所だと感じています。

橋本英也(チームブリヂストンサイクリング トラックチーム)

橋本英也(チームブリヂストンサイクリング トラックチーム)

⚫関連ニュース

創立は1964東京五輪の年…ブリヂストンサイクリングが2019チーム体制発表

六峰亘監督(チームブリヂストンサイクリング トラック・ロードチーム)
田村遼(チームブリヂストンサイクリング トラック・ロードチームメカニック)

⚫最新ニュースへ

チームをけん引し個人的には全日本で勝ちたい…平塚吉光らが2019年に照準

2019年チームブリヂストンサイクリングのロードチームメンバーが抱負を語った。ロードレースを主として活動する4名の選手が2019年チームに新規に加入。ロードチームのさらなる強化を図り、チームが掲げる「トラック・ロード・MTB、参加するすべての種目でダントツの強さ」を目指し、東京2020オリンピックでのメダル獲得に焦点を絞った活動を行なっていく。

平塚吉光(ひらつかよしみつ)
トラック・ロードレース/2019シーズン新規加入

平塚吉光(チームブリヂストンサイクリング ロードチーム)

2019シーズンは、国内でのUCIレースで確実にポイントを取れるよう、自分としてもチームとしても、士気を上げていきたく思っています。今季加入することで、年齢・立場上、自分がチームを引っ張っていくことになると思います。選手それぞれに活動内容、種目が異なる選手もいますが、高いモチベーションを持ったチームになっていくことでしょう。

個人的には、全日本選手権は優勝を狙います。またツアー・オブ・ジャパンで、日本人だけのチームとしてどれだけ走れるかに期待しています。小規模のレースでの勝利ももちろん重要ですが、大舞台でどこまで活躍できるかも重要だと感じています。

新規のチーム加入ですが、自分が静岡県沼津市出身なので環境なども変わらずありがたく、またチームの地元出身の選手として、地域へのさまざま貢献できると思います。地元出身として伊豆地域のいいところを紹介すると、冬場ならジビエ料理ですね。鹿、イノシシといった野生動物とうまく折り合いをつけてきている地域です。『天城越え』で有名な天城には、イノシシコロッケを昔から売っているんですよ。

平塚吉光(チームブリヂストンサイクリング ロードチーム)

石橋学(いしばしまなぶ)
トラック・ロードレース

石橋学(チームブリヂストンサイクリング ロードチーム)

2019シーズンの目標は、全日本選手権のタイトル、そしてUCIレースでのポイント獲得が主軸と考えています。具体的には、日本で一番大きい大会であり、登り主体のステージが多く自分にもチャンスの多いツアー・オブ・ジャパンでの総合上位の成績を。そしてツール・ド・北海道で、総合優勝を狙う走りを見せます。また最も出場が多くなるだろうJプロツアーのシリーズ戦でも、結果はもちろん、チームとしての力、強さを観客とライバルチームに見せる走りをしていきます。

勝利に向けたいろんなパターンを、自分たちでしっかりと掌握、展開して、最後のゴールラインでも勝つ。このチームとしての強さを、サイクリングファンのみなさんに見てもらいたいと思っています。自分個人としては、冬場のベース作りがシーズン中の強さにつながると思っています。レースの続くシーズン中にはできないトレーニングを重ねてシーズン開幕に臨みます。

今住んでいる伊豆は、自転車選手としてのトレーニング環境が好きですね。登りがたくさんあって、色んなパターンで練習できるので、メニューによって登りそのものを使い分けできますし。それに景色がいいこと。ツラい時に気分を高めてくれる景色が好きです。

石橋学(チームブリヂストンサイクリング ロードチーム)

黒枝士揮(くろえだしき)
トラック・ロードレース/2019シーズン 新規加入選手

黒枝士揮(チームブリヂストンサイクリング ロードチーム)

2019シーズンに自分がチームに呼ばれたのは、勝利を求められてのことだと感じています。Jプロツアー、国内UCIレースで、より多く勝利するというのが目標です。さらに東京2020オリンピックに向け、UCIポイントを多く獲得し、チームからロードレース競技の代表選手を出せるよう、活動していきたいと思っています。

2019シーズンが本格的に始まるのは3月ですが、それまでにカラダを作ります。これまでは、走り込んでカラダを軽くしてレースに臨むことが多かったのですが、2019シーズンはこれまでとは違った体作りでパワーをつけ、登りもパワーで登り切るといった走りを見せられればと思っています。

そして今回新たにチームへ加入しますが、5年前に大学を卒業するときにあこがれていたチームが実はブリヂストンだったので、うれしく思っています。チームは能力が高い人たちが多いので、自分もその刺激を受け、パワーアップしていきたいです。

黒枝士揮(チームブリヂストンサイクリング ロードチーム)

徳田優(とくだすぐる)
トラック・ロードレース/2019シーズン 新規加入選手

徳田優(チームブリヂストンサイクリング ロードチーム)

2019シーズンは、6月に行われる全日本選手権で表彰台に上がることを目標としています。そのために現在、ウェイトトレーニングを中心に肉体改造を行い、今よりも筋肉をつけて体重を増やしたいと思っています。

もちろん乗り込みも行いつつ脂肪量もコントロールしていきます。というのも、自分は登りが得意なのですが、筋肉量を増やしてスプリント力など自分の弱点を補うと、登れなくなってしまうとこれまで思っていました。でも、窪木さんや橋本先輩(橋本英也は大学の先輩)など、体幹周りがガッシリとしているのに登りも確かにこなせる選手が実際にいるので、体重を増やすことを恐れずにウェイトトレーニングをしようと考えが変わりました。

チームには、大学での直属の先輩も、全日本でいくつも勝っている選手もいます。刺激を受ける選手が多くいる中で、自分のポジションを確立できるように、とモチベーションも高くいられるのが、楽しみです。

徳田優(チームブリヂストンサイクリング ロードチーム)

孫崎大樹(まごさきだいき)
トラック・ロードレース/2018年研修生より新規加入

孫崎大樹(チームブリヂストンサイクリング ロードチーム)

2019シーズンは、トラック、ロードレースともに全日本選手権のタイトルを狙います。今は、トップスピードを強化し、パワーをさらに上げるためウェイトトレーニングを重視して、筋力アップ、パワーアップを図ります。特にトラックでは、勝利している選手のような出力が必要だと思っていますし、自分自身もパワー系の走りが得意なので、そこをさらに伸ばしていきたいと思っています。

2018シーズンの後半戦に、トレーニー(研修生)としてチームに加入、レースに出させてもらいました。この時に雰囲気がいいチームで、尊敬できる先輩が多く、自分が勉強、成長していくのに最高の場所を与えてもらったと感じていました。

そして2019シーズン、正式選手としてチーム加入することとなり、自分が幼い頃から見続けていた伝統あるチームに入ったことをまずうれしく思います。そしてプロ選手としてチーム活動していく中では、自分にできることを確実に行っていきます。それはまず『チームの顔』になれるような、鮮烈なデビューを飾ることからだと思っています。

孫崎大樹(チームブリヂストンサイクリング ロードチーム)

⚫関連ニュース

創立は1964東京五輪の年…ブリヂストンサイクリングが2019チーム体制発表

六峰亘監督(チームブリヂストンサイクリング トラック・ロードチーム)
田村遼(チームブリヂストンサイクリング トラック・ロードチームメカニック)

⚫最新ニュースへ

五輪出場枠争いが始まる5月末から1年間全力で戦う…沢田時、平野星矢

2019年チームブリヂストンサイクリングのMTBクロスカントリーチームに所属する沢田時と平野星矢が東京2020オリンピックでのメダル獲得に向けて抱負を語った。

沢田時(さわだとき)
マウンテンバイク、シクロクロス

沢田時(チームブリヂストンサイクリング MTBクロスカントリーチーム)

「2019シーズン一番の目標は、全日本選手権に勝利して、全日本チャンピオンになることです。その次の目標としているのは東京2020オリンピックへの選考に向けてです。今の時点では、出場枠を得るための期間である5月末から1年かけ、最も多くUCIポイントを獲得した日本選手が出場すると想定されていますので、アジア選手権、全日本選手権と、あらゆるレースで優勝します。

2019シーズンを、日本チャンピオンであり、アジアチャンピオンであり、UCIポイント獲得数もアジアのトップで終えるのが目的です。そのために練習の方法を大きく見直し、自分の弱点を強化するような練習に取り組もうと考えています。今までより伸びるために、得意な点を伸ばすこと以上に弱点の強化に注力していきます」

沢田時(チームブリヂストンサイクリング MTBクロスカントリーチーム)

平野星矢(ひらのせいや)
マウンテンバイク

平野星矢(チームブリヂストンサイクリング MTBクロスカントリーチーム)

「2019シーズンは、全日本選手権とアジア選手権の優勝を目指し、UCIポイントを最も獲得した日本人選手になることを目標としています。2019年5月から東京2020オリンピック選考に向けての選考期間である1年間、日本人として一番ポイントを獲得するための準備と体作りします。そのためにはスタートとなる5月がいちばん重要です。それまでにしっかりと体を作り、さらにその後も好調さを続かせるために、一年を通して高いコンディションを高く保つことに注力します。

またレースが多い時期の疲労と出力とのバランスをうまくコントロールするための筋力、心肺機能といった面でのパターンづくりを行っていきます」

平野星矢(チームブリヂストンサイクリング MTBクロスカントリーチーム)

小林輝紀監督(チームブリヂストンサイクリング MTBクロスカントリーチーム)
小林輝紀監督(チームブリヂストンサイクリング MTBクロスカントリーチーム)

⚫関連ニュース

創立は1964東京五輪の年…ブリヂストンサイクリングが2019チーム体制発表

⚫最新ニュースへ

創立は1964東京五輪の年…ブリヂストンサイクリングが2019チーム体制発表

ブリヂストンサイクルは12月19日、2019年の自転車競技チームの新体制および機材サポート選手を発表した。同社は引き続き東京2020オリンピック・パラリンピックでのメダル獲得を目指し、自転車競技アスリート、トライアスリート、パラトライアスリートへの幅広いサポートを行っていく。

TEAM BRIDGESTONE Cyclingは、1964年の東京オリンピックが開催された同年にブリヂストンサイクル自転車競技部として設立した、同社が保有する自転車競技チーム(旧ブリヂストン・アンカーサイクリングチーム)。さまざまな困難を乗り越えながら夢に向かって挑戦し続けるすべての人の挑戦・旅(Journey)を支えていく という同社の思いを表現した「CHASE YOUR DREAM」を体現するべく、2017年に名称を変更して活動を開始。「ブリヂストン・アスリート・アンバサダー」を中心に、オリンピック・パラリンピックをはじめ各々の競技で表彰台を目指し挑戦するアスリートが所属している。

同社では2017年12月から、東京2020オリンピック・パラリンピックでのメダル獲得に向けたチーム体制強化の一環として、TEAM BRIDGESTONE Cyclingの活動拠点を静岡県三島市に新設している。その伊豆地域において、自転車競技を紹介する講演会や伊豆市内保育園およびこども園の園児を対象としたランニングバイク出前教室などの地域イベントに参加し、自転車を楽しむ文化を「レガシー」として根付かせる活動にも取り組んでいる。

これからもチームは、東京2020オリンピック・パラリンピックでのメダル獲得を目指すとともに、自転車競技が開催される伊豆ベロドローム周辺地域での機運醸成と自転車文化の普及につながる活動も積極的に実施していくという。

TEAM BRIDGESTONE Cycling
自転車競技・トラック/ロードレース
近谷涼・窪木一茂・橋本英也・石橋学・沢田桂太郎・今村駿介・太田りゆ・平塚吉光・黒枝士揮・徳田優・孫崎大樹 (計11名)

●ロードチームのコメント

●トラックチームのコメント

自転車競技・MTBクロスカントリー
沢田時・平野星矢 (計2名)
●五輪出場枠争いが始まる5月末から1年間全力で戦う…沢田時、平野星矢のコメント

機材サポート選手
トライアスロン
上田藍・ゴードンベンソン (計2名)
パラトライアスロン
谷真海・秦由加子 (計2名)
自転車競技・トラック/ロードレース
梶原悠未・小林優香 (計2名)
エカーズ(若手育成チーム)・ チームユーラシア(若手育成チーム)

ミクシィがコンディショニングジム出店…AI技術で身体の状態を可視化

ミクシィグループのスマートヘルス社がゲームソフト開発などに使うAI機器を駆使し、それぞれの身体特徴に応じてコンディショニングプログラムを作り、それを実践することで健康維持・増進を目指そうというシステムを開発。女性専用コンディショニングジム「ココサイズ」を2019年1月23日にオープンさせる。

東京都世田谷区桜新町にオープンするココサイズ1号店

東京都世田谷区桜新町に女性専用ジム1号店「ココサイズ」を出店。7000円という安価でパーソナルなコンディショニングメニューが提案され、それを実践していつまでも健康ライフをというのがねらい。「将来的にコンビニ店舗より多い、1万店を全国に出店させたい」と荻野泰弘代表取締役。

スマートヘルスの荻野泰弘代表取締役が記者発表で概要説明

スマートヘルス社が、超高齢大国ニッポンにおいて健康寿命延伸を目的とした新しい業態の「コンディショニングジム」を出店する。生涯現役を実現し、国の財政を圧迫することで社会問題になっている社会保障給付費(年金、医療、福祉、介護に係る費用)の削減を目指すという。

AIを用いて姿勢・バランス・柔軟性・身体の動かし方を測定することで、これまでプロのスポーツトレーナが目視で判断していた「個々の身体の状態」をシステムで判断。診断結果に合わせて運動プログラムを個別に提供することが可能になった。

大掛かりな測定機器の導入も必要とせず、運動もグループトレーニングにすることで、コンディショニングプログラムを適正価格で提供。東京都世田谷区桜新町にオープンするコンディショニングジム「ココサイズ」は月額7000円(税別)で何回でも使える。

身体の状態をAI駆使機器で計測。わずか5分でチェックできる

改善のためのプログラムをコーチが説明してくれる
個別コンディショニングが提案されるのでそれを実践
AIが最適の運動方法を提供してくれる

■スマートヘルス社による「コンディショニングジム」とは
個々の身体の状態を測定することで不調をきたす原因を把握し、結果に合わせた適切な運動プログラムにより身体の状態を整える。この定期的な測定と適切な運動プログラムを繰り返すことで、自己改善を促し、ひいては健康寿命の延伸を目指す。

ミクシィグループとは
ミクシィグループは『新しい文化を創る』をミッションに掲げ、1997年の「Find Job!」創業以来、日本発のSNS「mixi」やマルチプレイで楽しめるスマホアプリ「モンスターストライク」をはじめ、コミュニケーションの可能性を広げるサービスを提供。

高価なマシンは使わず気軽に、そして月額7000円(税別)でエクササイズ

■「株式会社スマートヘルス」とは
株式会社スマートヘルスは、「テクノロジーを駆使した身体の状態評価」と「エビデンスに基づく運動プログラム」、「ミクシィグループで培ったコミュニケーション設計のノウハウ」を融合させた新しいウェルネス業態の展開をはじめ、ヘルスケアアプリの提供、サービス利用者のPHR(Personal Health Record)を蓄積したデータベースの構築など、多角的なアプローチで日本の健康寿命延伸に取り組む。日本の超高齢社会を背景に増大し続けている社会保障給付費削減の一助となることを目指す。

施設は月額7000円(税別)の利用料で何回も利用できる

イタリア・トスカーナの自転車工房Tommasiniが生産するオリーブオイルの新もの到着へ

イタリア・トスカーナの自転車工房Tommasiniが所有するオリーブ畑で収穫されたオリーブを原材料とした料理用オイルが間もなく到着する。新ものは12月下旬に入荷予定。3500円(税別)。取り扱いは自転車商社のアクションスポーツ。

自転車工房が、食用のオリーブ畑を所有し、その生産と販売に携わっているのは、違和感を感じる人もいるはずだ。ハンドメイド工房として世界的に名をしられて事業的にも成功していたいるにも関わらず、どうして台湾・中国での生産に進出しなかったのか? それはTommasiniが、自分たちのアイデンティティであるトスカーナに恩返しをしたいと考えているからだという。

個性的なTommasiniのデザインや色使いは、工房の位置するトスカーナと無関係ではない。Tommasiniのバイクビジネスを育んだ場所が、トスカーナ。だから、彼らは地元にビジネスを還元していきたいと昔から考えていたという。当初はギフトレベルでの生産だったが、8年ほど前からビジネスとしての見込みもたってきた。自転車同様、かれらのこだわりの作品は、リピーターが多いことでも納得できる。

Tommasiniの所有するオリーブ 畑

Tommasiniのノヴェッロ(新物)オリーブオイル
世界的に知られるイタリア・トスカーナ州のハンドメイドバイク工房Tommasini(トマジーニ)。この工房が所有するオリーブオイルの新物がいよいよ入荷。「一般に市販されているオリーブオイルとは全く違う!」と多くの評価を得る。自転車づくりと同じようにこだわりのあるオリーブオイルの秘密とは・・・・

【最高ランクの品質基準をクリア】
Tommasiniのオリーブオイルは、DOP(EU全体で定められている特定の特産品を保護するための最高ランクの品質管理基準)・IGP(DOP基準と似ているが、全工程が決められた場所である必要はない)の品質基準の100%エクストラバージンオイルと同じ最高品質規格で製造されている。さらに、オリーブの実を詰みとったその日に、グリーンの実のみを選別して過熱せずに搾油。これは品質基準や風味豊かな味わいを維持するために欠くことのできない手順だ。また、これらの要件を満たさなければ品質認定をうけることはできない。Tommasiniのオリーブオイルは最高レベルの証明書でもある「Collegio Toscano Olivicoltori」の認定を受けている。

【オリーブの種類】
『エクストラバージンと記載があっても、まったく味が違う?』と思っている人は多い。実は、ワインと一緒でオリーブの種類や製法・生産場所・気候が違えば、全く味わいは異なるものができる。Tommasiniのオリーブオイルはトスカーナ原産のオリーブをブレンドして絶妙な味わいを醸し出している。

【Tommasiniのオリーブオイルならこんな使い方も!】
これらの種類のオリーブを絶妙にブレンドしてTommasiniのオリーブオイルは誕生する。一般的に深い緑色で、コクがあり独特な辛味がある。香りも豊かなのでイタリア料理にはもちろん和の食材にも大変よくマッチする。例えば、◆味噌汁直前に大匙1~2杯◆オリーブオイルと岩塩とバルサミコ酢でカルパッチョ◆ポン酢+オリーブオイルで最高のドレッシング◆柚子胡椒とオリーブオイルでいろいろ使える◆焼き鳥にかける◆豆腐にオリーブオイルと塩◆梅酢の漬物にオリーブオイル・・・・、塩・醤油・味噌との相性が抜群なのでいろいろ試してみよう。

【イタリア産のオリーブオイルはピンキリ】
トスカーナ州のオリーブオイルはイタリアのオリーブオイルの中でももっとも評価が高く生産量も一番だが、イタリアのほとんどの州にさまざまな種類のオリーブ木があり、それらの特色を生かしたオリーブオイルを生産している。でも、不思議なことにイタリアの重要な輸出産業にも関わらず、イタリアではオリーブオイルを他国から輸入しているという。品質証明をとっていないオリーブオイルの中には、それがブレンドされている可能性もある。

Tommasiniの所有するオリーブ 畑