あさひオリジナルサイクルウエアブランド「ILMIK」春夏ライン

快適な自転車ライフを提供する自転車専門店のあさひは2019年3月下旬より、あさひのオリジナルサイクルウエアブランド「ILMIK」春夏ラインの展開を、全国のサイクルベースあさひ各店(店頭展示は約150店舗)、あさひ公式オンラインショップで開始する。

あさひはこれまで、「SHIFT TO SPORTY」をスローガンにスポーツスペシャリティストアの出店や実用性とコストパフォーマンスに優れたあさひオリジナルスポーツサイクルの開発に取り組み、国内のスポーツサイクルの普及と市場活性化に取り組んできた。

ビギナーサイクリストに対してもサイクリングの楽しさをより感じてもらえるよう、シンプルなデザインに高い機能性とコストパフォーマンスを備えたあさひオリジナルサイクルウエアブランド「ILMIK」春夏ラインを展開する。

バックポケット付Tシャツ
1980円(税込)

吸汗速乾性の高いポリエステル素材に春夏時期のサイクリングにうれしいUVカット機能付き

ILMIKウエアは、ポタリングなどのカジュアルなサイクリングや自転車を降りて街を歩く間でも街に馴染み、気軽に着用できるようトーンを抑えたカラーリングとシンプルなデザインを採用している。

また、吸汗速乾素材やベンチレーション機能、乗車時の前傾姿勢にフィットして風によるバタつきを抑えるフォルムなど、サイクリングを快適に楽しむために必要な機能を詰め込んだアイテムでありながらも、気軽に一式揃えられるようリーズナブルな価格で展開している。

乗車時の前傾姿勢をとっても収納物が邪魔にならず、安定するバックポケットを採用
胸元のブランドロゴや袖のデザインに反射素材を採用し、夜間の安全をサポート。レディースはポケット部に採用

『ILMIKウエア』ブランドVISION

「サイクルウエアが、もっと身近に」。前傾姿勢で風を切り、ペダルを踏むほどに上昇する体温。自転車に乗る人の身体を快適に維持するために、サイクルウエアのデザインや機能にはすべて理由がある。
「ILMIK」は、自転車を楽しむあなたに寄り添うサイクルウエア。シンプルながらもライドに求められる機能が詰まったアイテムを、抜群のコストパフォーマンスでお届け。

【特徴】
1.街に溶け込めるシンプルなデザイン
スポーツウエアは派手なカラーやタイトなデザインが多い中、ILMIKではトーンを抑えたカラーリングと適度にゆとりを持たせたシルエット、シンプルなデザインを採用し、カジュアルなサイクリングや街中でも気軽に着用できる。

2.快適なサイクリングをサポートする高い機能性
吸汗速乾素材やベンチレーション機能、乗車時の前傾姿勢にフィットし、風によるバタつきを抑えるフォルムを採用するなど、サイクリングに必要な機能を備えている。サイクリング専用ウエアの着用で走行中もストレスなく、快適なサイクリングを楽しむことができる。

3.気軽に一式揃えられるコストパフォーマンス
サイクリングに求められる機能性はそのままに、自社で企画開発から販売までを行なうことで、これからスポーツバイクを始めるエントリー層やビギナーサイクリストにも気軽に購入できるリーズナブルな価格を実現した。

フルジップパーカー 3980円(税込)

伊豆大島往復が半額以下の3980円…大型客船で行くサイクルキップ発売

首都圏から気軽に行ける自転車パラダイスとして人気の伊豆大島に、期間限定で大きくディスカウントされた大型客船キップが東海汽船から販売される。実施期間は2019年5月6日(月)夜発から2019年7月12日(金)帰着のうち指定された期日。おとな往復2等料金は通常8780円(5月)だが、該当日は3980円・こども1980円(税込み)。

伊豆大島の最北端に近い野田浜

前回は対象外となる日を除いた期間中で特別料金が適用されたが、今回は期間中の特定の日しか特別料金とならない。下記チラシの「利用便時刻表」を要確認。自転車は輪行袋に入れれば手荷物料金なし。片道1500円で自転車をそのまま持ち込めるサービスもある。

伊豆大島往復の大型客船は毎日出港。東京の竹芝客船ターミナルを、この時期は冬場よりも1時間遅い23時に出航し、大島には冬よりも1時間早い翌日午前5時に到着(ただし5月の特定日は冬のスケジュールと同じ)。午後1時30分に帰路の便が大島を出航し、平日午後5時・土日午後5時45分に竹芝に到着(5月特定日は到着時間が変わる)。土日は途中で横浜港の大桟橋にも着岸するので、ここで下船することも可能。伊豆大島の滞在時間は8時間ほどで、大島一周46.6kmを走っても、温泉で汗を流し、食事をする余裕がある。

夜行の大型客船となるが、2等リクライニングシート限定となる。夜行となる往路は貸し毛布無料の特典付き。要予約で電話で簡単に申し込める。また宿泊希望者は大島温泉ホテルを1泊2食付き9870円=2名以上の場合=で利用できる。

クルマに自転車を積んで竹芝桟橋に行く場合は、隣接駐車場の料金割り引きがあるので、東海汽船ホームページを参照のこと。

伊豆大島(イメージ画像)

●伊豆大島は自転車パラダイス…ただし特殊な事情で対策が必要

大東建託が全日本BMX連盟とスポンサー契約締結

全日本BMX連盟(JBMXF)は2019年シーズンの開幕を控え、大東建託「未来のアスリート支援プロジェクト」とのスポンサー契約を結んだ。JBMXFが主催し、日本自転車競技連盟の公認大会であるJBMXFシリーズは、「JBMXF大東建託シリーズ」として開催する。2020年の東京オリンピックを控え、BMXレースに多方面から注目が集まるなかで、大会の質を高めていきたいという。

左から日本自転車競技連盟強化部・三瓶将廣氏、全日本BMX連盟理事長・渡辺浩嗣、大東建託執行役員未来のアスリート支援プロジェクト事務局長・舘正文氏、日本自転車競技連盟専務理事・飯坂紳治

BMXレースは5歳から60歳以上まで、年齢を問わずに競技に取り組めることが大きな特長。そのため世界選手権は男女のエリートとジュニア、マスターズに加えて、5歳からを対象としたワールドチャレンジが設定され、数千人規模の選手が参加する大会となっている。

JBMXFが開催する大会でも、国内のトップ選手はもちろんのこと、多くの年齢層がそれぞれのレベルに合わせて競技を楽しんでいる。日本においてはマイナースポーツとされているBMXだが、世界に目を向けると5歳からの若年層には、体格に応じた専用の機材が豊富に用意されていることから、自転車競技をはじめる最初の種目として位置づけられている。この優位性はロードレースやトラック、マウンテンバイクなどでも、BMXで自転車競技のキャリアをスタートさせた選手が非常に多いことからも実証されている。

日本においても小さな頃からBMXレースに取り組む環境が整備されることは、BMXレースの発展のみならず、さまざまな自転車競技の基礎となるスキルを身につけることが可能となる。この点をJBMXFは重視し、ユース世代よりも若い年齢からの選手発掘や強化に取り組むべきと考えいるという。

BMXとは

1970年代の米国で子どもたちがモーターサイクルのモトクロスを真似て自転車で走っていたことが原点とされる競技。その魅力は大人たちも巻き込んで全米に普及。レースから派生したパークやフラットランドなどのフリースタイル種目も誕生した。

レースについても専用のコースが整備、発展し、その人気のヨーロッパをはじめとした全世界に波及した。2008年の北京オリンピックは正式種目として採用され、リオデジャネイロまでの3大会が行われた。2020年東京オリンピックでも、注目される競技となっている。

全日本BMX連盟とは

1984年10月、それまで全国各地に分かれて活動していた組織が世界選手権参加を旗印に、組織やルールを一本化して誕生したのが全日本BMX連盟。1985年8月、統一規則により第1回全日本選手権が北海道白糠町で開催され、それ以降日本一を決定する競技会を実施している。

また日本のBMXを代表する団体として、1989年に当時の国際BMX連盟(IBMXF)に加盟し、同年7月、世界選手権(オーストラリア・ブリスベン)に3名の日本代表選手団を派遣。毎年世界選手権大会に選手団を派遣し、国内においても公認国際大会の開催を行なってきた。

BMXが国際自転車競技連合(UCI)の自転車競技種目となり、日本においても日本自転車競技連盟(JCF)が全日本選手権などを主催するようになってからは、JBMXFは、JCFのBMX小委員会に委員を派遣し、JCFの公認大会を主管するなどBMX競技の発展に努めている。2014年には一般社団法人として法人格を取得し、さらなる基盤の強化を行っている。

『未来のアスリート支援プロジェクト「TEAM DAITO(チーム大東)」』とは

大東建託は、創業40周年を機に2014年から『未来のアスリート支援プロジェクト「TEAM DAITO(チーム大東)」』をスタート。プロジェクトは、将来の活躍が期待されるアスリートを支援するもので、顧客や地域社会のために情熱を注ぎ続ける企業でありたいという思いから、同じように情熱をもって夢に向かい挑戦している未来のアスリート57組を「チーム大東」として支援している。支援対象はオーナー、入居者、社員およびその家族。
アスリートの直向きな努力や情熱、夢に挑戦し続ける姿が、人に喜びや感動を与え、未来を切り開く力になると信じているという。
●チーム大東ホームページ

3Tの日本初の期間限定ブランドショップ「3T POPUP STORE GINZA」

3T日本総販売代理権を持つあさひは、2019年4月8日~14日、イタリアのサイクルブランド「3T」の国内初となるPOPUP STOREを東急プラザ銀座にオープンする。

3T国内初となるPOPUP STORE

”Turin Tube Technology”の頭文字を取って名付けられた3T社は、1961年にイタリア・トリノで創業した。優れた品質はもちろんのこと、シンプルながら美しいサイクリングパーツやロードバイクを生み出し、プロをはじめ多くのサイクリストに愛される老舗サイクルブランド。

近年では、イタリアでのワイナリーを巡るライドと音楽やフードをミックスしたイベントの開催や、世界中を巡るツアーの開催など、ライフスタイルの一つとしてハイエンドの自転車を提案している。

新たにファッションシーンへの提案としてオープンする日本初のPOPUP STOREでは、日本限定のデイリーアパレルや、サイクリングアパレルの販売、革新的なエアロロードバイク“STRADA”、ハイエンドグラベルロードバイク“EXPLORO”やハンドルなどの展示、ツアーライドムービーの放映やアンバサダーの紹介を行う。

日本限定のアパレル

3T POPUP STORE GINZA
期間:2019年4月8日午前11時~2019年4月14日午後7時
場所:東急プラザ銀座地下2階(東京都中央区銀座5丁目2-1)

最新2019年モデル ロードバイク展示

EXPLORO FM LTD
STRADA PRO FORCE1

3T POP UP STORE 【日本限定販売】2019SSデイリーアパレル

3Tとは
”Turin Tube Technology”の頭文字を取って名付けられた3T社は、1961年にイタリア・トリノで創業した。優れた品質はもちろんのこと、シンプルながら美しいプロダクツを生み出し、さまざまなパーツを製造している。
バイクパーツに近代的なアルミ合金を導入して世界的に名を馳せた3T社だが、2016年は新たにグラベル専用ホイールと、エアロ形状が与えられたグラベルフレームを展開。3T社は、ワンデーのクラシックレース、オリンピック、世界選手権をはじめとする世界的なイベントに大きな情熱を注ぎ込み、トップレーサーからの信頼も得ている世界有数のトップブランド。

ディスカバーバイクス…北陸初のトレックコンセプトストア

北陸初のトレックコンセプトストア 、DISCOVER BIKES(ディスカバーバイクス)が4月1日(月)にグランドオープンする。内装にもこだわりのある店内でゆっくりと商品を見ることができる。

北陸本線野々市駅も近く、主要道路の国道8号線沿い、金沢、野々市、白山、小松など石川県の各地からのアクセスも良好で、駐車場も9台。トレックバイクとボントレガーアクセサリーを豊富に用意し、試乗車や展示車を常時40台以上見ることができる。

オーナーの瀧田直(たきたすなお)さんは、スポーツ自転車専門店での豊富な経験と技術を有し、コアなライダーも満足するサービスや提案ができる一方、初めての1台を求めるビギナーにはていねいで分かりやすい案内をしてくれる。

約130平米の広々とした店内には、多くの展示車はもちろん、試乗車も数多く設置
瀧田直オーナーは誠実な人柄で、初心者の気持ちに寄り添い、最高の提案をしてくれる

DISCOVER BIKES
〒921-8809 石川県野々市市二日市4丁目1番地
TEL:076-259-1590
営業時間:12:00~20:00(午前中は要予約)
定休日:木曜日(祝日の場合、先日の水曜日)
●ホームページ

北陸初のトレックコンセプトストア 、DISCOVER BIKES(ディスカバーバイクス)

カステリの最新春夏ウエアが試着できるcastelli TRY ON!

castelli(カステリ)のウエアを実際に見て、手にとって、着ることができる「castelli TRY ON !」が4月13日(土)に東京都渋谷区神宮前のGallery ZOOMANで開催される。国内でほとんど見ることがないウエアまで、全ラインナップがチェックできるほか、試着・購入可能なイベント。

カステリの2019年春夏ウエア

2016年から春夏・秋冬と開催してきましたcastelli TRY ON! 今回は、2019年春夏モデルを中心に展示をし、実際に試着をすることができる。一部のモデルに関してはその場で販売も行う予定。

パンツのパッドが改良され、ウエアでは空気抵抗をさらに軽減したエアロジャージが登場している。アクセサリーも多くのラインナップがリニューアルされた。会場で購入できるCastelli TRY ON! CAPもリニューアルして登場。チームスカイが着用するトップウエアの性能も試せる。※一部のモデルでは、試着ウエアの用意がない場合も。

5000円以上購入でサイクリングキャップをプレゼント

■入場無料
事前に予約し、会場で5000円以上購入した人にはCastelli TRY ON!サイクリングキャップを2カラーのうち1つをプレゼント(会場で販売もしている)。

来場予約は、下記の項目を明記してtryon@intermax.co.jpまでメール送付。
〈予約者氏名〉〈来場予定人数〉〈来場予定時間〉

■日時
2019年4月13日(土)11:00~18:30
■会場
東京・Gallery ZOOMAN
東京都渋谷区神宮前3-21-18

会場イメージ写真(2018秋冬開催時)

◆問い合わせ先
インターマックス
tryon@intermax.co.jp

スラム新製品発表会…メールで予約すれば一般も入場可

SRAM(スラム)ロードカテゴリーの新製品発表会が2019年4月10日(水)、東京都千代田区のZ会御茶ノ水ビルで開催される。当日は11時から16時までが販売店やメディアのみの入場だが、17時からはメールで予約した一般ユーザーも入場できる。

気になる新製品の内容はSRAMの公式発表までは案内されないが、会場内では注目の新製品はもちろん2月に発表されたばかりのRed eTap AXSやその他のSRAM/ZIPP製品を展示予定。

SRAM 2019年新製品発表会

■会場
Z会御茶ノ水ビル10F(千代田区神田須田町1-2-3)
■日程
2019年4月10日(水)11:00-20:00
※一般ユーザー様入場可能時間:17:00-20:00
入場無料
※予約者のみ入場可能。来場予約は下記の項目を明記のうえ、sram-zipp@intermax.co.jpまでメールを送付。
〈予約者氏名〉〈電話番号〉〈来場予定人数〉〈来場予定時間〉
個人情報は来場人数の把握のため収集するもので、それ以外の目的に利用または提供することは一切ありません。

◆問い合わせ先
インターマックス

METのサポートライダー募集…ブログでレポートしよう

インターマックスは、2019年のシーズンを全力で楽しむパワーあふれるライダーを募集している。自転車好きのライダーに全力で走りを楽しんでもらうためのアイテムとして、METのヘルメットをサポートする。

ブラックレッド(2019ニューカラー、アジアンフィット)

ワールドチームのとUAEエミレーツ、国内は東京VENTOSにヘルメットの供給を行うMET。エアロダイナミクスに優れ、軽量ながら高い強度を合わせ持っているのが特徴だ。

今回のサポート活動は、METのサポートアイテムを通して商品のよさを感じてもらうとともに、インターマックスがユーザーとのつながりを大事に、そして自転車に乗って走る楽しさを全力で伝える担い手となってほしいという思いがあるからだ。

プロライダーにスポンサーが求めるような「速く走る、結果を残す」ということではなく、レースに参加されない人でもサイクルイベントへの参加や週末のロングライド、毎日風雨の中を通勤しているなど、日常的にスポーツバイクを使用する人、かつブログなどで「サポートアイテムを使った自転車の楽しさ」を伝えていくことが可能という人であればだれでも応募できる。

METのサポート開始は5月上旬頃を予定

・サポートモデルのインプレッションやそれを使用した際の活動内容を月に2回以上ブログやFacebook(公開記事であることが必要)で報告できる人。サポートライダー本人の写真を投稿可能な方。更新のたびに同社へメールで連絡。
・個人、チーム問わず。 
・カラーとサイズの希望はうかがうが、希望通りのサポートができない場合も。
・サポートモデルを使用しての年間5回以上のレースまたはイベント参加予定の人。
・選考基準として2018年のレース、サイクルイベントへの参加実績やリザルト、年間走行距離(およそで大丈夫)、 2019年のイベント参加予定を知らせる。
・サポート開始から、その商品を1年間は必ずご使用ください。

<申し込み方法>
・申し込みはInterMax2019年度サポートライダー一般公募係あてにメールで連絡。その際必ず題名の「サポートライダー一般公募係」の後ろに氏名を記入。
送付先アドレス:support@intermax.co.jp 
・明記する内容
1.氏名 
2.年齢 
3.住まいの地域
4.電話番号 
5.メールアドレス 
6.サポートを希望するサイズ、カラー 
7.2018年度のレース・イベントの参加実績、2019年度の参加予定スケジュール 
8.情報発信をして下さるブログのURL 
9.顔写真(できれば、ヘルメットやサングラスを着用していないもの)
10.熱意やご意見があれば、お聞かせ下さい 
※お送り頂きます情報は今回の選考のみに使用し、他の目的には一切使用しません。

サポートの結果報告は同社からの返信をもって替える。 返信は4月中旬を予定し、サポート開始は5月上旬頃を予定。

<サポートアイテム内容> 
METヘルメット
MET:リヴァーレHES、MANTA HES、TRENTA 

<募集期間> 
3月20日〜4月5日

「METが好きでたまらない!」「商品に愛着をもって、ボロボロになるまで使い切れます!」 といった、自転車やサポートモデルのサポートに対する熱い思いをお待ちしています。シリアスレーサーにとどまらず、女性や学生の方も対象にしています!