歴女ポタなら関ケ原…目的や体力に応じて推奨5ルート

関ケ原の戦いは西暦1600年。社会科のテストに必ず出題されるが、実際に現地を訪れたことある? 点在する史跡をめぐるのは自転車がまさにピッタリで、地元岐阜県はおすすめのサイクリングコースを設定。随所に史跡案内看板を設置して国内外からサイクリストなどの誘致を図る。ロードバイク女子の成田美織さんが歴女ポタ、いわゆる散歩感覚で自転車を走らせるポタリングを楽しんだ。

電車アクセスの場合はJR東海道本線を利用。関ケ原駅前観光交流館(いざ!関ケ原)がベースとなる

点在する史跡を訪ねるなら自転車がベスト

天下分け目の関ケ原がサイクリングコースとして注目されている。岐阜県が史跡を網羅したコースを設定し、現地には、案内板やガイド地図、アプリなどサイクリングを楽しむコンテンツがそろっている。電動アシスト自転車などのレンタルもあって、新たなサイクリング訪問地として魅力をアップさせている。

最近ロードバイクにハマっているという成田さんはマイバイクを現地に持参。関ケ原町歴史民俗資料館でガイドマップを手に入れ、サイクリングに出発した。レイアウトされたおすすめコースは自転車のスピードにうってつけの道幅で、多少のアップダウンがあるものの、普段あまり自転車に乗っていない人でも楽しく走れるルート。27の史跡などをめぐるのでスタンプラリーのような楽しさもある。

関ケ原笹尾山交流館で戦国武将「島左近」の甲冑姿に変身。武将を選ぶこともでき、3時間5000円。子ども甲冑1000円、幼児甲冑500円、姫甲冑は3800円
決戦地を走る。悠久の歴史に身震いする思いさえする
関ケ原町歴史民俗資料館で史跡ガイドの古山政樹さんに歴史を教えてもらってからサイクリングへ
グループの場合は史跡ガイドをお願いすると詳しい歴史を解説しながら回ってくれる。1グループ1500円。昼食代別途
史跡解説板は東軍が赤色、西軍が青色で表示。写真は徳川家康最後陣地なので赤だ

この日の成田さんはビンディングシューズではなくスニーカー。自転車を降りて少し歩けば、古戦場を一望できる展望台などに脚を伸ばせるからだ。それでも拠点間の移動は徒歩よりも自転車がいい。クルマだと見落としてしまいそうな道標も簡単に見つけることができる。

それぞれの立ち寄りポイントはサイクリストが利用できる駐輪余地が十分にある。清潔なトイレも4カ所に新設されたという。外国人旅行者の訪問も想定し、多言語によるアプリ・ホームページ案内も充実。さらにおすすめコースはルートラボで公開されているので、手持ちのGPSデバイスに取り込めばコース案内もしてくれるので迷うことはない。

天下分け目の決戦当日は夜来の雨が上がったものの、霧が立ちこめていたというが、成田さんが実走したこの日はそれを再現するかのような雨上がりの天候。西の山麓に陣地を敷いた西軍が有利と言われた合戦は小早川秀秋らの寝返りによって敗北。現地で西軍石田三成陣跡に立ってみると、その小早川隊が不穏な動きを見せた松尾山が手に取るように望むことができる。

「事前に歴史を知っておけば興味は倍増ですね。各所に陣取った戦国武将それぞれの思いがちょっと感じられる雰囲気がありました」と成田さん。

岐阜県の関ケ原古戦場整備推進課が提案するおすすめサイクリングコースは5つ。成田さんが走ったのはこのうち最も短い距離11.5kmコースだが、絶対外せない古戦場をぐるり1周する。歴史に思いをはせながらゆっくりまわって2時間半ほど。これ以外に織田信長・豊臣秀吉・徳川家康の史跡を周遊する100kmコースまで脚力に応じて選択できる。飲食店や自転車店も記載されているコースマップを入手するのがいい。

「岐阜県は初めての訪問でしたが、かつての日本の歴史にふれることができ有意義な1日でした。次はもっと郊外に出て中級や上級コースにチャレンジしてみたいです」

小早川秀秋の裏切りスナックを関ケ原笹尾山交流館で見つけた!
戦国武将のフィギュアは歴女垂涎のアイテム。コンプリートを目指せ!
西暦1600年、世界三大古戦場のひとつである関ケ原の戦いが始まった開戦地を訪ねる
西軍副大将の宇喜多秀家はイケメンだったという
大谷𠮷継陣跡は東海道本線を渡った先にある。悲運の武将でパワースポットとなっている
西軍を裏切った小早川秀秋が陣取った松尾山までは自転車を降りて40分ほどのトレイル。成田さんなら20分だ
藤堂高虎・京極高知陣跡は関ケ原中学校の敷地内にあるが、訪れることはOK
関ケ原駅のコインロッカーは武将の兵力によって利用料が異なる。徳川家康と石田三成は最高額の300円!
関ケ原駅前観光交流館(いざ!関ケ原)にはコンプリートしたくなるようなおみやげがいっぱい!

関ケ原サイクリングコースの情報をゲットする

関ケ原古戦場や西濃・岐阜地域を周遊する5つのサイクリングコースが設定された。それぞれのコースは、関ケ原の戦いにちなんだ内容がテーマで、距離などの難易度を選択すればサイクリング初級者から上級者まで幅広く楽しめる。

各コースのルートは「みる!しる!かわる!関ケ原」ホームページ物語で巡る古戦場 で公開され、電子マップをダウンロードして利用したり、初級者向けの2コースについては、持ち運びしやすい紙のガイドマップが用意されている。

【岐阜県の関ケ原サイクリングコース】

①決戦!関ケ原コース(11.5km)!今回の実走コース!
②策謀!垂井コース(20km)
③出陣!東西進軍コース(40km)
④チェスト!島津退き口コース(63km)
⑤天下一!美濃戦国コース(100km)

【ガイドマップ配布場所】
関ケ原駅前観光交流館、関ケ原町歴史民俗資料館、関ケ原町役場、垂井町観光案内所、垂井町役場、岐阜県庁関ケ原古戦場整備推進課など

岐阜県の古田肇知事も国内外のサイクリストを大歓迎

岐阜県の古田肇知事

誰もが知る「関ケ原の戦い」。その魅力を全国にPRするため、サイクリング・ウォーキングコースの設定をはじめ、史跡や案内サインの整備、関ケ原グッズの開発などのほか、合戦を再現した野外劇や武将に着目したイベントのシリーズ展開など、古戦場の魅力創出を進めてきました。さらには、アメリカのゲティスバーグ、ベルギーのワーテルローと姉妹協定を締結し、幅広い分野での交流を進めるとともに「世界三大古戦場」として世界に発信しています。

加えて、戦いから420年目となる2020年には、新たなシンボルとなる「岐阜関ケ原古戦場記念館」がオープンします。大型スクリーンやCGを使って合戦をリアルに再現するシアターや、古戦場を一望できる展望機能を備えた施設として整備を進めているところです。

2020年1月には、岐阜県とゆかりの深い明智光秀が主人公のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の放送がスタートします。 光秀やその主君である斎藤道三、織田信長ゆかりの地と、「関ケ原の戦い」で活躍した武将ゆかりの地を重ね合わせると、本県は戦国時代の黎明期からクライマックスに至るまでの多くの武将の魅力を満喫できる歴史観光エリアとなります。お気に入りの武将やご当地の武将に思いを馳せながら、本県の誇る自然や食、伝統文化などをお楽しみいただきたいと思います。

●成田美織の西美濃サイクリング編

歴女美織のポタリング後記

関ケ原サイクリングでは、関ケ原町歴史民俗資料館だけでなく古戦場や陣跡など点在している史跡1つひとつに案内パネルが設置され、目的地までのルートもわかりやすく自転車で巡っていくのが楽しかったです。また最後に笹尾山から眺めた石田三成が見た景色は、それまで自転車で走ってきたルートを見下ろすことができ、達成感を得ることができました。また実際に足を運ぶと雨天ながらも教科書だけでは得られないような臨場感を感じました。

この日はあいにくのお天気でサイクリングコースの全てを周ることができなかったので、もう一度関ケ原サイクリングに行きたいです。

成田美織(なりたみおり)
2017ミスアース群馬代表・全国大会4位受賞 。2017Miss Tourism queen of the year世界大会へ日本代表として出場。各国の出場者たちの投票によって決まるミスフレンドシップ賞を受賞。国内・国外の大会経験で美や健康、コミュニケーション力などを学ぶ。現在はモデル・MCとして活躍
成田美織のアメブロ
成田美織のInstagram
成田美織のライドハンターズ上野村

ワレン・バルギルがフランスチャンピオンに

アルケア・サムシックのワレン・バルギルが6月30日に開催されたフランス選手権で優勝。トリコロールのフランスチャンピオンジャージを獲得し、7月6日に開幕する第106回ツール・ド・フランスに登場することになった。

ワレン・バルギルがフランス選手権で優勝 ©Team Arkéa – Samsic

バルギル(フランス)は2019年3月11日に開催されたパリ〜ニース第2ステージで落車。第2頚椎の2カ所を骨折する重傷を負った。チームのジャンジャック・ムニェ医師は「深刻な負傷なのでバルギルが再び自転車に乗れる時期は今のところ分からない」とコメントするほどだったが、3月25日のボルタ・ア・カタルーニャ(スペイン)でレース復帰。

「選手としてだけでなく今後の生活にも支障をきたす恐れもあったが、幸いなことに最小限の頚部負傷にとどまったことが認められた。リハビリなしにレース復帰できた」と同医師。

アルケア・サムシックにとっては悲願の優勝だ ©Team Arkéa – Samsic

「落車でケガをしたときにサポートしてくれた人もいたが、復帰は無理だと思っていた人もいた。絶望のどん底にいたときもあったが、いつかはいい波が訪れると思っていた。ボクはそんなにスーパーマンではないが、心身ともにフランス選手権に勝てる状態まで戻っていた」とバルギル。

「復帰できないと思ったこともある。簡単なことではなかったので、もう自転車をやめようと思ったこともあるけど、妻が献身的にサポートしてくれて、あきらめないで頑張ろうと決心した。人生はこういうもので、困難な時もいい時もあると思う。妻と家族、チーム、そして砂漠のど真ん中で私に手を差し伸べたすべての人々に感謝したい。自転車をやめていたら、この決断は一生でとても後悔するかもしれないと自分に言い聞かせた」

フランスチャンピオンジャージを獲得したバルギル ©Team Arkéa – Samsic

「さっそく明日からこのトリコロールジャージを着て練習に出ようと思う。ツール・ド・フランスにこのジャージとナショナルカラーに塗られた自転車でツール・ド・フランスに出場できるなんてまだイメージできない。でもやり過ぎないようにしたい。このジャージはプレッシャーではなく、情熱だから」

バルギルがフランスチャンピオンジャージを着て歓喜 ©Team Arkéa – Samsic