アンラッキーな13を最新エアロモデルに採用…キャノンデールの自信作

キャノンデール・ジャパンがエアロダイナミクスを加え、さらに美しく速くなった CAAD13を発売した。加工に時間とコストを必要とする6069番のアルミ合金を使用し、他社のアルミフレームでは真似のできない快適性と剛性のベストバランスを実現。翼断面形状の後端を切り落としたエアロチューブを採用することでさらなる速さを追加した。

キャノンデールは40年にわたりアルミニウム製ロードバイクの分野において常に新たな技術に挑戦。どの世代もその時代に強烈なインパクトを残すバイクを生み出してきた が、今回のCAAD13はアルミニウムの原子番号を示す「13」をモデル名に起用した。

アンラッキーを招くと欧米で不吉といわれる「13」にあえて身を包んだCAAD13は、ライダーに幸運と絶対的なスピードをもたらすキャノンデールの自信作だ。

キャノンデールのプロダクトディレクター、デイビット・デヴァインは「CAADシリーズはこれまでもリニューアルのたびに、前身モデルよりも優れたモデルを生み出してきた。CAAD13は当社にとって、新たな方向性を示す重要なバイクです。CAAD13の設計では重量を増やすことなく、空気抵抗の削減、乗り心地の向上に的を絞 って開発した」とコメントしている。

CAAD13 Disc Force

設計目標はカーボンフレームと互角に勝負できること

これまでのどのマシンよりも速く、スムーズで、高性能を発揮するCAAD13は、競合他社のカーボンフレームと互角に勝負できるマシン性能の実現を目指し設計されている。スピード性能では、翼断面形状の後端を切り落とすことにより、通常の丸形チューブに比べて重量を変えることなく、同等またはそれ以上の剛性を実現。その上で、30%以上の空気抵抗の削減に成功している。これまでよりも少ないパワーでさらに高速な走りを可能にする。

CAAD13 Ultegra
CAAD13 Ultegra

革新的なフレーム構造が生み出す驚愕の快適性能

スムーズな走りで定評を得ていた前身モデルCAAD12の乗り心地とライドフィールをさらに向上させるためCAAD13の設計には、フレームの柔軟性を2倍にするトップチューブからドロップしたシートステー、インテグレートされたシートバインダー、新開発の27 KNØTシートポストを採用している。その結果として実現された革新的なライドフィールは、カーボンフレームはアルミニウムよりも乗り心地の面で優れているという一般的な考えを逆転させるほど明白な違いを体感することができる。

CAAD13 105

伝統の継承。そして新たな可能性を実感できるライドフィール

CAAD13は、ライダーがこのバイクに期待する直感的な操作性と抜群の反応性を歴代のCAADシリーズから継承している。一方で、タイヤクリアランスを広げ実測30mmのタイヤを難なく装備できるため、未舗装の路面で快適な乗り心地をサポートし、ライダー本来の力を発揮できるバイクに仕上がっている。歴代の優れた面を継承しつつ、新たなチャレンジを可能とする装備を兼ねそろえる。

CAAD13 Disc 105

アルミニウムのエキスパートが徹底的に作り込んだディテール

ボトルを1本にして空気抵抗を最小に抑えることや(一番下のマウントを使用)、水分補給を重視し2本のボ トルを装備すること(上の位置のマウントを使用)を可能にする2ポジション対応のウォーターボトル用のマウントを装備し、迅速かつ簡単にホイール交換を可能とするスピードリリーススルーアクスル、ガイド付きインターナルケーブルルーティングなど細部まで徹底的に作り込まれている。