ドメニコ・ポッツォビーボがクルマにはねられて重傷

バーレーン・メリダのドメニコ・ポッツォビーボ(イタリア)は8月12日、ブエルタ・ア・エスパーニャ出場のためのトレーニング中にクルマにはねられ、複数カ所を骨折した。意識はあり、搬送された病院では安定した状態にあるという。

バーレーン・メリダのドメニコ・ポッツォビーボ(イタリア) © Massimo Paolone – LaPresse

ポッツォビーボは2019ジロ・デ・イタリアでビンチェンツォ・ニーバリ(イタリア)を総合2位に送り込んだ山岳スペシャリスト。8月24日に開幕するブエルタ・ア・エスパーニャの乗り込みをイタリア南部のコゼンツァ付近で行っていた。事故はこのトレーニング中。

「意識は安定しているが、手術を必要とする複数の骨折がある」とチームはコメントしている。

ドメニコ・ポッツォビーボ