窪木一茂が個人パーシュートで日本新…全日本トラック

自転車競技トラックレースの日本一を決める第88回全日本自転車競技選手権大会トラックレースが9月14日に開幕し、男子個人パーシュートの予選で窪木一茂(ブリヂストンサイクリング)が4分15秒889の日本新記録を樹立。決勝でも近谷涼(ブリヂストンサイクリング)を制して、2年連続3度目の優勝を達成した。

男子4km個人追い抜きを制した窪木一茂。予選では4分15秒889の日本新 ©2019 JCF

女子個人パーシュートの予選では梶原悠未(筑波大)が3分33秒740の日本新記録を樹立。決勝でも先着して4年連続で優勝した。

女子エリートスプリント決勝
1位 小林優香(ドリームシーカー)
2位 太田りゆ(ブリヂストンサイクリング)
3位 尾方真生(日本競輪選手養成所)

女子スプリントを制した小林優香 ©2019 JCF
女子スプリント優勝の小林優香。左が2位太田りゆ、右が3位尾方真生 ©2019 JCF©2019 JCF

男子エリートスクラッチ決勝
1位 橋本英也(ブリヂストンサイクリング)
2位 安彦統賀(日本体育大)
3位 草場啓吾(愛三工業)

女子エリートマディソン決勝
1位 強化A(梶原悠未・中村妃智) 63p
2位 Live GARDEN Bici Stelle(鈴木奈央・吉川美穂) 29p
3位 日本体育大学(古山稀絵・中村愛花) 18p

女子エリート3km個人パーシュート決勝
1位 梶原悠未(筑波大) 3:42.236
2位 古山稀絵(日本体育大) 3:50.059
3位 上野みなみ(シエルブルー鹿屋) 3:42.658

女子個人追い抜き優勝の梶原悠未 ©2019 JCF
女子エリート3km個人パーシュート優勝の梶原悠未。左が2位古山稀絵、右が3位上野みなみ ©2019 JCF

男子エリート1kmタイムトライアル決勝
1位 沢田桂太郎(ブリヂストンサイクリング) 1:02.590(大会新)
2位 村田祐樹(日本体育大) 1:03.138(大会新)
3位 一丸尚伍(シマノ) 1:03.244(大会新)
沢田桂太郎コメント
「最近までロードの練習がメインだったので回転数が上がらなくなっていて、去年優勝した時よりギアを重めに設定して挑みましたが、それがぴったりハマったという感じです。ベストタイムも0.6秒くらい更新できてよかったです」

女子エリート500mタイムトライアル決勝
1位 吉川美穂(ライブガーデン・ビチステンレ) 36.025
2位 野寺楓(順天堂大) 37.937
3位 小泉夢菜(早稲田大) 38.124
吉川美穂コメント
「思ったようなタイムではありませんでしたが、都道府県大会で出した35秒台がまぐれではなかったかなというくらいのタイムは出せたので、これからもっと練習して日本記録も更新できるくらい良いタイムを出せるようになりたいです」

男子エリートスプリント決勝
1位 河端朋之(JPC)
2位 新田祐大(ドリームシーカー)
3位 深谷知広(ドリームシーカー)

男子エリートスプリント優勝の河端朋之。左が2位新田祐大、右が3位深谷知広 ©2019 JCF

男子エリート4km個人パーシュート決勝
1位 窪木一茂(ブリヂストンサイクリング) 4:22.343
2位 近谷涼(ブリヂストンサイクリング) 4:26.421
3位 橋本英也(ブリヂストンサイクリング) 4:23.681

男子エリート4km個人パーシュート優勝の窪木一茂。左が2位近谷涼、右が3位橋本英也 ©2019 JCF

北米のグランプリ・ケベックでマシューズが2連覇

カナダで開催されるプロロードレースのメジャー大会、グランプリ・ケベックが9月13日に同国東部のケベックで開催され、サンウェブのマイケル・マシューズ(オーストラリア)がゴール勝負でボーラ・ハンスグローエのペテル・サガン(スロバキア)を制して2連覇した。

マシューズが第10回グラングリ・ケベックで優勝 ©Oran Kelly/Cor Vos

グランプリ・ケベックは2日後の15日にモントリールで開催されるグランプリ・モンレアルとともにカナダで開催される最高峰のロードレース。平たん路がコースとなり、マシューズのようなスプリンターが得意とする。サガンは2016、2017年の優勝者。

グランプリ・ケベックで優勝したマシューズを中央に左が2位サガン、右が3位バンアベルマート ©Oran Kelly/Cor Vos

3位はCCCのフレフ・バンアベルマート(ベルギー)で、前年にマシューズに敗れて2位になった雪辱を果たすことはできなかった。

トレック秋の試乗キャンペーンでトートバッグをもらおう

トレック・ジャパンは、これからのサイクリングシーズンに向けて、全国10店舗のトレック直営店で「秋の試乗キャンペーン」を実施。直営店で最新モデルの自転車を試乗すると、もれなく限定オリジナルトートバッグ(非売品)がプレゼントされる。

通勤通学に人気のクロスバイク「FX 3 Disc」やモデルチェンジしたばかりでロングライドに最適なロードバイク「Domane SL 5」など、幅広いモデルのバイクを見てさわって体感できる。

初めてのスポーツ自転車の購入や買い替えを検討している人は、ぜひこの機会に最新モデルを体感し、スポーツの秋を楽しもう!

トートバッグをプレゼント

期間:9月14日(土)~10月14日(月)
店舗:全国のトレック直営全店
特典:より多くの方にスポーツ自転車を楽しんでいただきたいというトレックのブランドメッセージ「Ride bikes. Have fun. Feel good.」のロゴがプリントされたオリジナルトートバッグをプレゼント

ドマーネSL5

トレック直営店
TREK Bicycle 六本木
〒106-0032 東京都港区六本木6-15-1 六本木ヒルズ 六本木けやき坂通り 1階
03-6303-1009

TREK Bicycle 東京昭島
〒196-0014 東京都昭島市田中町562-1 モリタウン東館1F
042-519-8143

TREK Bicycle 横浜
〒231-0804 神奈川県横浜市中区本牧宮原1-5 サンタハウス本牧1F
045-225-8592

TREK Bicycle 新潟
〒950-0981 新潟県新潟市中央区堀之内42-13
025-288-6649

TREK Bicycle 甲府
〒400-0803 山梨県甲府市桜井町643-1
055-236-8515

エモンダALR5

TREK Bicycle 名古屋星が丘テラス
〒464-0802 愛知県名古屋市千種区星が丘元町14-25 星が丘テラスWEST 1F
052-734-6626

TREK Bicycle 大阪
〒550-0012 大阪市西区立売堀 2-1-9 日建ビル1階
06-6536-7678

TREK Bicycle 神戸六甲
〒657-0864 兵庫県神戸市灘区新在家南町1-2-1 サザンモール六甲B612 2階
078-857-4402

TREK Bicycle 神戸須磨
〒654-0047 兵庫県神戸市須磨区磯馴町6-1-6
078-739-6646

TREK Bicycle 松山
〒790-0044 愛媛県松山市余戸東1-3-1
089-965-3777

FX3ディスク

●トレック・ジャパンの詳細ページ

トレックがまったく新しい本格e-MTBの2モデルを発売

トレック・ジャパンは同社として国内初となる電動アシストマウンテンバイク(e-MTB)を2モデル発表した。どちらのモデルもまったく新しい新開発のフレームと、ボッシュの新型e-MTB用のユニットであるPerformance Line CXを組み合わせた、最先端のe-MTB。

またトレック独自の着脱式一体型バッテリーシステムを備えることで、e-bikeとは思えないようなルックスを実現した。

Rail 9.7

Rail 9.7 79万円(税別) サイズ:S/M/L カラー:Slate/Trek Black

Rail 9.7は、トレイルでの攻めた走りを楽しみたい方に適したロングトラベルのフルサスペンションe-MTB。OCLV MTBカーボンフレームを採用することで、わずか22kgの本体重量を実現している。ジオメトリーはエンデューロバイクのSlashに近く、攻めた走りが可能。160mmフォークと150mmのリアトラベルを備え、荒れた路面での走破性をさらに高めるThru Shaft仕様のRE:aktiv ショックを搭載する。

160mmフォークと150mmのリアトラベル(写真)を備える

パーツは、トレイルやMTBパークでのダウンヒルを前提としたものがチョイスされている。フォークはタフなレッグとクラウンを用い、過酷な走行でもしならない。パワフルな4ピストンの油圧ディスクブレーキと、スムーズで一貫したパワー伝達を可能にする12速のSram Eagleドライブトレインを搭載する。また、Active Braking Pivot(ABP)、Mino Link 調整式ジオメトリー、Straight Shot ダウンチューブとKnock Blockなど、トレックが誇る最高のMTBテクノロジーを採用。

シマノ製のディスクブレーキを採用

バッテリーをフレームに内蔵して保護し、ドライブ側から工具不要で簡単に出し入れできるトレック独自の着脱式一体型バッテリーシステムを採用。大容量の500Wh バッテリーを搭載し、より長い距離を走れる。

Powerfly 5

Powerfly 5 46万円(税別) サイズ:S/M/L カラー:Trek Black/Viper Red

Powerfly 5は、高い走破性のハードテールMTBで、まさにe-bike界のSUVバイク。より遠くまで走ってみたいオフロードライダーに向け、走破性と楽しさがさらに高まった。効率的にペダリングできるフレーム設計に120mmトラベルのフロントフォークを組み合わせ、比較的難易度の低いトレイルでのライドや、街乗り、通勤まで幅広く1台でこなせるe-bike。

バッテリーを外す際はキーを回すとバッテリーが飛び出し、一体型キャリーハンドルが現れる
Boschはバッテリーとモーターの技術でリーダー的存在に君臨すること数十年。世界規模の優れたサポートとサービスを提供する唯一の供給ブランド

トレックの新型e-MTBは、全国のトレック販売店のうち、ボッシュによる技術講習を受講した販売店で販売される。9月13日より受注を開始し、2019年末ごろにデリバリーされる予定。また、Rail 9.7については、2019年に兵庫県豊岡市にオープンした「UP MTB PARK IN KANNABE」で常設のレンタルバイク設置を予定。

●トレック・ジャパンのホームページ

カバニャ初V、ログリッチェは落車もなんとか復帰…ブエルタ・ア・エスパーニャ第19S

第74回ブエルタ・ア・エスパーニャは9月13日(金)、アビラ〜トレド間の165.2kmで第19ステージが行われ、ドゥークニンク・クイックステップのレミ・カバニャ(フランス)が残り25kmから独走し、三大大会で初優勝。カバニャはスタート直後に形成された11人の第1集団に加わり、最後はメイン集団に5秒まで差を詰められたが、逃げ切った。チームは今大会4勝目。

レミ・カバニャがグランツール初優勝 ©Photogómez Sport

「後ろの集団にエースのフィリップ・ジルベールが残っていたのでボクは先頭に立って走る必要がなく、アタックの瞬間をうかがった。でも独走してからは強い向かい風で、後続に捕まるかと思った。ブエルタ・ア・エスパーニャでステージ優勝するのが夢だった」とカバニャ。

2019ブエルタ・ア・エスパーニャ第19ステージ ©Photogómez Sport
マイヨロホを着るログリッチェと、それを援護するユンボ・ビスマ勢 ©Photogómez Sport

残り60km地点では大きな落車があり、首位プリモシュ・ログリッチェ(スロベニア、ユンボ・ビスマ)が巻き込まれた。総合2位のアレハンドロ・バルベルデ(スペイン)と同3位のナイロ・キンタナ(コロンビア)を擁するモビスター勢がログリッチェを置き去りにしたメイン集団をペースアップしたため、ログリッチェは一時1分も遅れたが、必死の走りで集団に追いつき、ことなきを得た。しかしこの落車でチームキャプテンでけん引役のトニー・マルティン(ドイツ)がリタイアを余儀なくされた。

トニー・マルティンが落車に巻き込まれてリタイア ©Photogómez Sport

大会は残り2区間で、最終日前日に最後の山岳ステージを迎える。

2019ブエルタ・ア・エスパーニャ第19ステージはトレドにゴール ©Photogómez Sport
チームメートの勝利を祝福するフィリップ・ジルベール(奥) ©Photogómez Sport

●4賞ジャージ
マイヨロホ(個人総合成績)プリモシュ・ログリッチェ(スロベニア、ユンボ・ビスマ)
マイヨベルデ(ポイント賞)プリモシュ・ログリッチェ(スロベニア、ユンボ・ビスマ)
マイヨルナレス(山岳賞)ジョフリー・ブシャール(フランス、AG2Rラモンディアル)
□マイヨブランコ(新人賞)ミゲルアンヘル・ロペス(コロンビア、アスタナ)

🇪🇸ブエルタ・ア・エスパーニャ2019の特集サイト
第18ステージにもどる≪≪   ≫≫第20ステージにすすむ

⚫ブエルタ・ア・エスパーニャの公式サイト
⚫ブエルタ・ア・エスパーニャのfacebook
⚫ブエルタ・ア・エスパーニャのtwitter
⚫ブエルタ・ア・エスパーニャのinstagram