箱根駅伝5区は自転車も通行規制…電車運休で混乱の可能性も

台風19号の影響により、箱根登山電車の箱根湯本駅~強羅駅間が運休しているなど、箱根エリアの輸送力が例年に比べ大幅に低下しているなかで、2020年1月2〜3日に箱根駅伝が開催される。一般車両集中などで想定外の混乱が生じる可能性があることを関係者は心配しているという。

箱根駅伝の勝負どころとして知られる第5区。小田原の早川口付近から箱根山間部を経て芦ノ湖フィニッシュ付近までの国道1号は、例年交通規制のない対向車線も見物渋滞が発生している。2020年は特に台風19号の影響により箱根登山鉄道の交通網が遮断されていて、コースや周辺道路で例年以上の混雑が予想されるという。

選手や関係車両に接触するなどの事故、選手の進路が渋滞車両に阻まれて立ち往生する事態も想定される。これを回避するため、箱根湯本の手前、山崎I.C.付近からフィニッシュ(芦ノ湖)までの駅伝コースとなる国道1号は、1月2日10時45分ごろから13時ごろまで大型自動車などの車両交通規制が行われる。規制される車両は大型自動車、特定中型自動車、大型特殊自動車、普通自転車(駅伝大会関係車両を除く)。

普通自転車とは道路交通法に出てくる言葉だが、スポーツバイクやeバイクを含めた一般的な自転車の総称。ロードバイクなどに乗るサイクリストもこの時間帯はコースを走行することはできなくなる。台風19号の影響によって箱根登山電車の箱根湯本~強羅間は長期運休を余儀なくされ、箱根登山電車代行バスが輸送にあたっているが、規制期間中はこれも10時30分ごろから13時ごろまで運休となる。箱根湯本駅を中心に大幅な遅延と混雑が予想されるという。

ツール・ド・フランスでも信じられないハプニング

2016年7月14日のツール・ド・フランス、短縮コースを走るリッチー・ポート(前)とクリストファー・フルームがこの直後観客と接触する ©ASO:A.Broadway

普段とは異なる状況下では予想外の混乱が起こる。同じ一般道路を使ったツール・ド・フランスでもたびたび見られることだ。2016年の第12ステージでは観客殺到で総合1位に位置していたクリストファー・フルーム(英国)が観客と接触。自転車のフレームが折れてしまい、ランニングでゴールを目指したというハプニングが起こっている。

このときはゴール地点としていたプロバンスの単独峰モンバントゥーを台風並みの強風が吹き荒れたため、急きょコースを6km短縮。観衆が短くなったコースに殺到したのが原因だった。

●箱根駅伝の公式サイト

欧州同世代と引き離されていく危機感…ユーラシアIRCが11シーズン目活動へ

チームユーラシアIRCタイヤが2020年シーズンの活動を始める。半数の選手がU23として4年目となり、大きな節目となる年。彼らがエリート1年目となる2021年に欧州で自立できるのか? これまでやってきたことがはっきりする1年となると考えているという。

バナー提供 岸工業(広島)

「2019シーズンに所属した日本人6選手はみなサイクリングアカデミー出身メンバー。当時右も左も分からなかった高校生たちが2019年は右も左も分からない高校生たちを指導している事に大きな成長を感じている」と橋川健監督。

一方で、「レースの成績は個々で成長を感じられたことはありましたが、チーム全体としてはもっと成長していかなくてはならない」という。「はっきりと言えば、欧州の同世代のトップ選手から引き離されていると感じています」

「言葉で危機感を持てというのは簡単だが、目標と現在位置をしっかりと見定めて、目標に向かって近づいていけるように私も選手も全力で戦います」

チームユーラシアIRCタイヤ2020年所属メンバー

2020年は以下の継続5名+新規3名の合計8名でレース活動を行う
鈴木史竜 (1998年4月生 静岡)
大町健斗 (1998年4月生 広島)
花田聖誠 (1998年7月生 神奈川)
吉岡拓也 (1998年11月生 福井)
山岸大地 (1999年9月生 神奈川)
以上継続メンバー

以下は新規メンバー
古林一夢 (2001年4月生 石川)
鳥海祐甫 (2003年1月生 東京 ジュニアカテゴリー)
寺澤アンドリュー(2000年5月生 長野 八戸学院大学所属)

古林は2016‐2018年にサイクリングアカデミーに参加し、2016年にはU17カテゴリーで10位に入賞している。また鳥海も2019年にサイクリングアカデミーに参加。U17カテゴリーの4レースに参加し3位、6位、7位に入賞を果たした。

寺澤は八戸学院大自転車競技部に所属している。2019年6月に行われた熊野合宿に参加し、実力をアピールした。2020年は八戸学院大で学連登録を行ったまま、チームの合宿、欧州遠征に参加。

2020スケジュール
2月6~16日  チームトレーニングキャンプ (愛媛県今治市大三島)
3月上旬     渡欧 レース参戦
4月15~19日  アルデンチャレンジ(5日間のステージレース)
5月      合計10~15戦 参戦後 帰国
5月28~31日    ツールド熊野
6月1~10日  チームトレーニングキャンプ (和歌山県新宮市)
全日本
7月      下期欧州遠征
中旬~     チームユーラシア-IRCタイヤ サイクリングアカデミー
8月      高木秀彰 サポートプログラム
       (欧州遠征の費用の一部~全額をサポートします
        東フランダース1周レース
9月末     欧州遠征終了
10月      ジャパンカップ オープンレース
太文字の活動はチームに所属していない選手も参加が可能。詳細は後日公開

高木秀彰サポートプログラムで欧州遠征を行った川崎三織。UCIレースで9位に入賞した

チームジャージ刷新、一般販売で活動費に補充

2020年はジャージのデザインを大きく変更。まだ細かい部分の変更があるというが、このデザインで進行している。2019年の協賛スポンサー企業は2020年も継続してサポート。

2019年のジャージの売り上げは101万3040円となり、ジャージの売り上げに協力してくれた選手に個別に還元し、収益の全額をチームの活動費として使用。
2020年ジャージもジャージの販売を行う。サプライヤーはブルガリアに本社を置き、多くの欧州ウェアブランドの委託生産を行うDOLTCINI(ドルチーニ)。2020年も収益の全額をチームの活動費として使用する。

価格 
半袖 15,984円
長袖 15,984円
ベスト 15,984円
ミッドシーズンジャケット 23,760円 (冬用)
コンビ エアロスーツ 31,968円 (ロードレース用 ワンピース)
ビブパンツ 15,984円
送料 一律1,000円(梱包代込み)
サイズチャートと詳細

問い合わせ先 teameurasia2009@gmail.com

締め切り 2020年1月5日24時
受け渡し 3月初旬~中旬に国内より発送予定