元表彰ガールのマリオン・ルスがトニー・ガロパンと離婚

元プロサイクリストで、現在はフランステレビジョンのコメンテーターとして人気のマリオン・ルスが2020年2月9日、夫でAG2Rラ・モンディアールに所属するトニー・ガロパンと離婚したことをInstagramの投稿で明らかにした。

2014ツール・ド・フランス第9ステージでマイヨジョーヌを獲得したトニー・ガロパンと、敢闘賞の表彰アテンドとして大会に帯同していたマリオン・ルス ©A.S.O.

マリオン・ルスとガロパンは2014年10月に結婚し、12年間一緒にいた。ルスはロット・ベリソル女子チームに所属し、2012年にフランスチャンピオンとなった。ガロパンは2013年にクラシカサンセバスチャンで優勝し、2014年にロット・ベリソルへ。ツール・ド・フランスでは1日だけマイヨジョーヌを着用することになるが、交際していたルスは敢闘賞の表彰式アテンダントとしてツール・ド・フランスに帯同。当時22歳だった。

2014ツール・ド・フランスでステージ優勝した翌日のトニー・ガロパン ©A.S.O.

ルスは自転車競技引退後は、ユーロスポーツを経てフランステレビジョンへ。現在は自転車競技の実況解説者として活躍。とりわけツール・ド・フランスではなくてはならないコメンテーターとしての存在を見せつけている。

View this post on Instagram

.

A post shared by Marion Rousse (@rousse_marion) on

2015ツール・ド・フランス。左から3人目がマリオン・ルス。その後フランステレビジョンの実況解説を務めることになる ©A.S.O.

●レキップの報道ページ