人気コミック「弱虫ペダル」児童向けノベライズシリーズに最新刊

児童書出版社の岩崎書店が「小説 弱虫ペダル7」(原作:渡辺航/ノベライズ:輔老心)を 2021年10月18日に発売した。読書が苦手な子どもたちも読破できるのが特徴。体裁は新書判(フォア文庫)。748円(本体680円+税)。

子どもたちの「活字離れ」をなんとかして食い止めたいという児童書出版社としての切なる願いがあり、知名度が高く、ストーリーが抜群に面白い作品を、手に取りやすいカタチの「読み物」で提供しようという試み。選び抜いた作品が、秋田書店の大人気コミック「弱虫ペダル」だった。

 秋田書店の全面協力のもとでスタートしたのが児童向けノベライズ版『小説 弱虫ペダル』シリーズで、今回は7巻目となる。 

最新第7巻の内容

総北高校の金城と箱根学園の福富がゴール前でデッドヒート。どっちが勝者かともりあがる観客。そこに突然、現れたのは……。インターハイ1日目の勝敗が決まる!

そして、インターハイ2日目がスタート。その直後、坂道たちは、田所がいないことに気付く。 思いもよらぬ過酷な現実が総北高校を襲う!

小説 弱虫ペダル 7 (フォア文庫) [ 渡辺 航 ]

価格:748円
(2021/10/18 09:15時点)
感想(0件)

●『小説 弱虫ペダル』の特設サイト

轟⾳東京レッドブルレースデイ…自転車トライアルショーも

都⼼型複合モータースポー ツイベント、Red Bull Race Dayが2021年12⽉19⽇(⽇)に明治神宮外苑特設コースを舞台に開催される。レッドブルだからこそ集めることができる最⾼峰マシン(四輪&⼆輪)がよりによって東京都⼼に集結。轟⾳で疾⾛する姿を披露する。

2019年に明治神宮外苑で開催したイベント ©Keisuke Kato/Red Bull Content Pool

⽇本サイクリング協会との共催で交通安全の啓蒙が⽬的

東京に轟⾳を響かせ、五感を刺激するイベント体験を通じて⽇本に翼をさずけたい。そんな願いとともに繰り広げられる、ありえないロケーションでの異種モータースポーツによるこの場限りの共演。そして轟⾳ハイスピード⾛⾏が期待できる。公益財団法⼈⽇本サイクリング協会との共催による交通安全の啓蒙を⽬的としたイベントでもある。

⽇本サイクリング協会の協⼒で⾃転⾞を使ったスペシャルショーやワークショップも実施(画像はイメージ) ©Kentaro Matsuda / Red Bull Content Pool

10⽉11⽇より現地&オンライン観覧チケット販売。チケット売り上げの⼀部は医療従事者の活動⽀援に活⽤される。

Red Bull MUGEN TEAM Goh:SF19 ©Sho Tamura / Red Bull Content Pool
©Sho Tamura / Red Bull Content Pool

Red Bull Race Day(レッドブルレースデイ)
日時=12⽉19⽇(⽇)12:45〜15:15(開場:10:00)
場所=明治神宮外苑 特設コース
異種モータースポーツが⼀同に集結するデモラン
主催=国際トップモータースポーツ体験実⾏委員会
共催=公益財団法⼈⽇本サイクリング協会(JCA)

観戦方法
① 現地観覧(チケット)2500円=抽選
② オンライン特別有料配信(ピット内部&裏側をオンライン体験)800円
③ Red Bull TVでの無料配信(イベント模様にフォーカスした内容)

2019年に明治神宮外苑で開催したイベント ©Naoyuki Shibata/Red Bull Content Pool

参加マシン、ドライバー、ライダーは世界に誇るジャパンパワーを全⾯に押し出したエキサイティングな轟⾳マシン、ドライバー、ライダーが集結。海外からの⼊国規制の影響により残念ながらF1マシンの参加はないが、さらに魅⼒的なマシンの調整・交渉も現在進⾏中。

LCR HONDA IDEMITSU : HONDA RC213V ©Gold & Goose / Red Bull Content Pool

レッドブルレースデイのホームページ

伊豆大島でリモートしながら空いた時間にサイクリングをしよう

サイクリングの聖地である伊豆大島(東京都大島町)で、リモートワークしながら空いた時間でサイクリングを楽しめるというスポーツワーケーション参加モニターが募集されている。開催日は2021年11月5日~2021年11月30日で、10泊プランと25泊プランがあり、モニター参加費は1000円。

マインドシェアがスポーツ庁から受託した「スポーツによるグローバルコンテンツ創出事業」として、実証実験 「〔サイクリング〕WithWork 伊豆大島」 を実施するもの。 

「WithWork」とは、趣味のスポーツを思う存分楽しめる地域に長期滞在しながら仕事に従事できるプログラム。繁忙期と平日・オフシーズンの平準化を図りたい観光地と、趣味と仕事を両立させたい都市部のテレワーカーをマッチングする会員制サービスだ。 

WithWorkの会員には、滞在地域のイベントや地域活動など地域との交流のきっかけとなる情報を積極的に発信し、旅行者が観光地を訪れるだけでは味わうことのできない地域での交流を体験してもらうことで、地域と旅行者の新しい関係性の創出につなげたいという。

モニターツアーは、中長期的に地域と良好な関係を築いていきたいと考えている人にも納得できるプログラム。 地域との関係性やWithWorkの考え方に共感できる人にぜひ参加してもらいたいという。 

「伊豆大島は観光シーズンを過ぎると閑散としてしまう。イベントを行うにしても、土日実施になってしまうので、閑散期の平日にも来てもらえるような取り組みはとてもいいと思う」と一般社団法人大島観光協会事務局の岡田雅司さん。
「さらに、地元の方と交流を行うことで、地域にとっても参加者にとっても継続的なつながりが生まれるのではないかと期待している」 

〔サイクリング〕WithWork 伊豆大島 実施概要
<開催日>2021年11月5日~2021年11月30日 10泊プラン/25泊プラン
<場所>伊豆大島(東京都大島町)
<モニター募集期間>2021年10月1日~2021年10月15日
<参加費>1000円 ※モニターツアー参加費
●モニターツアーの詳細ページ

赤いレッドブル、9月28日登場…キャンペーンも開始

レッドブル・エナジードリンクの新フレーバー、レッドブル・エナジードリンクレッドエディションが9月28日に全国のコンビニエンスストア、オンラインなど一部流通で数量限定で先行販売。10月26日からスーパーやドラッグストアなどでも一般販売を開始する。

「情熱」がテーマの新フレーバー、赤いレッドブル。みなぎる情熱の翼で、アツくて楽しい夏が再びもどってくる!とばかりキャンペーンも展開する。

新フレーバーの発売を記念して、【夏がもどってくる「情熱の翼」キット】が当たる『赤いレッドブルフォロー&リツイートキャンペーン』を9月28日(火)から10月3日(日)までTwitterで実施する。

赤いレッドブルフォロー&リツイートキャンペーン
応募期間=2021年9月28日(火)~10月3日(日)23:59まで
当選通知=当選者のみ、10月末頃にTwitterのダイレクトメッセージで連絡予定
応募方法
①Red Bull Japan Twitter 公式アカウントをフォロー
②期間中に公式アカウントのキャンペーン投稿をリツイート
賞品=夏がもどってくる「情熱の翼」キット
内容:レッドブル・エナジードリンク250ml 1缶、レッドブル・エナジードリンクレッドエディション250ml 1缶

赤いレッドブルフォロー&リツイートキャンペーンサイト(9月28日公開)

ぐんまちゃんがアニメ化…10月3日から関東各局などで放送

2014年のゆるキャラグランプリ1位に輝いた群馬県のマスコット「ぐんまちゃん」が、アニメのキャラクターとして新登場する。アニメ「ぐんまちゃん」が2021年10月3日から関東エリアのテレビ各局などで、同4日から動画配信サービスで公開される。

●テレビ放送
<10月3日から毎週日曜日>
・TOKYO MX 8:00~
・テレビ神奈川 11:00~
・テレ玉 18:30~
・チバテレ 8:30~
・群馬テレビ 10:30~
・とちぎテレビ 8:30~
・サンテレビ 17:00~
<10月5日から毎週火曜日>
・KBS京都 19:27~

●動画配信サービス
<10月4日(月) 12時スタート>
dTV
アニメタイムズ
<10月9日(土) 10時スタート>
Rakuten TV
FOD
GYAO!
DMM.COM
music.jp
ビデオマーケット

アニメの舞台となるのは“ひらがな”の「ぐんま」という、どこかにある不思議な世界。不思議な世界だが、優しくて温かい場所だ。日常の世界でもいろいろな人がいるように、ここにもいろいろ不思議な住人たちが住んでいる。そんな「ぐんま」の中で、ぐんまちゃんが明るいキャラを発揮する。

ぐんまちゃんのアニメ化を記念して、WEB番組『ナゼナニぐんまちゃん』 も配信される。ぐんまちゃんとアニメ出演キャストが、アニメ「ぐんまちゃん」を紹介するという全4回シリーズ。第1回は高橋花林(ぐんまちゃん役)とぐんまちゃん(本人)。9月24日(金) 17時に公開された。
■公開場所
YouTube「tsulunos」チャンネル
URL:https://youtu.be/7aA-mkcs424

●アニメ「ぐんまちゃん」のホームページ