秋は霧島♪ 霧島巡レイ!ぎゅぎゅっとARスタンプラリー

いざ霧島キャンペーン実行委員会とユピテルは、霧島市内の魅力豊かな観光地をARで表示されるユピテルオリジナルキャラクター霧島レイの案内で巡る 『霧島巡レイ!ぎゅぎゅっとARスタンプラリー』を開催する。

無料アプリ「YupiteruAR」をインストールしたスマートフォンを使って霧島市内の観光スポットを巡りスタンプを集めるデジタルスタンプラリー。スタンプスポットでアプリを起動するとGPSの位置情報からスタンプをゲットできる。

各スポットでは、アプリのAR(拡張現実)機能により「霧島レイ」がスマートフォン上に出現。音声ガイドも楽しめる。

全15カ所のスポットのうち、10カ所でスタンプを集めた人に先着で 「キャンペーンオリジナルTシャツ(先着350名)」と 「羽衣6・霧島レイオリジナルの焼どうなつ(先着100名)」をプレゼント。

さらに、応募者の中から抽選で10名にA5ランクの鹿児島県産黒毛和牛が当たる。

【スタンプスポット】(15カ所) ①高千穂河原 ②霧島神話の里公園 ③霧島神宮 ④鹿兒島神宮 ⑤日当山西郷どん村 ⑥隼人塚 ⑦嘉例川駅 ⑧大隅横川駅 ⑨西郷公園 ⑩城山公園 ⑪上野原縄文の森 ⑫旧田中家別邸 ⑬丸尾滝 ⑭霧島高原国民休養地 ⑮ユピテル鹿児島

【特典】

①15カ所中10カ所達成の先着350名にキャンペーンオリジナルTシャツをプレゼント
②15カ所中10カ所達成の先着100名に「羽衣6・霧島レイオリジナル焼どうなつ(10個入り)」をプレゼント
③応募者の中から抽選で 10名に鹿児島県産黒毛和牛(A5・すきやき用)をプレゼント

●霧島巡レイ!ぎゅぎゅっとARスタンプラリーの詳細ページ

eSIMのtrifaなら安価で確実に旅先でネット通信できる

2022年のツール・ド・フランス取材では、eSIMのtrifa(トリファ)を使って転戦中だ。trifaは日本の接続サービス会社だが、スマホアプリで利用でき、しかもさまざまな地域・期間プランが安価で用意されている。アプリで完結するので最初のホテルにSIMカードやポケットWiFiを送ってもらうこともない。空港で専用カウンターを探したり、そこで語学力が求められるプランの選択を迫られることもない。

デンマークでeSIMが大活躍。クルマの中や公園のベンチなどどこでもパソコン通信できる

記事の最後に10%引きのクーポン配布中

2022ツール・ド・フランスはデンマークで3日間を過ごし、大会4日目にフランスに向かうので、購入したプランは「ヨーロッパ周遊」、期間は「31日間」で、原稿や画像を毎日パソコンから送稿するので容量の大きい「30GB」を選択した。料金は1万2900円だ。

ちなみに2022年に大会主催者が用意したワイヤレス通信を契約すると24日間の全日程で720ユーロ(10万8000円)。まさに今回はコストダウンの成功例だ。

【記事】ここ2、3年は通信環境の進化が加速中

24日間のツール・ド・フランス取材はtrifaで原稿送信した

ちなみにその他のプラン
米国・15日間(3GB)3650円
グアム・15日間(3GB)8700円
フランス・7日間(1GB)720円
アジア周遊・8日間(6GB)2340円
ヨーロッパ周遊・31日間(10GB)4580円

こういった手続き、eSIMのインストール、使用中の残量確認は無償提供されるアプリで行う。購入手続きはいたって簡単なので、公式サイトを参照のこと。

eSIMを購入してインストールする手順

アプリのトップでまずは訪問する国、あるいは複数の場合はエリアを選択

今回はフランスの他にデンマークやスウェーデンに行くので「ヨーロッパ周遊」を選択

1カ月なので「31日間」、連日パソコン通信をするので「30GB」を選択。このプランは2022年夏から追加された

テザリングが可能なので、Wi-Fiルーターとしてパソコンでインターネット接続することもできる

注文そのものはクレジットカード情報などを入力してすぐに完了

やり方がわからないときはLINEでチャット相談

ちょっとだけ手間取ったのは、次のステップであるeSIMのインストールだった。たまのバグで「インストール完了」の知らせが画面表示されないこともあり、その症状が出現した。こんなときはLINEのチャット機能で日本のスタッフとやりとりして解決策を教えてもらえる。これが実にありがたかった。

アプリ不具合からeSIMインストールの完了画面が出ず、完了していないと思いこんで何度もトライ。LINEで相談して解決した

結果としてeSIMは無事にインストールされていて、バグ改善によってこうしたトラブルもなくなってくると思うが、ここで学習したことは海外渡航前にeSIMをインストールしておくことが大切だということ。

そこで、実際に日本にいるときにやっておくべきインストール作業と、海外での最終的なセッティングを紹介。

【出国前】eSIMをインストールしておく

スマホの「設定」を開く
「モバイル通信」を選択
「モバイル通信プランを追加」を選択
QRコードまたは手動のコードを使ってeSIMをダウンロード
「モバイル通信プランを追加」を選択
「モバイル通信」画面に戻ると新しくeSIMが追加されているので、そちらを選択

🔎 どれが今回インストールしたeSIMなのかわからない場合は?

トリファを経由してインストールしたeSIMには「副回線」「eSIM」「旅行」「仕事」「モバイルデータ通信」といった名前が振り分けられているはず。また、特定の名前をつけることもできる。

一方、普段使っているSIMの名前は「キャリアの名前」、又は「主回線」といった名前が振り分けられている。
「この回線をオンにする」がONになっていなければONに切り替える
ONにした後、一度前の画面に戻り、再度該当のeSIMを選択する
画面を下にスクロールし「データローミング」をONに切り替える

現地での利用状況確認画面

【現地到着後】eSIMを切り替える

「設定」を開く
「モバイル通信」を選択
「モバイルデータ通信」を選択
今回新たに追加したeSIMにチェックを入れる
2〜3分待つと通信が開通する
もし通信が開通しない場合は端末の再起動を試す

コペンハーゲンの街歩きもGoogle Mapを起動させて目的地を探せる

▼クーポンコード:FDOFQ
トリファ購入時に購入代金が10%OFFされます。
●トリファのホームページ

国境を越えてスウェーデンへ。自動ローミングで(数分は要するが)なにもすることなく接続できる

レーザー&レーダー探知機…無線LAN搭載のフルスペック最新モデル

無線LANを搭載し、探知範囲をさらに向上させたレーザー&レーダー探知機 SUPER CAT PREMIUM LINE「LS1000」、「LS2000」をユピテルが発売。

静電式タッチパネル搭載

無線LAN搭載のフルスペックモデル

無線LAN搭載モデルなので、エンジンONで各種データを最新情報に自動更新。性能を最大限に発揮する。
・公開取締情報
・オービスデータ(更新には別途、ityクラブ加入が必要)
・リアルタイム配信データ・メディアデータ
・天気データ ・ファームウェア※通知のみ。
使用にはインターネットに接続可能な無線LAN環境が必要。

従来の公開取締情報以外にも、好みの情報を選択して待受画像のテロップに表示可能。
・カーライフ
・生活情報
・ビジネス ・天気予報※現在地
・テクノロジー

SUPER CAT PREMIUM LINE「LS1000」、「LS2000」

【NEW】 宙吊り取付けステー付属 [専用ステー]
本体やアンテナは付属の専用ステーで宙吊り取付けが可能。
LS1000
・宙吊り取付けステー
LS2000
・ディスプレイ用宙吊り取付けステー
・アンテナ用宙吊り取付けステー

レーダー探知性能史上最強

業界最高クラス探知範囲水平約60°探知範囲がさらに拡大。より早い警報が可能。

本体やアンテナは付属の専用ステーで宙吊り取り付けが可能

アンテナ内蔵1ボディタイプ レーザー&レーダー探知機
・無線 LAN 搭載
・新型レーザー式&新型レーダー式オービス対応
・最新地図データ収録(2021年秋版)
・大画面3.6インチ液晶搭載
・静電式タッチパネル搭載
・3年保証
LS1000 オープン価格 【特定カー量販店】
●ユピテルの詳細ページ

アンテナ別体2ピースセパレートタイプ レーザー&レーダー探知機
・無線LAN搭載
・新型レーザー式&新型レーダー式オービス対応
・最新地図データ収録(2021年秋版)
・大画面3.6インチ液晶搭載
・静電式タッチパネル搭載
・3年保証
LS2000 オープン価格
●ユピテルの詳細ページ

レーザー&レーダー探知機 ユピテル LS100 日本製 3年保証 光オービス(レーザー式移動オービス)受信対応

価格:17,800円
(2022/6/20 05:23時点)
感想(11件)

中村アンが「ついてる」「ついてない」とカウントするユピテルCM

ユピテルが全方面3カメラドライブレコーダー marumie(マルミエ)「Y-3000」「Z-300」の新TV-CM『カウント』篇(15秒)と『画期的3カメラ』篇 (15秒)を 2022年5月1日(日)から順次全国で放送開始する。

新TV-CM『カウント』篇では、前回の『 My Drive Life』篇に引き続き中村アンをイメージキャラクターに起用。ドライブレコーダーがついているかを気にかける中村を通じ、ユピテルのドライブレコーダーを装着するクルマを増やすことで社会から事故をなくしていきたい、というユピテルのメッセージを表現している。ドライブレコーダーが もたらす安心感を伝える、中村の自然な表情に注目。

『 カウント』 篇

おしゃれな街並みを歩いている中村アン。停まっているクルマを眺めては、「ついてない」「ついてる」…となにかをカウントしている様子。実は中村がカウントしているのは、ユピテルのドライブレコーダー。 「万が一」のことが起こった時に、記録が残っていなかった、ドライブレコーダーがついていなかった… そんな後悔を誰もしないよう、街行くクルマのことも気にかけている。

そんな中村のマイカーには、もちろんユピテルのドライブレーダーが。だから今日も安心して運転できる。「ユピテル、ツイテル?」画面の向こうのあなたにも、中村が問いかける。

『 画期的3カメラ』 篇

ユピテルの marumie「Y-3000」「Z-300」の機能や特徴を、実際の走行動画 CGで分かりやすく表現した。

marumie Y-3000 / Z-300

3つのカメラであなたを守る。全方面3カメラドライブレコーダー
「Y-3000」「Z-300」は、業界初のリアデュアルカメラを備えた「全方面3カメラドライブレコーダー」。従来の前後2カメラだけでなく、リア車内側にもう一つのカメラを搭載しているので、車両の前後、そして左右と車内を、200万画素FULL HDの高画質で記録可能。あおり運転だけでなく、追い越し車両や歩道、駐車中の当て逃げなど、全方面の安全対策に。 3つのカメラで、ドライバーを守る。

商品名:「Y-3000」 (カー用品量販店モデル) 「Z-300」 (カーディーラー専売モデル)
発売日:発売中
価格:オープンプライス
特設サイト
外形寸法:【フロント】65(幅)×53(高さ)×28(奥行)mm 【リア】118(幅)×27(直径)mm
本体重量:【フロント】約 91g (microSD カード含む) 【リア】 約 51g
消費電力:7.5W

ブラブールがEFエデュケーションのチームウォッチを発売

スウェーデンの時計ブランドBravur(ブラブール)が、中根英登が所属するEFエデュケーション・イージーポストのチームエディションクロノグラフを発売した。

リゴベルト・ウランもBRAVURを愛用

「私たちはこれまでで最もエキサイティングな打ち上げを発表できることをとてもうれしく、誇りに思っています」と共同経営者で、サイクリストのマグナス・アペルリド。チームのパートナー企業として、欧州ロードの大集団のなかで最もスタイリッシュなキットカラーとパターンを有するチームエディションクロノグラフを作成した。

BRAVUR X EF EDUCATION-EASYPOST TEAM EDITION CHRONOGRAPH

大胆なネオンピンクのアクセントが、ダークグリーンとスパークリングホワイトカラーに組み合わされている。ミニッツトラックのグラフィックは、チームのアーガイルパターンからインスピレーションを得ているだけでなく、グランツールコレクションの特徴であるチェッカーフィニッシュラインパターンにもつながっている。

ダークグリーンのラバーストラップで腕に巻く。サイクリストのオンとオフの両方で着用することができる。

チームエディションクロノグラフは、サイクリングの世界へのオマージュであるグランツールクロノグラフシリーズを発展させたもので、時計とサイクリングへの愛を融合させている。

腕時計はスウェーデンで手作りされ、スイス製のセリータキャリバーSW511ムーブメント、コート・ド・ジュネーブとペルレの装飾、ロジウムメッキ、青いネジが付いている。

●ブラブールのホームページ