キャリーモア、カリマーの提案する荷物運びのアイテム

英国のアウトドアブランドkarrimor(カリマー)のバックパックなど、旅やアウトドア活動などで使い勝手のいいアイテムがラインナップ。リュックサックからショルダーバッグ、トートバッグなどそれぞれのシーンで活躍しそうなものばかり。

urban duty jig 20 (Stone)

mars panel load 18

mars panel load 18 (Black)

マース パネルロード18
山行や旅行の際のサブザックとして最適な容量を持ったポケッタブルリュック。ライフスタイルでも活躍する充実の機能が満載。

使い方はジップを開けて引っ張り出すだけと簡単。収納時にはキークリップつきのストラップが使用可能。ポケッタブル構造でありながら、普段使いでも活躍
安定性を高めるチェストストラップも装備
ポケット内側にキーフックを装備。バッグ中で失くしやすい鍵などの携行に便利
荷物の容量に合わせて調整することで安定感を高めるサイドコンプレッションを搭載

mars shoulder 10

マース ショルダー10
山行や旅行の際のサブバッグとして最適な容量を持ったポケッタブルショルダーバッグ。ライフスタイルでも活躍する充実の機能が満載。

小物などの収納に便利なフロントポケットを採用
使い方はジップを開けて引っ張り出すだけと簡単。収納時にはキークリップつきのストラップが使用可能。ポケッタブル構造でありながら、普段使いでも活躍

mars top load 27

mars top load 27 (Navy)

マース トップロード27
山行や旅行の際のサブザックとして最適な容量を持ったポケッタブルリュック。ライフスタイルでも活躍する充実の機能が満載。

雨蓋にはポケットを装備。小物の整理に便利
荷物の容量に合わせて調整することで安定感を高めるサイドコンプレッションを搭載
使い方はジップを開けて引っ張り出すだけと簡単。収納時にはキークリップつきのストラップが使用可能。ポケッタブル構造でありながら、普段使いでも活躍

冬の光を求め、北極圏・ノルウェイへ

北極圏ノルウェーさえ心地よいカリマーのFWモデル

北極圏ノルウェーを旅しながら撮影したアウトドアブランドkarrimor(カリマー)の秋冬アイテムが紹介されている。厳しくも美しい北欧の風景にのせて、冬の旅にぴったりのアイテムがラインナップ。「carry more=もっと運べる」をブランド名の由来にもつカリマーだからこそ快適な旅をサポートしてくれる。

outer:eday W’s down fur coat (Mustard) shirts:kilda W’s L/S shirts (Khaki) acce:folded beanie 4 (Brown)

eday W’s down fur coat

< 2019AWモデル >イーデー W’s ダウン ファー コート
軽量でありながら、高い耐久性・耐摩耗性をもつ〈CEBONNER_〉を表地に採用したハーフダウンコート。昨シーズンモデルから今季はフード周りにファーをあしらってリニューアルした。650FPダウンをしっかりと封入しているため保温性に優れ、キャンプシーン、またタウンユースでも活躍する一着。ファーは取り外しも可能にしている。

global W’s down coat

< 2019AWモデル >グローバル W’s ダウン コート
防水透湿素材〈Weathertite 2L〉を表地に採用し、中綿に650FPダウンを採用した保温性の高いトラベル防水ダウンコート。着丈を長めにすることで、寒さを感じやすいヒップ周りまでしっかりと保温。小物の収納に便利なポケットを4箇所設けていて、小物などの取りだし時のストレスを解消。高めのフード襟高が冷気の侵入を遮断する。

首まわりをしっかりと保温してくれるフード・襟元の形状を採用
ウエア各所にはシーム処理を施しているため、防水性も抜群。中綿を湿らせることなく、保温性を維持
mars panel load 18 (Black)

macapa DF W’s pants

< 2019AWモデル >マカパ DF W’s パンツ
トレッキングやハイキングで活躍する〈macapa pants〉の秋冬モデル。カッティングはそのままに、肌離れに優れる二重構造素材でリニューアル。優れたストレッチ性と摩擦にも強い耐久性により、ストレスのない着用感を実現。ヒップベルトやハーネス類にも干渉しないすっきりとしたウエスト回りはバックルをなくし、内側の紐でアジャストするタイプ。撥水性も備えている。

テーパードの効いたスリムデザインでありながらも高いストレッチ性を実現。トレッキング時の足上げだけでなく、大きな動きを伴うクライミングでも活躍

冬の光を求め、北極圏・ノルウェイへ

カリマーのキャリーケースで旅とビジネスをもっと楽しく

登山ブランドなのにキャリーケース? と思う人もいるかもしれない。現代的な使いやすさとアウトドアで培ったスペックをプラスすることで生まれたカリマーの高機能キャリーケースはトラベラーに愛用されてきた。今シーズンは4モデルがリニューアル。さらに使いやすくなって新登場した。

収納式のショルダーハーネスと2WAYトートが特徴的なairport proシリーズ

airport pro シリーズ

メインコンパートメントはスーツケースのような深さがある

収納式のショルダーハーネスと2WAYトートが特徴的な〈airport pro〉シリーズ。キャリーケースなのに背負うことができるという、ちょっとユニークなモデルだが、悪路での移動時に大活躍! 道がないところでもリュックのように持ち運びできる。旅先では必ずしも舗装された道ばかりではない。そんなときも安心。機内持ち込み対応の40ℓと70ℓモデルがラインナップ。

airport pro〉シリーズのメインコンパートメントはスーツケースのような深さのあるタイプ。荷物を整理しやすく、開けたときに散らかることもない。ジップタイプのメッシュポケットも完備し、小物の整理もラクラク。

登山ブランドなのにキャリーケース

トートバッグはフロントポケットに収納可能。飛行機に搭乗する際や車のトランクにキャリーケースを入れるときなどは大事なものをトートに入れて持ち運べばOK。しかもショルダーストラップがつくので肩がけとしても使用できる2WAY仕様。

もちろん専用レインカバーも付属。被せるタイプなので、荷物が重くても簡単にアタッチ可能。コロコロとハンドルを持って移動するキャリーケースだが、リュックのように背負うことができる〈airport pro〉は、アクティブな人にぴったり。背負う際はショルダーハーネスを収納するフラップがホイールの汚れを守るカバーになってくれる。

トートバッグはフロントポケットに収納可能
収納式ショルダーハーネスを内蔵。背負うことでさらに機動性が高まる
フロントポケット部分には旅先で活躍する、取り外し可能なトートバッグをプラス
深さがあり大きく開くコンパートメント。スーツケースのように荷物を整理可能
大きめ、かつ耐久性の高いホイールは不安定な路面に対応。ボトムまでの高さもあるので、石畳や木道などでも本体がぶつかりにくいのが特徴

clamshell シリーズ

clamshell〉シリーズはフロント生地に耐久性と防汚性に優れる〈silvaguard〉ファブリックを採用。スタイリッシュなデザインでありながらも、タフネスを備えたキャリーケース。荷物が重くなっても負担が少なく、引きやすいハンドルとホイール、旅先でのセキュリティに配慮したロッカブルジッパーを採用し、ビジネスからトラベルまで信頼できる相棒。

大きく横に開くタイプの〈clamshell〉シリーズ。メインコンパートメントには荷物を入れたときに安定感を高めてくれるコンプレッションベルトを配置。またフラップにはオーガナイザーポケットを設け、荷物が整理しやすくなっている。

メインには旅先でのセキュリティを確保するロッカブルジッパーを採用
専用のレインカバーが付属
大きめ、かつ耐久性の高いホイールは不安定な路面に対応。ボトムまでの高さもあるので、石畳や木道などでも本体がぶつかりにくいのが特徴

マヴィックがトライアスロンの聖地コナデザインで限定発売

マヴィックジャパンは、世界で最も有名なトライアスロンの聖地ハワイのコナでレースをする人、またはレースを夢見みて挑戦する人に向けた究極のトライアスロンシューズ Cosmic Ultimate SL Tri KONA を限定で発売する。

世界で最も有名なトライアスロン大会では、アスリートの身体にもギアにもあらゆる要素が求められる。この新作Cosmic Ultimate SL Tri KONAは、ハワイ島コナでのアイアンマン世界選手権に参戦する、または参戦を夢見るトライアスリートが直面するとてつもないチャレンジにインスパイアされて誕生した。

抜群の軽量性

マヴィックの最軽量ロードシューズをベースに、フルカーボンSLRアウトソールとヒールロックを備えたデザインが、ペダルを踏み込む力と引き上げる力を最大限にすることを可能にした。大きなベルクロストラップと大きく設計されたループが水泳から自転車へのトランジッション時にスムーズに移行できるだけでなく、軽量メッシュアッパーとソフトな内側が足を素早く乾かし快適に。

トランジションタイムを短縮

スタート地点のカイルア桟橋に上る深紅の日の出から、ランニングコースになっているエナジーラボ地区に照りつける鮮やかなイエローの午後の陽射しまで、刻々と変化するハワイの太陽を思わせる大胆なグラフィックスタイルが、レース中、トレーニング中、あるいはハワイでのトライアスロンを夢見ている人のモチベーションを高めてくれそう。

コスミック アルチメイト SL トライアスロン KONA

カラー:コナ オレンジ
価格:4万8000円(税別)
重量:210g (27.0cm)
サイズ:24.0cm ~ 29.0cm

最高のパワーデンタルを実現

取り扱いショップ

SHOP エリア TEL
サイクルヨシダ 高崎店 群馬県 027-363-8161
トライアスロンショップ ATHLONIA 東京都 03-3470-7227
Y’s Road 新宿ウェア館 東京都 03-5363-5696
Y’s Road お茶の水レディース館 東京都 03-5244-4995
Y’s Road 横浜ウェア館 神奈川県 045-680-0054
ストラーダバイシクルズ 草津本店 滋賀県 077-566-8300
ストラーダバイシクルズ 彦根店 滋賀県 0749-30-1230
カミハギサイクル 小牧本店 愛知県 0568-73-8311

●マヴィックのホームページ

ラグビー大学選手権決勝は新国立競技場で開催へ

日本ラグビーフットボール協会は2020年1月11日(土)に開催される「第56回全国大学ラグビーフットボール選手権大会」の決勝戦を、新装となった「国立競技場」で行うことを決定した。国立競技場で同選手権決勝戦が行われるのは、2013年度の第50回大会決勝戦(2014年1月12日)以来となる。

同選手権は11月24日(日)の1回戦(1試合)を皮切りに、全14校によって覇を競う。ラグビーワールドカップ2019日本大会の熱気をそのままに2020年以降につなげる絶好の機会として、大学日本一を懸けた決勝戦を新しい国立競技場で行うことにした。

イベントでは東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会と連携し、同年の東京2020オ リンピック・パラリンピック競技大会の運営準備に向けたオペレーションの確認も行われる予定。

チケット情報については確定次第、協会オフィシャルウェブサイトなどでお知らせする。

●関連コラム
ラグビーW杯開催…その原点となった45年前の美談を忘れてはならない

山田陵太氏がスタイリング…これからの季節に羽織りたくなるアウター

英国発祥のアウトドアブランド『karrimor(カリマー)』は、ディレクション&スタイリングに山田陵太氏を迎えたウェブコンテンツ「karrimor style sample vol.2019 winter」を2019年11月13日(水)に公開した。

今回のビジュアルでは、“Practicing” をテーマに、karrimor 2019AWコレクションのラインナップから、これからのシーズンに羽織りたくなるアウターをメインにピックアップ。音楽や映画にも精通する気鋭スタイリストの山田氏がディレクションとスタイリングを務める。

各スタイル画像下のBUYボタンを押すと公式ショッピングサイトに飛ぶことができる。

karrimor style sample vol.2019 winter

レッドブル・アイスクロスが2020年2月15日横浜で開催

アイスホッケー、ダウンヒルスキー、スノーボードクロスの要素を取り入れたアイスクロス・ダウンヒル競技が2020年2月15日(土)に横浜で開催される。2018年12月に日本において初開催された大会に続いて2回目。前回は「レッドブル・クラッシュドアイス」という名称だったが、競技名称が変更された。

2018年12月の横浜大会 ©Joerg Mitter/ Red Bull Content Pool

安床武士、山内斗真、山本純子が参戦へ

2001年にRed Bull Crashed Iceとしてスタートしたこの競技は2010年より世界選手権として開催し、2018年に日本初の大会を横浜で開催した。そして20年目の節目となる今シーズンより、Red Bull Crashed Ice World Championship はATSX(All Terrain Skate Cross)連盟が主催する世界選手権として、その名称を「Red Bull Ice Cross World Championship」(レッドブル・アイスクロス・ワールドチャンピオンシップ)に変えて新たにスタートする。

ジュニア優勝のジョアニー・バレスケスを中央に左が2位マルティン・バロ、右が3位山内斗真 ©Mihai Stetcu/Red Bull Content Pool

日本では、2018年の初開催に続いて2回目の大会を2020年2月15日(土)に再び横浜で開催予定となった。この観戦チケットを11月8日(金)18:00よりオフィシャルホームページで先行受付を開始する。

ATSX主催の世界選手権Red Bull Ice Cross World Championshipは、大会開催規模と獲得ポイントでATSX 250、ATSX 500、ATSX 1000の3クラスに分かれている。大会に出場するのはRed Bull Crashed Ice男子世界チャンピオンのキャメロン・ナーズ(米国)をはじめ、往年のチャンピオンであるカイルとスコットのクロクソール兄弟(カナダ)、同じく元チャンピオンのマルコと、その兄に負けるとも劣らないルカのダラーゴ兄弟(オーストリア)。日本からはX-GAMESで幾度も優勝しているインラインスケート・ハーフパイプ界トップアスリートの安床武士と、昨シーズン初参戦ながら、ボストン大会のジュニア部門で日本人初表彰台(3位)を獲得した山内斗真が参戦を予定している。

日本男子のエース安床武士 ©Andreas Langreiter / Red Bull Content Pool

女子は2シーズン連続で世界チャンピオンに輝き勢いに乗るアマンダ・トルンゾ(米国)とリベンジに燃えるジャクリーン・レジェール(カナダ)、そしてワールドチャンピオンを狙うミリアム・トレパニエ(カナダ)などの強豪選手に、日本からは表彰台さらには初優勝を狙う山本純子が参加。

これまで単身で海外大会を転戦してきた山本純子にとっては夢にまで見た国内大会だった © Joerg Mitter / Red Bull Content Pool

■アイスクロス・ダウンヒルについて
アイスホッケー、ダウンヒルスキー、そしてスキークロスやスノーボードクロスの要素を取り入 れた競技。アイスホッケーのプロテクターを付けた恐れ知らずの選手たちが、コース途中に設置されたヘアピンカーブやバンクコーナー、連続バンプや段差などの障害物をかわしながら高低差のある全長最大約700mの氷の特設コースを滑り降りるレース。
コースは自然の地形やスキー場、さらには街中に特設会場を設置して行われる。カテゴリーは男子、女子、ジュニアの3つで、レースは1ヒート4名ごとに行い、最高時速は約80kmにも達する。
各ヒートの上位2名が次のレースに勝ち進み、決勝レースも4名で競われる。コースの難易度と獲得できるポイントによって大会はATSX 250、ATSX 500、ATSX 1000の3クラスに分けられている。この20年の間に競技の人気は大きくなり、これまで51カ国から1000人以上が大会に参加しているが、彼らを見るために多くの熱烈なファンが会場に詰め掛けている。

ボストン大会はレッドソックスのフェンウェイパークが会場となった ©Mihai Stetcu/Red Bull Content Pool

ATSX 1000 / Red Bull Ice Cross World Championship Yokohama 2020 ATSX 1000 / レッドブル・アイスクロス・ワールドチャンピオンシップ横浜2020
会場:臨港パーク特設会場(神奈川県横浜市西区みなとみらい1丁目1-1)
日時:2020年2月15日(土)
OPEN 15:00
START 18:00
※雨天決行・荒天中止 ※予告なく変更になる場合あり
内容:アイスクロス・ダウンヒル世界選手権(Red Bull Ice Cross World Championship)のATSX 1000クラスの大会。
ホームページ
主催:レッドブル・ジャパン
後援:横浜市(予定)
協賛:BFGoodrich、株式会社SUBARU、FAVRE-LEUBA

■チケット販売窓口

※各先行受付、一般販売ともに上記URLからアクセス可
席種
SSエリア:観覧デッキからスタートや会場を見渡せるVIPエリア
Sエリア:コース至近のエキサイティングエリア
Aエリア:一般観戦エリア
AエリアU-18:18歳以下限定(入場時に年齢確認を行う場合あり)
オフィシャルHP先行受付(先着)
期間:11月8日(金)18:00~11月21日(木)23:59
料金(税込):
SSエリア10,000円
Sエリア 6,000円
Aエリア一般 4,000円
AエリアU-18 2,000円
ローソンチケット最速先行受付(先着)
期間:11月22日(金)11:00~11月29日(金)23:59
一般先行受付期間:12月1日(日)
一般発売期間:12月14日(土)12:00~

備考
・未就学児無料(保護者同伴に限り)
・すべて立ち見席
チケット問い合わせ先:ローソンチケットインフォメーション電話:0570-000-777(10:00~18:00)

カリマーから軽量性と耐久性に優れた立体設計のテクニカルウエア

英国発祥のアウトドアブランドkarrimor(カリマー)は、2019AWシーズンにデビューを迎えたアルパインレーベルより、過酷な状況下でも耐えうるテクニカルウエア「alpiniste jkt(アルピニステ ジャケット)」「alpiniste pants(アルピニステ パンツ)」を全国のカリマー取り扱い店とECサイトで発売する。

アルピニステ ジャケット

カリマーは、アルピニズム発祥の英国で生まれ、“carry more=もっと運べる”を語源とし、創業以来多くの登山家や冒険家を支える、数々の製品を生み出し続けてきた。

アルピニステ パンツ

アルパインレーベルultimateは、国内外で活動する気鋭のクライマーと協業しながら専門性を追求し、過酷な状況下でも耐えうるテクニカルプロダクトを開発。今シーズンは、過酷な環境への対応力や登攀テクニックが必要とされる冬期のアルパインクライミングを目標に設定し、“極限=ultimate”を追い求めるクライマーの要望を具現化したコレクションをリリース。

アルピニステ ジャケット

Price:¥69,000 + tax Size:XS/ S/ M / L XL Weight:500g Color:Orange/ IceNavy Material:肩: event_ 3L 40D70D Taffeta (表:Nylon 100%, 中間層:eVent membrane PTFE, 裏:20D polyester knit back 100%), 身頃: event_ 3L 40D40D Ripstop (表:Nylon 100%, 中間層:eVent membrane PTFE, 裏:20D polyester knit back 100%) 耐水圧: 30,000/透湿性:10,000g/m2/24h(A1)

裾部にはハーネス着用時にウエアのずり上がりを抑えるヘムアジャスターを配置
首振りの可動域を十分に確保。フードに配置されたコードを引くことでフィット感を保ち、雨や風の侵入を最小限に抑える

ハーネスと接するウエスト回りのデザインを重要視したフィット性の高いシェイプ、腕上げなどのダイナミックな動きに対応するパターン設計を採用した「alpiniste jkt」は、軽量性と耐久性に優れた〈eVent〉をメインファブリック使用。ピットジップは横向きに配置することで効果的な換気を促し、登攀時でも開け閉めが可能な仕様に。フードはヘルメットの装着を前提としつつも、スノーシャワーや防風性、前方を高く設定して目の下部分の日焼け防止を考慮した形状にデザインしている。

チェストには小物を出し入れしやすいポケットを 左右に設け、内部にはフードのフィット感を調整するドローコードを配置
裾タブに視認性を高めるリフレクション加工を施した

また、フロントジップ上部には呼吸をサポートする通気孔を確保し、腰のベンチレーションポケットにはトリプルスライダーを採用することで、開閉のしやすさだけでなく風の抵抗を抑えられるようにスライダー位置の調整可能になっている。裾タブに被視認性を高めるリフレクション加工をも施したカリマーならではのテクニカルウエア。

脇下には横向きのベンチレーション、サイドにはトリプルスライダーを使用したベンチレーションポケットを配置
腕を上げてもサイドが引っ張られないよう、肩まわりには立体裁断・3Dパ ターン設計を採用

アルピニステ パンツ

Price:¥39,000 + tax Size:XS / S / M / L / X Material:event_ 3L 40D*40D Ripstop (表:Nylon 100%, 中間層 :eVent membrane PTFE , 裏:20D polyester knit back 100%), アイゼンガード:kevlar ® -keprotec(Nylon 88%, Aramid 12%) 耐水圧 : 30,000/ 透湿性:10,000g/m2/24h(A1)

サイドのジップはフルオープンタイプ。フロントのファスナーは長く設定され、下からでも開閉可能
岩場での摩擦、クランポンでダメージの起きやすい部分は高耐久素材ケブラーで補強している

メインファブリックには、軽量性と耐久性に優れた〈eVent〉を採用。立体裁断により、 脚部の可動範囲を拡張した。岩場での摩擦、クランポンでダメージの起きやすい部分は〈Kevlar〉で補強。サイドジップはフルオープンタイプで、フロントのファスナーは長く設定され、下からでも開閉可能な設計に。フィット性を高めるサスペンダーは取り外し可能で、凍結しやすいゴムは一部に使用しフィット感と実用性を両立。股上を深めに設計し、雪の侵入やハーネス類との干渉を最小限に抑える。

ダブルファスナーにより下からの開閉も可能になっている
ハーネスに干渉しない位置にポケットを配置。クライミング時でもアクセスしやすく、小物の携行を可能にする

また、フロントのボタンはロック式を採用し、ハーネスに干渉しない位置にポケットを1つ配置。クライミングのニーズに適合させた機能を兼ね備えたレギュラーフィットタイプのテクニカルウエア。

凍結しやすいゴムは一部に使用しフィット感と実用性を両立
裾タブにリフレクション加工を施し、夜間での視認性を高めている

●カリマーのホームページ