「首都圏発 週末自転車さんぽ」発売…けんたさんも登場

街を疾走するカッコいい自転車が気になりはじめた人におすすめの入門ガイド『首都圏発 週末自転車さんぽ』が3月30日に昭文社ホールディングスから発売される。自転車系YouTuberけんたさんインタビューも。A4変判、本体104ページ。1100円。

これまでも散歩本、登山地図、バイクツーリング向け地図、キャンプ場入門ガイドなどビギナー向けの入門ガイド企画を長年出版してきた昭文社。今回はそのノウハウを最大限生かし、ビギナーがチャレンジするために必要な内容をギアブランド、交通ルール、走り方まで一冊にばっちり詰め込んで紹介している。

[巻頭特集] TOKYO&YOKOHAMA街乗りさんぽ 
[GEAR] スポーツバイク&サイクルギアの選び方 
[HOW-TO] 自転車LIFEのために知っておきたいモノ・コト☆40 
[TRIP] あこがれのチャリ旅にチャレンジしよう。 
[COURSE GUIDE] WEEKEND CYCLING Guide20 
[綴じ込み付録]しまなみ海道&ゆめしま海道

自転車LIFEを楽しもう!「TOKYO&YOKOHAMA街乗りさんぽ」 
愛車でもレンタルバイクでも楽しめる立ち寄りスポット満載のチャリさんぽプランを用意した。青山、台場、横浜など街ナカサイクリング&ポタリングから東京湾岸ツーリング、通勤ルートツーリング、公園サイクリングやカフェ巡りまで盛りだくさんな内容を撮りおろし写真とともに見ごたえある誌面で提案している。 
チャンネル登録者数20万超えの人気自転車系YouTuberけんたさんに教わる、都内の走り方講座も要チェックポイント。

ビギナー目線でチェック!「スポーツバイク&サイクルギアの選び方」 
自転車に興味を持ち始めた初心者に、値段もスペックも最適なクロスバイクの選び方を中心に、マウンテンバイク、ロードバイク、人気の小径車、E-BIKEなど種類ごとにカタログスタイルでラインアップした。必要なギア類やサイクルウェア紹介もある。

ハウツーも充実!「自転車LIFEのために知っておきたいモノ・コト☆40」 
「高価な自転車はどこが違う?」
「サイクルラックで自転車を美しく収納」
「今キテる!<運べる>自転車に注目!」
「長い坂道をラクに上るコツ」
「親子でサイクリングできる自転車」
「『瘦せる』走り方を知る」など、ゆるっと自転車ライフを始めたい人が気になる40の<アレコレ>をまとめた。

実用性満点!「あこがれのチャリ旅にチャレンジしよう」「WEEKEND CYCLING Guide20」 
チャリ旅特集は房総への輪行サイクルトレイン「B.B.BASE」、土浦 にある話題のサイクル宿でのホテルステイ、伊豆大島の絶景ロード、那須でE-bike&ハイキングの4つをピックアップ。 
綴じ込み付録ではサイクリストの聖地「瀬戸内しまなみ海道&ゆめしま海道」を超詳細地図付きのBook in bookスタイルでお届けする。普段使い用にほどよい距離のサイクリングスポットも東京・千葉・神奈川・埼玉のエリア別に20カ所紹介している。

首都圏発 週末自転車さんぽ (昭文社ムック) [ 昭文社編集部 ]

価格:1,100円
(2021/3/17 17:00時点)
感想(0件)

●ウェブサイトでも掲載記事を一部紹介

実走感が味わえる室内トレーナーに人気YouTuber試乗

雨の日や夜間によくやる、あのツラくてつまらないインドアトレーニングが楽しくなる。画面に映し出されたコースの起伏変化とペダルを踏む負荷が同調するシステムはすでに常識だが、今度は実走しているように自転車を前後左右に動かしながらトレーニングできる。そんな夢のような新製品を人気YouTuberらに試してもらった。

サドルから腰を上げてダンシングするとマシンを乗せた板が前後左右に小気味よく動く

アクティブなのに静かなので気分はアウトドア

屋内で自転車をこぐためには、安全性のため室内トレーナーとよばれるマシンに固定する必要があった。だから車体は微動だにせず、立ちこぎしてダンスのようにリズミカルにペダルをこいでも自転車は直立しているだけ。これでは乗り物とは感じられないし、ひたすらペダルを踏み続けるだけなので、飽きてしまって長続きしなかった。

そんな退屈さを改善しようと目の前に置いたモニター画面とペダルの重さを連動させたサービスが登場。画面のコースが上り坂になれば、スマートローラーと呼ばれる負荷制御システム搭載のマシンがペダルを重くさせた。これで相当楽しくなったが、それでも自転車は直立のままだった。

後輪を外して自転車をそのまま設置するので騒音と振動がほとんどない

今回試乗したサリス社のシステムはプラットフォームと呼ばれる板面が前後左右に揺れ動くもの。これにほとんど雑音が生じない同社のスマートローラーを設置する。スマートローラーは他社製品でも搭載できるという。

室内トレーナーに自転車走行本来の動きを再現した体験会が2月4日にワイズロード渋谷本館で開催された。動画クリエイターのけんたさん、2019年に日本女性で最も獲得標高を稼いだブロガーの篠さん、富士ヒルクライム女子総合優勝者の増田菜穂子さんが参加した。

本格派クライマーの篠さんはゲーム感覚の楽しさを味わった。

実走感を楽しむ本格ヒルクライマーの篠さん

「画面が上りになると負荷がかかってくるのが脚の重みで分かります」という。「思ったほど揺れることもなく、実際の道路で走っているのと同じで、ちょうどいい感じで動くのがスゴいです」

さすがの篠さんも5分ほどの試乗でうっすらと汗。でも「とても楽しい」と満足そうだ。

けんたさんは「上級者向けの3本ローラー台のように転倒する危険がないので、ペダルをこぐことに集中できます。実走で使う筋肉がそのままの動きで再現されるから、とてもいい練習になる」と語った。

モニター画面とペダルの重さが連動する。乗っているのは会社員ながら上りに強い増田さん

増田さんはスマートローラーの静かさにびっくりしたと語っている。

「回転音が全くなくて、チェーンが動く音しか聞こえません。騒音も振動もないので、マンション住まいの私でもお隣に気を遣わないで夜間練習できそうですね」

自転車のロードバイクは氷面を滑るように、さっそうとアウトドアを走るのが魅力。これまでの室内練習では乗車姿勢は変えられず、タイヤの摩擦音や振動も気になるものだったが、これなら継続的に室内トレできそう。春になったら人知れず強くなっているのは間違いない?

自転車チェーン店のワイズロードが輸入発売

米国製スマートトレーナー、サリスは自転車チェーン店のワイズロードを展開するワイ・インターナショナルが総代理店。今回試乗したスマートトレーナーH3は12万8000円(以下すべて税別)、プラットフォームは15万8000円。画像連動型オンラインシステムの代表はズイフト。利用にはインターネット接続されたパソコンなど、ズイフト月間利用料1500円が別に必要。

左から篠さん、司会を務めた歌手でトライアスリートの水越ユカさん、増田さん、けんたさん

●SARIS公式ホームページ
●H3動画の動画
●MP1動画