ポガチャルのアイウエア、シーコンスポーツが国内展開へ

UAEエミレーツのタデイ・ポガチャルのツール・ド・フランス連覇を支えた、シーコンスポーツのアイウエアが国内で取り扱いを開始。山梨県甲府市のMany’S(メニーズ)が国内代理店となり、販売していく。

エアロウイングラモンを愛用するポガチャル

SCICON SORTS(シーコンスポーツ)は輪行バッグやサドルバッグなどのサイクルアクセサリーブランドとして世界的に高評価を得ているブランド。同社の新しい試みとして、数年前からアイウエア市場にも参入を開始していた。

タデイ・ポガチャル

2022年新商品はAEROWING LAMON (エアロウイングラモン)

バイオインスパイアードデザイン(生体模倣設計)の要素を備えた新しいアイウエアがAEROWING LAMON。他に類を見ない独特な形状は空気抵抗の軽減、確かな目の保護、優れたフィット感を追い求めた結果だという。

スリットの付いた翼のようなレンズデザインは、レンズの側面に沿ってスムーズに空気を拡散し空気抵抗を軽減。この拡散作用により、レンズの後ろでより新鮮な空気を引き寄せつつ、スリット上部の2つのエアベントとの相乗効果で 優れた通気性を実現。レンズ内部の曇りの防止にもつながる。

フレームの材質はバイオベースの素材を使用し、環境に配慮しながらも、軽量・高耐久で過酷な条件下でも使用可能。2021年のツール・ド・フランスで2連覇を果たしたタデイ・ポガチャル着用モデル。

2021ツール・ド・フランスのポガチャル ©Luca Bettini/BettiniPhoto©2021

CARBON LOOK FRAME Photochromic(調光)が2万7720円、Multimirrorタイプは2万4420円。NORMAL COLOR FRAME Photochromic(調光)が2万5630円、Multimirrorタイプは2万2220円。

AEROWING LAMON (エアロウイングラモン)
AEROWING LAMON (エアロウイングラモン)

オークリーの最新モデルは顔の輪郭にフィットするレンズ

オークリーがOakley Kato(オークリー・ケイトー)を2021年5月6日に発表。フレームがなく、アイマスクのように顔の輪郭に沿って曲がったレンズが特徴。税込み4万3010円。

エンゼルスの大谷翔平投手 ©Major League Baseball

常識を破壊し続けてきた45年の経験をもとに開発

スポーツパフォーマンスの限界をさらに押し上げるという明確なビジョンのもとでデザインされたのがオークリーのケイトーだ。フレームがなく、アイマスクのように顔の輪郭に沿い絶妙にフィットするレンズスタイルで、視野範囲が広くなり、アスリートのポテンシャルを最大限引き出すように設計された。

オークリー ケイトーを愛用するマーク・カベンディッシュ

今までにない、美しいデザインのアイウエアを生み出すためには、従来のアプローチを細部にいたるまで大胆に見直す必要があったという。型、使用する製造機械、レンズの接合方法まで製造工程を一新することでイノベーションが生まれた。

開発の過程では自転車ロード選手のマーク・カベンディッシュ、パトリック・マホームズ、ナイジェル・シルベスターやジョセフ・ニューガーデンなど世界トップレベルのチームオークリーのアスリートが試作段階のモデルを着用。耐久性とパフォーマンスのテストを重ね、従来のアイウエアとは別次元のケイトーが誕生したという。

アスリートの意見を反映した最終デザインには、レンズの角度が上下3段階に調整可能な機能に加え、かつてないほど自然なフィット感を可能にする複数のノーズパッドが付属。丈夫でありながら軽量なO-Matter(オーマター)フレームが採用され、テンプルを覆う形状に成形されたイヤーソックが一日中快適なかけ心地を実現する。 

色調やコントラストを強調することで、細部までくっきりとした視界を実現するプリズムレンズテクノロジーが採用されている。 

オークリーのグローバルブランドディレクター、カイオ・アマート(Caio Amato)は「人間の可能性を最大限引き出すという大きなテーマを日々考え続けていました。オークリーの歴史の中で、常に人々の想像を超える製品を発表し、実際に多くのアイデアを形にしてきました。オークリー・ケイトーにはこれまでのアイウエアの定義を変えるデザイン、すなわちスポーツアイウエアの新時代を切り拓くための革新的なデザインが採用されています」とコメント。 

「今日はただ新製品を発表する日ではありません。今日という日は、すべての方にとって不可能なことはないということ、スーパーヒーローはアニメの中だけではなく現実にも存在するということ、そしてこれまで以上によりよい自分を目指すことは不可能ではないということ証明する記念すべき日となります」

エンゼルスの大谷翔平投手 ©Major League Baseball

オークリーは1984年に発表したEyeshade(アイシェード)から、2000年シドニーで発表したOver The Top(オーバーザトップ)、2015年に発表したJawbreaker(ジョーブレーカー)まで、常に破壊的創造を続けてきた。 

次の一歩となるは、オークリー・ケイトー。アイウエアデザインの革命を実現するためフォルム、フィット感、機能の限界をさらに押し上げる。

●オークリーのホームページ 

ミリタリーアイウエアブランドESS日本限定品に新色

米国のアイウエアブランド、ESS(Eye Safety Systems)のJAPAN LIMITED CERAKOTE SERIES、CROSSBLADE NAROに新色を2021年6月に投入する。日本での取り扱いはノーベルアームズ。

スーパーソニック / スモークグレイ

米国No.1ミリタリーアイウエアブランド「ESS」の主力商品。通常の塗装の概念を超えた米軍基準採用(ミルスペック) 塗料/コーティングCerakote(セラコート)とのコラボレート企画がESS JAPAN LIMITED Cerakote Seriesだ。高い光学性能と耐衝撃性を有するバリスティックレンズとともに、ESS製品最大の特徴の一つとも言える、高い耐衝撃性能をもつバリスティックフレームに、この特殊コーティング“セラコート”を施すことで、さらにハイスペックなアイウエアを完成させた。

CROSSシリーズの中でも、男女問わず日本人の顔によりフィットすることで好評の CROSSBLADE NAROモデルをベースに企画されたシリーズ。輝度感が美しいメタリック調のスーパーソニック、ゴールド、そしてミリタリー カラーのオリーブドラブの全3モデルを追加してシリーズは全8色となった。

高い機能性に加え、ファッション性も重視。ミリタリーアイウエアの概念を打ち破ったカラーリングとミリタリーグレードの高機能なアイウエア。各界のプ ロフェッショナルたちの注目を集める逸品になる。

ESS CROSSBLADE NARO CERAKOTE

・商品コード:EE9034-107
・フレームカラー:スーパーソニック
・レンズカラー:スモークグレイ
・付属品:マイクロファイバーケース
・準拠:U.S MIL SPEC MIL-PRF-32432A U.S Federal OSHA,ANSIZ87.1+ CE EN 166
・JAN コード:4560406144402
・価格:¥24,200(税込)
・発売開始:6 月予定

・商品コード:EE9034-108
・フレームカラー:ゴールド
・レンズカラー:スモークグレイ
・付属品:マイクロファイバーケース
・準拠:U.S MIL SPEC MIL-PRF-32432A U.S Federal OSHA,ANSIZ87.1+ CE EN 166
・JAN コード:4560406144419
・価格:¥24,200(税込)
・発売開始:6 月予定

ゴールド / スモークグレイ

・商品コード:EE9034-109
・フレームカラー:オリーブドラブ
・レンズカラー:スモークグレイ
・付属品:マイクロファイバーケース
・準拠:U.S MIL SPEC MIL-PRF-32432A U.S Federal OSHA,ANSIZ87.1+ CE EN 166
・JAN コード:4560406144426
・価格:¥21,780(税込)
・発売開始:6 月予定

オリーブドラブ / スモークグレイ

●ESSのホームページ

オークリーが新作アイウェアENCODER(エンコーダー)発売

オークリーが2021年4月、サイクリング、野球、ゴルフ、ランニングといったさまざまなスポーツのニーズを考慮してデザインされたアイウェア、Encoder(エンコーダー)を発売した。3万6410円。

あらゆる競技のアスリートのために。最高のパフォーマンスを

機能的なデザインによりレンズサイズが最適化され、視野が広がっただけでなく耐衝撃性も強化されている。

また、競技中のレンズのずれを防止するオークリー独自素材のアンオブタニウム製イヤーソックで、キャップやヘルメット着用時も違和感なくフィットする。 

色調やコントラストを強調することで、細部までくっきりとした視界を実現するプリズムレンズ対応モデルとなる。

複数のスポーツ分野に共通して使える構造のEncoder(エンコーダー)はスポーツパフォーマンスのデザインと、帽子やヘルメットと併用できる機能性を考えて作られている。累進型のラップデザインが生むユニークなルックに、ワンランク上のカバー性まで視野を広げている。レンズ表側のラップと硬度を適度に調整し、低めのプロフィールにしたテンプルがEncoder(エンコーダー)を幅広い光条件下での分野を限らないスポーツ分野に、他は考えられないチョイスにしている。

アジアンフィットバージョンは、アジア系の顔専用にデザインした特製のレンズカットになっている。

●オークリーのホームページ

かけずにまとう新感覚サングラスEYEGLE GRAVITY日本発売

台湾の新型特許を取得したかけずに纏(まと)う新感覚サングラス、EYEGLE GRAVITYが応援購入サービスMakuake(マクアケ)で1月28日より限定販売を開始した。超早割で3650円(税込み)。

取り扱いは千葉県白井市のReshe。今回発売するのは台湾で新型特許を取得した日本未発売の製品。 2月27日18時まで購入できる。 

サングラス全体が顔を覆うようなリングデザイン構造なので驚くほどのフィット感を実現
通常のサングラスよりも顔を覆うカバー力と安定性に非常に優れているので、スポーツやアクティビティに威力を発揮する。耳にかけるのではなく身に纏(まと)うような感覚があるという。

テンプル(コメカミから耳の後ろ)部分が伸縮するので耳にかけることなく装着
テンプルの長さは自分で自由に調節できるので、男性はもちろんサイズが合わなかった女性や子供まで幅広い層に使用できる。

テンプルの先端に磁石が付いているので先端同士の磁石をつけることでカバンなどにかけられる
テンプルの先端にある強力なマグネットにより、首やバッグ・ギアなどにかけることができるので、 どんなアウトドアシーンでも気軽に持っていける。

●Makuake(マクアケ)のホームページ