エリア・ビビアーニが4代目欧州チャンピオンに

UEC(ヨーロッパ自転車競技連合)のヨーロッパ選手権は2019年8月11日、オランダのアルクマールでエリート男子ロードレースが開催され、イタリアナショナルチームのエリア・ビビアーニが優勝。イブ・ランパールト(ベルギー)、パスカル・アッカーマン(ドイツ)とともに集団を抜け出し、ゴール勝負を制した。

エリア・ビビアーニが欧州チャンピオンに ©Dario Belingheri/BettiniPhoto©2019

残り65kmで3選手を含む13人が第1集団を形成。残り25kmでここからビビアーニ、ランパールト、アッカーマンが抜け出した。チームメートで前大会の覇者マッテオ・トレンティン(イタリア)は33秒遅れとなったメイン集団の抑え役に回り、7位に入った。

オランダのアルクマールで開催された欧州選手権 ©Luca Bettini/BettiniPhoto©2019
エリート男子ロードは距離172.6km ©Luca Bettini/BettiniPhoto©2019
欧州選手権最終日はエリート男子ロード ©Luca Bettini/BettiniPhoto©2019

ヨーロッパ自転車競技連合は1995年創立。現在は50の国と地域が加盟している。当初はU23男子を対象とした大会だったが、2016年からはエリート男子と女子も追加。個人ロードと個人タイムトライアルが開催されている。

2019 UEC欧州選手権エリート男子ロード ©Dario Belingheri/BettiniPhoto©2019
2019 UEC欧州選手権エリート男子ロード ©Dario Belingheri/BettiniPhoto©2019

エリート男子ロードのこれまでの優勝者は、スロバキアのペテル・サガン(2016)、ノルウェーのアレクサンドル・クリストフ(2017)、イタリアのマッテオ・トレンティン(2018)。2020年は現在のドゥークニンク・クイックステップからフランスのコフィディスに移籍するビビアーニは4代目のエリート男子チャンピオンとなる。

2020年の欧州選手権は9月9日から13日までイタリアのトレントで開催される。

2019 UEC欧州選手権エリート男子ロード ©Dario Belingheri/BettiniPhoto©2019
2019 UEC欧州チャンピオンジャージを着用したエリア・ビビアーニ ©Luca Bettini/BettiniPhoto©2019

ビビアーニがUAEツアー第5ステージで初優勝

中東にある7つのアラブ首長国を歴訪する7日間のステージレース、UAEツアーは2月28日に第5ステージが行われ、ドゥークニンク・クイックステップのエリア・ビビアーニ(イタリア)がゴールスプリント勝負を制して今大会初優勝。

UAEツアー第5ステージを制したエリア・ビビアーニ ©LaPresse – Fabio Ferrari

総合成績では初日から首位に立つユンボ・ヴィスマのプリモシュ・ログリッチェ(スロベニア)がその座を守った。総合2位は21秒遅れでモビスターのアレハンドロ・バルベルデ(スペイン)。

UAEツアー第5ステージ。総合優勝を争うバルベルデのモビスター、ログリッチェのユンボ・ヴィスマが集団を掌握 ©LaPresse – Fabio Ferrari
UAEツアー第5ステージ ©LaPresse – Fabio Ferrari

2019ジロ・デ・イタリアのコース発表は10月31日…フルームとビビアーニが登場

2019年の第102回ジロ・デ・イタリアのコース全容が10月31日、ミラノのRAIテレビのスタジオで発表される。2018年の総合優勝者クリストファー(英国、スカイ)と、イタリアチャンピオンでポイント賞獲得のエリア・ビビアーニ(クイックステップフロアーズ)が生出演し、その感想を話す。

第101回ジロ・デ・イタリアの覇者フルーム © Fabio Ferrari – LaPresse

「地上で最も美しい場所で繰り広げられる一番タフなレース」というキャッチフレーズが掲げられているコースは、RAI2の生放送で明らかになるほか、大会の公式サイトでライブストリーミングされる。コースプレゼンテーションの開始は16時45分(日本時間は翌日零時45分)から。

⚫ジロ・デ・イタリアの公式サイト

フルームは10月25日にパリで発表された2019ツール・ド・フランスの会場で、大会最多タイとなる5勝目に意欲を見せた。一方で、チームメートであるゲラント・トーマス(英国)は2019ツール・ド・フランスを欠場する可能性があると伝えられている。親しい仲のフルームと不用意な確執が生じないように役割分担するのがねらいのよう。31日のジロ・デ・イタリアのコース発表を確認して、11月4日開催のツール・ド・フランスさいたまから戻ったあとに来季の展望をコメントする可能性がある。

マリアチクラミーノのビビアーニがジロ・デ・イタリア第17ステージで優勝 © Gian Mattia D’Alberto – LaPresse

同大会は5月11日にエミリアロマーニャ州都のボローニャで開幕することがすでに発表されていて、大会中盤でも同州を訪れることが明かされている。

⚫関連ニュース

2019ジロ・デ・イタリアはボローニャ開幕…エミリアロマーニャでのコースが変則発表

⚫2018ジロ・デ・イタリア特集サイト

⚫最新ニュースへ

ビビアーニが区間2勝目。首位はS・イェーツ堅持…ブエルタ・ア・エスパーニャ第10ステージ

第73回ブエルタ・ア・エスパーニャは9月4日(火)、サラマンカ~フェルモセリェ間の177kmで第10ステージが行われ、クイックステップフロアーズのエリア・ビビアーニ(イタリア)が得意のゴールスプリントを発揮して、第3ステージに続く2勝目を挙げた。

ブエルタ・ア・エスパーニャ第10ステージ © Luis Ángel Gómez

チームメートがすべてのアタックを封じ込めてゴール勝負に持ち込み、ビビアーニが得意とする残り150〜170mの位置までけん引した。
「これまでの選手生活の中で一番完ぺきな勝利だった」としてやったりのビビアーニ。勝ちパターンに持ち込めば、そのスプリント力は最強だ。
「平たんステージはまだ3つあるのでできるだけ勝ちたい。最終日のマドリードも勝つチャンスがある。その前日の厳しい山岳区間でボクが完走できればの話だけど」

ビビアーニ(右端)がブエルタ・ア・エスパーニャ第10ステージを制した © Luis Ángel Gómez

総合成績では前ステージで首位に躍り出たミッチェルトン・スコットのサイモン・イェーツ(英国)がその座を守った。

ブエルタ・ア・エスパーニャ第10ステージ © Luis Ángel Gómez

●4賞ジャージ
マイヨロホ(個人総合成績)サイモン・イェーツ(英国、ミッチェルトン・スコット)
マイヨベルデ(ポイント賞)ペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)
マイヨルナレス(山岳賞)ルイスアンヘル・マテ(スペイン、コフィディス)
□マイヨブランコ(コンビネーション賞)アレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター)

🇪🇸ブエルタ・ア・エスパーニャの特集サイト
⚫最新ニュースへ

ビビアーニがブエルタ・ア・エスパーニャ初優勝…首位はクビアトコウスキー堅持

第73回ブエルタ・ア・エスパーニャは8月27日(月)、ミハス~アラウリンデラトレ間の178.2kmで第3ステージが行われ、クイックステップフロアーズのエリア・ビビアーニ(イタリア)が得意のゴール勝負を制した。5月のジロ・デ・イタリアで区間4勝、大会通算で5勝をマークしているスプリンターだが、ブエルタ・ア・エスパーニャで勝利したのは初めて。

ビビアーニがブエルタ・ア・エスパーニャ初優勝 © Luis Ángel Gómez

2017年はプロチーム最多の通算57勝、グランツールではなんと15勝を挙げたクイックステップチーム。主力メンバーだったキッテルとトレンティンが他チームに移籍しても、メジャーレースで勝利を量産し続けている。この日は上り坂も多いルートだったが、強力なアシスト陣が逃げ切ろうとする選手をすべて吸収し、大集団のゴール勝負に持ち込んだ。「チームの働きぶりに感謝しかない」とビビアーニ。

マイヨロホを着るクビアトコウスキーと、それをマークするモビスターチーム © Luis Ángel Gómez

総合成績では前日に首位に立ったスカイのミハウ・クビアトコウスキー(ポーランド)がその座を守った。

山岳賞ジャージを着るコフィディスのマテ © Luis Ángel Gómez

●4賞ジャージ
マイヨロホ(個人総合成績)ミハウ・クビアトコウスキー(ポーランド、スカイ)
マイヨベルデ(ポイント賞)ミハウ・クビアトコウスキー(ポーランド、スカイ)
マイヨルナレス(山岳賞)ルイスアンヘル・マテ(スペイン、コフィディス)
□マイヨブランコ(コンビネーション賞)ミハウ・クビアトコウスキー(ポーランド、スカイ)

🇪🇸ブエルタ・ア・エスパーニャの特集サイト
⚫最新ニュースへ