Kabuto史上最軽量のFLAIR(フレアー)に新色が登場

オージーケーカブトの自転車用ヘルメット「FLAIR(フレアー)」に新色が発売される。FLAIRは軽量を追求するため、高性能衝撃吸収素材を採用。構成する各パーツのひとつひとつをグラム単位で徹底的に軽量化し、こだわり抜いたKabuto史上最軽量モデル。

フレアー・オーロラ

今回追加となるカラーは、個性際立つパープルグリーンのグラデーションを施したオーロラ。ビビットな配色と大胆なレイアウトで構成されたCOCUの全2色。価格は2万1500円(税別)。

フレアー・COCU

■FLAIR(フレアー)
※2020年2月上旬発売予定)
カラー:オーロラ、COCU
サイズ(重量): S/M(170g)、L/XL(185g)
※超軽量「SLW-1アジャスター」+「ノーマルパッド」仕様での重量 
※重量は同社計測による参考重量のため、実際の重量と若干異なる場合がある
<JCF(日本自転車競技連盟)公認>

<スペック>
・Kabuto史上、最軽量。驚異の軽さを実現した「FLAIR」。
・細部をグラム単位まで徹底的にこだわった軽量化と高性能素材を採用。
・軽さと衝撃吸収性を兼ね備えた”衝撃吸収ライナー”を使用。
・決戦用・超軽量の「SLW-1アジャスター」と標準装備の「XF-7アジャスター」用途で選択可能。
・低速域でも全方向からの風を効率よく捉え、溜った熱を放出する通気性能。
・通気性重視の「ノーマルインナーパッド(7mm)」と虫などの侵入を防ぐ「A.I.ネット」を同梱。
・登坂時でも前が見やすい前頭部を切り上げた視界を妨げない設計。
・自分好みの装着感を組み合わせることができるアジャスターとインナーパッド。
・”安全性”と”日本人に合う快適な装着感”。
・登録店での購入に限り、破損時の半額交換が可能な”破損交換制度”対象ヘルメット。

●商品の詳細ページ

シールド付きスタンダードスタイル、VITT(ヴィット)に新色

オージーケーカブトの自転車用ヘルメット「VITT(ヴィット)」に新色が発売される。日本人の頭部形状に合う快適なかぶり心地はもちろん、ポタリングからJCF(日本自転車競技連盟)公認レースまで幅広いシーンに対応する安全性能を確保する。

コンパクトで派手さを抑えた造形デザインを採用

派手さを抑えたコンパクトフォルムの帽体を採用するとともに、アイウエアとして機能する「AR-3シールド」を標準装備。ヘルメットとアイウエアの2役を果たす、これからのスタンダードスタイルとなるサイクルヘルメットだ。

XF-8アジャスターは頭部形状や好みに応じて上下4段階の調節を可能にした

今回追加するカラーは、ブラックあるいはガンメタをベースとし、車体やジャージに合わせやすいビビットなカラーを差し色に配したG-2 レッド、G-2 ブルー、G-2 マットターコイズ、G-2 オレンジの全4色。スポーティなグラフィックデザインがサイクルシーンに彩を与える。2020年2月上旬発売予定。

アイウエアとして機能するAR-3シールドを標準装備

VITT(ヴィット)

価格:1万3000円(税別)
カラー:G-2 レッド、G-2 ブルー、G-2 マットターコイズ、G-2 オレンジ
サイズ(参考重量): S/M(245g)、L(255g)、XL/XXL(270g)
※シールド未装着時の参考重量
<JCF(公財)日本自転車競技連盟公認>

虫などの侵入を防ぐA.I.ネットを標準装着

<スペック>
・日本人の頭部形状に合う快適な被り心地はもちろん、ポタリングからJCF(公財)日本自転車競技連盟公認レースまで幅広いシーンに対応する安全性能を確保。
・アイウエアとして機能する「AR-3シールド」を標準装備。
・オプションの「ARS-3シールド」を使用でき、目的や用途に応じてシールドを選択可能。
・ヘルメットとアイウエアの2役を果たす、これからのスタンダードスタイルとなるサイクルヘルメット。
・優れた安全性能を確保しながら、シェルとライナーの一体感を意識し、コンパクトで派手さを抑えた造形デザインを採用。
・サポート部分内面を球体形状とし、後頭部を包み込むようなフィット感を実現する新設計の「XF-8 アジャスター」を装着。
・「XF-8 アジャスター」は頭部形状や好みに応じて、上下4段階の調節を可能。
・虫などの侵入を防ぐ「A.I.ネット」を標準装着。

●オージーケーカブトの詳細サイト

カブトが自転車用アイウエアのニュースタンダード「101」「101PH」発売

Kabutoの自転車用アイウエアラインナップに、独自のハイコントラストレンズなどを採用した「101」と、調光速度が大幅に向上した撥水クリア調光レンズ採用の「101PH」が新たに加わった。101が1万円(税別)、101PHが1万5000円(税別)。

カブト・101(ホワイト/撥水スペクトルモーブミラー)

カブト・101(ホワイト/撥水ライトピンク)

カブト・101(マットブラック/撥水スペクトルモーブミラー)

カブト・101(マットブラック/撥水ライトピンク)

 
101シリーズは防風性に優れた一眼レンズスタイルで、セットアップされるすべてのレンズが新開発の高性能レンズ。フレームには軽量性や耐衝撃性に優れた超弾性樹脂TR90(グリルアミド)を採用。ノーズパッドにはフレキシブルに調整が可能なアジャスタブルノーズパッドを採用。圧迫感などのストレス低減に最大限配慮された装着感を実現。日本人の頭部形状を知り尽くしたKabutoだからこそ可能にした、多くのサイクリストに満足してもらえるアイウエアだ。

両モデルの共通の機能として、レンズの両面に撥水加工が施され、水や汗を弾くことでクリアな視界を保つ両面撥水レンズとレンズ内側の虹のように見えるムラを低減する特殊コーティングを施した虹ムラ低減ハードコートを採用。

101には2種類のレンズが付属。標準装着の撥水スペクトルモーブミラー(可視光線透過率21%)はコントラストを高め、路面状況などの視認性を向上。さらに自然な色合いも損なわないように配慮された新しいタイプのハイコントラストレンズだ。また、同梱レンズの撥水ライトピンク(可視光線透過率78%)は、可視光線透過率が高めの設定で早朝、トンネルなど暗い状態でも使用可能。

101PHに付属する撥水クリア調光レンズは、従来品に比べて調光速度が大幅に向上。さらに可視光線透過率の変化幅は81~17%と広く、レンズ交換なしであらゆる状況に対応。Kabutoアイウエアの調光モデルで唯一、両面撥水加工を施した高性能レンズとなる。

カブト・101PH(ホワイト)

カブト・101PH(マットブラック)

●Kabutoの商品紹介サイト

●関連ニュース

Kabuto史上最軽量。驚異の軽さを実現した「FLAIR」を新発売

●最新ニュースへホームページ

Kabuto史上最軽量。驚異の軽さを実現した「FLAIR」を新発売

Kabuto(カブト)ブランドを持つオージーケーカブトが、FLAIR(フレアー)を新発売する。軽さを追求するため高性能衝撃吸収素材を採用し、構成する各パーツのひとつひとつ、グラム単位で徹底的に軽量化にこだわり抜いた結果、S/Mサイズで170g(決戦用・超軽量仕様「SLW-1アジャスター」+「ノーマルパッド」装着時)と驚異の軽さを実現。軽さを求めるヒルクライマーや長距離の疲労を軽減したいロングライダーに最適な、同社最軽量のモデル。

カブト・フレアー(GWG)

価格は1万9500円(税別)で、破損交換登録店で2018年4月より優先発売開始、一般発売は2018年7月予定。

<主なスペック>
・Kabuto史上、最軽量。驚異の軽さを実現した「FLAIR」。
・細部をグラム単位まで徹底的にこだわった軽量化と高性能素材を採用。
・軽さと衝撃吸収性を兼ね備えた「衝撃吸収ライナー」。
・用途で選べる、決戦用・超軽量「SLW-1アジャスター」と標準装備の「XF-7アジャスター」。
・低速域でも全方向からの風を効率よく捉え、溜った熱を放出する「通気性」。
・通気性重視のノーマルインナーパッド(7mm)と虫などの侵入を防ぐA.I.ネットを同梱。
・登坂時でも前が見やすい前頭部を切り上げた視界を妨げない設計
・自分好みの装着感を組み合わせることができる「アジャスター」と「インナーパッド」。
・「安全性」と「日本人に合う快適な装着感」。
・登録店での購入に限り、破損時の半額交換が可能な「破損交換制度」対象ヘルメット。

カブト・フレアー(マットイエロー)

カブト・フレアー(マットホワイト)

カブト・フレアー(マットレッド)

カブト・フレアー(マットブルー)

カブト・フレアー(マットブラック)

KabutoのFLAIRサイト

●関連ニュース

カブトのエアロヘルメット、R1にニューグラフィックとXS/Sサイズ追加

●最新ニュースへ

KOOFUブランドから、かぶり心地が向上したBCグロッスベ・2発売

KOOFU(コーフー)のスタンダードモデル「BCグロッスベ」にアップグレードを施し、かぶり心地が向上した「BCグロッスベ・2)」 が新発売される。レースに参戦するスポーツサイクリストから、おしゃれを楽しむライトユーザー、普段街乗りでヘルメットを着用していなかった人にも気軽にかぶれるデザインのニュースタイルヘルメット。KOOFUは「風を愉しむ」テーマに国内ヘルメットメーカーのオージーケーカブトがプロデュースするブランド。

コーフー BCグロッスベ・2 マットホワイトヘアライン
コーフー BCグロッスベ・2 マットホワイトヘアラインのバックスタイル

かぶり心地をよくするために、あごひもの厚みと取り付け角度を変更。あごひものねじれを抑制し、快適性を向上させた。またあごひもの耳の下の部分にあるアジャストロックを、プレミアムモデルの「BCオーロ」と同型の「アジャストロック02」に変更している。「BCグロッスベ」と同じ仕様は、ファブリックタイプの「BCバイザー」を標準装備。また大型のサポートパーツで後頭部を包むようにホールドし、上下3段階調節が可能な「TRIFIT-2アジャスター」、「A.I.ネット」を継続採用している。

カラーはマットブラック、マットホワイトヘアライン、マットブラックカモ、マットネイビー、マットブルーレーサー、マットホワイトレーサーの全6色。サイズはS/M、L/XL。日本自転車競技連盟公認ヘルメット。価格は1万3500円(税別)。

コーフー BCグロッスベ・2 マットブラックカモ

コーフー BCグロッスベ・2 マットブルーレーサー

コーフー BCグロッスベ・2 マットブラック

コーフー BCグロッスベ・2 マットネイビー

コーフー BCグロッスベ・2 マットホワイトレーサー

●関連ニュース

カブトのエアロヘルメット、R1にニューグラフィックとXS/Sサイズ追加

●最新ニュースへ

カブトのエアロヘルメット、R1にニューグラフィックとXS/Sサイズ追加

オージーケーカブトが自転車用のエアロロードヘルメット「エアロ・R1(アールワン)」にスポーティな新グラフィック6色と、小ぶりなXS/Sサイズを追加発売した。すべて日本自転車競技連盟公認。価格は1万9000円(以下すべて税別)。

エアロ・R1 ホワイトダークグレー

追加されたカラーはG-1 ホワイトレッド、G-1 ホワイトダークグレー、G-1 ホワイトライトグレー、G-1 ホワイトブルー、G-1 マットブラックグレー、G-1 ピンクブルー。シールド未装着時の参考重量はS/Mサイズで205gとかなり軽い。XS/Sサイズは3月発売予定。

エアロ・R1 マットブラックグレー
エアロ・R1 ピンクブルー
エアロ・R1 ホワイトブルー
エアロ・R1 ホワイトライトグレー
エアロ・R1 ホワイトレッド

オプション(別売)として選手供給用のスペシャルシールド「ARS-3 SHIELD(エーアールエス・スリーシールド)」に新色として「クリア」が追加された。素材はポリカーボネイト。紫外線カット率99%以上。可視光線透過率はクリア92%、スモーク44%、ブルーミラー54%、ピンクミラー88%価格はクリア/スモーク5000円、ブルーミラー/ピンクミラー6000円。

オージーケーカブトの当該商品サイト

●関連ニュース

NIPPOヴィーニファンティーニがオージーケーカブトと2年契約

●最新ニュースへ

NIPPOヴィーニファンティーニがオージーケーカブトと2年契約

NIPPOヴィーニファンティーニが国内トップのヘルメットメーカー、オージーケーカブトと2年間のパートナー契約を締結。素晴らしい製品づくりで世界をリードする”Kabuto”の安全で快適なヘルメットが世界で戦う選手たちの力強いパートナーとなる。

チームモデルのAERO-R1を手にする内間康平、ダミアーノ・クネゴ、マルコ・カノラ

2018年はNIPPOヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニという名称になる同チームは、はフラグシップモデルである「ZENARD」と空力特性を追求しエアロ効果に優れる「AERO-R1」、超軽量モデルである「FLAIR」、そしてタイムトライアル用ヘルメットの「AERO-TL」の4種類のヘルメットを用途に合わせて使い分けていく。

オージーケーカブトは新城幸也が所属したブイグテレコムやランプレ・メリダなど、世界のトップチームをスポンサードした経歴をもつ。ロードレース、トラック競技をはじめとする日本代表チームも長年同社の製品を愛用している。モータースポーツでも国内外を問わず多くのプロライダーに支持されている。よりよい品質を求める飽くなき探究心で、製品には日々改良が加えられ、世界に誇る最高品質を生み出している。

大門宏マネージャーのコメント
「オージーケーカブトとの契約交渉にあたり、役員や現場担当からなんとしても日本人選手をバックアップしたいという強い意志が伝わってきた。橋本聖子会長が理事を務め、東京オリンピックを目標にした日本人選手強化プロジェクトを推し進める一般社団法人ジャパンプロサイクリングの活動に強い関心をもっていただいた。日本の自転車競技界を代表するオージーケーカブトがパートナーに加わったことは、このプロジェクトにとって大きな意味をもつ。賛同企業や日本のファンのためにも、さらに緊張感をもって世界ランキングへ挑戦する日本人選手の強化に取り組みたい」

チームモデル「AERO-R1」のバックスタイル。チームカラーであるオレンジ色がアクセントになる

オージーケーカブト
http://www.ogkkabuto.co.jp/bicycle/index.html