キャノンデール日本仕様初のeバイク、Quick NEO発売

キャノンデール日本仕様のeバイクがいよいよ日本に上陸。キャノンデール・ジャパンが、Bosch製パワーユニットを搭載したQuick NEO(クイックネオ)を2月7日(金)に発売した。

キャノンデールのQuick NEO(クイックネオ)

アシスト時の軽やかな走りはもちろん、アシストオフの時も気持ちよく走れる万能eバイク。フェンダーの取り付けはライダーのライフスタイルに合わせて調整可能。

ロードバイクのようにスピーディーでありながら、アップライトなジオメトリーとフラットハンドルの組み合わせにより、スポーツバイクに慣れていない人でも快適に走れる。手元でアシストモードの調整が容易で、長時間走行でも安心して出かけることができる。価格は29万円(税別)。

ドライブユニットはボッシュ社製のActive Line Plus 250W
アップライトなポジションでだれでも気軽に乗れる

ピュアパワー:軽く汗を流したいライドにピッタリ!

搭載しているパワーユニット「Bosch G3アクティブラインプラス」は、軽量かつ静音でありながらとてもパワフル。アシストをオフにしても、快適ライドを邪魔する走行抵抗は発生しない。

バッテリーはBosch社のPowerTube 500Wh

遠くまで:大容量バッテリー500Wh パワー

フレームにスッキリ収まる大容量のバッテリーを搭載しているため、長時間のライドでも安心。クロスバイクにスピードを加えたいライダーや、長い時間カラダを動かすことが好きなライダーにオススメ。

高速時の安定性と俊敏なハンドルを両立

安心のハンドリング:安定した高速走行をサポート!

OutFrontジオメトリーは、少し寝かせたヘッドアングルと55mmのフォークオフセットの組み合わせにより、高速時の安定性と俊敏なハンドルを両立。バイク重量のあるeバイクにベストな設計。小さいサイズのバイクでも、つま先が前輪に接触するリスクを軽減できる。

メインパーツはシマノ製アルタスで9段変速

どんな道でも準備は OK:普段使いにちょうどいい装備

キックスタンド、取り外し可能なフェンダーブリッジ、ラックマウント、ライト用ケーブルを標準装備。必要なときに簡単に取り付けられ、不要なときには取り外してスッキリとした見た目をキープ。通勤や街乗りにピ ッタリ。

■商品概要
商品名:Quick NEO(クイックネオ)
ドライブユニット:Bosch Active Line Plus 250W
バッテリー:Bosch PowerTube 500Wh
変速:Shimano Altus, 9速
タイヤ:700 x 35c
カラー:エメラルド(EMR)
サイズ:SM, MD, LG
価格:29万円(税別)
●Quick NEO(クイックネオ)の詳細ページ

Quick NEO(クイックネオ)

●キャノンデールの日本語ホームページ

キャノンデールのスーパーシックスエボがバイシクル・オブ・ザ・イヤー

キャノンデールの2020モデル、SuperSix EVO Hi-MOD Disc(スーパーシックスエボハイモッドディスク)が日本バイシクル・オブ・ザ・イヤー2020を受賞した。ノミネートされた10台の候補車輌のうち、すべての選考委員から得点を集めたのはこの一台のみで、 2020年モデルを代表するバイクとして高く評価された。

キャノンデールのスーパーシックスエボハイモッドディスク

主催は日本バイシクル・オブ・ザ・イヤー2020実行委員会。選考委員長は岩田淳雄。今回の受賞内容について実行委員会は次のようにコメント。

「スーパーシックスエボハイモッドディスクは、軽量高剛性というこれまでのアイデンティティーに加え、エアロ性能、さらには快適性にも目を向けたモデル。真のオールラウンダー、真のロードバイクとはなにかということを世に問う意欲作だといえる。主要パーツを自社ブランドでかため、その目指す目標に向けてトータルインテグレーションを進めた。ケーブル内装化、フレームチューブ形状の最適化によるエアロ化、さらに快適性アップのための『セーブ』コンセプト採用など、現在考えられる技術すべてを投入している。その結果のトータルバランスのよさが得点を集めた」

乗り手に負担をかけずに速さにつなげる

「軽さと速さ、振動吸収性を高いレベルで両立していた。推進力にキレがあり、上り、平地問わずにペダルを踏みたくなる衝動に駆られる。乗り心地が抜群で、コンフォート系のバイクかと思わせるほどだ。激しいライディングに対しても、拍子抜けするほどバイクがニュートラルに対応する。ハンドルまわりやシートポスト、ホイールを含めてトータルパッケージで仕上げられた結果だ。乗り手に負担をかけずに速さにつなげる性能はこれからのスタンダードになる」選考委員 松尾修作

各選考委員の持ち点は10。それをいくつのモデルに分配しても構わないが、1モデルへの配点は最高3点。各モデルの得点を集計し、最高得点を得たモデルを日本バイシクル・オブ・ザ・イヤー2020とした。

ハンドルのメンテナンス性の高さもポイントとなる

「すべての点で完成度が高い。この一言につきる。山岳から平坦まですべてのシーンで信頼できる一台として、プロ選手たちを勝利に導いてきた実績をもつバイクであることに納得だ。今回のモデルチェンジでは、エアロ性能と快適性の向上が大きい。ホイールセンサーや、パワーメーターが標準装備されているのもうれしい点。細かいかもしれないが、ハンドル角度の微調整が可能であったり、高さも自由に変えられたりとメンテナンス性が高いのもポイントが高い」選考委員 田村明寛

「日本バイシクル・オブ・ザ・イヤー2020」を受賞したスーパーシックスエボハイモッドディスクは、シリー ズ3世代目となる最新作。歴代のロードレースバイクをドラマチックに進化させたモデルとなる。前作モデルで支持された『軽くスムーズかつ俊敏なライドフィール』はそのままに、空気抵抗を大幅に削減するためにアップデートされたチューブデザインを採用することで、現代のライダーが真価を発揮できる本格的なロードバイクに仕上げられている。

●SuperSix EVO Hi-MOD Disc(スーパーシックスエボハイモッドディスク)

キャノンデールが分割払い手数料ゼロ円キャンペーン

キャノンデール・ジャパンは10月1日より「分割払い手数料ゼロ円キャンペーン」を実施する。対象車種は、2020年モデルのうち話題の新車種を含む全4モデル(SystemSix、SuperSix EVO、CAAD13、Topstone Carbon)。支払い回数は最大24回払いまで可能。憧れのあのバイク、購入するなら今がチャンス。

キャノンデール 分割払い手数料ゼロ円キャンペーン

期間:2019年10月1日(火)~2019年12月1日(日)まで

対象車種:2020 SystemSix、2020 SuperSix EVO、2020 CAAD13(ウィメンズ含む)、2020 Topstone Carbon(Alloy 除く)

支払回数:最大24回

●キャンペーンウェブサイト

キャノンデールの万能バイク、2020年モデルQuick発売

キャノンデール・ジャパンは、モデルチェンジしたクロスバイク Quick(クイック)を発売した。速くて多目的に使用できるので、さまざまなライダーに合った楽しいバイクとなった。街を走ったりワークアウトに使ったり、気分転換に最適。

全車にディスクブレーキと夜間の走行に安心なリフレクティブデザインを標準装備している。街中の走行を考慮しハンドルは短めの640mm幅を採用、フレームは従来と比べ細くスタイリッシュなデザインになった。あなたの好きな街を、好きなだけサイクリングしましよう。

QUICK DISC 5 5万4000円
QUICK DISC 3 7万5000円

軽さを感じて:クラス最軽量のクロスバイク

Quick シリーズはクラス最軽量のため、乗りやすく、持ち上げるのも簡単。2020年 Quickシリーズの新型フレームは、SAVEマイクロサスペンション機能、使いやすい StraightShotインターナルケーブルルーティング、 新たなデザインで、さらに軽量化。

QUICK DISC 3 7万5000円

つながる楽しさ:専用アプリでライドを可視化

Quick シリーズには、よりよいライド体験になるようライダーとバイクをつなげる新たなコミュニケーションスタイルを追加。フロントホイールに装備されたセンサーが、スピード、距離、消費カロリー、CO2 削減量を記録。また、無料の専用アプリで、ユーザー登録やメンテナンスのタイミングなどを自動的にお知らせ。

QUICK DISC 4 6万3000円

快適&有能:普段使いにちょうどいい装備

衝撃を吸収するSAVEマイクロサスペンション、最適なグリップ、長時間乗っても疲れにくいサドルで、非常に快適な乗り心地。フレームは 360°反射するため視認性は抜群。ラックとフェンダーを装着した多目的な使用にも対応。

QUICK DISC 5 5万4000円

●キャノンデールの詳細ページ

キャノンデールが羽田・多摩川沿いで試乗会・トークショー

キャノンデール・ジャパンは2019年9月15日、2020年モデルの試乗イベント『CANNONDALE 2020 DEMO RIDE DAYS』を開催。羽田空港の多摩川対岸に隣接するカフェ「River Café and Dining」をメイン会場とし、最新のロードバイクやグラベルバイクを中心に試乗車を各サイズ取り揃え、合計30台以上を用意する。

展示バイクはカラーの違いなどを確認できるようグレード別に展示。さらに、メインステージではバイクについての詳しい商品説明の時間を設けるほか、MTB全日本チャンピオンの山本幸平のトークショーや、横浜を中心に活動しているボサノバ歌手による演奏を予定している。

試乗コースは多摩川サイクリングコースをメインとしたフラットで安全なコース。

CANNONDALE 2020 DEMO RIDE DAYS

開催日時:2019年9月15日(日)10:00~17:30(試乗受付終了 16:30)
前売チケット:1000 円(税込)※下記購入ページよりお申し込みください。
当日チケット:1300 円(税込)※イベント当日「受付」にて現金払いのみ
参加費に含まれるもの:来場特典、試乗保険料

開催場所:River Café and Dining
〒210-0821 神奈川県川崎市川崎区殿町 3-25-11 東急 REI ホテル 1F

試乗車リスト
SuperSix EVO Hi-MOD Disc Dura Ace Di2(サイズ:48, 51, 54, 56)
CAAD13 Disc Force eTap AXS(サイズ:48, 51, 54, 56)
Topstone Carbon Force eTap AXS(サイズ:XS, S, M, L)
前売チケット購入ページ

アンラッキーな13を最新エアロモデルに採用…キャノンデールの自信作

キャノンデール・ジャパンがエアロダイナミクスを加え、さらに美しく速くなった CAAD13を発売した。加工に時間とコストを必要とする6069番のアルミ合金を使用し、他社のアルミフレームでは真似のできない快適性と剛性のベストバランスを実現。翼断面形状の後端を切り落としたエアロチューブを採用することでさらなる速さを追加した。

キャノンデールは40年にわたりアルミニウム製ロードバイクの分野において常に新たな技術に挑戦。どの世代もその時代に強烈なインパクトを残すバイクを生み出してきた が、今回のCAAD13はアルミニウムの原子番号を示す「13」をモデル名に起用した。

アンラッキーを招くと欧米で不吉といわれる「13」にあえて身を包んだCAAD13は、ライダーに幸運と絶対的なスピードをもたらすキャノンデールの自信作だ。

キャノンデールのプロダクトディレクター、デイビット・デヴァインは「CAADシリーズはこれまでもリニューアルのたびに、前身モデルよりも優れたモデルを生み出してきた。CAAD13は当社にとって、新たな方向性を示す重要なバイクです。CAAD13の設計では重量を増やすことなく、空気抵抗の削減、乗り心地の向上に的を絞 って開発した」とコメントしている。

CAAD13 Disc Force

設計目標はカーボンフレームと互角に勝負できること

これまでのどのマシンよりも速く、スムーズで、高性能を発揮するCAAD13は、競合他社のカーボンフレームと互角に勝負できるマシン性能の実現を目指し設計されている。スピード性能では、翼断面形状の後端を切り落とすことにより、通常の丸形チューブに比べて重量を変えることなく、同等またはそれ以上の剛性を実現。その上で、30%以上の空気抵抗の削減に成功している。これまでよりも少ないパワーでさらに高速な走りを可能にする。

CAAD13 Ultegra
CAAD13 Ultegra

革新的なフレーム構造が生み出す驚愕の快適性能

スムーズな走りで定評を得ていた前身モデルCAAD12の乗り心地とライドフィールをさらに向上させるためCAAD13の設計には、フレームの柔軟性を2倍にするトップチューブからドロップしたシートステー、インテグレートされたシートバインダー、新開発の27 KNØTシートポストを採用している。その結果として実現された革新的なライドフィールは、カーボンフレームはアルミニウムよりも乗り心地の面で優れているという一般的な考えを逆転させるほど明白な違いを体感することができる。

CAAD13 105

伝統の継承。そして新たな可能性を実感できるライドフィール

CAAD13は、ライダーがこのバイクに期待する直感的な操作性と抜群の反応性を歴代のCAADシリーズから継承している。一方で、タイヤクリアランスを広げ実測30mmのタイヤを難なく装備できるため、未舗装の路面で快適な乗り心地をサポートし、ライダー本来の力を発揮できるバイクに仕上がっている。歴代の優れた面を継承しつつ、新たなチャレンジを可能とする装備を兼ねそろえる。

CAAD13 Disc 105

アルミニウムのエキスパートが徹底的に作り込んだディテール

ボトルを1本にして空気抵抗を最小に抑えることや(一番下のマウントを使用)、水分補給を重視し2本のボ トルを装備すること(上の位置のマウントを使用)を可能にする2ポジション対応のウォーターボトル用のマウントを装備し、迅速かつ簡単にホイール交換を可能とするスピードリリーススルーアクスル、ガイド付きインターナルケーブルルーティングなど細部まで徹底的に作り込まれている。

キャノンデールが2020年モデル新型SuperSix EVO発売

キャノンデール・ジャパンがデザインを一新したSuperSix EVOを発表した。この新型バイクは、歴代のロードレースバイクをドラマチックに進化させたモデルとなる。前作モデルで支持された『軽くスムーズかつ俊敏なライドフィール』はそのままに、空気抵抗を大幅に削減するためにアップデートされたチューブデザインを採用することで、現代のライダーが真価を発揮できる本格的なロードバイクに仕上げられている。

キャノンデールのエンジニア、ネイサン・バリーは「エアロダイナミクスは、バイクのスピードとパフォーマンスに大きく影響します。そこで、新型SuperSix EVOでは空気抵抗を削減することを最優先しました。一方で、旧型モデルの高い評価を支えた軽さ、反応のよさ、安定した走りをそのまま新型に継承することも同じくらい重要なことでした」とコメントしている。

相反する軽量性とエアロダイナミクスを究極のバランスで実現

軽量性とエアロダイナミクス両方のバランスを考慮し、新型SuperSix EVOでは、以前のフレームに匹敵する軽量性、剛性、ライドフィールを実現しつつ、空気抵抗を削減するエアロチューブを採用している。新しくデザインされたフレーム、フォーク、シートポスト、バー、ステム、ホイールが相互に連携して最適なパフォーマンスを実現するシステムインテグレーションとなっている。これらの開発努力が実を結び、時速48kmで前作モデルよりも30ワットを削減する、現在市販されている軽量ロードバイクの中で最速のバイクが完成した。

新機構採用によりさらに高い快適性能をプラス

新型SuperSix Evoは、初代からスムーズで優雅なライドフィールが高く評価されているモデルだったが、新型モデルは前作モデルよりもさらにスムーズな走りを実現した。新しいインテグレートシートバインダー、 27 KNØTシートポストにより、路面追従性が18%向上している。さらにフレームには、十分なクリアランスを確保しつつ30mmのタイヤを装備できる余裕がある。また、新しいSAVEバーにより、衝撃を吸収しながら、空気抵抗が軽減されるため、ラフな路面でも脅威の快適性、コントロール性、そしてスピードを確保できる。

最も使いやすいワイドな45mmハイトリム、チューブレスレディにも対応

HollowGram 45 KNØTホイールは、キャノンデールの空気抵抗を低減する幅広のリム形状に、軽く汎用性に優れたリムハイト45mmを採用したディープリムホイール。このホイールは、世界最速のオールラウンドレーシングホイールのひとつで、内径21mm(外径32mm)のスーパーワイドリムに25C(実測値28mm)のタイヤを装備しても驚異的な空力効率をキープしつつバリエーションに富む路面や環境で、さらに高速巡航する可能性 を広げる。

キャノンデールアプリがバイクとライダーをつなげる

SuperSix EVO Hi-Mod Disc – Ultegra Di2

新型SuperSix EVOは、ライダーにバイクとライド体験をつなぐ新たな楽しみを提供。キャノンデールの最新技術によって、内蔵されたホイールセンサーと新しいキャノンデールアプリがシームレスにペアリングされ、極めて正確なスピード、ルート、走行距離を自動的に保存することができる。さらに、ライダーのスマートフォンでは自分自身のバイクに関する詳細情報を確認したり、メンテナンス時期を自動的にお知らせする。

すぐに利用できる「Power2Max」パワーメーター(一部サービスは有料)やホイールのスピーディーな脱着を可能にするスピードリリーススルーアクスル、整備が簡単なガイド付きインターナルケーブルルーティングといった、こだわりのディテールが採用された新型SuperSix EVOは、徹底的に磨き上げられた本格的なロードバイク。

キャノンデール・ファクトリー・レーシング(CFR)ウエア発売

キャノンデール・ジャパンは、マウンテンバイククロスカントリー競技を中心にレース活動するキャノンデール・ファクトリー・レーシング(CFR)のレプリカチームキットを販売する。

CFRのライダーがワールドカップで着用するシマノ製のジャージは、ブラックを基調としたデザインに胸元と腕にレースシーンを連想させるチェッカーボードを配置し、レースチームとしての強い意志を表している。シンプルなデザインながらアクションの多い山中で存在感をアピールできるデザインとなっている。

ドイツチャンピオンのマニュエル・フミックと、ブラジルチャンピオンのエンリケ・アヴァンチーニはナショナルチャンピオンの証である国旗をモチーフにしたジャージを着用してレースに参戦(ただしレプリカナショナルチャンピオンジャージの販売予定はなし)。また、フランス人のマキシム・マロットは、今回発売するジャージをまとってワールドカップシーズンを戦う。

2018年のワールドカップでチームランキングトップに輝いた強力なメンバーは、2019年のレースシーンをリードしていくはず。今回発表するレプリカチームキットは、全国のキャノンデール正規販売店で販売する。 

CFR チームレプリカジャージ
サイズ :S, M, L
価格 :8000円(税別) 

CFR チームレプリカビブショーツ
サイズ :S, M, L
価格 :1万2000円(税別)

CFR チームレプリカMTBショーツ

CFR チームレプリカMTBショーツ
サイズ :S, M, L
価格 :1万2500円(税別)

●キャノンデール・ジャパンのホームページ