ラルプデュエズを制したピドコックがMTB欧州チャンピオンに

ロードレース、シクロクロス、MTBの三刀流で注目される英国のトム・ピドコックが、8月20日にドイツのミュンヘンで行われた欧州選手権MTBクロスカントリー男子で優勝した。

英国のピドコックがレース終盤にアタックをかける ©Luca Bettini/UEC/SprintCyclingAgency©2022

7月のツール・ド・フランスでは最難関のラルプデュエズで独走勝利。現在のシクロクロス世界チャンピオン。そして東京五輪MTB金メダリストのピドコック。大陸選手権としてはシクロクロスのジュニア(2016年)とU23(2018年)に続くタイトル獲得となった。

欧州選手権MTBクロスカントリー男子 ©Luca Bettini/UEC/SprintCyclingAgency©2022
ミュンヘンのオリンピックパークで行われたMTB欧州選手権 ©Luca Bettini/UEC/SprintCyclingAgency©2022
独走して背後を振り返るピドコック ©Luca Bettini/UEC/SprintCyclingAgency©2022
トム・ピドコックが欧州選手権MTBクロスカントリーを制した ©Luca Bettini/UEC/SprintCyclingAgency©2022
MTB XCO欧州選手権を制したピドコックを中央に左が2位セバスチャン・カールステンセン(デンマーク)、右が3位フィリッポ・コロンボ(スイス) ©Luca Bettini/UEC/SprintCyclingAgency©2022

欧州選手権MTBクロスカントリー女子はフランスのジョアナ・ルコントが優勝した。

欧州選手権MTBクロスカントリー女子はフランスのロアナ・ルコントが優勝 ©Ivan Benedetto/UEC/SprintCyclingAgency©2022

ピドコックがシクロクロス世界チャンピオン…東京五輪MTBに続く二刀流

英国のトム・ピドコックが、1月30日(日本時間31日)に米国のファイエットビルで開催されたシクロクロス世界選手権エリート男子で英国選手として初優勝した。同選手は2020年大会の2位。東京五輪ではMTBクロスカントリーに出場して金メダル。二刀流を成就した。

トム・ピドコック。UCI XCCノベームニェスト・ナ・モラビエ(チェコ) 。2021年5月14日 ©Bartek Wolinski / RedBull Content Pool

直近の7年間において、シクロクロス世界選手権で4勝のマチュー・ファンデルポール(オランダ)、同3勝のワウト・ファンアールト(ベルギー)は欠場。ファンデルポールは東京五輪マウンテンバイクでの落車で痛めた傷が万全ではなく、「ロードシーズンのために治療に専念する」と断念。ファンアールトもロードシーズンでのタイトル獲得のためにシクロクロスシーズンを早めに切り上げた。

ピドコックはロードレースではジュニア時代にタイムトライアルで世界チャンピオンに。現在は英国の強豪イネオスグレナディアーズに所属する。2021年のロード世界選手権で6位に入賞した。

エリート女子はオランダのマリアンヌ・フォスが2006、2009、2010、2011、2012、2013、2014年に続き、8年ぶり8度目の世界チャンピオンになった。

ピドコック、ロード、MTB、シクロクロスで世界三冠を目指す

英国のトム・ピドコックが、12月18日にオランダのルクフェンで開催されたシクロクロスワールドカップ第11戦で英国選手として初優勝した。翌日の19日にベルギーのナミュールで行われたレースではマイケル・ファントーレンハウト(ベルギー)に続いて2位となったが、2022年1月30日に開催されるUCIシクロクロス世界選手権の大本命に躍り出た。

トム・ピドコック。UCI XCCノベームニェスト・ナ・モラビエ(チェコ) 。2021年5月14日 ©Bartek Wolinski / RedBull Content Pool

トラック競技からロード、シクロクロス、そしてMTB

英国北部のヨークシャーで生まれ育ったピドコックは、熱心なサイクリストの両親の影響で3歳から自転車に乗り始め、すぐにその魅力に取りつかれた。当時はロンドン市内唯一のベロドロームでもあった、サウスロンドンのハーンヒルベロドローム(Herne Hill Velodrome)で本格的な練習を開始。

この頃からピドコックはほとんどの時間を自転車と一緒に過ごすようになった。路面や場所を問わず、どこでも自転車を乗りこなしたピドコックは、学校の校庭でウィリーをメイクして怒られたこともあった。

UCI XCOアルプシュタット(ドイツ) ©Bartek Wolinski / RedBull Content Pool

ピドコックはまずロードレースで頭角を現した、2020年に開催されたU23ジロ・デ・イタリアの「ジロ・チクリスティーコ・ディタリア」で第3ステージを制して総合優勝。ビッグタイトルを手にした直後、ピドコックはロードからダートに転向。UCIマウンテンバイクワールドカップ(クロスカントリー)にエントリーすると、チェコのノベー・ムニェストで開催されたU23クラスのダブルヘッダーで連勝した。

さらには、オーストリアのレオガングで開催されたUCIマウンテンバイク世界選手権(クロスカントリー)のU23クラスでも圧勝し、2016年のシクロクロスジュニア世界選手権に続いてキャリア2回目のアルカンシエルを手中にした。

2020年のUCIシクロクロス世界選手権で銀メダルを獲得したピドコックは、2020東京オリンピックではマウンテンバイクの英国代表となり、クロスカントリーで金メダルを獲得。さらに2021年のUCIロード世界選手権で6位に入賞した。

ピドコック。UCI XCOノベームニェスト・ナ・モラビエ(チェコ) ©Bartek Wolinski / RedBull Content Pool

シクロクロスのライバルはファンデルポール、ファンアールト

ロードシーズンを終えてオフシーズンを過ごし、現在は2022年UCIシクロクロス世界選手権の優勝を目指してコンディションを上げている。ロード、MTB、シクロクロスの3つの分野すべてでチャンピオンになりたいという野心がある。

ライバルは同世代のマチュー・ファンデルポールとワウト・ファンアールト。それを追う3番手の選手としてシクロクロスシーズンに入ったが、そのポジションには満足していない。ワールドカップ第10戦のバルディソーレ(イタリア)大会は雪の中の戦いとなり、ファンアールトとマイケル・ファントーレンハウトに次ぐ3位に終わった。

UCI XCOアルプシュタット(ドイツ)で。2021年5月9日 ©Bartek Wolinski / RedBull Content Pool

そして第11戦でピドコックはベルギーのエリ・イゼルビットとファントーレンハウトとともにトップ争いを展開。ベルギーのデュオが優位に立っているように見えたが、ピドコックは粘り強い走りで最後に逆転し、エリートクラスのシクロクロスワールドカップで優勝した最初の英国選手となった。

翌日のナミュールでは、ピドコックのクラッシュを利してファントーレンハウトが復讐の機会を得て、ピドコックは2位に終わる。

UCI XCOワールドカップ・レジェ(フランス)を走るピドコック。2021年7月4日 ©Bartek Wolinski / RedBull Content Pool

ワールドカップ次戦は12月26日。さらに1月2日にオランダのハルストで、1月16日にフランスのフラマンビル、1月23日にオランダのホーヘルハイデでシリーズが行われる。その1週間後の米国での世界選手権が開催される。